私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  支那や南鮮は、日本にとって単に諸外国のひとつ ~ 特別な存在ではない

支那や南鮮は、日本にとって単に諸外国のひとつ ~ 特別な存在ではない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本のメディアは、安倍政権になってから日中、日韓のバイの首脳会談が未だに実現していないと、盛んに言い立てている。理由は単純で、相手国が会談の前提を作ろうとし、安倍首相がそれを拒否しているからだ。支那や南鮮との首脳会談は、行われたほうが良いに決まっている。だが、日本が妥協してまでやる必要は全くない。こんな単純なことを、日本のメディアはどうして分からないのだろう。恐らくその理由のひとつが、支那や朝鮮に対しては、他国との外交以上の価値を求めようとする心情主義である。

 今からおよそ一世紀も前に、日本は支那への投資に大失敗している。「西原借款」と言われるものだ。これは、大正初期の寺内内閣の時に重用された西原亀三という人物が画策した支那に対する借款で、西原が寺内首相と勝田主計大蔵大臣を説き伏せ、当時の金で一億五千万円もの巨額を投資し、その8割にあたる一億二千万円を焦げ付かせたという一件である。

 その大失敗した支那への投資について、西原はそれを「王道主義」と言った。「権利義務を支持主張するに非ずして、誠意を主一とする精神の発露による」ものであり、その「交盟友厚は、まず両国民の意思を疎通し両国の経済的融合揮一をもってその主義とし、いわゆる外交の形式を避けて真に日支親善の実をとり、史上の権利を強奪する如き態度を改めて、相互の権利に基き両国ともに益し、両国民の福祉を結合一致せしむるべきものだ」という言説をぶったのである。西原のこの主張は、とりもなおさず、日本と支那の関係は権利、義務を主張し合う関係であってはならず、渾然一体の同士でなければならないというものだ。

西原亀三
西原亀三

 百年も前のことをだと言って片付けるのは容易い。だが、こういう外交姿勢というのは、相手が支那や朝鮮である場合、ひとつの伝統的な価値観でもあるのだ。ついこの間まで政権に就いていた民主党の外交は、思想的には西原亀三に近い。社民党など伝統的に親中であり、二国間で何があっても責任は日本にあることになってしまう。自民党だって人の事は言えない。あの宮澤喜一は、佐藤栄作の「沖縄の祖国復帰が実現しない限り、わが国の戦後は終わらない」という名文句を真似して、「天皇の訪中が終わらなければ、戦後は終わらない」と言っていたらしい。そしてその「天皇御訪中」を本当に実現させてしまった。

 どうも日本人は、同じモンゴロイドの支那、朝鮮が相手であれば、「話せばわかる」と伝統的に思っている節があるが、そういった思想が外交から基軸を失わせることになる。外務省は交渉をする機関であるから、一層その思想が強いように感ずる。だが、話せばわかるというのはひと言でいえば妄想で、民族として質が全く違うのだ。最近の傾向から見れば、話せばわかるというより「話すごとにわからなくなる」相手と言っていい。

 福沢諭吉が脱亜論を書いたのは1885年である。亜を脱するということだから、それまでの日本に親亜という思想があったということだろう。素晴らしい論文ではあるが、現代の日本にもこの親亜という思想、心情は残っている。サヨクの政治家、進歩的文化人、反日メディア等々、一般国民よりも情報発信側にその傾向が強い。

 ODAだって、日本は経済援助と主観的に位置付けてはいるが、相手は戦後賠償だと思っている。だから、借りても貰っても、返さなくて一向に構わないと考えている。今までの日本政府は、日本海の向こうに、湯水の如く金を送り続けてきたが、その金はもともと国民の金だ。特亜に対する心情主義は、国民にとって甚だ迷惑なものなのだ。

大空白の時代
参考文献: 江藤淳著「大空白の時代


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/04/19 07:48 ] 外交 | TB(0) | CM(16)
かつては暴支膺懲、現在は暴鮮膺懲、そして特亜との絶縁へ
いわゆる往古の我が国で流行した大アジア主義、というものですね。我が先人達には、無邪気にその思想に憧れていた人達が多く居ます。朝鮮への対応は主に対露助戦略の一環で、当時としては係わらざるを得なかったとは思いますが、結果論としては伊藤博文が主張していた様に、飽く迄我が国の保護国として朝鮮人主体で統治させ続けた方が良かったと思います。

対支那、正確に言えば旧清王朝の領域に関しては、当時の先人達の判断で『当初は』間違っていなかったと思います。即ち、女真族を助けて清の後継国家である満洲国を我が国の政治力・資金で建国させ、対支那対露助防衛線にすると共に、タイ王国の如く国家対立の緩衝地帯とするという計画です。事実、満洲国では和満蒙支鮮のいわゆる五族協和が実現しかかっていて馬賊共が退治されて治安も良く特に支那人にとって安楽の地となっていたのです(これを掻き乱していたのは我が臣民となっていた鮮人共です)。五族協和に関しては、日本人が優遇され過ぎていたとか色々な批判は有りますが、我が国の出資が元になっていたのですからそうした現象も止むを得ず、また建国後、日本人優遇策も少しずつ改められていたので、我が国が大東亜戦争で敗北せず満洲国も存続していたら政治経済の面でかなり安定した国家になっていたと思われます。

故に、当時の我が国は、究極の理想としては大陸に於いては満洲国の対支那(一部蒙古も含む)対露助国境沿いに防備を固め、敵の挑発に乗らず、支那国内(と言っても統一政府は存在しませんでしたが)に租借地を持たず、我が国民の居留を認めず、同時に軍隊も駐留させない様にしておけば、国民党軍や各種支那人部隊(保安隊など)の攻撃(通州事件や上海事変)を受けることも無く、少なくとも大陸に於いて戦線を伸ばすこと無く、当時最大の仮想敵国であった露助にたばかられることも無く、満洲国を存続させることが出来たでしょう。

またハリマン以降の日米の不協和音に於いても、我が国とその後の満洲国が一体となって国力を温存しておれば、米露の対日謀略にも対応する余裕が時間的にも戦略的にも有ったのではないかと思います。

上記の考えは戦後世代である小生のタワゴトかも知れませんが、特亜に係わるとロクなことが無いし亡国につながるという大いなる教訓を我が大和民族に残してくれていると思うのです。今後の具体案としては大陸支那と断交し、台湾防衛を模索する一方、核武装して半島兄弟にキッチリ落とし前を付けさせます。

この様にして今後の国策を講じることこそ、我が先人英霊の死を無駄にしない唯一の解に違い無く、その解は特亜人との友好を希求し続ける道には未来永劫、絶対に見出せないでしょう。
[ 2014/04/19 17:50 ] [ 編集 ]
No title
西原某は未だ豊かとは言えない時代に国庫に大穴を空けて「王道」も無いモンだ、と呆れます。自分のお金では無いと思うから出来ること、国庫も自国の国益と強く考えて居たら、とてもこの様な言い訳は出ないでしょう。

日本の腐ったマスコミは日本を中共・南鮮に差し出して構わない、という思考なのでは?とさえ思います。
宮沢喜一・河野洋平の名前は愚鳩やアレ以上に、私には嫌悪する名前です。

本日19日の産経に千野境子客員論説委員が「遠方に友あり、楽しからずや」と題して日本スペイン(日西)交流400年の諸イベントとスペインに於ける日本の評判が書かれて居ました。日本は憧れの国だとか。裏切らないように我々日本人も頑張りたいものです。
世界に「諸外国」は幾らもあります。関われば関わるだけ日本を貶めようとする国是の国を、如何に近いからと言って相手にする必要など、少しもありません。

珍島沖のフェリー沈没にも、「修学旅行は日帝の残滓だからこの事故も日本の所為」という報道社もあるとか。世にも珍しい生き物です。

[ 2014/04/19 21:26 ] [ 編集 ]
No title
ひとつ指摘事項ですが、左にバナーの出ている「西郷南洲遺訓」の西郷さんは近代日本におけるアジア主義の元祖ですよ。

そこだけ注意して下さい。
[ 2014/04/19 21:45 ] [ 編集 ]
No title
天皇一族は2000年前は38度線近くの某寒村にいた落ちぶれた漢民族だから大いに関係あるよ

藤原氏も物部氏も大伴氏もすべて朝鮮人だよ
[ 2014/04/19 22:31 ] [ 編集 ]
笑止
朝鮮人は、キリストや孔子だけでなく、天皇陛下までも
朝鮮人だと思いたいんですね(笑)

テロリストの安重根を英雄扱いしたり、売国奴の閔妃を
国母と慕わないといけないくらい偉人がいませんからね。
[ 2014/04/20 00:30 ] [ 編集 ]
No title
昭和天皇も平成天皇も自分達は朝鮮出身だと公言してるのは有名な話だろ
[ 2014/04/20 09:45 ] [ 編集 ]
No title
777君、
オバマも朝鮮人だよね、 だろ?
笑いが止まらないわ!
[ 2014/04/20 11:05 ] [ 編集 ]
No title
あ、忘れた、プーチンもだっけ?
[ 2014/04/20 11:19 ] [ 編集 ]
No title
小沢と小泉はチョンだけどな
[ 2014/04/20 11:41 ] [ 編集 ]
No title
あとエリザベス女王もだろ?
[ 2014/04/20 12:11 ] [ 編集 ]
今の朝鮮人とは無関係
今上陛下がかつて、桓武天皇のご生母が高野新笠という百済王の系統に連なる姫だったことを取り上げたご発言をされたことがありました。
しかし、日本に多大な文明をもたらした渡来人と現在の朝鮮人はあまり関係ありません。
人類の系譜を遡ると、アフリカ大陸に行き着きますしね。
[ 2014/04/20 16:00 ] [ 編集 ]
No title
>日本に多大な文明をもたらした渡来人と現在の朝鮮人はあまり関係ありません。


近畿地方の人間のDNAはチョンと同じだろ

天皇の様な一重瞼は朝鮮からの渡来人だ
[ 2014/04/20 19:15 ] [ 編集 ]
No title
ここは真実を明らかにする人間が来るとみんな黙ってしまうのなwwww
[ 2014/04/20 22:47 ] [ 編集 ]
No title
>ここは真実を明らかにする人間が来るとみんな黙ってしまうのなwwww

いいえ、君のば〇さかげんに呆れてるだけなんだよ~
まあそれさえも解らんだろうな
[ 2014/04/21 04:53 ] [ 編集 ]
アホには理解できんだろうが、
言うだけは云っておこう。

日本の国益を第一に考え、「一人はみんなの為に、みんなは一人の為に」を理解し行動できるなら、人種や国籍を問うものではない。

沈没船の船長やそれモドキは、どの国に行こうとも排除されるしかない。 「差別ニダ!、 ヘイトにだ!、 真実ニダ!」・・・ 永遠にわめいていなさい。 
[ 2014/04/21 09:46 ] [ 編集 ]
火病の平壌運転
ゴキブリ白丁が紛れ込んで
火病全開の平壌運転。
ウリナラファンタジーはもう終わり?
[ 2014/04/21 12:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: