私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  オバマの「慰安婦は甚だしい人権侵害」に、「お前が言うな」の合唱を

オバマの「慰安婦は甚だしい人権侵害」に、「お前が言うな」の合唱を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 少し言葉足らずだったかもしれないので、誤解なきようにということで改めて自らの立場を書きますが、昨日のエントリーで私はオバマのことは一切褒めても認めてもいません。青山氏がラジオで語ったストーリーが正しいことを前提に、ケネディ大使の役割が重要だったこと、かつ、日米首脳会談を概ね成功に導いたことに対し、敬意を表すると書いたまです。青山ストーリーを信じる、信じないで、意見が分かれるのは当然ですね。まぁ、前述の文脈の中で、この2人に対し、「批判的な立場は変わらない」「全幅の信頼は置かない」と繰り返しました。なので、この2人については、今後も遠慮なく批判を書かせていただこうと思います。頂いたコメントで、勉強させていただいています。



 オバマが、国賓としての来日日程を終え、“日本海”上空を飛んで南鮮に入った。安全保障面では日本が期待した通りの成果をあげたと言えるだろう。この評価については、日本のメディアが発信した報道を見るより、支那の反応から判断する方法が最も適切であり、かつ早い。中共は日米共同声明について「重大な懸念」を表明した。このリアクションこそが、日米同盟強化が与える支那へのインパクトを雄弁に物語る。

 一方で、日本の各種メディアは、TPPが大筋合意に至らなかったことについて、極めて批判的に書いている。日米首脳会談の成果を如何にして貶めるかということに腐心しているかのようだ。この論調は大いに疑問だ。むしろ、米国のみならず国内からの相当きつい圧力を背に、最終的に妥協したり引いたりしなかった甘利担当大臣は褒められるべきではないのだろうか。プラザ合意、GATTウルグアイラウンドなど、容易く押し切られた外交交渉と比較すれば、かなり頑張っている方ではないかと思う。甘利氏の孤立化は、日本に利することはなく、逆に米国側に利する。

 さて、オバマは日本を離れ、ソウル入りした。オバマは朴との会談後の共同記者会見において、いわゆる従軍慰安婦問題について、「戦時中とはいえショッキングだ」とし「甚だしい人権侵害だ」と述べた。この「甚だしい」と言う部分は報道各社で表現に違いがあり、「実にひどい」(読売)、「恐ろしい、ひどい」(朝日)、「おぞましく、ひどい」(東京・中日)、「おぞましい」(時事)、「重大な」(毎日)と様々である。いずれにせよ、青瓦台がこのオバマ発言の威を借りて、我が国に対応を迫ってくることは必至だ。

オバマ、慰安婦は人権侵害

 この浅はかで無教養なオバマ発言について、日本政府高官は「韓国側に言わされているのではないか」と語っているが、日本で国賓としてのおもてなしを受けた直後の対日批判には溜息のひとつも出るだろう。私には、南鮮がオバマにこのひと言を言わせるためだけに、オバマのアジア歴訪日程に無理やりソウルを捻じ込んだようにさえ思えてくる。

 米国は人権について、日本を批判できるような国であるのか。米国で排日移民法が成立したのが1924年。南鮮や支那の尺度を用いれば、“たった90年前”である。米国が原爆を投下し、民間人を含めた大量殺戮を行ったのは1945年で、“たった69年前”だ。GHQ進駐の際、彼等がRecreation and Amusement Association(特殊慰安施設協会)の設置を日本に命じ、銀座7丁目に慰安所ができたのも同じ時期である。要するに米国は、「国家として売春をやれ」と日本に命じたのだ。

 米軍の進駐後のわずか10日間で、神奈川県下では1336件の強姦事件が発生した。ヨーロッパ戦線では、ドイツ人女性11,000人を含む14,000人が米軍兵士にレイプされたと言われる。実際、日本に特殊慰安施設協会が廃止される前の強姦事件・婦女暴行が一日平均40件であったのに対し、協会廃止後のそれは330件に急増した。そういう事実を、米国は日本での検閲を用いて隠匿したのである。このような恥ずべき歴史を全て認め、それでも米国が日本南鮮間の慰安婦問題を語るなら、かろうじてフェアと言えるだろう。善人面して「ショッキング」で「甚だしい人権侵害」と言える資格が、自国の女性人権侵害に頬かむりする米国大統領にあるわけはないのだ。まさに、「お前が言うな」である。

 建国からたった240年しか歴史がない米国だが、その極端に短い歴史すら、米国の政治家はほとんど勉強していない。日本人は、戦後の検閲で情報を遮られたこともあるが、その後事実が明るみに出てもなお、それを「米国糾弾」の運動に発展させない“大人の対応”を取ってきた。米国が日本人のそのような態度を蔑ろにするなら、日本人は対米情報戦を戦う準備をした方が良いかもしれない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/04/26 09:58 ] 外交 | TB(0) | CM(10)
No title
 尖閣諸島が安全保障の対象だと明言してくれて少しは見直していたのですが、これではぶち壊しです、大いにがっかりしました。
 不勉強なのか韓国に気を使ったのか・・・おそらく両方なのでしょうが、そこまでして韓国軍を味方につけておきたいんでしょうか、日米韓で共闘してもいつ寝返るかわかりませんよ、後ろから弾が飛んでくる心配をするより最初から当てにしないほうが良いような気がしますが。
 軍備の量だけは取り繕ってますが、実力的にも当てにしないほうが・・・韓国軍に任せた部分が穴になるような気がしてならないんですが。
 いわゆる慰安婦問題もそうですが、あの国と歴史認識を共有すると言うことは、言いがかりもファンタジーも全部受け入れろと言うに等しいこと、それは無理です。
 「絶対に」という言葉はあまり好きではないんですが、それだけは絶対!に無理です。
 
[ 2014/04/26 11:50 ] [ 編集 ]
No title
米も韓もこちらが寛容や忍耐を示せば、益々つけあがる下品な国柄です。正しい方向に向かわせるためには、『味方にすれば心強いが、敵に回したら怖いぞ』と思わせることではないでしょうか。
殴られたら、殴り返すのが基本と心得るべきだと思います。
二度と殴ろうとは思わせないほどに殴り返すことだと思います。
まず日本人自身が認識を変えねばダメなのでしょうけれど・・・マスゴミが、こぞって売国一筋ですから、今でも日本という国が存在しているのかどうか・・・信じられないことがあります。
[ 2014/04/26 17:23 ] [ 編集 ]
『日韓の歴史的な緊張を尊重し、私は全ての人が歴史上慰安婦に何があったのかを振り返らねばならない、と考えている。そう、例えば酷く重大な人権侵害であったと認識せねばならない。』
「それらの女性が、戦時中であったとはいえ、そのような扱いで乱暴(強姦, violated)された事は残念だ。
そして、彼女達の声に耳を貸さねばならない。尊重されねばならない。そして、何が実際に起こったのかを正確かつ明らかにされるべきだ。」
とオバマは言ってますねぇ。
日本はオバマのお墨付きを貰ったのだから、早急に河野談話の検証を始めたら良いのです。
人権侵害はどこの国の人間が行ったのか?
慰安婦を物品とし人間扱いしていなかったのはどこの国か?
今頃、パク婆さんは火病を起こしているのでは…。
[ 2014/04/26 18:05 ] [ 編集 ]
No title
【拡散】読んでおいた方が無難【拡散】金…ヤクザ…整形…南北朝鮮…【拡散】

ミスユニバース吉松育美の背景
http://garo.co.jp/inoue/?p=195  http://garo.co.jp/inoue/

吉松育美さん騒動10 change.orgハリス鈴木絵美と菅元秘書中谷一馬
管直人と市民の党~拉致容疑者をめぐる関係~極左テロ
http://blog.livedoor.jp/aryasarasvati/archives/37756106.html

【拡散】読んでおいた方が無難【拡散】金…ヤクザ…整形…南北朝鮮…【拡散】
[ 2014/04/26 18:54 ] [ 編集 ]
No title
米帝こそが世界最悪・悪魔の人権侵害、侵略国家である。

膨大な数の民間人虐殺も正義のためなら赦されるが、
イルカやクジラの命は人命よりも重いと考える妄想人種。


罪もないベトナム、イラクやアフガンの方々が気の毒に
思えてならない。
[ 2014/04/26 19:22 ] [ 編集 ]
No title
さすが「アメリカン ルーピー」
[ 2014/04/26 21:08 ] [ 編集 ]
No title
青山氏情報に関する管理人様のスタンスは、しっかりお伝え戴ける内容でしたので、ご心配なく、と申し上げます。
多分昨日の皆様もお分かりで(私を含め)、その上で寄せられたのだと思います。

南鮮での慰安婦オバマ発言は、河野談話見直しに安倍総理の手足を縛り否定発表させ、それでコレですもの、だったら日本も戦時中の民間人攻撃や占領下のあれこれを、沈黙しないで言っちゃうよ!になるのは誇りがあれば当然の事だと言えましょう。黙ってきただけで許しては居ないのです。
TPPの妥結が出来なかった腹いせか?とも思いましたが、河野談話封じとこの発言は、思えば思う程何とも卑怯な米国大統領です。

甘利大臣は本当によく頑張って下さったと思いますし、このまま終結して戴けたら、と期待致します。
麻生副総理の「オバマに纏める力が無い」観点は、今回の「国賓」無礼の数々に関係閣僚の怒りを表わして居られたと思いました。安倍さんはお立場上言えませんから。

尖閣防衛は、オバマ大統領が世界中でして来た発言とその後を思うと、どこまで本気かどうか?
元々日本占領時と現行憲法の制定過程を考えれば、当然の事でしょう。
TPP成立の為の餌だったのでは?とも思いますし。
ですが、本来は我が国自身が護り切るべき国土ですから、私は米国に護るよと言われて、手放しでは喜べないです。
[ 2014/04/27 01:53 ] [ 編集 ]
No title
いやぁ~、<憂国>さん節炸裂ですねv-91
[ 2014/04/27 07:59 ] [ 編集 ]
No title
私の勝手な想像です。オバマは従軍慰安婦問題なんて内心どうでもいいと思っている。アメリカはアジア諸国の人権なんて本気で考えていない。もちろん多くの方がコメントされているようにアメリカに人権侵害を語る資格はない。それは歴史が証明している。それは、これからも同じだと考える方がよい。当然だがアメリカは自国の利益しか考えていない。私が一番気になるのは、北朝鮮の完全核武装化することによって、アメリカもシナも半島有事の際に何も手出しできないというシナリオである。もしかしたらアメリカは韓国を完全に見捨てる可能性すらある。当然、在日米軍も支援できない。従ってオバマの従軍慰安婦発言は、最後の韓国へのリップサービスしただけのように思える。アメリカとしては環太平洋での安全保障に重点をシフトする方針でありTPP交渉も上手く利用されているように思えるのですが。
[ 2014/04/27 11:03 ] [ 編集 ]
自国も直視せよ
過去の歴史より
自国のネバダ州(売春公認)で
現在進行形の人権侵害を直視したらいかがか、と
オバカ大統領に申し上げよう。
[ 2014/04/28 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: