私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  舛添要一、地方のラジオで、ウソも交えて訪韓を自画自賛

舛添要一、地方のラジオで、ウソも交えて訪韓を自画自賛

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私は通勤時、活字を追えないほど眠い、もしくは疲れた時によくPodcastを聴くのだけれど、私の中でのPodcast定番番組は「ザ・ボイス そこまで言うか」で、ごくたまに聴く番組に「ニュース新発見 インサイト」がある。ごくたまにというのは、要はコメンテーターを選んでいるわけで、決まって聴くのが勝谷誠彦氏、飯田泰之氏、青山繁晴氏の3名のみ。政治ジャーナリストといっても、鈴木哲夫は全く聴かない。同じく、今までスルーしていたレギュラーコメンテーターに舛添要一がいるのだが、昨日は舛添が「パク大統領との会談の成果」と銘打った自画自賛コメントがあったので、我慢して聴いてみた。その番組をYoutubeにUPしたのがこれ。


 「ニュース新発見 インサイト」の前身である「スタミナラジオ」のアンカー、中西一清氏はまだよかったのだが、「インサイト」に改編されてから番組を仕切っている櫻井浩二というアナウンサーはかなりリベラル色が強く、どうも好きになれない。この昨日の舛添とのやり取りも、太鼓持ちのようにやたら舛添を囃したてるので、7分半が余計に苦痛だった。

 アナウンサーのお囃子にのって、話は朴がいかに自分に友好的だったか、自分が如何に歓迎されたかに終始する。朴の“歴史認識”の注文については、「それを言っておかないと有権者がそっぽを向くから」と擁護し、その対比を利用し、自分と朴の会談が如何に穏やかだったかを強調する。

 現下の南鮮世論、日本世論の相互不信や嫌悪感については、一部の大きな声だけが拾われている結果であり、「大多数の両国国民はお互いの関係をよくしたいんですよ」と持論を主張。この辺は、あの「90%以上の東京都民は韓国が好き」と趣を同じくするものだ。都庁には28日朝までに、電話が約400件、メールは6000件以上寄せられているが、大半は批判だという。一体、どういう計算式を以って「大多数が改善を」という結論に至ったのか、説明をしてもらいたいものだ。

 自画自賛はまだ続く。自分がソウルを後にした翌日の朝鮮新聞各社が、「朴槿恵大統領もそろそろ日本と仲良くしたらどうか」という社説を展開したと、舛添は言っている。これは明らかに誇張で、その趣旨の社説を書いたのは、私が調べる限り、東亜日報のみだ。日本語サイトしか確認できないが、中央日報もハンギョレも舛添・朴会談を採り上げておらず、朝鮮日報に関しては、相変わらずの安倍首相批判である。従って、新聞各社と言っているのは嘘っぱちだ。

 話は石原都政まで及ぶ。都知事が北京とソウルを訪問するのは18年ぶりであることを引き合いに、「今までの都知事は何をやっていたんだ」と、石原慎太郎氏と自分を対比させることにより、暗に「自分は国際派」「行動する都知事」というイメージを発信している。この時点で舛添の話は半分も終わっていない。気分が悪いので、あとは読者の方のお好みで、再生するかしないかをご判断いただきたい。

 舛添は昨日、官邸を訪れ、菅官房長官に一連の報告を行った。舛添の報告に対し、菅長官は「今後とも、都市外交をやっていただきたい」と返したという。要するに菅長官は、「お前の範疇は都市外交までで、国家間外交は官邸がやる」と、舛添に釘を刺したということだ。この辺、官邸もしたたかである。

 舛添は、ソウルで自分が如何に歓迎されたかを力説した。今度はソウル市長が東京に来るそうで、舛添はやがて、自分が受けた歓迎の恩返しで、都民にも「ソウル市長を歓迎しろ」と言いだすだろう。だが、ソウル市長はあの慰安婦像なるものの設置を許可した市の責任者である。朴元淳ソウル市長は、あの捏造少女像を建立した時の市長ではないが、誰が許可したかは別として、あの像はいまもソウル日本大使館前に存在するのだ。そんな市の首長を歓迎しろと言われても、すんなり「では歓迎」とはならないはずだ。

 いまネットでは、アンチ舛添大キャンペーンが繰り広げられている。リコールには2ヶ月で100万筆の署名が必要だそうで、ハードルとしてはかなり高い。ただ、実現性を議論するのは先に置いて、いまは舛添に対する抗議の声をより大きく、より高く発信する時である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/07/29 07:26 ] 政治 | TB(0) | CM(6)
No title
 よくぞ7分半我慢できましたね、私は1分過ぎには拒否反応が出始めて1分半で降参しました。

 ソウル市長が来日するんですか、そうですか・・・ムフフ・・・溝を深めるチャンスですね。
[ 2014/07/29 07:50 ] [ 編集 ]
放置が一番
せっかく政府が「対話の窓は開けている」という放置プレー中なのに、ほっといても痛くも痒くもない南鮮に、どうして、こうもしっぽを振る輩が多いんでしょうか?それにしても、媚を売る人間の顔の気持ち悪いことといったら・・・彼の人を選んだ人、反省してくださいね。
[ 2014/07/29 09:13 ] [ 編集 ]
過去を振り向かず、枡添をつぶせ
舛添というのはもともと自己顕示欲が強い人物。
隙があれば俺が俺がというのが本性。
と見た。

それは今までのマスコミ登場で映像から見ることが出来ると思うんだけれども。

今回の朝貢訪問も国家と国家の関係がこじれているから、俺が俺が名をあげてやるというのがどうも心の奥に本人は無意識か意識的かはしらんがあるんじゃないかな。

もうやっていることが東京都知事の仕事を逸脱(いつだつ)しているよね。
自民党に監督不行き届きを出した。

しかし、東京都知事選、思い出しても宇都宮にさせたかったのか?
あのとき田母神さんの当選はムリだったから、例えば舛添降ろし運動が上手くいって舛添が東京都知事にならなかったら宇都宮都知事だろうね。

そうなっていたらモノ凄いことに今頃なっているだろうね。

まあ、
〔在日天国〕になっていたのは間違いない。
法整備も〔在日目線〕だったろうね。

だから ・・・・・ もう過去のことは言うな!

今は舛添批判を強めることが現実的な対処ぢゃないかな。

[ 2014/07/29 12:41 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/07/29 13:21 ] [ 編集 ]
どうせ
例え全ての南鮮メディアが「そろそろ日本と仲良く」と書いた処で、それはどうせ日本の各種経済援助が目的であって、日本にとって何一つ好い事にはならないのですから、書かれちゃ迷惑です。

この都知事、地下鉄安全システム技術の提供とかも言って居りましたが、都営地下鉄は都の所有物でも日本の鉄道安全システム技術は日本国と民間企業の宝です。
技術開発には多分国税の援助もあったでしょうから、都が勝手に左右できるものでは無い筈だと考えます。

菅官房長官の「都市外交」は相当な皮肉だと存じますが、アチラ神経の桝添に通じたかどうか?


[ 2014/07/29 18:22 ] [ 編集 ]
No title
ソウル市長が来るなら草の根で人を集めて盛大に歓迎してあげましょう。
無数の旭日旗で。
[ 2014/08/02 20:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: