私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南鮮世論調査、対日関係改善の必要性を感じているのは国民の僅か5%

南鮮世論調査、対日関係改善の必要性を感じているのは国民の僅か5%

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮の中央日報が、13日、なかなか興味深い記事を載せた。中央日報と峨山政策研究院が全国の成人男女1,000人を対象にした共同アンケート調査を実施したところ、日韓関係の改善を求める南鮮人が全体の5%しかいなかったという、極端な結果である。

「韓日関係の改善が至急」…専門家70%、国民はわずか5% (中央日報)

 専門家30人のうち21人は、韓日関係の悪化が朴槿恵(パク・クネ)政権の外交の最も大きな失策とみて改善を促したが、国民の反日感情は深刻なレベルだ。政府の対日外交が国民の認識に影響を与えた結果だ。
 中央日報と峨山政策研究院が全国の成人男女1000人を対象にした共同アンケート調査で、「朴槿恵政権が外交的に協力を強化すべき国」を尋ねる質問に日本を選んだ回答者は4.9%だった。北朝鮮(10.6%)より低かった。
 特に専門家は日本と中国の関係悪化を韓国が直面している問題に選んだが、一般人の世論調査では日中間が遠ざかれば韓国にマイナスの影響を与えるという回答は18.2%にすぎなかった。プラスの影響を与えるという回答は38.5%だった。
 朝日関係が良くなれば韓国にマイナスという回答は61.9%だった。プラスという回答は8.1%にとどまった。専門家の場合、朝日関係の改善が韓国にプラスの影響を与えるという回答は13人、マイナスの影響を与えるという回答は11人と、大きな差はなかった。
 日米関係が良くなる場合(50.5%)、日中関係が良くなる場合(51.8%)、韓国にはマイナスという回答が多かった。日本と他国の関係が良くなることをすべてマイナスと見なしたのだ。
 キム・ジユン峨山政策研究院世論調査分析センター長は「政府の外交政策が一般の人たちの認識に影響を及ぼした結果」とし「このような認識が固まれば、むしろ政府に大きな政治的負担となるおそれがある」と述べた。
 金泰孝(キム・テヒョ)成均館大教授は「今の対日外交の問題は、政府の政策がすでに存在する国民の反日情緒に便乗し、日本関連の問題が発生する場合、政策担当者が国民感情に訴えるように、見せる形の外交をするという点」とし「両国の指導部が不必要に相手を恨むことをやめ、これ以上誤解が生じないよう状況の管理をする努力が必要だ」と強調した。
 キム・ヨンス西江大教授(政治外交学)は「対日外交においては国内の政治的位置づけや指導者の哲学を離れ、一歩譲歩してでもより大きなものをつかむ実用的な選択が必要だ」と述べた。


 我が国でも政治家は両国関係の改善に言及する。これはやむをえぬところで、南鮮との関係が冷え込んだままで良いと言った途端、メディアが総攻撃をかけるからだ。本心ではなくても、一応そう言っておくだけの話であり、官邸サイドからは、「首脳会談を急ぐ必要はない」「日本から擦り寄ることはない」という話がたまにリークされる。

 一方、日本のメディアは、朝日から産経まで、「日中、日韓関係の改善を」という論評を社説で出すほど、南鮮との良好な関係の必要性で一致している。テレビも基本は同じで、仲良くすることが当たり前という風潮を茶の間にばら撒く。ところが、何故良好な関係が必要なのかという理論武装はお粗末極まりない場合が多く、北朝鮮有事の場合の対応を指摘するならまだマシで、隣国だからという意味のない理屈を付けたり、挙句の果てには、先の大戦で迷惑をかけたからという自虐的な思想を刷り込もうとしたりする。13日の朝日新聞の社説が良い例だ。

 実のところ、南鮮メディアが日本との関係修復を言いだしたのは、かなり前のことだ。恐らく米国の干渉があってのことだろうが、外圧があったかどうかは別としても、通商上の対日依存は認めざるを得ず、加えて、そしていざとなった時の日本からの様々な援助がなければ、自国が立ち行かなくなるであろうことを、メディアやこの専門家らは知っていたはずだ。そのような背景がありながら、米国に捏造少女像を次々建てたり、産経新聞の支局長を拉致したりと、日本人の怒りをかうようなことを連発する。

 南鮮という国は、結局、自らが取ってきた反日全体主義という愚民政策がゆえに、身動きが取れなくなっている。たとえ青瓦台が日本に歩み寄ろうとしても、日本を恨む国民をせっせと増殖させてきたツケで、世論がそれを許さない。朴槿恵は世界各国で告げ口をしてまわり、世論と宗主国の支那に迎合したが、愚民からは支持されても国策としての成功は別問題だ。切羽詰まったところに、のこのこやってきた舛添を利用したが、招いた結果は日本国民の憤怒だった。

 南鮮民族と青瓦台がすがる河野談話と慰安婦問題が、朝日新聞の懺悔によって、正当性と影響力を急速に失いつつある今、南鮮に対する日本国民の反感は、増えることはあっても減ることはない。そのような状況下で安倍政権が南鮮に甘い顔を見せれば、安倍政権の支持率は急落する。つまり、南鮮や支那からの圧力、メディアの圧力があろうと、安倍首相は強硬姿勢を取らざるを得ない状況なのだ。(もちろん、謝罪などする気はないと思われるが。) これは、嫌韓本が書店で平積みになっている状況とは次元が違う。

 15日は南鮮の光復節だが、南鮮大統領はこの日の戦後によく強硬発言をする。李明博の天皇謝罪要求発言は、2年前の8月14日だった。朴槿恵が光復節に合わせ、どのような発言をするのかは注目である。ただ、発言の内容がどのようなものになるにせよ、日本人にとって犬の遠吠えとしか感じられないのではないか。発言内容にかかわらず、日本と南鮮の関係が俄かに良くなることはない。それどころか、良くする必要性すら見当たらない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/08/14 07:32 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
朝日の没落と朝鮮の没落と!天は正義の味方。。。
 朝日が国民に謝罪するなど武士道を実践することは今後も永久にないだろう。用は会社の権限を潔い日本人が握っているのか単なる兵隊として一つの歯車になっているのかとの差だと思う。
 アンケートの結果は専門家は日本に頼らねばもう韓国は泥舟だとの認識がようやくできたとの事だろうが、反日で捏造教育汚染された国民は日本との融和を許さないとの結論のようだ。
 歴史の真実を知りかけた日本人が韓国を許さないと気付き始めたのと呼応して、今後いくら親韓政治家が暗躍しても日韓関係が改善に向かうことはないだろう。天に唾した国と新聞の末路であろう。
 朝日が32年間も国民を陥れ、騙し続けてきた売国行動は、自身が反省できるかどうかは別問題で朝日をまともな新聞として購読してきた読者からのパンチは相当きついものになりましょう。
 サンドバックとして倒れない体力を温存してください。戦いの行方を楽しみに観戦したいと思います。
 でも我々の戦いは次なるNHK、TBS,朝日、毎日、東京新聞等、売国マスコミがごまんとあります。
 今回の事件は次世代の党、産経新聞等の日本を思う勢力の頑張りもありますが、ベースは何と言ってもネットパワーでしょう。
 反日の相手は日本の中枢を占拠しているだけに朝日が降参したからと言って安心できるものではありません。
 正道ネットブログを主宰される皆様の今後のご活躍をお祈りいたします。
[ 2014/08/14 09:04 ] [ 編集 ]
No title
 「『お前が悪い』と指さす時、残り4本の指は自分に向いている」

 我が家の菩提寺の本堂に貼ってある金言のうちの一つです。

 「恩は石に刻め、恨みは水に書け」
 と言うのもありますよ。
[ 2014/08/14 13:52 ] [ 編集 ]
No title
災いは遠くになる程好ましい。
敢えて引き寄せる愚は決して冒さぬ様に、致したいものです。

北鮮有事の際の対応? ご冗談でしょ。
南鮮なんぞと連携出来ると思える頭を疑います。
[ 2014/08/14 14:23 ] [ 編集 ]
No title
>15日は南鮮の光復節だが、南鮮大統領はこの日の戦後によく強硬発言をする。

 「大統領!空白の7時間から国民の目を逸らすのは今をおいてありません!」
[ 2014/08/14 15:04 ] [ 編集 ]
こんにちは
いつも読ませて頂いております。

もともと南朝鮮の土地は、奴隷や犯罪者が住む所であり、北の土地は貴族や学者の住む所だったと聞いております。

よって韓国という国は、DNA的にも人間らしい対話ができる国ではないという事ですよ。
なので世界共通の道理など通じるはずもなく。

それを証拠に、韓国のパククネは世界中に慰安婦像をたてるというマーキングしか能がありません。犬並みです。司法の場で解決しようという頭がない。

こんな国と国交を結んで良い事などありません。

犯罪者や近親相姦のDNAは、情や偽善でどうにかなる問題ではありません。
禁忌の血統です。近寄ってはいけない民族だと思います。
[ 2014/08/14 15:05 ] [ 編集 ]
No title
>15日は南鮮の光復節だが・・・

明日の朴大統領の演説が楽しみ。法王が韓国に到着したようだし。

どんな刺激的な発言が飛び出すやら。

日韓断交に弾みがつきますように。
[ 2014/08/14 16:39 ] [ 編集 ]
逆相思相愛?
我が国の国民の多くも南鮮土人が嫌いになりつつあり、向こう側は我が国の遥か彼方を行く反日振り。

そうなると、益々日南友好を唱える意味が限りなくゼロに近付きます。この趨勢は少なくとも今世紀中は変わらないでしょう。小生個人の『祈り』としては未来永劫の断絶を求めておりますが…我が国民は残念ながら世界で随一という程、情に弱く、相手が泣きを見せるとまたぞろ騙され兼ねませんのでね…

はてさて、誰が言ったか日南友好、これ程空虚で実体の伴わなくなりつつある二国間関係も有るでしょうか?ああ、有りましたね、これまた誰が言ったか日支友好。どちらも、歴史の中の死語として葬り去りたい、虫唾が走る言葉ですね。
[ 2014/08/14 19:08 ] [ 編集 ]
政治家の資質
また長文になりました。お赦しください。
短文でビシッと書けないのかと情けなくもなります。^^;

それにしても、舛添東京都知事の行動です。
後先、考えないスタンドプレーがお好きな御仁だと多くの国民は思っています。
御し易い人物であると見た中韓が利用しない手はありません。案の定やらかしてくれました。政治家ならば、日中友好、日韓友好と踊って欲しくはないのです。
中韓を利するような行動をとってしまうのも彼を推す公明党などのバックの要請でしょうか。彼のパフォーマンスのために、国益を損ねるようなことがあってはなりません。この人に都政は任せられないと多くの声が寄せられるのは、当然です。軽率な都知事の動向は監視の的ですね。

ところで韓国です。
小さな頃から反日教育をされている国民です。青山繁晴氏が、かつてお話されていたことですが、私なりの言葉で書いてみます。
独立記念館のおぞましさは、大人でも顔をそむけるくらいだそうです。先生に引率された小さな子供たちは、蝋人形仕立ての日帝の残虐行為をねつ造した博物館内を見せられます。それは、韓国の子供たちに消しがたい潜在的な憎しみを植えつけ、それが将来的に何を引き起こすか。それがどんなに、友好と真逆な事かを想像してください。日本人は逆差別を受け続けてきました。彼らの言う歴史が本当だと嘘を教えられ、自虐のままの教育を受けてきたのです。

韓国に行った舛添氏が糺すべきは反日国の在り様でした。しかし、ひたすら日本人のヘイトスピーチに頭を下げるばかり。よく考えて下さい。その前に、誰がそのような言葉を誘発させる行動をとっているのか。沖縄で米軍に対する耳を塞ぎたくなるほどの罵詈雑言をどんな人々が投げつけているのか。ヘイトクライムも同然の悪辣さです。もっと言うなら、アメリカ在住の日本人の子弟が中韓の子供達からどんないじめを受けているか。サイレントマジョリティーとノイジィ―マイノリティーが存在する日本の状況を精察し、それをもって安倍総理に法案のことを進言するのなら、まだしもです。

しかし、悪くすれば、これは人権擁護法案の焼き直しともなり、危険だと仰っていたのは、チャンネル桜の討論での馬渕睦夫氏でした。そこへの道につながるのでしたら、絶対阻止です!注視しなければなりません。

自らの行動がどのような結果をもたらすか、冷厳な目をもって事にあたれる政治家がいよいよ求められます。日中友好、日韓友好とは相互に信頼の気持ちがあって成り立つものとゆめゆめお忘れなきよう。
[ 2014/08/15 01:11 ] [ 編集 ]
No title
日本の隣にあるから仲良くしろ、というのであればアメリカとも仲良くしてもいいはずですよね?アメリカだって海を挟んだお隣の国なんですから。
在日チョンやサヨクはなぜその点を指摘しないのでしょうね?
[ 2014/08/15 06:51 ] [ 編集 ]
毎日楽しみに拝読させていただいております。わたしも韓国とお手て繋いで仲良くする必要性を全く感じません。千年後に仲良く出来そうならすれば良いのであって、なぜ虚構に対して詫びる必要があろうか。この時期だからこそ、今の日本の礎を築いて頂いた先人の御霊に思いを馳せるべきところを、なぜ嘘でっち上げ反日国家を思う必要がありましょう?一ミリたりともありません。この私的憂国の書を一人でも多くの日本人がブックマークし、毎日チェックして学ぶことを心から祈っています。これからも楽しみにしております。
[ 2014/08/15 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: