私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「嘘でもいいからとりあえず宣伝」という反日国家には徹底的に抗戦せよ

「嘘でもいいからとりあえず宣伝」という反日国家には徹底的に抗戦せよ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 極東には、「嘘でもいいからとりあえず宣伝しておこう」というふとどきな国家がふたつある。言うまでもなく支那と南朝鮮だ。北朝鮮は論評にも値しないので置いておくが、とにかくこの2国は、国家のアイデンティティのなかに反日宣伝が組み込まれた国である。支那には言論の自由などなく、特に中共にとって都合の悪い言論は、相手が日本であろうと国内の勢力であろうと抹殺され、人民には届かない。一方、南鮮は一応、自由と民主主義陣営に属するとされているが、親日家は社会から爪弾きにされる。とっちもどっちとしか言いようがない。

 30日、米ヴァージニア州フェアファックス郡に新たな慰安婦碑が建立された。ワシントンポストの記事を読んでみると、最初から最後まで、南鮮運動団体の主張を何の疑いもなく羅列する一方、この慰安婦碑建立に抗議する日本側の主張を批判的に書いている。バージニア州は、州議会が南鮮系団体「韓国系アメリカ人の声」の工作により、教科書に「日本海/東海」の併記を認めた場所である。この一里塚を、南鮮側が最大限に有効活用し、新たな反日モニュメントが完成したのだ。南鮮に対し、嘘が正義として形になる新たな成功体験を与えてしまった事になる。

 反日活動はこれに留まらない。「DO YOU KNOW?」、「DO YOU HEAR?」等のポスターで名を馳せた、反日活動家、ソ·ギョンドク誠信女子大教授が、新たにプロパガンダ宣伝を画策し、その宣伝がニューヨークタイムズに掲載された。

戦犯旗デザイン?

 この広告の趣旨は、ナチスを象徴するハーケンクロイツが世界各国で掲示、使用を禁止されているにもかかわらず、旭日旗が同等の扱いを受けないのはおかしいというものだ。ロンドン五輪で日本体操チームが着ていたユニフォームを引き合いに出し、あと半月に迫ったサッカーワールドカップの日本代表ユニフォームに「旭日旗をあしらったライン」が使用されている事を批判している。 ソ教授は、「戦犯旗模様が使われるのは国際スポーツ精神に背くことであり、特に政治的表現を禁止するFIFAの規定にも外れるということなので、全世界の人に正確に知らせたかった」と、朝鮮日報に語っている。

“世界的スパマー” 徐敬徳
ソ·ギョンドク

ソ·ギョンドクといえば、前述の「DO YOU」シリーズ制作のほか、ニューヨークのタイムズスクエア広場に慰安婦謝罪要求広告を掲示したりと、反日宣伝活動を生業にしている問題人物だ。大学教授といっても、その職は、タイムズ・スクウェアに広告を出した後に得たものだ。南鮮では「広報専門家」と称されているようだが、早い話が、反日プロパガンダのスプリンクラーである。

 ちなみに、支那のメディア新華経済によれば、この行為に対する支那人民の評価は冷淡であったようだ。「ホントくだらねぇ」、「韓国人ってやっぱり、人を嫌な気持ちにさせる民族だな」、「日本のユニフォームが発表されてから、韓国人はずっとこういうこと言ってる」、「太陽もナチズムだって言えば!」、「ギリシャがああいうのやった時には文句言わなかったのに、日本人だと言うのはなんで?」というのが代表例だそうだが、宗主国にも理解されない非文明国の振る舞いは、元から客観性が欠如したものなのだ。

 一昨日の朝まで生テレビは、「日韓関係はこれでいいのか」というテーマで討論を行ったそうである。私は観ていないが、番組中に「反日・嫌韓はどうやったら解決出来るか?」アンケートを行ったところ、45%の回答が「解決はできない、解決の必要はない」に集中したそうだ。正鵠を得た回答だ。南鮮の民族性を考えれば、彼等が反日という国是、エネルギー源を手放すことは考えられない。

 一方、日本は今まで、相手を刺激することなく、「言わせておけば」という姿勢を取り続けてきたが、そういった他人任せの姿勢が何の解決も導き出さない事は、昨今の慰安婦像や慰安婦碑、反日プロパガンダ広告のようなマーキング行為で明らかだ。徹底的に反論する ―― 米国がなんと言おうと、国や国民が辱められ、米国に入る日本の子供たちが云われなきいじめにあう現実を見れば、徹底抗戦は必要なのだ。

 反日プロパガンダには徹底的に対抗すべきであり、その対抗に生ぬるさがあってはいけない。私は暴力は否定するけれども、言論や宣伝戦については、相手の土俵に乗るべきだと強く思う。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/06/01 08:12 ] 外交 | TB(0) | CM(8)
No title
徹底的に反論するのも良いかもしれないが、反論するだけでは水掛け論に終わる。私は法律の専門家ではないので、具体的な方法は提案できないが、慰安婦碑や広告など反日的な行為に対して、そこの自治体や媒体に対して国家侮辱の賠償請求をすればよいのではないだろうかと思う。そうすれば少しは痛みを感じるので非論理的な国民も少しは学習するのではないだろうか。
[ 2014/06/01 11:17 ] [ 編集 ]
No title
憲法改正や自主憲法制定時には以下の文言を入れるべき


チョンと約束しない

チョンを信用しない

チョンに期待しない
[ 2014/06/01 14:59 ] [ 編集 ]
西洋民主主義の限界だ。。。
 アメリカのニューヨーク州?他で日本海に対して東海の併記をすることになった旨聞いているが、西洋諸国にとっての正義とは自分や自国の利益のみであり真実とは何かは関係がないことだ。
 自分の選挙支持者が要望しさえすれば歴史も何もあったものではなく、多数決で歴史さえ捻じ曲げてしまう。
 こうした歴史も真実も、多数決(まだましな選択)やプロパガンダで決定してしまう国がアメリカである。特亜3国(ダニ国家)は独裁者が捏造するので西洋の方が多少ましなレベルである。
 国際法違反の原爆や都市爆撃で殺戮した人数の代わりに南京事件をデッチあげたり、東京裁判という茶番ショーで事後法という現代のナンセンスを実践したりやりたい放題である。
 こうしてみると特亜3国(ダニ国家)とアメリカを中心とした西洋もあまり変わりがないことがよくわかる。
 建国2,674年の日本に対して238年の歴史しかないアメリカが日本に勝つには卑怯な手しかなかったわけである。
 戦時中、撃沈した英国戦艦プリンスオブウェールズの船員は、日本が白旗後は攻撃をしなかったばかりか救助もした(80%の乗組員が生存)が、アメリカに撃沈されたやまとの乗組員は海に落ちてからも機銃掃射された。(生存者は10%)
 日本の公明正大な武士道精神は日本だけのものであり、世界では理解ができないことなのである。戦時売春婦さえ進出した国に迷惑をかけないための合法的配慮からである。
 侵略した国々から陵辱や略奪はあたりまえの国からすれば理解ができないため、性奴隷として認識されることになる。
 こうした世界の常識で外交をしっかりと実践してもらいたいし、日本人も理解すべきだろう。”話せばわかる”なんて言葉は日本を貶めようとしている国の常套語であり、そのようなことを主張するタレント(おかかえコメンテイター)は怪しいと思うべきである。
 歴史捏造に対してはハムラビ法典以上の、培かえしで望みたい。
[ 2014/06/01 15:43 ] [ 編集 ]
No title
嫌韓・反中が国民の支持を得て「国是」になった時、初めて可能。ならなければ永久に無理。
[ 2014/06/01 16:50 ] [ 編集 ]
頭がおかしい人達
あのユニフォームが旭日旗に見えるなんて本当のバカですね。
言い掛かりもいいところですが、隣の特異な人々の精神世界では、日本を叩ける楽しい妄想アイテムのひとつなのでしょう。
そんなに旭日旗を否定するなら、海上自衛隊の演習などを目撃したら憤死ですね、きっと。
この日本になにを根拠に指図できると思っているのが不思議です。
バカげた隣国にきちんと反論できるよう、小学校できちんと日の丸や旭日旗の由来などを教育すべきです。
海外で暮らす同胞を守るためにも必要なことです。
[ 2014/06/01 17:49 ] [ 編集 ]
No title
韓国在住の生粋の韓国人男性が書いた「恥韓論」。
もしまだご存知でなかったら是非一読してみてください。
なるほどなな内容です。
[ 2014/06/01 17:50 ] [ 編集 ]
トホホノ政治屋、能無し官僚
>>反日プロパガンダには徹底的に対抗すべきであり、その対抗に生ぬるさがあってはいけない。私は暴力は否定するけれども、言論や宣伝戦については、相手の土俵に乗るべきだと強く思う。

でもね管理者さん日本の政治屋、官僚で
相手の土俵に乗れる連中は皆無ですよ、微温湯に
浸っている奴らにはディベートなんか
全くできないし、まず怯えて逃げ出すでしょう
暴力も必要ですよ
[ 2014/06/01 17:56 ] [ 編集 ]
縮み志向?
かつてゴキブリ学者が「縮み志向」なる妄言を拡散していたらしい。
日本人が細部にこだわり、コンパクト化する能力や
使い勝手のいいものを生み出す力を
矮小化して自然破壊や自然支配にこじつけていたという。
これを日本の自称進歩的文化人が評価していたようだが、
バカじゃないの?
ゴキブリに不可能なことを蔑むだけのトンデモ論に加担する
自虐的日本人の多さにはうんざりするね。

ただ、支那やゴキブリとの論争を政治家や官僚に任せるなんて
発想もどうかと思う。
中西輝政、櫻井よしこ、阿比留瑠比、潮匡人、渡部昇一ら
保守系の論客はあまたいるよ。



[ 2014/06/02 11:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: