私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞購読者の皆さん、これでも朝日を読み続けますか?

朝日新聞購読者の皆さん、これでも朝日を読み続けますか?

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝日新聞がスクープとして掲載した、吉田昌郎所長が福島原発事故について語った、いわゆる「吉田調書」についての記事は、掲載直後から大きな疑義を指摘されていた。吉田調書とは、政府事故調の聴取に対し、吉田所長が28時間に渡って答えたことの記録だが、一般には公開されていないため、読者や一般国民が朝日の記事の信憑性を判断することは不可能だ。そんなときに、朝日の報道内容を「嘘だ」と断言したのが、吉田所長をはじめとする東電関係者のみならず、菅直人、班目春樹・原子力安全委員会委員長など100名近くに実名で語ってもらい、それを「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」として上梓した、門田隆将氏だ。

「ああ、またか」。失礼ながら、それが正直な感想である。今週、私は取材先の台湾からやっと帰ってきた。私が日本を留守にしている間、朝日新聞が「吉田調書」なるものを“加工”し、「福島第一原発(1F)の現場の人間の9割が所長命令に違反して撤退した」という記事を掲げ、そのキャンペーンが今も続いている。

 「ああ、またか」というのは、ほかでもない。ある「一定の目的」のために、事実を捻じ曲げて報道する、かの「従軍慰安婦報道」とまったく同じことがまたおこなわれている、という意味である。


 門田氏は、5月31日のブログ「お粗末な朝日新聞「吉田調書」のキャンペーン記事」を、このような書き出しで始める。そして、この朝日新聞の報道姿勢を、慰安婦捏造報道と根が同じという指摘をしている。

その吉田氏本人の意向を無視し、言葉尻を捉え、まったく「逆」の結論に導く記事が登場したわけである。私は、従軍慰安婦問題でも、「強制連行」と「女子挺身隊」という歴史的な誤報を犯して、日韓関係を破壊した同紙のあり方をどうしても思い起こしてしまう。


吉田調書
朝日新聞 吉田調書特設サイト (あえてリンクは張らない)

 今まで「吉田調書」は、朝日新聞を通してしか知ることができなかったが、今回、産経新聞がこの調書を入手。昨日から克明な記事を掲載している。そしてその論調は、朝日新聞とは真逆だ。言うならば、朝日に対する産経のカウンターである。

 菅直人は吉田昌郎所長を「戦友」と呼んだ。菅は吉田所長を利用し、自らをも美化しようとしたしたのだ。「死人に口なし」とはよく言ったもので、産経が吉田調書を報じるまで、当事者として吉田氏を知る菅直人にとっては、反論を挟み得る人物が存在しなかったのだ。だが、今回産経が明らかにしたところによれば、吉田氏は菅を、戦友どころか、アホなおっさんと見ている。

 「(首相を)辞めた途端に。あのおっさんがそんなのを発言する権利があるんですか」
 「あのおっさんだって事故調の調査対象でしょう。辞めて、自分だけの考えをテレビで言うというのはアンフェアも限りない」


 この辺のストーリーについては、朝日新聞の特設サイトを見る限り、そのなかに記述はない。朝日の記事には、吉田調書を引くと見せながら、その実、結論を反原発に誘導しようとする魂胆が透けて見える。
 

 外国メディアは残った数十人を「フクシマ・フィフティー」、すなわち福島第一原発に最後まで残った50人の英雄たち、と褒めたたえた。
 しかし、吉田自身も含め69人が福島第一原発にとどまったのは、所員らが所長の命令に反して福島第二原発に行ってしまった結果に過ぎない。(朝日新聞「吉田調書」)


 極めつけはこの文章だ。朝日は、あの想像を絶する状況下で、命を賭して被害を最小限にとどめようとした人々の努力を、この文章で帳消しにするどころか、セウォル号で逃げた船長・船員のレベルにまで引きずり下ろした。朝日の報道によって、「日本を救った人たち」は「逃げ出した作業員」にすり替えられ、ストーリー全体は「恥ずべき物語」に書き換えられてしまった。

 今回、産経の吉田調書特集によって、朝日の新たな捏造報道の実態が白日のもとに晒されるだろう。彼等は事実を書く報道機関ではない。何故なら、朝日が書く記事には「ある前提」が存在するからだ。その前提とは「反日」や「反原発」といったイデオロギーであり、そのイデオロギーによる読者・国民の洗脳過程においては、事実は脇へ追いやっても良いということだ。これは報道などではない。立派な洗脳工作である。

 門田隆将氏が産経のインタビューで語っているように、事実と異なる報道によって日本人をおとしめるという点において、朝日の吉田調書報道は、先に朝日が懺悔した慰安婦虚偽報道と同質である。このような嘘ばかり読まされて、それでも朝日を購読し続ける読者の心情を、私は到底理解することができない。そういう人たちは、特定の宗教をカルトと知りながら信じつづける人と同じだ。朝日への怒りは、私のように朝日を敵とする人物より、まず読者が露わにすべきものだ。怒りの具体的行動は、購読停止である。こんな新聞、まったく必要がないどころか、害悪である。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/08/19 07:31 ] メディア | TB(0) | CM(17)
No title
 朝日の契約延長を断る際はドアチェーンをかける事をお勧めします。
 以前、勧誘に来た朝日販売員を追い返そうとしたところ、ドアに半分体を滑り込ませ、押し出そうとすると「暴力だ、暴力だ」と騒がれたことがありますから。
[ 2014/08/19 08:18 ] [ 編集 ]
捏造スクープ
なぜ、朝日が他社に先駆けてスープできるのか?
何か裏に存在する邪悪な力を感じてしまう。

デマがはびこる前に、良心的な他社メディアのスクープを期待します。
[ 2014/08/19 08:23 ] [ 編集 ]
「世の中に事実はない。あるのは解釈だけだ!」と言ったのはニーチェだった。
これは真理だと私は思うけど、朝日の場合は違う。

つまり、ニュートラルな姿勢で取材対象と接するというより、既に出来上がっている邪悪な日本侮蔑の思考回路に「如何にして取材対象を利用するか」しかない。

朝日の犯した(今も犯している)罪は、冤罪被害者への損害賠償・名誉回復支援とともに、廃刊しかない。
[ 2014/08/19 10:33 ] [ 編集 ]
No title
報道機関の商品である「記事」を捏造し拡散までして国家と国民をここまで貶めても存在できる理由は何ですかね?一般企業が販売する「商品」の虚偽を執拗なまでに責任追及する報道機関各社が一部を除き、朝日への謝罪要求を報道しないのは何故でしょう?普通の企業であれば新聞の報道記事は「商品」であり、トップが謝罪記者会見を行い、消費者である国民に詫びを入れるのが企業としてのモラルではないでしょうか?
国家と国民はこの捏造された「記事」で測りきれない損害を被りました。ここに朝日に対して「損害賠償」の訴訟をすべきだと思います。
[ 2014/08/19 11:30 ] [ 編集 ]
No title
朝日が慰安婦の強制が誤報だったという記事をだしたとき 朝鮮日報はすぐ擁護しましたね。 凡人の自分でもあれ?と思いました。両社は連絡をとりあっていると了解しました。

以前は朝日を長く購読していたが、やめました。
凡人でも嘘だとわかる主張を紙面に大きくのせ 産経は反論しているが 多くのマスコミは黙認している現実が恐ろしい。なんとか日本がこのような新聞の嘘に負けないでほしいと願っています。
[ 2014/08/19 12:16 ] [ 編集 ]
ネトウヨの皆さん湯川さんを助けてあげて下さい。同じ日本人です!勇ましく戦って諸共に消えて下さい(笑)
[ 2014/08/19 12:30 ] [ 編集 ]
韓国紙
朝日を購読したことがない者で全面的な事は言えないのですが、この新聞社の政治面と社会面は少なくとも近年、韓国紙なのだと思います。

自社の誤り(計画的なものを含めて)は決して正さないけれど、他者には土下座させる勢いで「正義」を振りかざす。
マズイと感じると問題点をズラして己の不行跡に蓋をする。
日本を貶めることには実に熱心。特に日本が世界からの賞賛を浴びた事には、すさまじい程の泥を塗る努力?

彼らに報道の精神は皆無なのでしょう。
報道価値観の在り場所が違います。

昔は新聞記者の関係者とは、家訓としておつきあいお断りのお家があったと聞きます。
おつきあい云々の立場になくても、そういうモノとして見られていた職業だそうで、聞いたときには「差別じゃないの?」と思ったのですが、朝日新聞社の醜態を知ると、心から納得出来る先人の知恵だと考えを改めます。

それでも新聞界では長年の習性か、何かがあると他紙記者は先ず「朝日さんはどうなのか?」だそうで、報道界には未だ朝日信仰が存在するのでしょう。オクレテル。

報道の自由、言論の自由を逸脱した事が明らかな「事件」が、これだけ日本を傷つけて来たのですから、出来れば自主的廃刊に、朝日が出来なければ彼らの大好きな「民意」で廃刊に追い込みたいものです。
広告を出している企業を調べて、その製品の不買から私は始めます。
[ 2014/08/19 12:59 ] [ 編集 ]
>湯川さんを助けて
はて、湯川さん?

今年の2月に山梨県の奥地で大雪が降った時に、安倍総理が赤坂の天ぷら屋で食事をしていたのを批判したジャズ評論家の湯川れい子女史のことか?

LPレコードのパチパチいうスクラッチ・ノイズから立ち顕れる音楽はアナログ・ファンにとっては味があるかもしれないが、こういうのは単なる雑音、ゴミのような音だね。何の役にも立たず、嫌みにさえなっておらず、いかなる効果も期待できない。彼女の書くジャズ評論とやらも、おおよそレベルが判るというもの。

で、湯川さんが何だって?
[ 2014/08/19 13:49 ] [ 編集 ]
朝日新聞は、もはや
日本人は甘かったし、ここまでの国とは知らなかった
ようやく、彼の国の悪意を知った。

それにしても、朝日新聞には、なめられたものだ。国民の怒りなんか、世界に名の知れた日本を代表する天下の朝日新聞が、世界をバックにつけることくらい、我らのペンの力、我らのネットワークで何とでもなる。朝日の威光は衰えたりと言えども、そこらのネットで雑魚が如何にわめこうが、我らが報道をしなければ、ないものと同様と、薄ら笑いで所詮ネトウヨの遠吠えと蔑む。

彼らの意に反する者をターゲットに、失言を引き出すための仕掛けをこらし、誘導を繰り返し、罠にかかれば、嬉々としてセンセーショナルに書きたてる。故人の意思や功績を無残にも改竄し、事実と違ったことを捏造しスクープと胸を張る。今や手段を選ばぬ品性下劣な物書き稼業の暴力団と成り果ててしまった。なぜ性懲りもなく捏造が出来るのか、なぜ自省することなく、たいそうな物言いが出来るのか、ずっと思ってきた。多くの国民から、これほどの非難の声を上げられてもよくぞ平然としていられる神経は、日本人には想像を超えるもの。新聞社に信義道義を求めねばならぬとは何のための存在かと憤慨していた。

しかし、朝日新聞は日本の新聞ではなかった。朝日の社屋に東亜日報、ニューヨークタイムズが入っており、河野談話ならぬ河野談合の様に共同作業でそれを書いているようなものだった。更に言うなら日本人的精神の理解できない人、ないしは南北朝鮮の人が入り込み記事を書いていると言った方が分かりやすい。

日本の新聞と思って、読まされる日本人購読者はいい面の皮だ。懸命に訴えても、事理道理を尽くして訴えても、この新聞社は既に日本人ではない人、更に日本や日本人が嫌いで嫌いでたまらない人達が、書いているのだから、国民の正義は今後も届くことはない。

今、産経新聞が頑張って、朝日を糾弾してくれている。頑張れ産経!
しかし、朝日新聞や日経新聞の社員は40歳代前半で1300万円近い年収があり、産経は700万円から850万円程度であると、これでは報われない。
更に、産経には災難がふりかかった。産経のウェブサイトの記事が大統領の名誉棄損に当たるとソウル中央地検が出頭要請。そもそも朝鮮日報のコラムなど公開情報を中心に書かれたものだ。

韓国の意に添わない憎くてたまらない産経を呼び出し圧力をかける。なんとも呆れ果てた。韓国はもはや、どうにもしようがないところまで来てしまった。
日本の政府の動きからネットの書き込みの監視まで、あらゆる方面に日本だけを見て日本を糾弾することに情熱を燃やし、日本を貶める材料があれば嬉々として・・・
あれ~、まさしく朝日新聞ではないか。
[ 2014/08/19 18:07 ] [ 編集 ]
No title
アカヒ新聞は「サヨクの現状を把握するための資料としての価値」があるので、安易な廃刊要求は早計かと思われます。
赤軍系の書籍は流通が限られているため、誰がチンカスサヨクかどうかわかりにくいのが難点ですが、それに比べてアカヒ新聞は全国紙です。サヨク初心者からプロまで、幅広い層の反日(サヨク、在日、琉球人など)が愛読しています。「サヨクのリトマス試験紙」であるアカヒ新聞は使い方によっては保守にとっても役に立つと考えています。
[ 2014/08/19 18:36 ] [ 編集 ]
抗議文 だそうです
昨18日の産経は門田氏の「朝日は事実を曲げてまで日本人をおとしめたいのか」と寄稿を掲載したのですが、ナント!これに対して朝日は産経東京編集局長と門田氏に抗議文ですって。

この件では朝日の曲解スクープの他に、菅オッサンの卑怯な実態が赤裸々になる事も掛かっていますから、絶対産経には頑張って徹底抗戦で、慰安婦と同じく、事実を明らかに(既になっているのですけど)して戴きたい。
産経は朝日と違って世界に発信する機能が欠けているそうですので、何か方法がないものか、と思います。
[ 2014/08/19 18:36 ] [ 編集 ]
わすれもの
朝日の抗議主旨は 名誉と信用が傷つけられた のだそうです。
[ 2014/08/19 18:49 ] [ 編集 ]
朝日新聞の名誉と信用?
そんなもんはハナから存在しないと思いますが、産経新聞は朝日からの抗議文を積極的に公開した方がいいですね。読者及び国民の審判を仰ぐために。

この前は光文社と文春へ抗議でしょう。

効いてる、効いてる。
[ 2014/08/19 19:04 ] [ 編集 ]
Re: わすれもの
> 朝日の抗議主旨は 名誉と信用が傷つけられた のだそうです。

この記事、読みました。
名誉と信用ね…。
朝日にそんな語彙があるとは、そっちのほうが驚きですがw
[ 2014/08/19 19:08 ] [ 編集 ]
No title
はい 
随分分不相応な面白い事をいう新聞社です。
[ 2014/08/19 19:26 ] [ 編集 ]
朝日新聞の廃刊はどのような形で?
地方紙などは読者数が段階的に少なくなり廃刊。

朝日新聞の場合は詐欺罪?が適用ですか?

とんでもなく大きな詐欺罪となるでしょう。

原告は日本国、日本人でしょう。
損害賠償としては国、日本人としてですがあり過ぎます。
[ 2014/08/19 22:32 ] [ 編集 ]
No title
朴槿恵大統領も、2階の船員室の「金塊50トン」のことを知っていたらしく、沈没事件発生後、側近たちが引き止めるのを振り切ってすぐに現場に駆け付けた。
セウォル号の行方不明者の捜索や船体引き揚げについて、日本からの協力申し出をガンとして拒否してきた。「金塊50トン」を横取りされてはたまらないといった欲望が、
ありありと滲み出ている感があった。クネノミクスは3歳年下の男と密会する事だな!セフォル号に載せていた50トンの金塊は盧泰愚大統領のものと言う話があるな!
重量オーバーで転覆しやすかったんだな!人命より金と男が大事な朴槿恵は習近平と共にラストエンペラーだ!
 
[ 2014/09/14 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: