私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  集団的自衛権「他国の戦争に巻き込まれる恐れがある 71%」考

集団的自衛権「他国の戦争に巻き込まれる恐れがある 71%」考

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日のエントリーでは、毎日新聞が必死になってかき集めた集団的自衛権反対のための世論調査について触れた。そのなかでも特に異彩を放つ回答が「日本が集団的自衛権を行使できるようにした場合、他国の戦争に巻き込まれる恐れがあると思う」という回答が、全体の71%を占めた部分だ。繰り返しになるが、この世論調査は、そのもとになった設問を掲載していない。だから、この71%が誘導されたものなのか、あくまで“素”の回答なのかはわからない。ただ、仮にこの71%という数字をそのまま受け入れるた場合、これは日本人の世間知らずぶりが如実に表れた数字だと言える。

makikomareru.jpg

 厳密に言えば、「恐れがある」と回答する場合、僅かな可能性を考慮してそう回答する人もいるだろうし、可能性が大いにあると考える人もいるだろう。しかし、国連憲章で謳われる集団的自衛権が加盟国共通の理念である以上、その71%の人たちは、間違いなく、この権利を有する国連加盟国193カ国に同じ「戦争に巻き込まれる恐れ」があるとは考えていない。同じ権利を有する192カ国に「恐れ」がなく、日本にだけ「恐れ」があるという考え方がおかしいのだ。

 単純に考えてみよう。戦争に巻き込まれる恐れがあるという考えの背景は、いくつか考えられるが、最も大きな理由は「日本は憲法9条によって守られてきたから」という迷信だから来るものだろう。こういう迷信を崇拝する護憲派の人たちは、軍事力ではなく「話し合い」で物事を解決しようと説く。軍事力の行使は、問題解決の手段として彼等のスタンスの対極に在るものだから、決して容認しようとはしない。

 ただ、「話し合い」は軍事力を行使した後に、最後の調停に使われる手段であるのが現実なのだ。支那は、パラセル諸島の領有について、話し合い以前に実力行使している。フィリピンとの問題であるスプラトリーでも同じだ。「話し合い」とは、実力を行使し、自国に有利な状況を生みだしておいてから行うものなのだ。

 そのようなリアリズムの中に身を置くとき、相手国に実力行使をさせないことが、「話し合い」よりも大切なのである。それを担保するのは、抑止力以外にない。集団的自衛権の行使を容認すると、戦争に巻き込まれる恐れがあるという人たちは、どうすれば戦争に巻き込まれない状態を作れるかを考えればよい。「話し合いをする」だとか、「憲法9条を守る」という観念論では、対外的な説得力をなんら持ち得ないことを理解すべきだ。

 集団的自衛権の行使容認派にしたって、戦争が起きても構わないと思っている人は殆どいないだろう。ただ、目の前に有事が発生する可能性が少しでもあれば、それに備える体制や法体系を整えることは行政府や立法府の当然の責務であって、政府にとっては義務と言ってもいい。その考え方、進め方に異論を唱えるのは自由だ。だが、単なる情緒や観念論だけで反論せず、説得力がある対案を出すべきだ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/30 07:29 ] 政治 | TB(0) | CM(10)
恐れなら今でもある
他国の戦争に巻き込まれる恐れは今でもある。
例えば南シナ海の紛争だが
支那に完全封鎖されたら日本は黙って見ているわけにはいかない。
石油の輸入ルートが断たれ、経済は国家存亡にかかわる大打撃を受ける。
妄想平和主義者と無関心平和主義者は
燃料代に2倍も3倍も支払って知らん顔しろと言うつもりなのだろうか。
ベトナム、フィリピン、それに加勢する米国が
支那と戦闘状態に入ったら
日本は集団的自衛権がどうあれ否応なく巻き込まれる。
この時、日本が正々堂々と米国などを支援するために必要な手続きが解釈変更であり、
支那の暴虐を思いとどまらせるためにも有効だ。

それと同時に欠陥だらけの占領憲法を改正する
(破棄して自主憲法制定がベスト)準備も怠ってはならない。
[ 2014/06/30 10:55 ] [ 編集 ]
日本人は、スイス政府版「民間防衛」に学べ!
日本の危機は目の前に来ている。

★日本人は、スイス政府版「民間防衛」に学べ!
http://nokan2000.nobody.jp/switz/page01.html
[ 2014/06/30 11:57 ] [ 編集 ]
No title
集団的自衛権に反対する人、マスコミの意見には、例えば、今、目の前に存在している南シナ海や東シナ海(尖閣)で有事が起こった際にどのように日本は行動すべきかの回答がありません。ただ、やみくもに「集団的自衛権を認めたら戦争になるぞ。」と根拠もなく危機感を煽っているだけでしかありません。まさか、有事には、日米安保により「アメリカさん頑張って、僕らは憲法9条があるので知りませんよ。」ということが許されるとでも思っているのでしょうか?
ところで、あるブログを見てましたら、「9条を変えるな100万人署名運動事務局」と「しばき隊」「日本赤軍重信房子さんを支える会」「原発やめろデモ弾圧救援会」の募金口座が同じって知ってました?これって??
[ 2014/06/30 17:00 ] [ 編集 ]
お花畑の連中
反日左翼の毎日新聞の出した71%の数字に信憑性があるかどうかは、直ちに信ずることはできないが、もし、真実だとしたら、まだまだ日本国の存立・国民の生命よりも憲法9条大事のお花畑連中が、国内にはびこっているということだ。
 左翼はじめお花畑連中は、すぐ対話で解決を叫ぶが、強力な軍事力がなければ、対等な対話など考えられないはずだが、こいつらには、それがわかっていない。
 私には、小さい子供がいるので、子供の将来を考えたら、憲法9条なんかよりも、強大な軍事力を日本が保持した方が100%安心できる。
 また、左翼どもは、戦争ができる国になることに反対しているが、戦争できない国ほど危うい国であることが全く理解できない愚か者である。
[ 2014/06/30 17:14 ] [ 編集 ]
マイニヒヒンブンの信ぴょう性は…?
素直にこの押し紙の調査を信じなくても良いのではないでしょうか。日常的にカスゴミ共が調査対象を偏らせたり数字を操作したりすることはよく知られていることですし、このカス毎日には前科も有ることですし、そんな敵の術中にわざわざはまる必要は無いと思います。

あと、集団的自衛権を含め、自民には何も期待出来ませんね。結局戦後体制の忠実なる継承者・アメポチとして歴史に名が刻まれるだけのゴミ政党です。
[ 2014/06/30 17:38 ] [ 編集 ]
手を上げろ!
はいっ(両手挙手)

バーン

[ 2014/06/30 21:55 ] [ 編集 ]
No title
戦争に巻き込まれるからといってそれが何だというのか、理解できませんね。そもそもなぜ戦争をそこまで特別視するのか。戦争なんて人類の歴史の中で毎日どこかで行われていた、一種の様式美であり伝統です。

9条を金科玉条のごとく崇拝するサヨクは言うに及ばず、自分から積極的に異国の戦争に介入するものではないと言い訳する自民党にも「お前らはクズだ」と断罪してやりたいものです。たかだか70年弱戦争を経験しなかっただけで「日本は戦争を否定します」などと寝言を吐ける恥知らずな性根は見るだけで不愉快です。



>集団的自衛権の行使容認派にしたって、戦争が起きても構わないと思っている人は殆どいないだろう。


そんな甘い寝言を吐いているから、自衛隊は人殺しも満足に出来ないブリキの兵隊だと世界中から嘲笑されるんです。仮に中国と戦争になったとして、今の自衛隊が殺人狂の人民解放軍に勝てると思いますか?
これからの日本は兵士の戦力を向上させるためにも積極的に戦争を行うべきです。今のままでは法律を変えただけで兵士の質が最低、実戦では役立たずという現状が変わりません。
中国も朝鮮も日本が強くなるまで侵攻を待ってくれるなどとは思わないことです。今の日本には時間が無いのですから、急いで周辺の弱小国相手に戦争を仕掛けて兵士の経験値を増やすべきでしょう。
[ 2014/07/01 19:45 ] [ 編集 ]
様式美?
名無しさん、

> 戦争なんて人類の歴史の中で毎日どこかで行われていた、一種の様式美であり伝統です。
> 日本は兵士の戦力を向上させるためにも積極的に戦争を行うべきです。

仮に私が自衛官であれば、私はあなたのために戦争に行くなどという気にはならないでしょうね。
もちろん、あなたも日本国民のひとり(恐らく)でしょうから、「いち国民の負託」なのでしょうが。
[ 2014/07/01 23:55 ] [ 編集 ]
出征
何度も名無し様は同じ主旨を書き続けて居られますから、個人的には固い決意をお持ちなのでしょう。
イザその時、となったら当然ご自分から志願されるのでしょうね。

けれど、名無し様のお考えの様な「戦争」には、日本の若者の命を捧げる程の価値は無い、と私は思います。
[ 2014/07/02 00:43 ] [ 編集 ]
No title
>日本の若者の命を捧げる程の価値は無い


日本が負ける、日本人が死ぬことを望むような奴が理解できませんね。あなたは何のために戦争を行うと思っているのでしょうか?
[ 2014/07/04 05:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: