私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞の長年の努力が水泡に帰す ~ 日本人の対支那印象、最悪に

朝日新聞の長年の努力が水泡に帰す ~ 日本人の対支那印象、最悪に

← 応援クリック、ありがとうございます。

 言論NPOと支那国営の中国日報社の共同調査による、「第10回日中共同世論調査」が公表され、読売、毎日などがその結果を採り上げている。諸々の数字は、下記読売の記事の通りだ。

中国の印象「良くない」日本人93%…過去最多 (読売)

 日中両国民の相互意識を探る「第10回日中共同世論調査」(実施=言論NPO、中国日報社)の結果が9日、発表された。
 日本人の中国への印象で「良くない」(「どちらかと言えば良くない」を含む)は93%(昨年90・1%)に上り、2005年の調査開始以来、最多となった。中国側は86・8%(同92・8%)と6ポイント改善した。
 良くない印象を持つ理由(複数回答可)で、日本側は「国際的なルールと異なる行動をする」(55・1%)が「尖閣諸島をめぐる対立」(50・4%)を上回り、最多となった。日本の対中認識悪化は、東シナ海に加え、南シナ海など周辺地域における、中国の力を背景とした行動への懸念が反映されたとみられる。中国側は「日本が領土紛争を引き起こし強硬な態度をとっている」(64%)が最多だった。

日中共同世論調査

 この世論調査はかなり突っ込んだ内容で、詳細は言論NPOのサイトで報告されているのだが、面白いのは、日本、支那それぞれで、お互いの国に対して「軍国主義」という印象を持つ人が36%ほど存在することである。支那の軍事拡張が軍国主義を連想させるのはわかるが、憲法の制約によって集団的自衛権だけで世論が分かれる日本に対し、軍国主義はないだろう。

 もっと面白いのは、支那における世論の36.7%が、日本に「覇権主義」という印象を抱いていることだ。日本は支那と違い、戦後他国を侵略するどころか、鉄砲すら撃てない国なのだから、軍事を以って領土拡大をするなどという事実はない。恐らく、尖閣諸島をめぐる領土主張が「覇権主義」を連想させているのだろう。支那の反日教育による洗脳は、解ける兆しすらない。

 ちなみに、今後の両国間の関係に関しては、支那との関係が今後良くなっていくと感じている日本人は僅か8%で、反対に悪化していくと答えた人が36%。支那はと言えば、日本との関係改善を予想するのが17.7%と日本の倍ほどいるものの、逆に悪化すると予想するのが49.8%と、約半数だ。一番上のグラフと合わせ、総体的に見てみれば、日本人の方が2国間関係を否定的に捉えている。

 日本人の南鮮に対する反感のトリガーとなったのが、李明博の竹島不法上陸(或いは侵略)と天皇謝罪要求だ。ならば、反支感情のトリガーは、間違いなく尖閣沖漁船体当たり事件だと思っていた。だが、日本人の支那に対する印象は、尖閣事件の翌年の2010年の調査で逆に僅かながら上昇し、悪い印象は逆に微減している。この調査結果の信憑性については言わないが、ここでわかることは、「日本人はもともと支那に良い印象を持っていない」ということだ。

 朝日新聞による戦後のたゆまぬ努力、即ち、日本人の支那に対する好印象を醸成するという試みは、まるで機能していなかったことになる。戦後、朝日が礼賛していたソ連は崩壊し、地上の楽園と呼んだ北朝鮮の正体もばれてしまい、朝日の拠り所は支那(および南鮮)しか残らなかった。だからその後、朝日は余計に支那への肩入れを強化する。

 朝日の支那に対する思想の傾斜は、常識を超えていた。文化大革命の当時、朝日社内で、毛沢東のマンガを載せてはいけないというお触れが出たことがある。それどころか、蒋介石の写真を使ってはいけないというお触れが出たことさえある。中共に対する忠誠と、その対極にあった蒋介石と国民党に対する無視 ―― ここまで行けば、朝日は立派な人民日報日本語版だ。朝日新聞に、北京にはハエ一匹飛んでいないと平然と書いていた時代もあったそうで、その時代にブログを書いていたらと思うとゾッとする。

 とかく熱しやすく冷めやすいと言われた日本人が、実は、支那に対する根強い反感、悪印象をずっと持ち続けている。その印象・感情が、今年の世論調査で最低レベルまで到達したのだ。修復が可能だとすれば、それは日本側の変化ではなく、共産党体制が崩壊するようなパラダイムの大転換が必要条件となる。例えそんな大転換が可能だとしても、反日教育を受けた支那人は今後数十年、支那の世論の中心に存在するわけで、感情の対立は変わらない。朝日新聞は、日本人に対する対支好感度アップ作戦の旗を、そろそろ下ろすべきである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/09/10 07:30 ] メディア | TB(0) | CM(21)
No title
日韓関係・日中関係は、適切な関係です。

日韓友好・日中友好は、日本が外国の奴隷になるということ。
反日国家とは友好なんて、構築できるはずがない。

隣人の893と仲良くできる人なんていない。



林雄介 @yukehaya · 6 分
東京都、デング熱対策会議、都知事外遊で今さら発足。先週土曜日、国と新宿区らの対策会議、デング熱の蚊の捕獲調査開始。環境省に遅れ、東京都庁職員が自力で都内のデング熱の媒介となる蚊の捕獲調査開始(知事外遊中で不在)。昨日、千葉県内で東京に行ったことがないデング熱感染者発生。
[ 2014/09/10 09:04 ] [ 編集 ]
便利な文化人
「北京には蝿一匹飛んでない」。覚えていますこの言葉。ギョッとしましたっけ。
招待訪中の「文化人」という人々が帰国して随分感激して言って居ました。有吉佐和子さんなんかが代表だったような。
個人的にはその頃好きだった有吉小説が一気に色褪せちゃって、その後読む気にもなりません。
訪中組ではない作家仲間の内には、彼女の発言に苦笑してからかう人が居た覚えもあります。

社会共産主義の国は大抵同じですが、招待外国人に見せるための特区は蝿もゴミも無い、整然清潔で豊かな街だったのでしょう。
嘘ではないのです。彼女達はそういう北京を見せられただけで。

それでもその後の文化大革命の様子が少しずつ日本にも知れてきて、もともと中共に好感をもてない日本人には「やっぱりオソロシイ支那だわい」。
一方何故か日中友好の人々もどっさり居て、未だに平身低頭の呆れる政治家も。

赤い地方新聞各社は安倍総理が海外に出かける度に、その外交に「大事な隣国が抜けている」批判記事だそうですが、この手合いの「大事」の理由が全く分かりません。
本当に抜けているなら、風通しよくてこれほどスッキリ爽やかな事はないですのに。

朝日は自分で云うのではなく、有名な誰かに言わせるのですよ。それを「正しく報道」していると。
その意味で「文化人」は朝日にとって便利な人材なのでしょう。
[ 2014/09/10 09:23 ] [ 編集 ]
編集
何故こうなったのか?何処かを押してしまった様で、
申し訳御座いませんが、
<赤い地方~>と<朝日は~>の段落を取り替えてお読み戴ければ幸いです。
[ 2014/09/10 09:34 ] [ 編集 ]
次世代の党への期待
「朝日」、NHK、を始めとする左翼マスコミの労組幹部、自民党、公明党、その他の野党の議員の非常に多くが中共に篭絡されています。

そのため中共、韓国の実情はなかなか国民によく伝わりません。
それでもNHKの昼のニュース等で、尖閣諸島への領海侵犯、戦闘機の異常接近は報道しますので国民は警戒感を持っています。
今にして思うと、つくづく、一色・海上保安官がビデオを流した功績の大きさがわかります。

93%の日本国民が支那に良い感情を持たないということは、日本のマスコミが肝心な情報を伝えぬ中で、これだけの数字か、と正直、やや意外でした。
嫌中感情が地下水のように日本国民の間に広がっているのがわかりました。

最近読んだ、

田母神俊夫・著、「なぜ朝日新聞はかくも安部晋三を憎むのか」ーーー飛鳥新社

坂東忠信・著、「怖ろしすぎる中国に優しすぎる日本人」ーーー徳間新書

田中秀雄。著、「日本はいかにして中国との戦争に引きずり込まれたか」ーーー草思社

の著作の内容を思うと、日本の政治家も国民もよほど脇を固めてかからないと、亡国に至ると危惧します。

ただ今後、「朝日」、が従来のように、《日中友好》、《日韓友好》、と呼号し、喚き、安倍内閣を叩きまくっても、日本国民から相手にされず、逆効果にしかならないのは幸いです。

今月、9月16日、の夜、東京大手町のパレスホテルにて、『次世代の党』、の結党大会が開催される、との案内が届きました。

今年の国会における、『次世代の党』、の国会議員による、今までになかった重要な質疑の内容、(中山成彬、三宅博、杉田水尾、山田宏・代議士、他)、を考えると、
『次世代の党』、の活躍に期待するところ、まことに大なるものがあります。
[ 2014/09/10 11:53 ] [ 編集 ]
No title
グラフ。2006年~2007年の間は何が起ったのだろう。日本の対中感情は悪化し、中国の対日感情は良化している。

(そもそも、この調査は信頼出来るものだろうか。)
[ 2014/09/10 12:13 ] [ 編集 ]
深読みすると…
アカヒるは戦前、国民と軍部を煽って日本に戦争をさせた。
戦後は、あからさまな売国平和主義で戦争嫌いには奴隷根性を植え付け、支那嫌いには反感をより募らせることで、日本と支那の対立を煽って戦争に持ち込む。

狙いは一つ。平時では不可能な敗戦革命だ。
そして支那の保護国として日本人民共和国を設立する。それが究極の目的なのである。
[ 2014/09/10 15:47 ] [ 編集 ]
そんなことより日本人は日本の軍国主義化を心配せよ
在香港です。
2012年以降の中国人の嫌日感情の高まりの大きな原因が日本のメディアによる「安倍政権による右傾化」報道だと思います。
朝日による「戦争ができる国」といったフレーズを、人民日報やCCTVのが反日プロパガンダが使えば、中国人は誰だって日本を脅威と感じるでしょう。
現在、香港は民主派が中国共産党に最後の抵抗の試みています(「占領中環」抗議行動)。
日本人としても香港の民主主義の維持を支援したいところです。
ところが、香港人からは「そんなことより日本人は日本の軍国主義化を心配した方がいいぞ」と諭される次第です。
[ 2014/09/10 16:02 ] [ 編集 ]
No title
2006年~2007年あたりは北京オリンピック前で、中国も対日悪化は望んでいなかったし、
日本企業も含め日本はオリンピック成功のため色んな面で支援し、向こうもそれを必要としていたのでしょう。

それに
あの頃は欧米諸国もフリーチベットフリーチベットとか騒いで、色々うるさかったし。
で、日本人にも中国って人権抑圧国家だなぁって知られて来たんだけど…

何故最近はフリーチベットとかも、ほとんど騒がれなくなって、知らん顔なんでしょう??

それにしても日本って、ほんとにずーっとお人好し過ぎでしたね。
[ 2014/09/10 16:48 ] [ 編集 ]
情報戦争の矢弾は間断なく
アメリカが一番恐れているのは、日本人だと識者の声を聞く。老人、女、子供しか残っていない日本本土で、国際法にも反する非戦闘員の虐殺をし尽したのは、アメリカだから。彼らの日本人に対する報復の恐怖心がいっそう日本を縛りつける。報復を恐れるあまり、アメリカは何が何でも核武装、独立などさせようとは思わない。日本に基地を置いて護ってくれているのではない、アメリカが日本の一挙手一投足をじっと視ていると考えることもできる。

日本人は報復しようなどとは、つゆ思わない国民性なのに。歴史を冷静に見れば、日本が好戦的であったことはないのに、プロパガンダのお得意の国々が日本の軍部が暴走、軍国主義化に走る日本と日本が仕向けた戦争と歴史を捏造して喧伝する。謀略宣伝戦の長けた国が、他国の悪意を知らない無防備の日本を攻めてくる。白人優越主義の歪んだ人種差別者の顔を持つアメリカが、日本を見る眼は、あいも変わらず「黄色い猿」から脱していないのだろう。私の子供の頃、流行った「猿の惑星」の猿は日本人のことであった。作者は日本で映画が流行ることの不思議さを大いに笑ったことだろう

アメリカからの独立の道を模索しながら、理不尽を交わしながら、日本が軍事力をつけて、強くなること。シナなどの野蛮な国家もどきに侵略を許してはいけないし、アメリカと事を構えてもいけない。軍事バランスが壊れることが、世界に起きている紛争の原因とも言えるから、アメリカと手を携えることで叶う世界の平和がある。集団的自衛権云々でとやかく騒ぐ理想論は世界標準ではない。

来年は太平洋戦争終結70周年として、アメリカ、中国、南北朝鮮などが、大々的にプロパガンダを流し、
安倍さんの攻撃は凄まじいものになるだろう。その時は、良識ある日本人が支えなければならない。
今、彼のほかに、国家観、歴史観を持って、世界を深謀遠慮できる政治家は見当たらない。情報戦はメディアを使い、反日分子を使い、政治家のスキャンダルを歴史捏造をと、攪乱騒乱させる。主敵はどこか、主敵と通じる蛮族国家、主敵の威を借り華夷秩序の中に回帰する非文明国は、このネット社会において、既に明らかになった。

米女優アンジェリーナ・ジョリーが日本軍の残虐行為を捏造したプロパガンダ映画「アンブロークン」を監督し製作中。日本で金儲けをしながら、中国資本にも目がくらみ、反日映画を作るこの厚顔無恥な女優が最近、別の映画宣伝で来日したというが、日本の記者は何も質さず、アンジ-、アンジ-と嬉々として報道する。
日本人の無邪気さは、今も変わらない。 (*_*;
[ 2014/09/10 19:48 ] [ 編集 ]
悔しければシナ人はおたくの共産党政権を倒せばよろしい
中国人というのはおかしな民族で自分の所の中国政府などまったく信用していないのに、また共産党に搾取されているだけなのに、中華民族と言われるとプライドがくすぐられて嬉しくなる。
そんな中国政府を信じていないのに反日教育をたっぷり受けて、結局中国政府のいいなりに洗脳されている愚民です。
少しは政府を疑ったり、反政府活動でもすればいいものをそんな甲斐性がないものだからみんな反日にカタルシス。

そんな支那人の日本嫌いは八十数パーセントとか。
いっそ百パーセントでも結構。

そして日本人の中国嫌いが九十数パーセントとか。
あれほど朝日や毎日、NHKなんかが頑張った結果これです。

そんな結果に予想しましょう。
反日マスコミは「なんとかこういう悪い隣国関係は改善しなければいけない」とか散々言い出しそうです。

日本を見下し散々嘘八百まき散らし、尖閣では毎日公船を侵入させ、東シナ海で今強引に埋め立てまでやっている。
そんな中国、好きな日本人は異常者でしょうね。
[ 2014/09/10 20:19 ] [ 編集 ]
No title
tetsuさんちょっと理解・解釈が違うと思いますよ。

また香港はごぞんじのように相当中国工作員が入り込んでいますので注意が必要です。

根本は日本に非があるのではなく、支那に全て問題があるのですよ。

で、
× 東シナ海
○ 南シナ海でした。

訂正
[ 2014/09/10 20:27 ] [ 編集 ]
No title
名無しさま 

北京五輪、日本では長野聖火リレー。

知らない人も、忘れかけている人もいるでしょう。

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%95%B7%E9%87%8E%E8%81%96%E7%81%AB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC&biw=957&bih=901&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=ajYQVMidJMum8AXu2ICYDg&sqi=2&ved=0CBwQsAQ

フリーチベット運動は続いていますよ。
地道に運動を続けている人たちは沢山います。
[ 2014/09/10 20:32 ] [ 編集 ]
「軍国主義化を心配せよ」 と仰る前に・・・
10年間(04~2014)のシナの軍事費の推移をご存じですか?
10年間( ” )にシナが他国と起こしたトラブルをご存じですか?
現在のシナと日本の防衛費の概略をご存じですか?

日系企業が多大な被害を受けた「反日暴動」時は民主政権でした。
シナ漁船が海保を襲った尖閣騒動の時も民主政権でした。
シナ政府が在日シナ人をゲリラ戦闘員として動員できる法律、
「対日開戦準備法」を制定したのも民主政権でした。

失礼ですが共産独裁国家における「反日感情」などシナ政府の指示で
どうにでもなる「大義名分」ではありませんか?
安倍総理が「自衛隊予算減」と云えばシナ政府は「歴史問題・靖国」
を咎めるでしょうし、民主政権になれは「沖縄は中国領土につき
即時返還を要求する」だと思えますけど・・・

孫子の箴言と記憶しています。 「他国を信じて平和が保たれると
考えるのではなく、他国に攻められても敗けない準備をして平和が
保たれると考えよ」。 私はこの言葉を信じています。
[ 2014/09/10 22:14 ] [ 編集 ]
No title
支那の主張は、チンピラが自分から(わざと)車をぶつけてきておいて、「お前今車ぶつけただろ、謝れ。そして、賠償しろ。」といちゃもんをつけてくるのと同じ。当たり屋の主張と同型です。(南鮮も似ていますが・・・。)
だから、こちら(日本)は主張すべきことは主張しなければ、相手の言い分ばかりが通り、どんどん不利になっていきます。
朝日などがよく使う論法(詭弁)で「責任転嫁」
があります。
1つ目は「喧嘩両成敗」で、レーダー照射の時のように
明らかに支那側に完全な非がある場合でも「中国軍の行為は懸念材料だが、日本の反中感情の高まりはアジアの安定のためにならない。」などと、日本にも責任があるかのように事件を矮小化して喧嘩両成敗に持っていこうとする論法。挑発に乗るのは馬鹿だが、挑発を行うほうが悪いわけで、そちらをほとんど非難しないのは黙認しているにも等しいと言わざるを得ない。
2つ目は「主語のすり替え」で、当時の石原都知事が尖閣諸島を購入しようとして支那が反発をした際、「【日本が】日中関係を悪化させている」と、尖閣問題の責任を「支那」から「日本」へと主語をすり替えて責任転嫁を行う論法。「支那」から見ればそうかもしれないが、日本の行為に違法性など無いのに、「日本が悪い」とするのは支那の走狗としか言いようがない。

「【支那】と仲良くしろ」と言いますが、チンピラが仲良くする相手は、「金が取れる」、「自分に都合がいい」と相場が決まっています。そんな相手と仲良くすれば、骨の髄までしゃぶりつくされ、傀儡にされ、最後は用済みと粛清されるだけでしょう。

支那とは一定距離を置いて、互いに「使えるところは使う」の精神で現状は十分。

仲良くする時が来るのは、反日教育をやめ、真の歴史教育を行うようになってからでしょう。
[ 2014/09/11 00:35 ] [ 編集 ]
tetsu様のおっしゃることは賛同出来ます(身をもって)

香港に、おいでになる方が現状を語っておられるだけで、
身をもって体感していることをご投稿されておいでなだけだと読ませていただきました。
なぜ、支那と我が国の軍自費を比較しなければならないのでしょうか?
私は、大変貴重なコメントの だと思いました。


…私の過去のコメントを御覧になっていただけてる方々は特に違和感を感じないと 存じますが。
基本、わたしは実際、体感経験していない言葉や知識の羅列には興味がありません。
こちらに投稿する際にも 実際に会ったり、話したり体験して感じたことを基に記しているつもりです。


確かに香港は工作員が多いのでしょう。
それでも、tetsu様は
身をもってそう感じられておいでなのでしょう。

同じようなことが、
(恥ずかしながら)我が家でも日常茶飯事です。
先日もコメントさせていただきましたが、
今年、大学1年のセガレは
クラスの半数以上が「アゴアシ」付きの特亜です。
親交を深めている支那人も何人かいるようです。
(会話はほとんど英語ww)
私がセガレに、ダメオヤジながらも靖国に詣でよ。
といいます。
それこそ愛国知識を総動員して…。
…セガレは、「僕が行こうと思ったら行く。」といいます。
私が15分話すことに対してセガレは30秒未満で私を論破します。
彼が言ってることは、
tetsu様のコメントの最後にある「日本は軍国化を心配しろ。」です。
「この売国奴!」と言ってもニヤニヤ笑っている始末…。

セガレは体感してますからね。
…実際のところ、
香港の支那人も我が国に 留学している支那の(ソコソコ)優秀な支那留学生も言ってることは変わらないようです。



やや、大きなお世話かも ですが、
こちらのコメント欄を数日
拝見して、
賑わっているのは結構なのですが、tetsu様のような貴重なコメントにもにも
愛国無罪でかみつくようなそれでいて、m(__)mを連発しながらも先の戦時中の ような翼賛っぽいコメントが 増えていることを危惧します。
各コメンテーターのことを批判するつもりは毛頭ありませんが、
それだけ、多くの日本人がそういうムードになっているカンジがします。


…わかっている。
と怒られるかもですが、 絶対、今の日本は「戦」に勝てません。
抑止力としての軍備の拡張は「戦」にはあまり役に
立たない。と断じます。


願わくは、密かなる
即、兵器への転用可能な 「核」の研究開発を極秘で政府にはやっていただきたい。と思う次第です。


[ 2014/09/11 14:52 ] [ 編集 ]
どこが軍国主義化かね?
日本が軍国主義化?
どこが?
くだらんスローガンに踊らされず
具体的にどこがどう軍国主義化しているか
指摘してからにしたらいかがか?
[ 2014/09/11 18:23 ] [ 編集 ]
はしょって恐縮ですが
島国である我が国が離島防衛するための戦略。
および、その戦略のための予算。法制化。
私個人としては、対外情勢をみるに国勢バランスをとる ためには至極当然だと思っております。むしろ、
もっと予算をかけて原潜の4はいも造るべきだ。と思っております。
ところが、支那人からみると、軍国主義に見えるみたいです。「おまえんとこはどうだ?」と訊いても
自分には関係がない。と いう答えがかえってきます。
誤解があるようですが、 わたしの言いたいことは 自分が戦地にいくことも
絶対にないのに勢いのいいことを述べる風潮です。 頭のいい若い連中は
そんなこと、あまり眼中になく自分の身を守りつつ、どうやったら生涯儲かるかが大事みたいです。



…卑怯なようですが、
わたしにも仕事があります。
わたしへのコメントは読ませていただくにしても、
タイムリーなお返事は出来ないをことを御了承下さいますよう、お願い申し上げます。

[ 2014/09/11 18:49 ] [ 編集 ]
そういう事?
tetsu様のコメントを、私は朝日新聞情報の海外での浸透振りを仰って居られるのだと思ったのですが、違いましたかしら。

日本人が日本国内の(と言ってもlion様のご子息のご様子だと全国民とは言えないのですが)感覚だけで居ても、実際現在の海外の日本観は朝日の主導通りに、日本を軍国主義傾向だと思い込んで居るからね、というご忠告ではないですか?
[ 2014/09/11 19:18 ] [ 編集 ]
日本に軍国主義化はありません
lionさん

なにかしっくりしないコメントなので一筆。

そもそも書かれていることに対してどうかと反論乃至、意見を言うわけですから他の何処かにあるだろう本人コメントのことまで基本的に含めて理解すべき必要性はないでしょう。

そこで、まずtetsu さんは
「そんなことより日本人は日本の軍国主義化を心配せよ」
と題名をあげています。
これはそんなこと があり、 日本の軍国主義化を があり、心配せよとい分けてみることが出来ます。

そんなこと = 日中間お互いの嫌悪度(ブログ主の文もそれが中心で書かれています)
つまり、朝日などが散々日中友好を画策したが、日中間お互いの嫌悪度が最高潮になったという事よりも日本の軍国主義化へ注意が向かっているわけです。

そして続くのが、
・・・・2012年以降の中国人の嫌日感情の高まりの大きな原因が日本のメディアによる「安倍政権による右傾化」報道だと思います。

と中国人の嫌日感情の高まりを 
→ 日本メディアによる「安倍政権による右傾化報道」と推定しています。

これはある意味、正しいとは思いますが、さてそれでは安倍政権の右傾化とは何か?
近年の中国の具体的な覇権主義的言動に対して極めてまともなことしか言ってはいないと思います。
であれば、そこにtetsu さんはまずは疑問を持たず、中国(香港)から入る意見を全面的に肯定し取り入れているということでしょうか?

続く
・・・・朝日による「戦争ができる国」といったフレーズを、人民日報やCCTVのが反日プロパガンダが使えば、中国人は誰だって日本を脅威と感じるでしょう。

これもまた中国目線です。

ただ単に香港伝という一部香港の声を伝えているだけのようには聞こえないのです。
それは表題が表しているように思えます。

以下長くなるのでこの辺にしておきますが、つまり目線がどこかということで違和感を感じるのです。
これを中国人、香港人(中国から流れて来た)が書いているのならば成程と納得できるのですが。

最後に世界の各国、そしてとなりの中国、韓国、北朝鮮、ロシアなどどこと比べても日本ほど軍国主義から遠い国はありません。



[ 2014/09/11 19:51 ] [ 編集 ]
日本に軍国主義はありません
なにかしっくりしないコメントなので一筆。

そもそも書かれていることに対してどうかと反論乃至、意見を言うわけですから他の何処かにあるだろう本人コメントのことまで基本的に含めて理解すべき必要性はないでしょう。

そこで、まずtetsu さんは
「そんなことより日本人は日本の軍国主義化を心配せよ」
と題名をあげています。
これはそんなこと があり、 日本の軍国主義化を があり、心配せよとい分けてみることが出来ます。

そんなこと = 日中間お互いの嫌悪度(ブログ主の文もそれが中心で書かれています)
つまり、朝日などが散々日中友好を画策したが、日中間お互いの嫌悪度が最高潮になったという事よりも日本の軍国主義化へ注意が向かっているわけです。

そして続くのが、
・・・・2012年以降の中国人の嫌日感情の高まりの大きな原因が日本のメディアによる「安倍政権による右傾化」報道だと思います。

と中国人の嫌日感情の高まりを 
→ 日本メディアによる「安倍政権による右傾化報道」と推定しています。

これはある意味、正しいとは思いますが、さてそれでは安倍政権の右傾化とは何か?
近年の中国の具体的な覇権主義的言動に対して極めてまともなことしか言ってはいないと思います。
であれば、そこにtetsu さんはまずは疑問を持たず、中国(香港)から入る意見を全面的に肯定し取り入れているということでしょうか?

続く
・・・・朝日による「戦争ができる国」といったフレーズを、人民日報やCCTVのが反日プロパガンダが使えば、中国人は誰だって日本を脅威と感じるでしょう。

これもまた中国目線です。

ただ単に香港伝という一部香港の声を伝えているだけのようには聞こえないのです。
それは表題が表しているように思えます。

以下長くなるのでこの辺にしておきますが、つまり目線がどこかということで違和感を感じるのです。
これを中国人、香港人(中国から流れて来た)が書いているのならば成程と納得できるのですが。



[ 2014/09/11 19:53 ] [ 編集 ]
支那の国内事情
支那における反日プロパガンダは海外向けではなく、国内の治安の安定剤の為にする所が多いです。
近年、ウイグル族の少数民族の独立運動を始めとして、漢民族の間にも共産党政権への不満が高まってきています。

世界一の人口を抱える国で、国の規模も大きく、国民の意思統一を目指すのは非常に困難な為、不満を持つ人々が桁違いに多いのです。
反日教育、反日報道はそのような共産党政権への不満を逸らす為の政治戦略です。嫌日が多くなるのも無理からぬことです。

東シナ海などでベトナムなどと揉め事を起こすのも同様で、危機を自ら作り出すことで、一時的ではあるものの、国民の意思統一ができ、不満のガスを抜くことはできます。
ガスの量が多すぎるから、ガス抜きの手段は多い方が良いのです。(一種の八つ当たりですが)

13億の国民を養うためには、自国の資源だけでは全く足りないので、海洋進出などを初めとして領土拡張、資源獲得を目指しているのも事実です。

「日本の軍国主義化」というのは日本が軍事力を行使可能になるのは支那の海洋進出に都合が悪いという意味だと考えます。
支那の事情がどうであれ、日本は日本で毅然とした対応を取るべきです。

真正面から支那と遣り合わないように、支那包囲網を形成しているのも、挑発行動を抑止させることにつながるからです。
[ 2014/09/11 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: