私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  護憲派・集団的自衛権反対派は、ベトナムとフィリピンにセールスして来い!

護憲派・集団的自衛権反対派は、ベトナムとフィリピンにセールスして来い!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 読売新聞が昨日発表した世論調査の結果によると、政府が目指す集団的自衛権の行使に関し、「必要最小限の範囲で使えるようにすべきだ」とした「限定容認論」と「全面的に使えるようにすべきだ」と答えた「全面容認論」を合わせると、実に71%が行使を容認する考えを示したという。読売は、「行使容認論の国民への広がりが鮮明となった」と伝えている。だが、つい先ごろ発表された朝日新聞の世論調査では「真逆の結果が出ていた」はずだと思い、調べてみた。

 朝日新聞が先月22日に発表した世論調査結果では、「憲法の解釈変更による集団的自衛権の行使容認について尋ねたところ、「反対」は56%で、「賛成」の27%を上回った」と書き、更に憲法解釈の変更については、「国会の期間中に憲法の解釈を変える必要はないと答えたのが17%」となっている。調査時期と設問の内容に多少の違いはあるものの、これだけ真逆の結果を示されると、どちらかが恣意的に誘導しているのではないかと疑を持つのが自然だ。

読売新聞 集団的自衛権世論調査

 読売新聞は設問を公表していないので、どういう文脈で回答を求めたのかが不明だ。一方で朝日新聞は、設問を全て掲載している。その設問を見てみると、案の定である。設問と回答を見てみよう。

◆集団的自衛権についてうかがいます。集団的自衛権とは、アメリカのような同盟国が攻撃された時に、日本が攻撃されていなくても、日本への攻撃とみなして、一緒に戦う権利のことです。これまで政府は憲法上、集団的自衛権を使うことはできないと解釈してきました。憲法の解釈を変えて、集団的自衛権を使えるようにすることに、賛成ですか。反対ですか。

 賛成 27 反対 56

◆安倍首相は、いま開かれている国会の期間中に、集団的自衛権を使えるように憲法の解釈を変える方針です。いま開かれている国会の期間中に憲法の解釈を変える必要があると思いますか。その必要はないと思いますか。

 国会の期間中に憲法の解釈を変える必要がある 17

 その必要はない 68


(下線はブログ主)

 憲法9条がある以上、我が国が取れる行動は防衛の範囲のみであるはずだが、「日本が攻撃されていなくても、日本への攻撃とみなして、一緒に戦う」という設問の設定は、直結する結果として戦争を連想させる。かつ、「今国会中に」という前提を入れることで、今国会という期限を切らなくてもいいという人まで反対意見に誘導するのだ。こういう聞き方をされると、集団的自衛権についてのスタンスを予め決めている人以外は、流されてしまってもおかしくない。

 実際、憲法改正や集団的自衛権行使容認についても、きちんと理論形成をした上で反対する人のほかに、雰囲気で反対する人は多い。そして、護憲や集団的自衛権反対を声高に唱える人たちの中にでさえ、きちんと理論形成できていない人物もいるのだ。日曜日の「たかじんのそこまで言って委員会」に出演した、作家の雨宮処凛。朝日新聞が「プレカリアートのマリア」と崇めたこの人物は、宮崎哲弥氏に「日米安保条約はどうか?(賛成か反対か)」と聞かれ、竹田恒泰氏に「自民党の9条改正草案のどこがだめか?」と聞かれ、満足に答えられなかった。

雨宮処凛

 断っておくが、この人物は、ある筋では論客扱いされているのである。活動範囲も広く、麻生内閣倒閣運動から、都知事選での宇都宮健児の応援団を買って出て、リベラル勢力の代表ヅラをしているのだ。だが、いざ真正面から核心的な質問をぶつけられると、「戦争ができるようになるからイヤ」という、小学生並みの答えを差し出すのがやっとなのだ。これでは、感情論を抜け出ておらず、議論にもならない。

 さて、そんな護憲派さんたちに要望がある。憲法9条は世界に誇る平和憲法というからには、世界中の平和を希求する国々はきっとその理念に共感し、自国の憲法を改正し、9条を取り入れるだろう。日本の平和が9条によって守られてきたと主張するのだから、日本の高度な技術よりもまず9条を欲しがるはずだ。なかでも、支那とパラセル諸島で問題を抱えるベトナム、スプラトリー諸島で問題を抱えるフィリピンにとって、のどから手が出るほど欲しい条項であるに違いない。いますぐベトナムやフィリピンに飛んで行って、憲法9条を取り入れれば平和になると説いてみてはどうだろうか。そして、集団的自衛権を持ったら戦争になるから、個別的自衛権だけにしておきなさいと説いてきてほしい。もしこの2国が9条を取り入れ、個別的自衛権だけで国を守ると宣言するなら、改憲派、集団的自衛権容認派としての負けを認めよう。

 ベトナムやフィリピンがどう答えるか、護憲派諸氏は本当は分かっているはずだ。分かっているなら、国際的“非常識”を日本に強いるのは、もう止めにしてほしい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/05/13 00:29 ] 政治 | TB(0) | CM(8)
No title
その手がありましたか。とても斬新なアイディアですね。

彼らがどのような文言でセールスするか、その経過結果を見るための観客団ツアーを組んで、「夢の護憲交渉」を是非朝日の実況で中継もして、私達を目覚めさせて戴きましょう。
ついでに核保有国にも出かけて貰って、核廃絶なんぞを「平和憲法」で」解決したら、本当にのーべるしょうかも。

権利・権利と日頃権利大好きな彼らなのに、集団的自衛権利は要らないと必死なのは、
<日本が米国と緊密な連携を組む、それも軍事に於いて!>と世界に示されると、
人権無視中共大蛇から「役立たず!」烙印を押される怖れなのかな?とハリーポッター流解釈を楽しんでおります。

田母神元航空幕僚長のご本「田母神戦争大学」の広告に
<「戦争できる国」の方が戦争にならない!戦争を勉強すれば戦争を起こさない!
とありました。お勉強してみます。
[ 2014/05/13 07:21 ] [ 編集 ]
護憲派は好戦的
護憲派は好戦的な性格の集団だ。
なぜならこちらから攻める戦争しか想定しない。
攻められて戦争になることなど
まるで考えが及ばないようだ。
好戦的な自分を抑え込めば戦争にはならないと
盲信しているのだろう。
好戦的な支那やゴキブリには目を向けず
ひたすら他者に自らの生存を委ねる。
つまり究極の変態集団ということなんだね。
[ 2014/05/13 10:34 ] [ 編集 ]
No title
韓国悪くない★
コレ見て⇒http://kankan.darumasangakoronda.com/
[ 2014/05/13 12:24 ] [ 編集 ]
内政不干渉?
ご無沙汰しております。
護憲派・集団的自衛権反対派の方々は「内政不干渉」を理由に、他国の憲法を変えさせるような行動はとらないと言われるでしょうね。それ故に憲法9条がノーベル賞を授与されることに大きな意義があり、世界が自ずと「平和憲法」を取り入れるチャンスになり得る第一歩だと主張されることでしょう。
[ 2014/05/13 12:50 ] [ 編集 ]
田島の味方にもうちょっとマシなのを
雨宮 処凛、ちょっとくらい勉強してからTVに出ろや。ななにを振られてもまったくしゃべれない馬鹿。
[ 2014/05/13 13:29 ] [ 編集 ]
時は虚しく過ぎる、我々は黄泉の国の亡者に付き合っていてはならない
集団的自衛権の行使容認に関する議論は、この世の人間が行うべきものではありません。護憲派(と呼ぶのも反吐が出そうですが)ら黄痴害共が冥土で永久に続けていれば良いのであって、現世に生きる我々は、速やかに国際基準の国家を取り戻すことのみを考えるべきです。
[ 2014/05/13 21:13 ] [ 編集 ]
No title
さるちゃん、ハチは学校、大学に入らなくても攻撃を受け時、本能で自分のテリトリーを守るため自然に集団的自衛行動が分かる。一部の日本の政治家や長官、教授達は一流名門の教育を受け、高い給料を得ているのになぜ知恵はさるとハチ以下。世間知らずで勝手な誤った「自己都合観」を出して国民を混乱させるな。日本人は人道的集団的自衛権の権利を持てないのか?自由や民主主義、人権の尊重、あるいは自分の国民の生命・財産、を守るために集団的自衛権は当然。日本は自分を自衛することで精一杯だよ。どうやって戦争なんかするんだよ!バカだね。
[ 2014/05/25 01:54 ] [ 編集 ]
No title
あなたの言いたいことは日本がアメリカと手を組んで、隣国を出しぬきたいってことであるんだろうけど、集団自衛権への拒絶感は戦争への嫌悪と表裏一体。あなた、そして集団自衛権推進派は領土のことしか考えていない。国家はじめ集団は利益を好む一方で混乱を嫌う。資源は欲しいけど、戦争まではしたくない。もし、領土資源のことだけ考えたら、東南アジア諸国が団結して、アメリカもまきこみ戦争をすればいい。小さな島を守れるが、再び戦争の惨禍を見て、核の脅威におびえながら無力感を味わうことになる。でも、彼らは競り合っても戦争はしないんだ。これが現実。9条の普及を願おう。
[ 2014/07/13 14:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: