私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  舛添要一の非相互主義と治外法権

舛添要一の非相互主義と治外法権

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮の新人アイドルグループのPVに、広島への原爆投下や9.11を利用した演出があり、ネットで話題になっている。私もこのPVを見てみたが、人工的な処置が施されたであろう似たような顔をした4人が出てきて朝鮮語で歌っているので、一体何を歌っているか解らない。歌詞と全体の演出の結びつきも分からない。ただ、原爆や9.11の演出は確かに確認できる。Happinessという曲のタイトルとは、皮肉なまでに似つかわしくない演出だ。

Red Velvet - Happiness

 この新人アイドルグループに関する批判もあるようだが、批判されるべきはこのようなPVを制作した会社側にある。いくらなんでも、新人アイドルとやらが演出に積極的にコミットしたならまだしも、恐らく彼女等にそんなオツムはないと思われる。昨年5月、中央日報に「原爆投下は神の懲罰」という趣旨のコラムが掲載され、批判を浴び、中央日報はこの記事を削除したが(英語版は残していた)、PVにこういう演出を挿入する思想は、そのコラムに通ずるように思う。つまり朝鮮人にとって、広島、長崎の原爆とは、憎き日本を破壊した痛快な出来事なのだろう。

 これは、南鮮社会が日本に向けたヘイトのひとつである。この芸能人が所属するSMエンターテインメントという会社が、南鮮では最大手であるとどこかで読んだが、そういう会社が売り出す新人のPVは、何重ものチェックを経て完成する筈である。要するに、南鮮社会には、日本に対するヘイトに関しては、善悪の感覚が麻痺しているとしか考えようがない。

 舛添要一は、7月31日の定例記者会見で、南鮮におけるヘイト言動 ―― 今上天皇や昭和天皇の張りぼてを作って侮辱する、肖像画を踏みつける、国旗を国会議員が踏みつける。デモでも、「キルジャップ」ということをやっている ―― について、こう語っている。

 よその国が反日運動し、われわれを、ジャップという言葉で呼ぶということに対しては極めて不快で、快く思いません。どの国の国民も同じことをやられると不快だと思いますから、たとえばこういうことについて野放しにしてよいのだろうかと。韓国は韓国のやることですから、われわれがどうこう言う話ではありません。これは韓国が法律でやればよい。そういう点について、どうすればよいのだろうか、と。いままで簡単に法律が決まらなかったのは、やはり表現の自由が重い。こういうことをよく検討しよう、と。しかし、逆のこと言われたら不快なように、やはり人権というものは非常に大事ですから、こういうことをきちんと議論しようということです。


 舛添は、先般の南鮮訪問において、東京での嫌韓ヘイトスピーチを一方的に断罪し、南鮮における反日ヘイトにはひと言も抗議しなかった。舛添に外交基本姿勢というものがあるとすれば、それは相互主義ではなく、相手国の治外法権を認めることなのだろう。南鮮での反日言動は日常の行為である。南鮮側はそれを不問とし、日本だけを批判している。そういう治外法権的な状況を不問とし、身内だけを批判するというのは、旧社会党、社民党、共産党などが基本としてきた、「日本だけが悪い」という自虐スタンスと大差ない。

 舛添は、都に寄せられる数多の批判に関し、「寄せられる声だけで、何件来たから全部反対とか、何件来たからどうという問題ではない」と開き直った。都民の声を聴く意思は、彼にはないのだ。朝鮮の芸能人のことなどどうでもよいのだが、この都知事の民主主義とは、かくも薄っぺらいものなのだ。断罪されるべきは舛添要一である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/08/03 11:19 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
No title
人間には生まれ持った「人権」などない。モーソウ。
どこかの荒野、ジャングルででも主張してみればええ。自分の愚かさに気づかなければリッパ。
堆積された法や法律に守られた文明国にのみ存在する概念、権利であって人類固有、神から与えられた権利などではない。

国民主権、も妄想で間違いを犯しやすい大衆に不可侵の権力を与えれば、ヨーロッパの先例に学ばない事になりませんか?
三権分立をよしとしつつ、なぜ絶対的な権力、掣肘を受けない国民主権を疑わないのでしょうか?

便宜上選んだに過ぎない人物ごとき、間違いに気付けばまた制度を活用すべきであります。
[ 2014/08/03 13:19 ] [ 編集 ]
ジンケン
出たなジンケン この桝添都知事なら、C国が戦争を仕掛けて来ても「C国のする事ですから」で一逃げしそうな感じです。
居座るならリコールしか無いですね。都の選挙権が無いのが残念です。

輸出芸能はアチャラの国にとって一種の先兵なのだろうと思います。
反日女優を使ったドラマのフジTVのその後を見れば日本でどう受けとられるか、分かってしている事だと思うのですが、しつこさでは世界一。
在日系以外に観客がいるのでしょうかね。
[ 2014/08/03 15:22 ] [ 編集 ]
先が思いやられる
選挙を戦った都知事候補者の中では、舛添氏が間違いなく最も現場感覚や実務能力がある思います。
が、何故に古い自民党政治家を踏襲するのか、全く理解に苦しみます。
主張すべきことはしっかり相手に表明するのが「外交」ですよね。
今回の舛添氏の振舞いは、首長同士レベルの交流であっても、許されない愚挙でした。
帰国後の傲慢さは、かの国々滞在中の卑屈な人物と同一人には思えません。
総理大臣でさえ、面会できないパク氏と会談してきたという驕りが見えます。
舛添氏は、かの国の代弁者を気取っているのですね。
天皇に対する侮辱行為を容認しているお国と友好ですか。永遠にあり得ませんね。
[ 2014/08/03 18:23 ] [ 編集 ]
民主制度の弊害
民主制度下では、一票の投票権を行使する人間が一般人ですから、一般人の知的程度に投票結果が左右される運命にあります。

マスゾエが受かってしまったのは、まさに民主制度の負の部分で、カスゴミらに騙されたか、元々深く事実を知ろうとしない有権者により、この男は選ばれてしまったのです。

日本国民の教養とか歴史に対する正確な知識は、すぐにどうにかなるものでもないのです。地道な『逆洗脳』が不可欠かと思います。

故に今後の選挙では、短期的には如何にカスゴミを無効化し、浮動票たる情弱層を護国陣営に引っ張り込むか、しか無いと思います。
[ 2014/08/03 19:43 ] [ 編集 ]
No title
 「ジャップ」は不快だけれど「チョッパリ」は良いんですかね?
 記事中の引用部分、何を言ってるのかさっぱりわかりませんね、無理に解釈しようとすれば、「韓国人が日本人を悪く言うのは権利である」と?

 韓国人の発想は「歴史的に虐げられてきたわが国は甘やかされて当然」と言う前提に立っていますから、「いよっ、大将、凄いねどうも」と近づいても鰻丼にはありつけません、そうやっておだてられながら奢らせるのが当然と考えます。
 都民としては枡添一八が襟をほどいて虎の子を出さないように監視しなくてはいけませんね。
[ 2014/08/04 04:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: