私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  集団的自衛権、閣議決定 ~ 歴史的事業が始まった

集団的自衛権、閣議決定 ~ 歴史的事業が始まった

← 応援クリック、ありがとうございます。

 7月1日、政府が臨時閣議を開き、集団的自衛権の行使を容認するための憲法解釈変更を決定した。首相にとって、第一次安倍政権での積み残しであったこの案件。それを、7年越しで成就させた。メディアは総攻撃モードで、「拙速だ」と批判を開始したが、「小泉内閣発足が平成13年4月に発足した際に、外交・安保政策は白紙状態だった小泉氏に官房副長官としてその必要性を訴え、就任記者会見でこれに言及させて以来の継続事業」(以上、産経阿比留記者のFacebookより)だから、拙速という批判は当たらない。兎に角、歴史に残る事業が始まったのである。

安倍晋三首相

 ふと、この閣議決定で、最も胸をなでおろしているのは、塩村文夏東京都議ではないだろうかと思ったりする。「早く結婚した方がいいんじゃないか」のヤジ問題を海外メディアに持って行き、世界に拡散するという愚挙までは計算づくだったのかもしれないが、タレント時代や放送作家時代のイタい言動を暴露され、ネットでは「お前が辞職しろ」という発言まで飛び交う始末だ。昨日の安倍首相の歴史的な会見によって、耳目は否が応にも政府に集中する。塩村議員にとっては、願ったりかなったりだったのではないかと拝察する。

 報道各社、特にテレビメディアは、この閣議決定に反対するデモを嬉しそうに伝えているが、過去のデモを含め、なかには失笑を禁じえないものもある。例えば、下の二つの写真はネットで拾ったものだが、爆笑ものだ。

0701demo1.jpg

0701demo2.jpg

 この人たちには日本人のお友達がいないのか?と思ってしまう。異国情緒漂う漢字に、「ハンタイ」を「ヘンタイ」と書き間違える愚かさ。大陸や半島の民族が誰かの意を受けてデモをしているということである。

 さて、デモまでは行かないまでも、民主、維新、生活、社民らがどこかで街宣している様子も報じられていた。この街宣も含め、各党の見解、談話は下記の通り。

民主・海江田
「与党の密室談合で立憲主義を無視した閣議決定だ。専守防衛を逸脱している」「安倍さんは、国民の命を守る、暮らしを守ると言っているが。むしろ、私は、国民の命が危うくなる暴挙だと思っています」
⇒⇒ 「他党を批判する前に、自党の統一見解を出してから言え」で終わり。

維新・松野頼久
「今のアジアの緊張状況の中では解釈変更でも仕方がない」とぶら下がりで云いながら、街宣で「この間、与党協議でまとまったから、きょう、すぐ閣議決定。これは、あまりにも乱暴なんじゃないでしょうか」
⇒⇒ 「どっちなのか、橋下と相談してきてから言え」で終わり。

生活の党・鈴木幹事長
「日本の、本当に暗黒の日の始まりだと言っても、過言ではないと思います。絶対に許してはならない」
⇒⇒ 「貴方がたが政権を取ることを想像した方が、よっぽど暗黒だ。それより、小沢は昔、集団的自衛権賛成派だったんじゃ?」で終了。

社民のダルマみたいな人
「与党の中で、密室協議をして、閣議決定した。皆さん方とともに、怒りを強く発したい」
⇒⇒ 「皆さんって誰ですか?まさか俺を含めてないでしょうね?ww」で終了。

結い・江田
「与党間だけの、密室の協議で決めてしまうのは、言語道断。今回の閣議決定、特に集団的自衛権に関わる部分については、疑問だらけ」
⇒⇒ 「閣議決定は閣議で決めるもの。それより、アンタ本当に橋下とすり合わせしてんのか?」で出直し。(ってか、俺はあんたの人を小馬鹿にしたような語り口が生理的に嫌いなんだ・・・とぶつぶつ言ってみる。)

共産・志位
「立憲主義を、根底から否定する暴挙だ。閣議決定の撤回を求める」
⇒⇒ 「共産党らしくて、予想通りで、特にコメントなし」でスルー。

みんな・浅尾
「抑止力の向上に、どう役に立つかということを、国会を通じて、国民に対して、より説明していく必要性が、政府にあるのではないか」
⇒⇒ 「それはこれからです」

次世代の党・平沼暫定代表
「同じ考えですから、協力をしてあげなければならないと思っています」
⇒⇒ 「信頼できる野党は平沼新党だけです」と賛辞。


 政権批判は野党の立場としては致し方なしと思うが、今の安倍政権にとって、対立軸としての野党は敵ではない気が改めてする。安倍政権存続の条件は、恐らく、今後の経済だろう。3本目の矢は、新自由主義的な香ばしさがいたるところに匂い、経済音痴な私もさすがに首をかしげたくなる。景気が後退すれば、消費増税の見送りという好材料をもたらす可能性があるが、一方で、政治で敵わない野党や評論家連中が必ず足をすくいに来る。政権基盤が緩むことがあるとすれば、その時だろう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/07/02 07:27 ] 政治 | TB(0) | CM(13)
No title
「ヘンタイ」と、自己紹介しているのかと思いました。



>ニューズレター・チャイナ @NLChina2009 · 6月29日
【青木直人0630-1】
北朝鮮が日本海にミサイルを発射しました。これが日本向けのわけがありません。明らかに中国に向けた抗議の意思表示です。ここがわからないから日朝協議の行方が読めないのです。習と朴クネは首脳会談でともに北の核への批判を唱和するでしょう。

【青木直人0630-2】
ミサイルは中国の新冊封体制に進んで加わろうとする「朴売国奴集団」にも向けられています。金正恩第一書記に言いたい。覇権主義の中国ではなく、日本に拉致を謝罪し、援助を要請せよ。中国の毒針に警戒せよ!それだけがチュチェの救国の道である。


自公による集団自衛権承認に大規模な抗議。

①公明党は創価学会池田大作氏が最終決定権をもつ。彼の国会喚問阻止が
同党の最大の任務。ゆえに政権離脱という選択肢は存在しない

②デモ隊には自治労の動員組も多い。彼らが支援する民主党はこの件で党内まとまらず。民主に抗議するのが筋ではないか。


「戦争に反対」と彼らは叫ぶ。では、自衛戦争はどうなるのか。それすらも否定する方は昨年のNHK「[八重の桜」に抗議すべきである。好戦的な内容であると。八重に向かって銃をとるなと言えるのか。共同体を、祖国を防衛する自衛戦争は存在する。尖閣防衛は正しい。

[ 2014/07/02 09:32 ] [ 編集 ]
No title
このデモは明らかに支那共産党の支持によるものですね。
多分、支那の留学生共が動員されています。事実をメディアは報道すべきですが何せ「支那の犬」HKも昨日の報道では益々その体質を現し始めたようです。
[ 2014/07/02 10:40 ] [ 編集 ]
歴史的事業
管理人様が言われる歴史的事業ですが、間違った方向に進みつつある、という意味ならば正しいと小生は思います。

左巻きが盛んに主張している様に、安倍政権がやっているのは、勝手な憲法解釈で『あ、集団的自衛権ってよく調べたら我が国も行使出来ました、良かった良かった』と言っているに等しく、儒者が孔孟の残した書物を勝手に解釈するのと何ら変わりません。

小生の主張は以前から一分も変わっていませんので省きますが、間違った土台の上に何を積み上げてもそれは砂上の楼閣と言うべきものに過ぎません。これからの世代や現場の自衛官達に余計な苦難を与えるだけです。
[ 2014/07/02 11:56 ] [ 編集 ]
広島は全国区以上に反日です。。。TV局に苦言!
 標記の件ですが今日閣議で決定されたことを受けて、特に
広島県のTVとして反対意見を多く報道されています。

 終戦後7年間のGHQの報道管制により、一切真実は報道されず戦勝国のみが正しかったとの報道姿勢が現在まで継続しています。

 いわゆる従軍慰安婦(戦時売春婦)も兵隊さんの給金が10円もない時に200~300円もの高級をとり商売をしていた女性です。
 進出していた国の女性を陵辱しないための日本軍の配慮です。(外国は占領国の財産も人も何もかもやりたい放題です。慰安所など不要なんです)

 売春が職業として認められなくなったのは、昭和35年くらいではないですか。

 戦後、日本が米国から民主国家にしてもらったとして喜んでいますが確かに女性への参政権は戦後ですが男性は戦前から選挙権はありました。

 米国で黒人に選挙権が与えられたのは、昭和46年なんと戦後24年もしてからの事です。日本が有色人種も平等にしようと国際連盟に提案しながら多数決で議決した案件を破棄したのは米国そのものです。(米国は民主国家ではなかった)

 現在、論議されている集団的自衛権は、簡単に言えば、自分の彼女とか妻が暴行されようとしているのを助けたら罪に問われると言うことでしょう。世界から卑怯な国といわれる所以です。中国が攻めてきた際はどうするということを決めようとしているだけです。

 民主党のように中国漁船に衝突されても、国民にはダンマリで隠蔽する=そのような立場に?テレさんはたっておられるのでしょうか?

 日本人の大半は自分の意見は表明しません。1割もいない少数左翼の人間が大きな声をあげていることに報道は振り回されています。震災の瓦礫処理がそうでした。

  わざと振り回されている振りをしているのかも知れませんが、、、塩村セクハラ議員の報道もコメントする都民はTBSも朝日もNHKも同じ人という構図。まさにヤレセです。
多くの国民はそうした報道姿勢を知りつつあります。

 今、戦前の歴史資料がすこしづつオープンにされ真実が広まっています。河野談話も韓国との共同作業による談合ともいえることが発表されました。

 正しい歴史の報道をしないとみんなネットに移動しますよ。。。

以上
[ 2014/07/02 12:51 ] [ 編集 ]
これからが大事
筋道を立てるなら、やはり自主憲法の制定。
が、現実の政治では、一気にそこまでは無理な話。
途中で潰されて、暗黒政治に逆戻りが見えています。
今出来ることは全て実現させる現政権を支持します。
大きな一歩、大切な一歩です。
[ 2014/07/02 13:52 ] [ 編集 ]
教えてほしい。
集団的自衛権の閣議決定。いろいろな方が、いろいろコメントしています。このブログにも反対コメントがありますが、そもそも自国の国民、領土を守るのは誰なのか、という根本のところが理解していないような気がします。自分の家族が暴漢にあった時に「ぼくは、暴力反対です。話し合いましょ。」で許してくれると本気で信じているとしたら、まさにお花畑平和脳ですね。
憲法9条があったから戦争しなくてすんだ、という人は、じゃ、竹島はなんで韓国に占領されたままなのか教えて下さい(その後、何度も国際裁判所で判断しようというのを拒否しているのはだれ?話し合えばわかる?ちゃんちゃらですね。)。
[ 2014/07/02 13:54 ] [ 編集 ]
No title
今日のmsn産経ニュース「閣議決定、首相『今後50年、日本は安全だ』 改憲射程『やっと、ここまで来た』」を読んで、久々に気分が明るくなった。

ついでにもう一つ。
zakzak夕刊フジの八木秀次氏による「【突破する日本】朝日のやじ報道に違和感 関心を持つべきは河野談話の検証報告だ」を読んで、私の様な素人でさえ都議会やじの一連の展開の出来過ぎ具合に当の昔に違和感を覚え、早速河野談合にぶつけて来たかと読み取れるのに、今更の如くの記事である。それにつけても、このやじ問題でのmsn産経ニュースの裏切りは許し難い。
[ 2014/07/02 15:26 ] [ 編集 ]
No title
反対党は並べて「密室の閣議決定」を批難していますが、民主党政権時の閣議決定内容は、細々しく日本を決して護らない方向の案件が多かった様に思います。
当然の様にマスコミは反日政権の悪行には当時も今も触れません。

条件つきではありましたが、玄関先までロックオンされた危険への緊急抑止力の端緒として、これを閣議決定された安倍内閣のご健闘を心から感謝致します。





[ 2014/07/02 15:38 ] [ 編集 ]
無駄話の連投ですが
去る五月二十五日、明治大学で村山元首相が講演し
「丸腰を宣言した日本に攻め込む国は無い。自信を持って言える」、たしかこんな風な内容だったそうです。
(学生がどう反応したかは書かれて居ませんでした。)
六月初旬に産経新聞記事です。

チベットもウイグルも日本以上に丸腰でしたが。
[ 2014/07/02 15:59 ] [ 編集 ]
一笑
>社民のダルマみたいな人
笑いをいただきました。
ありがとうございました。
[ 2014/07/02 16:26 ] [ 編集 ]
中傷合戦の次の時代へ進むときが来た
この機会を是非論のみで論ずるべきではないと思います。
具体的に、過去にあったケースが今回の集団的自衛権の行使に当たるのか否かを検証することが最も冷静かつ客観的判断を導くと私は思います。
例えば先日のアルジェリアのプラントで日本人が襲われたテロはどう判断されるのか?ペルーの日本大使館選挙事件はどう判断されるか?イラク戦争は?朝鮮戦争は?さらに、通州事件は?上海事件は?満州事変は?シベリア出兵は?第一次対戦の参戦要求は?日露戦争、日清戦争は?
今こそ真実の歴史で検証すべき時ではないでしょうか。
変態サヨクとかネトウヨとか、自分と違う主張を中傷し合う時期は過ぎた。
殆どの人は戦争をしたがっている訳ではない。
政府は今、国民に問うていると私は思います。
真の憂国者なら、戦後のイデオロギー論争、中傷合戦から早く脱却して次のステージ、「この政府の主張がもしあの時あったなら、日本の同胞の不幸はどれだけ減じられていたか」そこへ進 んで議論しましょうよ。
このステージに行かせない言動、虚偽の歴史をベースにした言動は、左右を問わずすべからく「売国」「亡国」論だと思いますし、空論、愚論だと私は思います。
今が安全保障政策の歴史的転換点というのは間違い。
国民の安全保障意識の意識の歴史的転換点にすべき。
意思決定は政府にあるのではなく、国民にある。これが民主主義。それに冷静かつ理性的な判断で応えるのが民度。
真の憂国メディアはこういう検証を流した上で国民の世論を調べるべきだと思います。
[ 2014/07/02 23:22 ] [ 編集 ]
No title
>「この政府の主張がもしあの時あったなら、日本の同胞の不幸はどれだけ減じられていたか」そこへ進 んで議論しましょうよ。


簡単なことです。「日本人の血が一滴でも流れたら相手勢力を草一本虫一匹にいたるまで皆殺しにする」これを実行すればいいだけです。兵力が少ないのであれば核やウイルスなどを使用すれば目的は達成できます。
大切なのは「日本を舐めると地獄を見ることになる」という事実を周知させることです。
[ 2014/07/04 05:52 ] [ 編集 ]
No title
悲惨な太平洋戦争を経験した方々はあとどのくらい
残ってるんでしょうか?
戦争体験を語り継ぐ人たちがゼロになるのは何年後?
早くいなくなってほしいです。

というのも、彼らの存在は日本の防衛強化を妨げる原因の ひとつだと思うからです。戦争はよくない。
でも、勝手に過去の敗戦と今の防衛を結び付けて
軍備や9条改正に反対する理由にはならない。
あの手の反対デモの参加者のほとんどが老人ですよね。
といっても戦争を体験したほどの世代ではなく
それより少し年下で感化された年代。

被爆者もそうです。
被爆したから戦争はよくない→はあ??????
戦争はよくない、ではなく原爆落として未だに日本で
デカいツラしてるアメ公ふざけんな、でしょうが。

今の自衛隊は世界最大級の軍ですが、
唯一アメリカ頼りなのが核戦力ですからね。
自衛隊が核兵器も持ってくれれば戦略レベルで安心です。
こんな事は日本以外では常識ですが、
これも被爆者の弊害のひとつです。
邪魔です。
[ 2014/08/03 18:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: