私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  サヨクの「相手を悪魔化する」という古典的手法はもう通用しない

サヨクの「相手を悪魔化する」という古典的手法はもう通用しない

← 応援クリック、ありがとうございます。

 古い話で恐縮だが、現在も産経新聞ワシントン駐在客員特派員として活躍される古森義久氏が、1995年、作家の井沢元彦氏との対談で非常に的確なサヨク論を述べておられる。

 左翼の特徴として、相手の悪魔化(デモナイゼーション)があります。自分の主張自体の正当性の論証が難しいために、ひたすら自分と反対側の意見をことさら悪く歪めて、けなす。日米安保に賛成する側を好戦的な強硬派呼ばわりする。PKOに賛成する人を軍国主義者扱いする。自分たちに同調しない勢力には、みな事実と異なる邪悪な虚像を描いて、「だから自分たちの意見が正しいのだ」と宣伝するわけです。


 まず、誰の頭にもピン!と浮かぶ存在が、南鮮だろう。この国は、反日教育と全体主義的なメディアの報道によって、「日本は悪魔だ」と思っている層がマジョリティを占める。日本の悪口を世界で吹聴しまわる告げ口大統領は、その全体主義の悪しき成果物だ。Yahooニュースによく掲載されるが、支那からの渡航者には、日本に来て初めて日本の“実情”を知り、懐疑の対象であった日本を称賛する人もいる。支那では言論にも報道にも自由がないため、ある種のリテラシーが働いているのかもしれない。一方、南鮮に関しては、日本に関する情報が支那より格段に多いにも関わらず、そのような傾向は見られない。南鮮にとって日本は永久に悪魔でなければならず、それを否定すると窒息してしまうだ。これはもう、カルト宗教といっても過言ではない。

 最近の出来事で言えば、子どもクイズ王の小西ひろゆき(民主党)がこれに近い存在だ。まず敵を作って猛攻撃をかける。いちツイッターユーザーに対する恫喝は、そのユーザーをデモナイズ(悪魔化)するところが発端となっており、話の展開に作家の百田尚樹氏が絡むと、宣伝効果が高いと思ったのか、反撃のボルテージを上昇させた。

 まぁもとはといえば、小西の所属する民主党という邪悪な政党がその典型例である。彼らはメディアとスクラムを組み、自民党を悪魔化させることで存在感を増した。2009年、その「自民党悪魔化作戦」はピークに達し、民主党は政権政党となった。ところが、中身は何もない政党だったのだ。

 左翼によって悪魔化された対象は数多ある。自民党の中でも中川昭一、安倍晋三、麻生太郎諸氏がその代表格で、他には自衛隊は勿論のこと、田母神俊雄氏など最たる被害者である。田母神論文の一件で、朝日新聞は社説で「こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに自衛隊組織のトップにいたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなる」と書いた。悪魔化の典型例である。そしてその系譜は、いまは籾井会長、百田、長谷川両経営委員に引き継がれている。朝日は、これらの人物の考え方、思想は批判するが、その論拠である歴史の事実を語ろうとしない。語れば、自紙の虚報の事実が露呈するから、書けないのだ。古森氏の言う、「自分たちに同調しない勢力には、みな事実と異なる邪悪な虚像を描く」という行為そのものである。

 こういうサヨクメディアにとってみれば、日本国憲法の改正や解釈変更を“画策”するような政治家など、みな邪悪な存在なのだろう。だが、安全保障において、サヨクメディアが行う「自分の主張自体の正当性の論証」など聞いたことがない。ひっきりなしに説かれるのが「外交(=話し合い)による解決」である。この論が説得力を持ち得ないので、彼等は改憲論者をひたすら叩くのだ。

 こういうメディアなどは、もうそろそろ淘汰されるべきではないのか。彼等がいくら新たな悪魔を作ろうとしても、いまはそのからくりはネットで簡単かつ徹底的に検証される時代なのだ。朝日新聞などに勝ち目がない時代がやってきたのだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/03/28 07:32 ] 史観 | TB(0) | CM(4)
No title
★★★★河野談話の撤回を求める国民運動

3/28に杉田議員事務所に、TEL確認しました。


(1)現時点での、杉田事務所+中山事務所+専用FAXの署名数は『約7万署名』です。
杉田事務所+中山事務所+専用FAX以外の事務所に送信された署名数(α)は、まだ集計されていないそうです。

杉田+中山+専用FAXだけで、『7万件』+その他アルファ


(2)外国籍の方の署名もOKです。


(3)国外在住の方の署名もOKです。


どんどん国民運動を盛り上げて、署名を増やしましょう。

今後も、署名を増やして、官邸・自民党も動かしましょう!!!
[ 2014/03/28 10:28 ] [ 編集 ]
No title
小泉はなぜ急に反原発を叫び始めたのか?小泉のバックに居るのは水素エネルギー利権である。

ttp://rh2.org/

とくにこのR水素なる団体が支援しているほか、彼らに協力しているのは奈良県知事候補の岩崎孝彦(43)である。

ttp://cyberuls.com/
ttp://whitenoah.com/

R水素は次のように小泉ともつながりがあるのだが、

ttps://twitter.com/chooneui/status/429849365620862976

また、

ttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/42b06f5e8b552a06d6e20ccf0a082080

このようにR水素の正体は朝鮮人である。そもそもなぜ彼らが日本の原発に反対するのか?理由はいろいろ言われているが、その答えはすべて、原発を潰したあとに水素エネルギーを日本に導入するためなのである。
水素エネルギー利権は韓国企業も入っており、実際にヒュンダイ自動車などが水素自動車を開発している。水素エネルギーのインフラは数百兆円規模ともいわれ、その全てを韓国が乗っ取れれば経済的利益は計り知れない。
水素エネルギー利権の真の目的は日本の産業を水素エネルギーによって乗っ取り、大量の韓国人移民(1000万人以上とされる)を送り込んで日本を滅ぼすことである。

では、どのように滅ぼすというのか?ジョン・タイターの予言に新大和皇国があるが、あれを推進している連中の正体も水素エネルギー利権である。
反原発派は放射能の脅威をあおっているが、その目的は不動産価格の暴落による世界恐慌からの第三次大戦の勃発と、タイターの予言にあるような日本の分断国家化である。
実際に彼らは東日本を封鎖して日本人を強制移住させる計画まで立てているのである。彼らが政治権力を握れば、放射能汚染の情報を公開して実際にこのような動きに出てくるだろう。

これら一連の動きは全て裏で暗躍している水素エネルギー利権の陰謀にほかならない。個別に見ては全体がわからないが、水素エネルギー利権の存在を考えればそのおぞましさがわかるだろう。
反原発派の正体および日本の真の敵は水素エネルギー利権であり、その黒幕が奈良県知事候補の岩崎というわけである。全て彼が裏で暗躍し、このような流れを創りだそうとしているにすぎない。
[ 2014/03/28 11:54 ] [ 編集 ]
チョーニチに対する、カウンターパンチ
>「こんなゆがんだ考えの持ち主が、こともあろうに自衛隊組織のトップにいたとは。驚き、あきれ、そして心胆が寒くなるような日本の実情である」ーーー朝日新聞社説

《こんな歪んだ、真っ赤な嘘、捏造、偏向記事を書きまくり、日本の国家・国民を蔑み、国益を害し、反省せず、責任も一切取らぬような、考えの持ち主が、こともあろうに、日本を代表するクオリィティペーパーだと称するとは。!
驚き、呆れ、心胆が寒くなるような日本の実情である》
ーーー憎日左翼●●新聞=築地チョーニチが何より嫌いな、町工場の親方
[ 2014/03/28 12:43 ] [ 編集 ]
No title
「自分の主張自体の正当性の論証が難しい」と分ったら、真っ当な人間なら、それまでの自分を反省するなり沈黙して、正当性を論証出来る岸に辿り着こうをするものだと思うのですが、何故正当性を感じられない場所にしがみつくのか、やっぱり理解の外です。

ですが、こういう根性曲りを「何故?」と分析する事が無駄なのかも知れませんね。唯斯くある事を日本に仇するものとして受け止め、区別していくしかないのだろう、と思います。
願わくは、彼らが限りなく衰退し続けますように。
[ 2014/03/28 18:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: