私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  最高裁「生活保護を対象とする国民に外国人は含まれず」

最高裁「生活保護を対象とする国民に外国人は含まれず」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日、極めて喜ばしい判決が下された。一応、喜ばしいと言っておくけれども、極めて当たり前の判決でもある。永住外国人に生活保護を受ける権利があるかどうかが争われた裁判で、最高裁は「その権利なし」と裁定を下した。

最高裁が初判断「外国人は生活保護法の対象外」 (NHKニュース)

日本に住む外国人が生活に困窮した場合、法的に生活保護の対象になるかどうかが争われた裁判で、最高裁判所は「法律が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」とする初めての判断を示しました。

生活に困窮した外国人への生活保護費の支給は、永住資格を持つ人や難民認定された人などを対象に、人道上の観点から自治体の裁量で行われています。
これについて、永住資格を持つ大分市の中国国籍の女性が起こした裁判で、外国人が法的にも保護の対象になるかどうかが争いになり、2審の福岡高等裁判所が「法的な保護の対象だ」と判断したため、国が上告していました。
18日の判決で最高裁判所第2小法廷の千葉勝美裁判長は「生活保護法が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」とする初めての判断を示しました。
そのうえで「法的保護の対象を拡大するような法改正もされておらず、外国人は自治体の裁量による事実上の保護の対象にとどまる」と指摘して、2審の判決を取り消しました。
今回の最高裁判決はあくまで法律の解釈を示したもので、自治体が裁量で行っている外国人への生活保護には直ちに影響を及ぼさないものとみられます。

原告弁護士が判決を批判

判決について、原告の弁護士は会見で「法律の中の『国民』ということばだけを見て、実態に踏み込んでいない形式的な判断だ。外国人に生活保護を受給させるかどうかは行政の自由裁量だと最高裁がお墨付きを与えるもので問題だ」と批判しました。
さらに「外国人は日本で生活してはいけないと言っているのと同じで、安倍内閣は成長戦略の一環として外国人の受け入れを拡大するとしながら、一方でセーフティネットは認めないというのなら日本にこようとする外国人はいないだろう。なんらかの形で外国人の受給について法律の改正をしなければならない」と指摘しました。


生活保護の対象に外国人は含まず

 真っ当な判決であるとともに、福岡高裁が何故、二審で外国人を法的に保護対象としたのかが全く理解不能である。我が国の法律は、我が国の国民に対して定められたルールだ。そのこと自体、疑う余地もない。そして、不都合な状況が生じた時に、法律の枠を飛び越えて「俺たちも仲間に入れろ」と主張する事は、筋が違うのだ。つまり、日本国憲法を始め、我が国の法律全般は、日本国民と外国人を区別している。この区別を差別と混同するから、話がややこしくなるだけで、法律は書かれた通りに読むことが基本なのだ。

 このNHKの報道には、少々鼻をつまみたくなる部分がある。「今回の最高裁判決はあくまで法律の解釈を示したもので、自治体が裁量で行っている外国人への生活保護には直ちに影響を及ぼさないものとみられます」という部分だ。これは、「法律の解釈は解釈であって、自治体は自分たちの裁量で続けろ」と言っているようにも聞こえる。

 原告団の主張は、更に噴飯ものだ。「外国人は日本で生活してはいけないと言っているのと同じ」と言うが、これは極端すぎる論理の飛躍である。判決は単に、「日本に住むなら日本のルールに従え」と言っているだけでだ。日本に住むこと自体が「日本人の税金からおこぼれをもらう権利」だと解釈してもらっては、日本人として迷惑なのだ。よくもここまで強欲になれるものだと、呆れてしまう。

 さて、先日、国勢調査のデータが会社で回覧されてきて、そのなかに、日本の都市に住む外国籍住民の国別データがあったので、コピーしておいた。多分、平成25年のデータだと思うのだが、下記が各都市における支那人、朝鮮人のシェアだ。
都市別の外国籍住人

 全都市を外国人の絶対数で表示すると、東京や大阪のような大都市圏と地方都市で数が違いすぎて、グラフが見づらくなってしまうので、全外国人と、その中で支那・朝鮮人が占める割合とした。東日本と東海では朝鮮人より支那人の占める割合が高く、逆に関西圏では朝鮮人が多い。特に、大阪、京都での朝鮮人シェアには驚くばかりだ。大阪は永年、生活保護率が高いことが問題とされてきた。市民の18人に1人が生活保護を受けており、今年度計上された生活保護費は2916億円で、一般会計の17%近くを占めていると言われる。この数字を観る限り、全てが外国人のせいだとは言えないが、全国一の生活保護率と在日朝鮮人の突出した多さに因果関係がないとも言えないだろう。

 日本において、日本人と外国人をわけて考えることは、差別ではなく区別である。日本に住んでいるからと言って、生活保護という不労所得を生活の扶持にされては、日本人がたまったものではない。

 最高裁が下した判決は、在日外国人の流動化を招く恐れがある。NHKの解説通り、自治体の裁量によって外国人への生活保護が継続されれば、外国人が「もらえない自治体からもらえる自治体に」流れて行くであろうことは、容易に想像がつく。だから、支給を継続するような自治体へは断固とした抗議が必要だし、監視も必要だ。日本人の生活を守る上では、そのようなひずみによる被害を防ぐため、ひとりひとりが行政をウォッチしていく必要がある。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/07/19 08:12 ] 社会問題 | TB(0) | CM(13)
福岡高裁はこの手の裁判では
かなりのヒダリ判決を出し
国が上告をし最高裁でひっくり返ると言うある種の様式美が確立されています

ですが常識で考えて外国籍を持つ外国人が
日本の税金から出される生活保護を受けると言うのは道理が通りませんよね
日本は夢の国では無いのですから
どうぞご自分の母国にお帰り下さい
[ 2014/07/19 08:58 ] [ 編集 ]
No title
渡邉哲也 @daitojimari · 13 時間

住民監査請求で良いと思います。

廃止は出来ても慰謝料は多分厳しい。

“@nippon_itiban:
外人に生活保護支給してる自治体に対して、「外人に支給するとは何事だ! 支給停止しろ! 心も傷ついた! 慰謝料払え!」
[ 2014/07/19 09:57 ] [ 編集 ]
シンポジウム「あなたの街は大丈夫? 多文化共生と地方自治体の真実」
関連イベント紹介失礼いたします。

移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会 (愛称: 八重桜の会)は、地方自治体における多文化共生政策および一連の外国人優遇政策・定住促進政策をテーマとしたシンポジウムを開催します。

維新政党・新風の鈴木信行代表、埼玉県の鈴木正人県議会議員(無所属)、大田区議会議員を13年務めた犬伏秀一 日本維新の会衆議院東京都第4選挙区支部長をお招きし、今自治体で何が起きているのか、私たち住民に何ができるのか、政府の国家戦略特区や外国人労働者受け入れをはじめとする一連の成長戦略が、こうした地方自治体の現状とどのようにつながっていくのか、政治の立場からお話いただきます。

日時・場所
平成26年8月16日(土)13:45-16:30 (懇親会17:00-)
深川江戸資料館 小劇場
〒135-0021 東京都江東区白河1-3-28

主催: 移民・多文化共生政策に反対する日本国民の会(八重桜の会)
http://www.sakuranokai.org/
Facebook: https://www.facebook.com/groups/403012403133962/

講師:
鈴木信行氏 (維新政党・新風代表)
http://www.shimpu.jpn.org/

鈴木正人氏 (埼玉県議会議員、無所属)
http://www.trans.ne.jp/masato/

犬伏秀一氏(日本維新の会 衆議院東京都第4選挙区支部長、前大田区議会議員)
http://www.inubushi.com/

モデレータ: 金子宗徳氏(月刊国体文化編集長、里見日本文化学研究所主任研究員)
http://blog.kanekomunenori.net/?pid=1

時間割:
13:00-13:45 設営
13:45-14:00 開会・連絡事項
14:00-14:30 講演(鈴木代表)「自治体における 外国人優遇政策(生活保護、社会保障、留学生補助金などの実態)」
14:30-15:00 講演 (鈴木県議) 地方議員の観点から
15:00-15:30 講演 (犬伏前区議) 地方議員の観点から
15:30-16:20 パネルディスカッション・質疑応答(モデレーター調整中)
16:20-16:30 連絡事項・閉会
17:00- 懇親会(実費、任意参加)

費用: 1,000円(資料代)

お申込み: 資料の用意の関係上、予定がわかっている方はできるだけ事前登録お
願いいたします。こちらのフォームよりお申し込みください。
https://creativesurvey.com/reply/b1788d76a8855fb4a5bbf2bbc13566

協賛
新しい歴史教科書をつくる会
維新政党・新風東京都本部
鎌倉の教育を考える会
小金井市青少年育成協議会
笹竜党(ささりんどう)
自治基本条例に反対する市民の会
真の人権を考える日本国民の集い
多文化共生を考える会・鎌倉
北陸3県有志の会(行動する北陸)

お問い合わせ:
八重桜の会 info@sakuranokai.org

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

※妨害行為につきましては、警察を含め厳しく対処させていただきます。あらかじめご了承ください。
[ 2014/07/19 10:41 ] [ 編集 ]
不思議なもので、広島の公営マンション付近から聞こえてくる言葉は、中国語やら韓国語やらばかり。

そして、駐車場には高級な輸入車も停められていたりします。


とても歪な空間がそこにはあります。

近所ではないからと、
目を背け、考えることを避けてきましたが、

やはり、異常なところへは
ちゃんと目を向けて、
是正を促していくことを行わなければと感じました。



我々はアッチの人の為に税金を払ってるのでは無いのです。


でも探せばまだまだそういった無駄遣いって出てきそうですよね、、、



[ 2014/07/19 10:45 ] [ 編集 ]
No title
九条を守れ、と言うなら日本国民たる要件を遵守しろ、とのアッピールも欲しい。
法の支配も法治主義も味噌糞の国民には似つかわしい議論やな。

現在のわが国は過去からの堆積で形成されている訳で、今現在、納税しているからと云って権利を主張するのはオカド違い、いと厚かまし。
われわれのジイサン達は苦しみながらも納税し、日本国民として外国とも戦ってきたんや、正邪、善悪は別として。
日常のさまざまなサービスは外国人でも自由に享受すればよいが、生活の保障はアイデンティティに基づきそれぞれの国でドーゾ。

ヘチマのコピペみたいに誰も読まないと思うし、ついでに作文する。
日米安保条約の前文や欽定憲法98条2項は普通読まないし、知らないし、従って議論にもならない。国語力?文字が読めれば誰でも理解できる。

法の支配と云い立憲主義と云ってる人達(要は確立されたルールにしたがおう)、現憲法破棄の議論の前提として俺達は日本人で過去から現在、そして未生の子らに国土、主権を確実に伝達する義務がある。
[ 2014/07/19 12:41 ] [ 編集 ]
特亜の皆様の犬HK、略して特亜犬は確信犯だ
特亜犬は、7時のニュース以降、全くこの件を報じなかった様です。まあ、予想の範囲内でしたね。

管理人様が書かれている所の、『自治体の裁量で続けろ云々』は全くその通りの印象操作だと思いますね。まさに連合国による我が国弱体化の大成功例です。

故に、我々は戦後体制の徹底的破壊を通じて、特亜犬やら戦後痴呆自治やらを完全消去させねばならないのです。
[ 2014/07/19 15:47 ] [ 編集 ]
民族自決の原理からの当然の帰結
日本という国が何のためにあるかというと、日本の価値観・文化に照らしておかしくない価値観に沿って、善良・崇高に生きる場所を確保するためです。

これは、憲法とか法律とかよりもっと以前の、民族自決の原理そものもで、ウェストファリア体制を尊重する全ての国で同じです。

日本国籍者に、日本の価値観を基軸に生きられる場所を確保するというのが日本という国が存在する理由です。これは憲法がどういう性格であっても関係ない。

日本の場合は、外国籍者であっても、日本で暮らす目的が、この目的に合致する場合、帰化申請することができます。日本国憲法は、ここを閉じていません。

日本国籍を取得しない、ないしは、取得できない場合は、この日本という国家の存在目的に照らして何らかの合致しない事由がある場合です。

重要なことは、日本国籍を持つ者と持たないもので待遇が違う理由は、「外国籍の人へのいわれなき差別」ではなく、日本人が日本人として生きる場として確保された社会・国を守るためだということです。

国家の存在意義を正しく踏まえれば当然のことです。原理から直に出て来ることです。

これを「いわれなき国籍差別」と混同して「最高裁の判決はひどい」という原告本人の気持ちは、理解できなくもないが、残念ながら理屈を忘れた感情論と言わざるを得ないということです。

気を付けねばならないことは、このことは、その人が納税したか否かとは関係がないことです。

納税は、日本と言う国を運営する資金を確保するために、みんなで能力に応じて公平に出し合うものです。納税をすることと日本国籍を持つこととは関係がありません。

だから、外国人であろうと、税金はかかります。
納税の義務と日本国籍、国民の権利は関係がないのです。

ここを関係づけようとする拝金主義的な個人が日本に存在することは事実ですが、日本という国家がそうなることは、憲法で否定しています。

例えば、納税しようにも、収入が一定水準に達しない場合に、免税される場合があるのは、税制が「公平に出し合うもの」だからです。免税されたからといって、国籍をはく奪されたり基本的な権利を制限されることはありません。

むしろ、納税したくてもできない日本国民にでも、文化的で健康な生活が保証されると憲法に明記されています。

何しろポイントは、納税と国籍は関係がないということです。

ここで注目すべきは、最高裁の判決が、外国人に対して生活保護の支給を「禁じた」わけではないということです。

「日本人が日本人として生きる場所を守る」ことが確保できるならば、より多くの人が経済的恩恵を受ける可能性を残しているのです。

理を通した上で、情を忘れず、一人一人を最大限尊重する。これが、日本の価値観だと私は理解しています。


ところが、理と情をゴチャ混ぜにして考えてしまうと、おかしなことになる。

「外国人は日本で暮らすなと言うのと同じ」言った弁護士には、弁護の依頼はしない方がよいと思います。
この人に弁護を頼むと、必ず負けます。基本を踏まえないまま、混乱していることにも気づいてないのだから。
ご自身のために、一度、弁護士資格を返上して勉強しなおすことをお薦めしたい。

もう一人、同類の人がいる。
2審の裁判官。
裁判官を辞職すべき。これは、お薦めというより、諭旨に近い。
[ 2014/07/19 17:12 ] [ 編集 ]
No title
近年になって在日コリアンの帰化が病的に増加した、という話を聞いたことがあります。口を開けば「自民党粉砕!アベ死ね!」と喚く在日二世、三世が日本国籍ゲットのために走り回っている異常な事態が各地で発生しています。

ナマポを受給しやすくするため、とは短絡的には考えませんが、理由の一つと解釈できる話ではあります(※最大の理由は‘心の祖国’である韓国の徴兵から逃れるためだそうです。


既に帰化した‘ニセ日本人’に対して質問や苦情がある人は下記までどうぞ。彼ら自身も「ネトウヨが凸かましてきてもシバき返してやる」と息巻いていますのでw

ttps://twitter.com/EnterFree
ttps://twitter.com/lovekor98075426
[ 2014/07/19 19:58 ] [ 編集 ]
謝罪と賠償
この判決は残念ですが誠意ある自治体に期待します。中国人や韓国朝鮮人は住む所を奪われ日本に連行された被害者が大半ですしヘイトスピーチなどで差別仕事もできませんやはり温かい支援は必要です
[ 2014/07/19 22:14 ] [ 編集 ]
中国人は日本に金をたかりに来る民族
今でも日本には小さな子連れの中国人があふれるほどいる。
よくも日本にこんなに入れていると呆れる。
いずれ教育費も日本が出すのだろう。

中国人のたかり気質は確かにある。
反日は平気でやるくせに、日本にはたかろうとする。
そういう民族なので金目的に日本に来るのは中国人犯罪者と根は同じだ。
[ 2014/07/20 00:18 ] [ 編集 ]
言い忘れてました
外国人への生活保護の支給を禁じることなく、地方自治体の裁量に任された判決はいかにも日本の温情判決です。
日本国民と日本を守れる前提で、支給の可否を決めればよいです。

もう一つ、ほとんどの各地方自治体の財政はひっ迫している事実があります。

無理をして支給を行なった場合、日本人が守られない可能性があります。

自治体に誠意があっても、無い袖は振れません。

「誠意ある自治体に期待する」といういい方をする人がいたとすれば、言外に「支給しない自治体は誠意がない」ということを意味しようとしていると思われます。

が、これは明らかに間違いで、地方自治体が即座に強制送還の告発に踏み切らない時点で、すでに誠意・温情です。

それ以上の期待は、物乞い・たかりと同じです。
日本の税収は、日本を運営するための資金なのです。

外国人は、仕事がないなら、帰ればいいだけの話なのです。
強制送還という手を使えば、政府が旅費を建て替えますので、費用がなくても帰れます。

仕事がなく、自活できない外国人は、日本に居る資格がそもそもないという前提を忘れてはなりません。

日本人にも仕事がない人が居るのです。外国人が仕事に就けば、日本人の仕事口が減るのです。

日本は、無理を通して道理をひっこめる国であってはならないと思います。
[ 2014/07/20 00:36 ] [ 編集 ]
司法
ここ何年間か、司法の判断がひん曲がって反日的に感じる事が多かったのですが、この判決には少し安心です。

納税と国籍は関係ない。
その通りで選挙権にも通じる重要なポイントです。

この判決で、地方自治体にあっても今までの様な不逞惰弱な外国人への「生活保障」が出やすくて、体力的年齢的に自立困難な日本人が受給出来ずに、困窮の内に餓死・自死される事は根絶されますように。

海外で暮らす日本人が生活困難になったとして、果たしてその国で「生活保障費」を受ける事が出来るものでしょうか?
今回係争の方のお里、中共で日本人がそのように扱われるとは、とても思えないですし、南鮮もご冗談レベル、ブラジル、フィリピン、他諸々、聞いたこともありません。


又古色蒼然の嘘八百を並べて、十八番の「謝罪と賠償」乞食がうろついて居ますね。
相手にするも愚かですが、人格見窄らしい人を見るのは 特に雨の日、気分悪いです。
[ 2014/07/20 00:38 ] [ 編集 ]
No title
>中国人や韓国朝鮮人は住む所を奪われ日本に連行された被害者が大半ですしヘイトスピーチなどで差別仕事もできません


彼らが言う‘差別’とは、違法行為を咎められること

‘仕事’とはひったくりや車上荒らし、強姦や麻薬売買のこと


これでは嫌悪感を抱かれて当然
[ 2014/07/20 09:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: