私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「ひがみ」「妬み」「被害妄想」にとりつかれた「南鮮政府を相手にせず」

「ひがみ」「妬み」「被害妄想」にとりつかれた「南鮮政府を相手にせず」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 朝鮮日報が昨日、金大中顧問の署名記事で、「日本は韓国にこんなことをする資格はない」というコラムを掲載した。無駄に長いので引用は控えるが、このコラムで主張されているのは、「南鮮=日本帝国主義の被害者」といういつもの論調を再確認するような内容だ。日本は韓国を完全に抹殺した「殺国の国」という猟奇的な言葉を使い、国や民族、言語、文化を完全に抹殺した憎き日本を描き、反日世論を煽っている。具体例は論評に値しないようなものの羅列だ。朝鮮が南北に分断されたのもひとえに日本のせいだと主張するお粗末さには、失笑を禁じえない。それどころか、「日本も(四つの列島のうち)東の島二つ、西の島二つに分けられるべきだった」とする文化人(笑)の言説まで拾い上げ、逆恨みを正当化することに必死なのだ。

 このようなひがみ、妬みを全開で発信し、世界もそのひがみ、妬みに共感せよという姿勢そのものに無理があるのだが、彼等はその共感を、ロビー活動や慰安婦碑の建立という活動によって担保しようとしており、遠吠えよりもそちらの方が厄介な存在だ。“いわゆる”従軍慰安婦問題は、その戦法における最強カードであると信じ込んでいるのだろう。だから、その慰安婦問題において、彼等が妥協することなどあり得ず、この問題は未来永劫解決しない。

 昨日のフジテレビ「報道2001」に出演した萩生田総裁特別補佐が、「河野談話」に関し、政府が行う検証作業で新たな事実が出れば、新しい談話を出せばいいとの考えを示した。

萩生田総裁特別補佐

 日米韓首脳会談を目前に控えているため、少々フライング気味ではある。ただ、朴槿恵にとって、首脳会談をキャンセルするには遅すぎるタイミングであることも確かだ。日米韓首脳会談は既にセットされており、ここでドタキャンなどしてしまえば、もともと信用がない南鮮の外交信用力はどん底まで落ちる。既に南鮮外務省は「きわめて不適切だ」と反発しており、南鮮メディアは当然のように脊髄反射を起こし、発狂するだろう。させておけばよいのである。

 日本政府は、この慰安婦問題が日韓の間で解決するなどという幻想を捨てるべきである。例えば河野談話を継承したとしても、彼の国の我が国に対する変化は到底期待できないのだ。河野談話の継承いかんにかかわらず、彼等は世界中で慰安婦碑を建立する野望を捨てないだろうし、国連その他の国際会議において、Sex Slaveという造語による日本批判を止めることはありえない。彼等は「日本が敵」、「日本が悪」でなければ、国家・民族としてのアイデンティティを失い、窒息してしまうのだ。その上、それらの活動には支那の活動家グループも関与を深めている。もう流れが止められるわけはないのだ。

 要するに、河野談話を継承しようと破棄しようと、導き出される結果に大差はない。この問題については、米国や欧州など、人権意識の高い国々を敵に回さぬよう、広報と啓蒙に注力しながら、日本の立場に理解を求めるほうがより建設的なのだ。「南鮮政府を相手にせず」だ。新談話に期待したい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/03/24 07:31 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
No title
自国を抹殺した国に何で密航までして移住したのでしょう?
それも未だに何十万と在住していますよね。お帰りの気配も無しに参政権まで要求して。名も日本名にして。
抹殺されて住む場所が無くなったとしても、悪しき国には密航までして来ないのが人の生きる道。他に幾らでも国の数はありますものを。

極東アジアの歴史に余程の関心を持たないと、日中鮮の関係など、他国の人々には分らない事だと思います。
なので、一時的に声の大きい方の言葉を信じてしまうでしょうし、基本的に関心がない他地域の人には極端に言えば「どうでもいいこと」かも知れません。
なので、やはり、日本の政府見解がしっかりして居ないと、「日本政府が認めて謝っているじゃあないか」になってしまいます。仏国の漫画展が実例です。

<日本の子供が誇りを持てる国>は、日本国政府の姿勢次第です。
[ 2014/03/24 20:18 ] [ 編集 ]
外交は気長に
安倍総理大臣は、アンネ・フランクゆかりの場所を訪問されました。
こういう小さいことをコツコツ継続するのが大切だと思います。
今回のオランダ訪問の本来の主旨にも増して、良い選択だったと思います。
狂気のストーカー国家朝鮮には、永遠に理解できない「誠意」の表現です。

それにしても、中国の国家主席はストーカー外交に熱心ですね。
先日のソチでも、安倍総理の前日にプーチン大統領にタックルしてました。
強大な権力者に似合わぬ小心さです。









[ 2014/03/24 21:08 ] [ 編集 ]
安倍政権中はダメ、あと何年かかるのか
安倍首相は韓国をそれなりに理解していてもやはり米国が日韓関係を修復しろという声と中国に対峙する必要から韓国に妥協し、配慮し過ぎだと思いますね。
どうもそれが度を超し出したと感じますね。
「河野談話を踏襲します」は以前にも言っていることだしまあいいでしょうが、「見直しをしない」、菅官房長官のいう「新談話は出さない」は言う必要はないでしょう。
そういう事は安倍政権中には日本が韓国や中国に頭が上がらないと言っているのと同じでしょう。
安倍自民党を抑えて新党が政権与党になるまでにはあと何十年かかるのかを考えれば安倍首相などの発言はとんでもないことです。

[ 2014/03/24 21:39 ] [ 編集 ]
No title
長い日韓の政治的な経緯の中で、安倍政権がその歪みの全てを請け負うことなんて出来るわけじゃない。
本音と建て前が必要なんです。
どこぞのサポーターの様にバカ正直に本音をさらせば
日本人を蔑視する奴らに攻撃の口実を与えるだけでしょってことなんじゃない。
派手さはいらないから粛々と締め上げていって欲しいな。
[ 2014/03/25 01:22 ] [ 編集 ]
No title
萩生田総裁特別補佐は報道2001の場だけでなく、他の場でも記者に同じような発言をしていた。これはもはや確信犯。 
 たぶんウラで糸を引くのは安倍・菅コンビ。 見ていて面白い流れですね。
[ 2014/03/25 15:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: