私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  朝日新聞がまた捏造 ~ 吉田調書スクープは慰安婦報道の二番煎じ

朝日新聞がまた捏造 ~ 吉田調書スクープは慰安婦報道の二番煎じ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 桂宮宜仁親王殿下が8日に薨去されたが、各紙の表現は「逝去」で横並び。産経だけが「薨去」という語句を使用し、他紙とのスタンスの違いを明示した。読売は「ご逝去」と、一応の配慮を見せたが、朝日も毎日もただの「逝去」である。極めつけはしんぶん赤旗だ。赤旗はベタ記事で「桂宮宜仁さん死去」とタイトルを付け、その記事は社会面の訃報欄に掲載されたという(参考画像)。ご皇室の訃報を一般庶民と同列に扱うメンタリティは私の想像を遥かに超えるものだが、これが共産党員という人種の特性なのだろう。

 共産党やしんぶん赤旗のスタンスは、ある意味とても分かり易い。彼等は、善し悪しは別として、ぶれないのだ。「桂宮宜仁さん死去」は、彼等の思想が非常によく表れた記事だが、少なくとも捏造ではない。それとは反対に、事実を歪曲したり捏造したりすることで息をする新聞社がある。言うまでもなく、朝日新聞だ。

 福島第一原発で、命を賭して原発事故の対応にあたった故・吉田昌郎氏の証言を纏めた「吉田調書」。朝日新聞がこれを暴露し、5月20日から、「福島第一原発(1F)の現場の人間の9割が所長命令に違反して撤退した」というセンセーショナルな大キャンペーンを張った。ところが、これは捏造だという。告発したのは門田隆将氏。吉田氏の生前、ジャーナリストとして唯一、直接、長時間にわたってインタビューを敢行し、著書「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」を出版した人物だ。

門田隆将氏
門田隆将氏

門田氏は5月31日、自身のブログ「夏炉冬扇の記」の冒頭にこう書いている。

お粗末な朝日新聞「吉田調書」のキャンペーン記事

「ああ、またか」。失礼ながら、それが正直な感想である。今週、私は取材先の台湾からやっと帰ってきた。私が日本を留守にしている間、朝日新聞が「吉田調書」なるものを“加工”し、「福島第一原発(1F)の現場の人間の9割が所長命令に違反して撤退した」という記事を掲げ、そのキャンペーンが今も続いている。

「ああ、またか」というのは、ほかでもない。ある「一定の目的」のために、事実を捻じ曲げて報道する、かの「従軍慰安婦報道」とまったく同じことがまたおこなわれている、という意味である。私は帰国後、当該の記事を目の当たりにして正直、溜息しか出てこないでいる。


 この記事はとても長いため、部分的に引用すると誤解を招く恐れもあり、詳細な内容は記事元で確認いただきたい。要約すると、吉田氏をはじめ100名近い関係者から実名証言を得た根拠に基づき、朝日新聞が「所長命令に違反」して9割の人間が「撤退した」と書いているのは「誤報」だということだ。しかも、吉田氏自身は、政府事故調による28時間もの聴取に応じたことを生前、懸念し、自分の勘違いによって「事実と違うことを証言したかもしれない」と危惧し、調書の第三者への「公表」を強く拒絶していた。それにもかかわらず、これが朝日新聞によって公表された事を、門田氏は憂慮している。

 週刊ポストがこの門田氏の見解を取り上げ、「朝日新聞『吉田調書』スクープは従軍慰安婦虚報と同じだ」という記事を掲載した。ほぼ、門田氏のブログと同じ内容だが、朝日のスクープを“国家国民の尊厳や矜恃を毀損しかねない「虚報」”と断じ、その「虚報」によって、福島第一原発作業員を、南鮮セウォル号で逃げた船長・乗組員と同一視されていることを糾弾した。(Newポストセブン「朝日の吉田調書報道「なぜここまで日本人貶めるのか」と作家」)

 すると朝日は火病を発し、この記事に猛然と反発する記事を10日掲載する。

週刊ポスト記事に朝日新聞社抗議 吉田調書めぐる報道 (朝日新聞)

 朝日新聞社は9日、週刊ポスト(小学館)が6月20日号に掲載したノンフィクション作家門田隆将氏による記事「朝日新聞『吉田調書』スクープは従軍慰安婦虚報と同じだ」について、報道機関としての朝日新聞社の名誉と信用を著しく毀損(きそん)するとして厳重に抗議し、訂正と謝罪の記事の掲載を求める文書を送った
 門田氏は朝日新聞が5月20日付で報じた「所長命令に違反 原発撤退/政府事故調の『吉田調書』入手」の記事について「『誤報』である、ということを言わせていただきたい」などと批判した。これに対し朝日新聞社は「記事は確かな取材に基づいており、『虚報』『誤報』との指摘は誤っている」と指摘した。


 朝日新聞に、「報道機関としての名誉と信用」なんてあるとは初めて知ったが、1991~92年の慰安婦報道当時と同様に、歪曲や捏造を認めるつもりなどさらさらないようである。

 故人には失礼ながら、敢えて言わせていただければ、朝日新聞は「死人に口なし」という手法を良く使う。慰安婦問題も然り、南京事件、百人斬りなど、およそほとんどの捏造記事が同じ手法だ。もちろん、私は吉田調書を読み知る立場にないため、朝日と門田氏の言い分どちらかが100%事実だと断言することはできない。しかし、門田氏が100人近い証言という根拠を持った上で、「言葉尻を捉え、まったく「逆」の結論に導く記事」と朝日を断罪する以上、傾聴すべきであろうと思う。勿論、朝日には数々の前科があるということも理由に足る。

 蛇足ながら、もうひとつ付け加えさせていただく。本来非公開の吉田調書がリークされ、朝日がこれをスクープとして大キャンペーンを張る。そして、東電株主訴訟の原告らが、この吉田証言を含む政府事故調検証委員会の調書の開示要求し、「非開示なら訴訟を起こす」と息巻いている構図 ―― これは意図的に連動している動きではないだろうか。私は陰謀論や陰謀史観には与しないけれど、安倍政権の転覆を図る政治家または官僚の誰かが、よりによって反安倍色の濃い朝日新聞にリークし、朝日が大キャンペーンを張り、呼応するように政権を揺さぶるための調書公開請求訴訟を起こすというストーリーは、予め用意されていたシナリオではないかとさえ疑うのだ。

 朝日新聞と、門田・小学館(週刊ポスト)は、徹底的にやり合ってもらいたい。朝日は、命を張って福島原発の危機を救った吉田氏はじめ作業員の尊厳と名誉、その家族の名誉、ひいては国家の名誉を貶めた。もし捏造ならば、それ相応の責任を取ってもらわねばならない。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/11 07:32 ] メディア | TB(0) | CM(8)
支那ゴキブリクオリティー
嘘とバレても嘘をつき通すのが支那クオリティー。
支那のプロパガンダ紙なのに
「報道機関としての朝日新聞社の名誉と信用を著しく毀損(きそん)する」とは嗤える。
報道機関に成り済ますのは
ゴキブリクオリティーでもある。

鉄壁の厚顔無恥
アカヒる新聞の最大の武器がこれだ。
[ 2014/06/11 12:44 ] [ 編集 ]
朝日新聞の捏造を証明する為にも吉田調書は公開するべき
朝日新聞が死人に口無し、で攻めるなら政府も同じ手法で対抗してやればいいんです。吉田調書を公開すればどちらが嘘をついているかがわかるでしょうから。
また、吉田が「嘘、デタラメを証言した」のが事実であれば、原発事故の責任について吉田を断罪することも必要です。原発事故と放射能汚染について、責任の所在を明らかにするのは今後の福島県の復興にとって不可欠な要素ですから。
[ 2014/06/11 19:55 ] [ 編集 ]
朝日新聞の習性
もっとも典型的なのがサンゴにKY事件です。
これこそ朝日新聞の遺伝子です。
これは相当に象徴的でわかりやすいです。

http://www.geocities.jp/ky_asahisango/

****
朝日新聞記者が八重山群島西表島の西端、崎山湾のアミサンゴを撮影に行った
際に「K・Y」と落書きされているのを発見
自然環境破壊のモラルを世に問い正そうとダイバーの低モラルぶりを報道する。

記事内容は「八〇年代の日本人の記念碑になるに違いない。百年単位で育ってきたものを、
瞬時に傷付けて恥じない、精神の貧しさの、すさんだ心の。にしても、いったいK・Yってだれだ。」
****

これです。
「八〇年代の日本人の記念碑」。
日本をまるごとおとしめよう、という執念が
感じられます。
これが朝日新聞の遺伝子です。

そして
「地元沖縄県竹富町ダイビング組合から「サンゴに書かれた落書きは、取材者によるものではないか」という指摘に対して

広報担当の青山昌史取締役(当時)は「カメラマンの一人が撮影効果を上げるために既にあった
KYの文字の上をなぞっただけの”行き過ぎ取材”と釈明」しました。
しかしこの発表も嘘であることが後に判明します。

ぬれぎぬを着せられた地元ダイバー達の綿密な調査の結果により真相が証されました。

朝日新聞記者は既にあったものをなぞったのではなく記者自らストロボの柄で傷を
付けたことが判明。

ダイバーからの抗議に「朝日に限ってそんなことするわけがない」などと無下もなかった朝日は、
動かし難い証拠を突きつけられようやく真実を認め、謝罪する。

****************
朝日の誤報→報道被害者が情報源開示要求→取材情報源の秘匿を理由にした拒否→真相は朝日に隠される→報道被害のみが残る。
という朝日新聞の得意技をやろうとしたがダイバーの供述があまりに信憑性の高いものだったため、朝日の得意技に持ち込めなかった例です。
****************

ここまで証拠をつきつけなければあくまで開き直ろうとするのです。
そして捏造までして日本人全体をおとしめる。
しつこく、しつこくおとしめる。
世界中に発信する。

朝日新聞はどう考えても狂っているのです。
こんな新聞社を延命させたのは同じく日本のキチガイ左翼である反日左翼です。
[ 2014/06/11 20:11 ] [ 編集 ]
上記続き
まさにこの珊瑚の傷とK・Yの二文字は朝日新聞の象徴となりました。
(八〇年代の日本人の記念碑になるに違いない→八〇年代の朝日新聞の記念碑となりました。)

(以上引用)

まったくその通りです。

サンゴKY事件は、、

【(朝日記事)八〇年代の日本人の記念碑になるに違いない】

→【八〇年代の朝日新聞の記念碑】となりました。

同じく従軍慰安婦の世界的大騒動も、

50年前の日本を象徴するものではなく、
90年代の朝日新聞を象徴するものに
なるでしょう、、確実に

※なぜか今このとき認証用キーワードが「3535(サンゴサンゴ)」
ぶきみだ・・
[ 2014/06/11 21:55 ] [ 編集 ]
No title
リスクマネジメント
 「リスク」=「発生頻度」×「影響度」

 この評価方法に基づけば、朝日新聞は抜群の成績と思うが、私の思い込みだろうか。
 残念なことは、影響度を定量的に測ることが困難であるため(恣意的に操作可能)、他紙と比較が出来ないことである。
 更に上記は減点法であるため、スクープに関しては加点法も取り入れることが合理的と考える。
 感覚的にであるが朝日新聞はスクープも多い気がするので、その評価としては

「嘘も言うが、たまにはいいことも言う。」

といったところか。

一瞬「東スポ?」という言葉がよぎった。
[ 2014/06/12 00:28 ] [ 編集 ]
No title
毎度ながら朝日の捏造というか偏向報道には開いた口がふさがらない。

こういう記事が本当のジャーナリストだよな~と思いながら読ませてもらった。
[ 2014/06/14 03:19 ] [ 編集 ]
No title
慰安婦報道のどこが捏造なんでしょう
読売が朝日より前にほぼ同じ内容の記事載せてることは知らないのかな?
[ 2014/06/20 16:10 ] [ 編集 ]
No title
>慰安婦報道のどこが捏造なんでしょう
読売が朝日より前にほぼ同じ内容の記事載せてることは知らないのかな?

こんなまぬけなこといって
慰安婦の捏造をいまさらもちあげて
朝日に梯子はずされたこいの間抜けは
自分の間抜けさを知らなかったのですな^^
[ 2014/08/19 04:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: