私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「河野談話の無力化」だけではおさまらない南鮮との関係

「河野談話の無力化」だけではおさまらない南鮮との関係

← 応援クリック、ありがとうございます。

 先日の「そこまで言って委員会」に金慶珠が出演していて、南鮮民族の対日観について、「我々(南鮮側)はなにもしていないのに、何故日本は挑発を続けるのか」という思いを持っているというような趣旨の事を言っていた。もし金慶珠が南鮮における実情を正確に表現してたとしたら、南鮮民族はまさに救いようが無い者たちだと言える。

 南鮮側が何もしていないとは恐れ入る。李明博の竹島不法上陸や天皇陛下侮辱発言は、日本人の反韓に火を付けたが、何もその時点で突然着火したわけではない。彼等の日頃の行いである、日の丸を焼くこと、政治家等の顔写真を焼く事に始まり、日本大使館に汚物を投げ入れたりすることは、我々日本人の目から見て、挑発以外の何ものでもないはずだ。それに加え、捏造慰安婦の碑を外国に建立すること、旭日旗に対する不当な評価、日本海の呼称を改竄する事、日本の政治家の入国をテロリストと同じ理由で拒否することなど、彼等の振る舞いは常軌を逸している。「なにもしていないのに・・・」などと考えられるとしたら、国と民族が救いようのないレベルまで病んでいることの証である。

朝鮮人の反日病

 日本における反韓は、南鮮の反日言動に対する遅すぎたカウンターといえるだろう。我々日本人は、基本的な文化のなかで、人を憎むことを教えられていない。それどころか、和の精神を尊び、極力対立を避けたがるのが日本人の特性だと言えよう。それに対し、南鮮の反日は主義化している。彼等はイズムで動くのである。

 福田恒存は、論文「私の保守主義観」の中で、「保守主義はイデオロギーとして最初から後れを取っている。革新主義に対してつねに後手を引くように宿命づけられている」と言っているが、この構図はまさに日本と南鮮の間に横たわる反感の関係と同じだ。南鮮の反日は常に先を行き、先鋭化し、日本人の反韓感情は後手を踏むような仕組みになっているのだ。福田流に言えば、「敵に攻撃されて初めて自分を敵視する敵の存在を確認する」ということである。勿論、反韓感情を持つ人は以前から少なくはなかった。だが、平和ボケした日本人を含めて、南鮮による反日言動が度を遥かに越したことで、日本人の大多数が「敵を確認した」のである。急激な反韓感情の上昇、嫌韓本ブームなどは、こういうロジックが機能した結果だろう。

 反日イズムに染まる南鮮人に、ツールとして提供されたのが、河野談話であり、村山談話だ。日本政府の河野談話検証を受け、南鮮側は「慰安婦白書」なるものを発行するそうだ。白書とは一般的に、政府が各分野の現状と課題をまとめ、報告書の形で国民に提示する公文書を言う。国家ぐるみで日本叩きを“改めて”行うという宣言だ。だが、この白書は自国民向けのものではなく、対外広報のひとつとして利用されるはずだ。南鮮は既に、慰安婦関連資料の研究を支那と共同で行う事を公表しているし、26日までワシントンで開催されている米韓の副部長級会談でも慰安婦問題を正式に議題提出するという。

 このような南鮮の反応は、当然ながら、予想できたことである。彼等にとっての河野談話とは、彼等が日本にたかり、日本を跪かせる教典のようなものだ。その教典の根底を覆すような動きを、彼等が許容できるわけが無い。「検証するが見直さず」というのは日本の南鮮に対する配慮かもしれないが、当の南鮮側にとって、検証も見直しもそれほど変わらないのだ。

 南鮮は既に対外情報戦を準備している。我が国が談話の検証だけで言動を留めていれば、南鮮は今まで以上のエネルギーをもって、捏造慰安婦史観の散布活動を展開するだろう。米国に、「日本はよく検証でとどまった」と褒められるかもしれないが、世界世論に屈する確率は上がるのだ。「河野談話の無力化」だけで終わらせてはならない理由は、そこにある。情報戦には情報戦で抗することが、何よりも必要なのだ。時間はかかるだろう。だが、検証だけで足を止めてはならないのだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/25 08:09 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
半ば本気で…
北をたきつけて休戦状態の戦争を再開させよう。
前はジョークのつもりだったが、
今では半ば本気で考えている。
狂ったゴキブリは駆除しなければ増殖を続ける。
ゴキブリ同士で駆除し合うのが上策というものだ。
[ 2014/06/25 10:53 ] [ 編集 ]
No title
2014年06月23日 18:18

●《日本再興は河野洋平の国会招致から!》

■河野談話のいきさつが、白日の下に晒されて保守市民のやるべきことはひとつです。


河野洋平を国会招致するには、保守国民の巨大なうねりが必要です。自民党内には、河野の国会招致を拒絶する大きな力がいまだに存在しています。それらの勢力の背後には、野中や古賀が厳然たる力をいまだに持っているからです。それはそのまま集団自衛権や秘密保護法など、我が国が再興するため必要な法案に反対する売国政治家の系譜に直結しています。



永田町の売国勢力を一掃できるかの試金石は、河野洋平の国会招致が実現できるかにかかっているのです。



日本維新の会が分裂したことで、真性保守として石原さんや平山さんたちが新党を立ち上げることになり、これで応援できるようになってなによりです。


現在、各テレビ局は、都議会セクハラ発言の鈴木章浩都議を総攻撃している映像の中に、2012年8月、市民団体といっしょに尖閣に上陸したときのものも流しています。


自民党を攻撃できる材料が無いなかで、石原環境大臣の「金目」と「セクハラ発言」を繰り返し報道しているが、それ以上に報道するべきニュースをスルーしている情けない状況です。



※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/



日本のデメリットよりも、韓国と距離を置くことのほうが、何十倍もメリットがあると思います。

嘘の河野談合のおかげで、日本は大きな被害をこうむりました。
宮沢喜一・河野洋平・加藤紘一を選んだのが、日本人なのですから。
日本人も猛省する必要があると思います。

[ 2014/06/25 11:52 ] [ 編集 ]
『国民』主権だからね
そもそも論:人権について
      全日本人が押さえておくべき事柄

国籍の有無で、権利やサービスに差を設けることは、「人種差別」には当たらない。
人種差別撤廃条約に明確に定義されているのだが、国内では、もはや官庁までが、シロアリにやられてしまっている。
エドマンド・バーク保守主義さんの記事から一部引用せていただいて、簡潔にこの点を明らかにしておきたい。
 人種差別撤廃条約(1969年 条約が発効。1996年 日本で条約が発効)の第一条(人種差別の定義)に定義がある。
 この人種差別撤廃条約の第一条「人種差別の定義」には極めて重要な内容が多数含まれている。日本国の社会主義者・共産主義者が唱える「人種差別」の概念が如何に歪曲された概念であるかが解る。
―――あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約
  (通称:人種差別撤廃条約)―――  第1条 (人種差別の定義)
1 この条約において、「人種差別」とは、人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、
政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう。
2 この条約は、締約国が市民(=国籍を保有する者)と市民でない者(=国籍を保有しない者)との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。
3 この条約のいかなる規定も、国籍、市民権又は帰化に関する締約国の法規に何ら影響を及ぼすものと解してはならない。
ただし、これらに関する法規は、いかなる特定の民族に対しても差別を設けていないことを条件とする。
4 人権及び基本的自由の平等な享有又は行使を確保するため、保護を必要としている特定の人種若しくは種族の集団又は個人の適切な進歩を確保することのみを目的として、必要に応じてとられる特別措置は、人種差別とみなさない。
ただし、この特別措置は、その結果として、異なる人種の集団に対して別個の権利を維持することとなってはならず、また、その目的が達成された後は継続してはならない。

(・o・)国際基準の乱用を許すな!
[ 2014/06/25 13:00 ] [ 編集 ]
安倍さん、悪役・負け役からの脱却に全力を上げて下さい。
>「福田恒存は、論文『私の保守主義観』の中で、『保守主義はイデオロギーとして最初から後れを取っている。革新主義に対してつねに後手を引くように宿命づけられている』、と言っているが、この構図はまさに日本と南鮮の間に横たわる反感の関係と同じだ。南鮮の反日は常に先を行き、先鋭化し、日本人の反韓感情は後手を踏むような仕組みになっているのだ。」

このご意見で思い出したこと。

昨年7月21日参院選開票の夜、チャンネル・桜の、スタジオに集まったメンバーの一人、倉山満センセイが語った、核心を突いた名台詞。

「ここ何十年、自民党は、「赤い野党=左翼」、相手のプロレスごっこの、「悪役・負け役」、の役割ばかりやってきた」

そう言われれば、まったくその通りで、いかにも、《プロレスの悪役》、にふさわしい人相をした、自民党幹部、三木武夫、後藤田正晴、野中広務、加藤紘一、河野洋平、の顔と彼らのやってきたことが思い出され、大笑い×苦笑い、してしまいました。

いずれにしても、自民党は近い将来分裂し、政界再編成が行われなければどうにもならなくなると予測します。

※、赤い野党の大タニマチとして、自民党を徹底的に、「悪役」、に仕立て上げたのは、言うまでもなく、憎日・「朝日」=築地カルト・チョーニチ」です。



[ 2014/06/25 21:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: