FC2ブログ

私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  「朝日新聞」「南鮮」という2つの戦後レジームの終わり

「朝日新聞」「南鮮」という2つの戦後レジームの終わり

← 応援クリック、ありがとうございます。

 当然の成り行きと言えるが、朝日新聞が四面楚歌の状態だ。日本最多(世界最多でもある)の発行部数を誇る読売新聞が、慰安婦報道と吉田調書の報道で朝日への批判を強めているのは、捏造や歪曲に対する同業社としての批判はもとより、ここで一気呵成に朝日の読者を切り崩し、自社への取り込みを画策している2つの動機があるはずだ。ただ、産経、読売に続き、毎日までもが朝日批判を展開しており、日を追うごとに外堀が埋められていく状況には変わりない。

 防衛大学校名誉教授の佐瀬昌盛しにいわせると、朝日はメンツゆえに精神的便秘状態に陥ったのだという。あまりきれいな比喩ではないのだが、大腸から強制的に排泄するのは吉田清治氏の慰安婦強制連行説だけにして、女子挺身隊と慰安婦の混同は「御用」で済ませた。
 ただ、佐瀬氏は「世の中、そんな使い分け自在の浣腸があるのだろうか」と皮肉っている。(産経「正論」欄)。


 これは、WILL10月号の湯浅博氏(産経新聞特別記者)のコラムからの引用だが、事の次第をかなり上手く比喩したものだ。朝日は全面敗北を認めるのではなく、自社の論調に生き延びる隙間を見出そうと画策した。32年間に渡って隠し通して来た捏造、歪曲記事に怒った読者と国民は、日本人の潔さという価値観とは真逆の態度、言い換えるなら「往生際の悪さ」にも怒ったのだ。

 朝日新聞の終わりの始まりである。一方で、終わりの始まりを体現している者たちがもうひとつある。お隣の国、南朝鮮だ。ヘイトスピーチとヘイトクライムをお家芸とするこの国は、反日無罪が国是の国だ。自分たちが公衆の面前で日章旗や旭日旗を焼こうが、安倍首相や天皇陛下の顔写真を踏みつけようが、それは無罪放免。反面、日本からの南鮮批判には異常なまでに敏感だ。それを象徴する最近の出来事は、産経新聞ソウル支局に対する法的な圧力、干渉だ。

 中央日報によれば、ソウル検察が産経新聞の加藤達也ソウル支局長を刑法上の名誉毀損容疑で起訴する方針を決めたという。南鮮には常に批判的な産経新聞を取り締まるという、象徴的な見せしめだ。政治家に対する誹謗中傷なら、南鮮メディアはいままで、数限りない日本の政治家への誹謗中傷を重ねてきたはずで、加えて、前述の安倍、小泉といった政治家の顔が入ったハリボテを踏みつけ、燃やすというヘイトクライムを、嬉々として報じてきたはずだ。

 こういうことが積み重なることにより、日本人の南鮮への感情は、悪化の一途を辿る。その種は、南鮮側が撒いているのだ。彼の国には国際的な常識は通用しない。政治も司法も、反日全体主義に支配されている。日本で起こった韓流ブームはとうの昔に終焉し、いま日本で起きているムーブメントは、「嫌韓」から「無韓」 ―― 要は無視にシフトしつつある。

 戦後レジームを語る時、朝日新聞の存在は、その代表的な象徴である。その朝日が擁護し、ときに煽ってきた戦後民主主義の恩恵を受けてきたのが南鮮である。自虐史観に支配され、「日本が悪い事をしたのだから、支那や南鮮に譲歩するのは当たり前」という戦後レジームの基本姿勢が、いま瓦解しつつある。朝日と南鮮に対する日本国民の否定的な態度は、ゆっくりではあるが、戦後レジームの一角を崩す道を日本国民が歩き出したということを意味する。

 戦後の膿を出し切るには、相当な時間がかかる。朝日の開き直りと南鮮への無視を、その確かな一歩としたいと強く思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/08/31 10:40 ] 史観 | TB(0) | CM(7)
廃刊、廃局
虚報記事朝日新聞の廃刊 及び、南鮮の犬HKの廃局を全力応援します。
南鮮はもう近寄るな!

日本は真実一路で、

[ 2014/08/31 11:39 ] [ 編集 ]
No title
 赤目新聞は、報道当時から32年間精神的に不安定な状況にあったため、謝罪は必要ないと考えているニダ。
 日本への誣告の賠償は「国民よともに立ち上がろう!」の一言で済ますつもりニダ。
[ 2014/08/31 12:22 ] [ 編集 ]
玉音放送内容を素読しました。。。
 広島まほろば学習会という、古典の素読を中心の教材として学ぶ子供と親御さんとの教室があります。CGSで「日本人のための国語」の講師をしておられる方です。
 古事記とか日本の歴史が多く紹介されるのですが今日の教材では終戦の御詔勅(玉音放送された文章)の素読がありました。天皇陛下がどのような環境下で終戦を決意されたか良く理解できるものでした。
 我々は戦後、玉音放送として”堪え難きを堪え、忍び難きを忍び。。。”の1行しか聞かされていませんが全文を皆で素読し説明を受けると涙が滲んできます。
 団塊の世代として生まれながらに自虐史観で教育された自分としては改めて感動の思いが生まれ天皇陛下に対する畏怖の念をいだきました。
また昭和22年に廃墟となったままの広島に行幸されたVTRが放映されましたが広島市民ほとんど全員かと思える巨大集団がお立ち台に立たれた陛下をお迎えし万歳をさけんでいます。
 現在、広島県ではドーム内に”あやまちは二度としません”など悪かったのは自分でもあるかのような主語のない碑文で米国の殺戮にフタをしたものがあります。朝日が白状したと同様、南京事件やら多くの捏造事件をNHKをはじめ日本のマスゴミが作り上げたことをこれから立証しなければなりません。
 まほろば学習会で日本の歴史を学ぶに連れ、日本の良さにほれぼれしています。近現代史は倉山先生ですが。。。
[ 2014/08/31 14:33 ] [ 編集 ]
No title
もはや流れは「誅朝日」・「誅韓国」です。
[ 2014/08/31 20:27 ] [ 編集 ]
No title
★★★★★


 『誅韓論』 悪の反日国家はこうやって潰せ!


 日本戦略ブレイン

 晋遊舎新書 900円+税



お勧めです!!

[ 2014/08/31 21:02 ] [ 編集 ]
汝、平和を望むなら戦いに備えよ
ローマ人ウェゲティウスは、朝日新聞やその門徒衆とはまったく逆のことを言っておりますな。

どちらが正しいかと言えば、それはローマ人が正しいに決まっております。
ローマはそれで初代皇帝アウグストスから五賢帝の最後マルクス・アウレリウスに至るまで,3世紀に渡る平和を維持しました。PAX ROMANA(パクス・ロマーナ)の時代の始まりです。

対するに、PAX ASAHI?いや、もう、こう書いただけで、いかがわしさが漂ってきますな。(笑)

平和を望むなら、話し合いをせよ。

愚か者とは、かくの如きものであるという見本です。
[ 2014/08/31 21:43 ] [ 編集 ]
No title
上の人とは別人だけど、
私からも『誅韓論』は自信をもってオススメできます。
史上最高の嫌韓本でした。
[ 2014/09/06 18:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ