私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  死んでも治らない朝日新聞の思想的偏向

死んでも治らない朝日新聞の思想的偏向

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ソウルで行われた支那と南鮮の首脳会談において、キンペーと朴は、 「日本は(歴史)修正主義の態度が続き、(集団的)自衛権の拡大まで推進しており、憂慮する」との認識で一致したという。アジアと太平洋で覇権を狙う支那キンペーの誘い水を受け、朴槿恵がその尻馬に乗った格好だ。南鮮の同盟国である米国は、日本の集団的自衛権行使容認について、“公式に”歓迎の意を示しているのだが、ここでも朴は同盟国の安全保障に対する考え方に異を唱えた。

 個人的には、近年の南鮮における政治リーダーについて、盧武鉉が最低の大統領だと思っていたのだが、朴槿恵はその盧武鉉をも凌ぐ無能さを露呈しつつある。危険水域どころか、浮上不可能な沈没だ。先月末のソウル市の調査で、朴の支持率は40%を下回った。4月末、支持率が71%から56%に下落という調査結果が発表されたが、調査のレベルは異なるとしても、傾向として、かなり急な降下曲線を描いている。

 さて、善し悪しは別としてのキンペー、朴の蜜月ぶりについて、朝日新聞は5日の社説でまたわけのわからないことを言っている。朝日新聞を読むとバカになる。5日の社説はその証明だ。

中韓首脳会談―日本は傍観したままか (朝日新聞社説 2014-07-05)

 習近平(シーチンピン)・中国国家主席がソウルを訪れ、朴槿恵(パククネ)・韓国大統領と会談した。朴大統領はすでに昨年、訪中している。隣国の首脳が頻繁に会って信頼関係を築いているのを見るにつけ、安倍首相が両国いずれの首脳とも会談することができない現実に、思いを致さざるを得ない。


 社説は、支那と南鮮の蜜月関係から、日本が排除されているという結論から始まる。そして朝日は、日本と両国との首脳会談が実現していない背景をこう書くのだ。

 日中韓首脳会談が東南アジア諸国連合(ASEAN)の場を借りて初めて開かれたのは15年前。08年からは3カ国の独立した会談となって実績を積み重ねたが、12年5月の北京を最後に中断している。きっかけは尖閣諸島国有化であり、安倍首相の靖国神社参拝など歴史認識問題が事態を悪化させた。


 この書きっぷりが朝日らしい。支那や南鮮の蛮行をまるで棚に上げ、両国との首脳会談が実現していないことについて、野田政権における尖閣国有化と、安倍首相の靖國参拝が理由だと言い張っている。これでは全く、支那と南鮮の代弁だ。

 冗談も休み休みに言えと、朝日新聞に言いたい。物事には順序がある。尖閣の歴史は様々あれど、尖閣を発火点とする日本と支那の攻防のきっかけを作ったのは、明らかに、海保の船に体当たりした支那人船長である。朝日とてそれを忘れているわけはない。そのことを棚に上げ、事態を悪化させたのは一方的に安倍首相だと断言する偏向は、事実を伝える、もしくは客観報道に徹するメディアの資格すら放棄した姿勢だ。

 南鮮との対立は、様々な反日言動で日本人に鬱積していた憤懣が、李明博の竹島不法上陸と天皇陛下に対する侮辱発言で一気に噴火したのがトリガーだ。朝日が指摘する「きっかけ」は、時系列と相手の挑発を全く無視した暴論である。

 日本として、いまの両国、とくに中国に注文をつけたいことは軍事分野を含め山ほどある。そのためにも、歴史認識を政治問題化させる不毛を断ち切り、3カ国による首脳会談の再開を目指すべく、一歩を踏み出す時が来ている。


 歴史認識を問題化させているのは、支那と南鮮の方だ。私は賛成しないが、安倍内閣は村山談話、河野談話という特亜にとっての限界線を踏み越えていない。靖國神社参拝を政治問題化させたのは朝日新聞であって、特亜がそれに喰いつき、政治問題化したのである。慰安婦問題も然りで、「政治問題化するな」と主張する朝日新聞自身がが火を付けた主犯なのだ。

 朝日が言う「一歩を踏み出す」の意味は、支那や朝鮮の言い分を日本政府が無条件に受け入れろということなのだろう。靖國神社は参拝せず、村山談話、河野談話を外交上の金科玉条とし、日本は加害国としての認識を前提に、両国に対してひれ伏せということだ。朝日は支那と南鮮の蜜月ぶりを傍観するなと言うが、放火をした犯人が「早く火を消せ」と叫んでいるのに等しい。繰り返すが、こんな新聞、読んでいると本当にバカになる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/07/06 10:47 ] メディア | TB(0) | CM(6)
No title
ニューズレター・チャイナ @NLChina2009 · 24 時間

日朝協議がスタート。プロパンガンダに乗せられるメディが続出。TBSはピョンヤンから「日本の経済制裁は効果なし。中国が援助したからだ」と女性記者。勉強不足。中国からの援助の総括が「民族の裏切者」張沢成粛清なのだ。北は餌だけ取るのが巧みなかわはぎ。中国は毒針入りのソファー業者。


習訪韓で韓国の対中土下座外交が全面開花した。中国の朝鮮侵略(朝鮮戦争)に抗議もできない韓国が従軍慰安婦批判などチャンチャラおかしい。
まだ民族の自主権を主張する北の方が骨がある。金日成は中国を「大国主義」「支配主義」と批判していた。なんだ!南は!朝鮮民族の誇りはどうなった!。


習近平を大歓迎する韓国政府と国民の姿に過去、明にも清にもこうしていたのだなということを実感。在日文化人たち、しばき隊の面々。中国にはノーコメントなのか。ウイグル、チベット、小国のフィリピンも、ベトナムも、台湾も、香港も戦っている。でも韓国は習の足の裏を「なめただけ」。


土下座批判に朴クネは言うかもしれない。「土下座ではありません。朝鮮民族が長年行ってきた伝統を踏襲したものです」と。それを土下座というんだよ。彼らにすでにはそうした自覚すらないのだろう。他方、必死に中国船に対抗するベトナム、フィリピン。愛国無罪である。中国の隣国でお友達は韓国だけ。


https://twitter.com/NLChina2009
[ 2014/07/06 11:27 ] [ 編集 ]
日本は文明国なのだ
文明国の定義は様々で、自国民が語るものでは無いかも知れない。
でも、思想信条の表明においては、明かに日本は文明国の名に恥じない自由がある。

天下の売国クオリティー新聞朝日は、古色蒼然たる社説をくどくど書き連ねつつ一定層に支持があるのは事実だ。
未だに朝日が進歩的と信じる取り残された人々のよすがなのだ。
少しは講読者に対して責任ある言論を発信してやるべきだと思う。

捏造記事で扇動しても、国家転覆罪に問われることも無い。
この社会の寛容さが特異な隣国に利用されてしまうんだな。
朝鮮日報が引用する「良心的日本人の意見」ってほぼ朝日と毎日の記事だけですから。
[ 2014/07/06 14:22 ] [ 編集 ]
No title
あるブログより
朝日新聞の累積赤字970億円らしい
これを支えているのが中国なので中国の意に沿った記事を書かざるをえない。
納得
[ 2014/07/06 14:58 ] [ 編集 ]
No title
逆にアカヒは反日をやめてはいけません。なぜならアカヒの反日はある種の伝統芸なのですからw
[ 2014/07/06 19:00 ] [ 編集 ]
心配なこと
>歴史認識を問題化させているのは、支那と南鮮の方だ。私は賛成しないが、安倍内閣は村山談話、河野談話という特亜にとっての限界線を踏み越えていない。靖國神社参拝を政治問題化させたのは朝日新聞であって、特亜がそれに喰いつき、政治問題化したのである。慰安婦問題も然りで、「政治問題化するな」と主張する朝日新聞自身がが火を付けた主犯なのだ。

> 朝日が言う「一歩を踏み出す」の意味は、支那や朝鮮の言い分を日本政府が無条件に受け入れろということなのだろう。靖國神社は参拝せず、村山談話、河野談話を外交上の金科玉条とし、日本は加害国としての認識を前提に、両国に対してひれ伏せということだ。

いかにも支那・中共の三下、下っ引き、人民日報築地出張所の憎日・朝日=築地チョーニチらしい紋切り型の論説です。
上記文章を読み、10年以上前、「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、に書き込んだ文の一節を思い出し出しました。

・・《頭隠して尻隠さず》、という小さな子供たちの隠れん坊と異なり、築地・チョーニチは、そのお粗末な頭も、汚い尻も、丸出しなのを、この板の愛読者にとっくに見破られているにもかかわらず、愚劣な論を弄しているのには、まったく嗤えてきます。・・・」

安倍さんは、チョーニチのこんな論説など頭から相手にしないのは確かですが、
今後、日本の政治、世界情勢はどのように変わっていくのか、全く余談を許しません。特に世界情勢は大変なことになるのだけは間違いありません。
ウクライナもそうですが、私が得た情報では、中東、イラク、シリア、の問題の方が深刻に思われます。アメリカに対する中東諸国の不信感、アメリカの国力の衰退、今後一体どうなっていくのかと思います。
それとともに、ここ2~3年で確実に起こると予測される、支那・中共、韓国の経済的、大破綻と社会的混乱です。
それにどう対応するのか。
安倍さんのことですから、当然対応は考えているでしょうが、日本にとっては容易ならぬ大事と考えます。


「ここ2~3年で確実に起こると予測される、支那・中共、韓国の経済的、大破綻」

宮崎正弘、石平、三橋貴明、室谷克実氏の書物より。

靖国、慰安婦問題に加えて、日本の教科書をここまで酷い惨憺たる状態にしたのも、日教組と組んだ、朝日です。



[ 2014/07/06 22:25 ] [ 編集 ]
反日レイシストの機関誌である朝日新聞の社説が、狂っているのは当たり前。
奴等は真のレイシストなのです。
日本人が不幸になることが奴等の願いであり、喜びなのです。

この性癖は直せません。奴等の本能だからです。

日本人を差別し抑圧して苦しむ姿を見てから死にたいと、本気で思っている連中です。

反日レイシストを甘く見てはいけません。奴等は真のレイシストです。筋金入りの日本人差別主義者です。

[ 2014/07/06 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: