私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  W杯のゴミ拾いまでウリジナル化 ~ たった1日でバレる嘘を平気でつく民族

W杯のゴミ拾いまでウリジナル化 ~ たった1日でバレる嘘を平気でつく民族

← 応援クリック、ありがとうございます。

 サッカーワールドカップブラジル大会で、我らが日本代表は2敗1分けの勝ち点1でグループリーグ最終戦を終え、決勝トーナメント進出はかなわなかった。私自身は、2011年9月のW杯アジア3次予選の北朝鮮戦以来、この代表チームの4試合をスタジアムで直接観る機会に恵まれただけに、このチームには思い入れも強かった。残念だが、結果は受け入れるしかない。グループリーグ敗退の原因を研究する事などは必要だけれど、あいつが悪い、こいつが戦犯だと犯人捜しをするのは、海を挟んだの向こうの民族がやること。ブラジルで戦った彼等は、我等の分身である。

 今大会では、日本代表のサッカーよりも、敗戦後の試合に黙々とゴミ拾いを行った日本人サポーターが世界を席巻するという、皮肉な結果となった。この日本人サポーターの振る舞いは、単に「民度」という言葉で片付けるのは勿体ないほど素晴らしいものだが、日常生活の中で血肉化された習慣や礼儀が、大舞台で浮足立つことなく、そのまま発露したという点で大変喜ばしい。実際に現地で試合後にゴミ拾いをされたサポーターの方々には、心から敬意を表したい。

 普段は日本に対する敵意を丸出しにするくせに、オイシイねたがあるとすぐに飛び付くのが、南鮮人の習性だ。これもまた、血肉化された彼等の民族性だろう。日本人サポーターのゴミ拾いが脚光を浴びると、なんとその起源は朝鮮人に在ると言いだした。民団新聞は、誇らしげにこう書いている。

W杯試合後のゴミあつめ、1985年と2014年 (民団新聞 2014-06-23)

 ブラジルW杯でも、話題になっている日本と韓国サポーターによる、試合後のゴミひろい。
 86メキシコワールドカップの出場権をかけ、国立競技場で行われたアジア(当時は極東アジア地区)最終予選の韓国対日本戦。木村和司のフリーキック等、多くの見せ場を作った結果は2-1で韓国に軍配。金正男VS森孝慈の韓日監督決戦は今も両国サッカー史で伝説として語り継がられている。
 試合終了後、日本のサポーターはグランドに向かって、応援グッズや空き缶などのゴミを投げ捨て、うっぷんを晴らした。だけでなく、バックスタンドで応援していた在日韓国人約5000人の韓国サポーター席にも、このゴミを投げ飛ばした。
 しかし、韓国サポーターはほぼ全員、自分たちの座っていたスタンド席はもちろん、周辺のゴミを集めて、清掃。この光景を見ていた少年が、後のウルトラスニッポンの代表だ。
 その12年後。2002年W杯が韓日共催に決まった年。1997年9月28日、98フランス大会の出場権をかけたアジア最終予選。ふたたび国立競技場での両国が決戦、スコアも2-1と同じ結果。
 この在日韓国人のゴミ集めを見習い、彼は青のビニール袋持参をサポーター仲間に呼びかけた。日本のホームカラーでもある青のビニール袋を膨らませ、スタンドを青一色にするねらいもあったが、本当の目的は試合後のゴミひろいだった。
 約1カ月後の11月1日。ソウル蚕室スタジアムで日本は韓国とのアウエー戦。スタンドには韓国サポーターによる「一緒に行こう!フランスへ」と書き染められた大きな横断幕が掲げられた。日本が2-0で勝利。グルーブ2位となりプレーオフの末、悲願の初出場を決めた。
 「FIFAフェアプレー」。彼はいつも、このキャッチフレーズを口にしていた。試合は選手もサポータも全力で戦おう。でも、試合後は互いを称え合い、エール交換を。韓日両国は宿命のライバルでありながらも、常に切磋琢磨しながら、世界のトップクラスと互角の戦いをするまでに至った。 民間レベルのこのような理解と触れ合いが今こそ必要なのだ。


 「話題になっている日本と韓国サポーターによる、試合後のゴミひろい」と始まるが、南鮮人のゴミ拾いが話題になっているという話は今まで聞いたこともない。この話が本当かどうかは、当事者に問い質してみないと何とも言えないが、イエス・キリストの起源まで自民族にあるという主張を含め、数え切れないほどの南鮮起源説、いわゆるウリジナルの前科がある南鮮民族のことだ。改めて論評するにもあたらない。試合後のゴミ拾いまでウリジナル化してしまうとは、恐るべき厚顔無恥。恥の文化を持つ日本人には、到底理解できないメンタリティだ。

 このゴミ拾いウリジナル説は、南鮮がお近づきになりたがっている支那でも、酷く評判が悪いようだ。中国版ツイッターでは、この珍説に対して大ブーイングが浴びせられている。

「韓国にも日本にも行ったことがあるけど、韓国の街はごみが多く、日本はとてもきれいだった。他人の良い点を自分のことのように言うのはやめたほうがいい。誇張好きな民族だ」
「ごみまで自分たちのものかよ」
「韓国はいますぐ、ごみ拾い文化を世界遺産に申請しろ」
「国は小さいのに、面の皮は厚いな」
「こんなことで張り合って、何の意味があるんだ?」
「韓国はほんと、特別な国だよ」
「この自信はどこから来るんだ」
「ここまで恥知らずだとは」
「日本人は何でも否定し、韓国人は何でも自分のものにする。奇妙な隣国だよ」


 中央日報は23日、「サッカーの試合は負けてもゴミ拾いは勝利した大韓民国」と銘打った自慰に近い記事を掲載しているが、現実は裏腹だ。翌24日の朝鮮日報は、「サッカーW杯:韓国人の観戦モラルにイエローカード」という記事とともに、アルジェリア戦に惨敗した後のパブリックビューイング会場の様子を掲載している。「韓国が失点するたびに酒に酔って怒号を発し、ところ構わず缶ビールを投げ付けた。試合が終わると怒ってごみを放置し、その場を立ち去るケースも非常に多く目に付いた」と、手厳しい。

南朝鮮パブリックビューイング後のゴミの山
南朝鮮パブリックビューイング後のゴミの山

 自画自賛のゴミ拾い記事を書いた記者がこの画像を見たら、恐ろしいほど赤面するのが当たり前なのだが、民団の捏造記者がこの画像を見ても、何とも思わないのだろう、きっと。嘘をいうことは、彼等にとって罪ではないし、嘘がバレそうになったら嘘で上塗りするというのが、彼等のやり方だからだ。もし、ソウルのゴミの山が例外だと言い張るなら、同じソウルの野球場でPVで残されたゴミを、この記者に見せて差し上げたい。

南鮮サポーターが残したゴミ(ブラジル編)
南鮮サポーターが残したゴミ(ブラジル編)

 レコードチャイナの記事は、「日本人サポーターがブラジルで試合後にごみを片づけ、世界から称賛されたことを受け、韓国人サポーターもロシア戦ではごみ拾いをしたと伝えられたが、長くは続かなかったようだ」と、皮肉交じりに書いている。

 何とも嘆かわしい民族だ。慰安婦にしろ竹島にしろ、こういう民族を相手にしているという現実を、しっかりと認識したい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/26 07:29 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
No title
チョンは存在そのものがゴミですからね。
ゴミがゴミ掃除などできるわけがありませんw
[ 2014/06/26 19:32 ] [ 編集 ]
韓国人は、遺伝子からして、精神疾患病がDNAにある民族です。とドイツの研究者が発表しています
相手は国家から精神異常集団です。
そもそも、韓国人は、常識が通じない人間なんですから、
いちいち反応していたらキリが無いかも知れません。
私は、韓国人の呆れる出来事については、精神的に病のある患者が、また何かやってるわ、という感覚で見ています。
[ 2014/06/26 22:04 ] [ 編集 ]
No title
最後の写真は違う写真ではないですか?

画像検索をしましたが、ブラジルではなくソウルのPV会場となった野球場のようです。
[ 2014/06/26 23:45 ] [ 編集 ]
> 最後の写真は違う写真ではないですか?

そうでした。記事訂正しました。
ご指摘ありがとうございました。
[ 2014/06/26 23:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: