私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  お花畑平和論を全開モードで発揮する毎日新聞

お花畑平和論を全開モードで発揮する毎日新聞

← 応援クリック、ありがとうございます。

 毎日新聞が昨日3日、無駄に長い社説を載せた。「安倍政権と日米関係 歴史の原点を忘れるな」と銘打った駄文だが、様々御託を並べながら、駄文の結論は、金太郎飴のような“いつもの内容”というべきものだった。

 安倍政権は以下のことに取り組むべきである。
 侵略と植民地支配を明確に認め、過去の反省に基づく理念で世界と協調する道を歩む決意を示す。侵略という言葉を使った村山談話、従軍慰安婦の河野談話を見直す考えのないことを明言し、中国、韓国との歴史対立解消の道筋を探る。
 靖国神社には再び参拝せず、A級戦犯の戦争責任を受け入れ、日本人自身による戦争の総括と慰霊の観点から、戦没者追悼の新たなあり方を国民的な議論にかける。
 こうしたことが、歴史認識で国際社会の信任を取り戻し、日米同盟の基盤を強め、近隣外交を立て直す現実的な方策だと考える。


 社説というのは、まずひとりの論説委員が書き、それを他の論説委員や論説委員長がチェックしてから掲載されるものなので、社説=社論という理解をして差し支えない。昨日の毎日の社説を読んでいると、どの論説委員の脳内にも、大きなお花畑が広がっているようだ。毎日新聞が論ずる「国際社会の信任」は、村山談話と河野談話を政府見解として頑なに守り、靖國神社に参拝しないことで得られるということである。こんな浅はかな認識では、日々ニュースで特亜の現実を見ている読者・国民を説得することなど無理である。

反日デモ

反日デモ
毎日新聞に問う。村山談話や河野談話でこのデモが無くなるのか!?

 南朝鮮は、昨日TVタックルで武貞秀士氏が指摘していたとおり、建国の理念に反日が根付いている。国を造るエネルギーが反日であり、この理念に基づいて、教育において反日分子を大量生産してきているのだから、村山談話や河野談話を継承しようと、反日が止むことはない。支那は覇権国家であり、侵略の意図を隠さず、力による支配を国是としている。いま最も力を入れる海洋覇権の奪取において、最大の邪魔ものが日本という存在である。PM2.5の問題にしても、人権などというものは、中共の核心的利益ではないのだ。

 こういう国家と対峙して行く上において、憲法9条を守るとか、村山・河野談話を守るとか、靖國にかわる追悼施設を作るという対応ですら、その場しのぎにしかならないと考える方が現実的だ。どちらの国も、国内の不満を逸らす役割を日本に担わせているから、日本が良い国であれば国体が維持できない。彼等はこのような“彼等の事情”があって反日なのであり、日本が彼等の要求に合わせ、談話や靖國で譲歩したところで、対日非難の新たな材料を探し始めるだけである。

 南鮮の反日は病のレベルに達している感があるが、支那の反日は国策である。官が反日デモをコントロールするように、人民が共産党に利用されていると言ってもいい。つまり、反日行動の拡大にも抑制にも、明確な法則などないわけで、日本側の譲歩が彼等の行動をコントロール出来ると思っているとしたら、お花畑の脳みそは完全に腐っているということである。

 毎日新聞の朝刊販売部数は340万部。読売の983万部には遥かに及ばないが、それでも161万部の産経の倍以上もある。ちなみに全国第2位の朝日は761万部で、朝日+毎日の売国新聞を合わせると1,100万部を数える。毎朝こんな低俗な新聞を読む人(実際は読者数ではなく、発行部数に近い数字の筈だが)が1,000万人を優に超えるとなると、日本の夜明けはまだまだ先の事なのかもしれない。村山談話と河野談話の死守、靖國不参拝などという、手垢のついた論説では、毎日新聞信者以外の惰性購読者層を繋ぎとめられないと思うのだが、道の左端を全速力で走り抜ける毎日新聞に何を言ったところで、馬耳東風だろう。朝日新聞とともに、毎日新聞の1日も早い廃刊を望む。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/03/04 07:31 ] メディア | TB(0) | CM(4)
No title
建国の理念に反日が存在するのなら、南朝鮮との全ての民間的政治的交流はまったくの無駄な努力。

解決の道は現南朝鮮の”シャットダウン”と親日の理念の基にした”再起動”しかない。
[ 2014/03/04 09:20 ] [ 編集 ]
村山談話作成の衝撃!!!
 3月3日の産経新聞、桜井よしこさんの記事に衝撃を受けた。平成5年6月9日金曜日、日本が東南アジア諸国を侵略した旨の国会決議を実行するため、当日、本会議の開催は行わない旨通達して国会議員に帰省を促し、午後7時53分、土井たか子が本会議開催のベルを鳴らしたのだという。
 決議に反対する議員265名が欠席で議事は可決された。
 村山と土井たか子の共謀による立法機関だまし討ちである。こうして国会決議を経た後8月に村山談話として発表され以来、日本はアジアを侵略したことになった。戦後49年後の出来事だ。
 世界史最強のプロパガンダ師、毛沢東語録にもない南京事件も戦後だし、戦時売春婦が軍関与だと認めた河野談話も平成5年だ。
 日本を貶めた談話が戦後50年近くになって、しかも捏造によって作成されたことが明確になってきている。河野洋平と村山富一のDNAを調査して日本国民なのか確かめる必要がある。
 こうした人材が日本の総理になったり自民の総裁になったりできる日本の選挙制度に欠陥があるのではないか?皇紀2600年、縄文時代からすれば1万年をこえる日本の歴史があるのに帰化人1代で議員になれる制度は日本をおとしめてしまう。
 売国マスゴミの解体と併せて検討を要する課題ではないだろうか?
[ 2014/03/04 11:48 ] [ 編集 ]
No title
井上太郎 ‏@kaminoishi · 39分
2007年6月26日のアメリカ合衆国下院121号決議があります。この決議内容をよく読んでください。これを受け下院では調査報告書(日本の言い分を認め、なかったとしている)もあります。日本国民世論も河野談話に否定的になってきています。検証した結果により否定決議も有り得ます。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 39分
米国議会調査局による議員向け報告書もあります。日本軍による微寡(強制と関与)は無い。日本軍による組織的、政策的な強制徴用はなかったという趣旨の見解であり、下院の決議案に対しては、日本の国会が決議することは絶対にあり得ないとしています。つまり下院決議は何の意味を持っていません。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 37分
追軍慰安婦問題、日本政府には公文書だけでも朝鮮総督府の現地採用名簿(日本人はほとんど南朝鮮には行ってない、軍も同様)、慰安所経営の名簿(ほとんど朝鮮人)現地採用警察憲兵の逮捕事件、軍の通達(売春婦関連)米軍のミートキーナ報告書等沢山あります。強制に関する公文書もなにも文書はない。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 36分
「慰安婦の強制連行」8件の認めた判決があると共産党が主張し、河野談話の検証必要なしと発言。それは高裁の話であり最高裁では全てが却下されています。そして強制連行があったのかなかったのかの事実関係については争われてもいないし、最高裁は判断もしていません。判決がある、はあくまで二審。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 36分
追軍売春婦、日本の裁判制度は世界トップレベルの正確さです。これまでに慰安婦裁判、地裁、高裁、最高裁と延べ24件あり、それも不思議にここ20年だけです。全て棄却であり、最高裁判断では事実関係の審理さえありません。最高裁の判断以前に勝手な証言だけの捏造と司法は判断しています。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 36分
共産党も、みずほも辻元も売春婦は慰安婦だとただの証言だけで、本当に信じているのか知りませんが、主張します。これこそ悪魔の証明、ないことは証明出来ません。あったという事に反証するだけです。矛盾だらけの証言、証言が唯一の証拠は証拠として採用されません。つまり嘘つきなのです。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 35分
米軍始め世界中の軍隊が売春宿を建設し、軍による性管理をしても、慣習的戦時国際ではれっきとした合法で、全く問題になりませんでした。強制労働に関するILO29条約では、戦地売春婦は「強制労働」にあたらなかったからです。よってべトナム戦争でもすずしい顔して慰安所を建てました。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 34分
単なる追軍売春婦・戦地売春婦を虚偽の捏造された証言のみにより、肉体提供が強要をされたかのごとく南朝鮮政府までもが叫ぶことは、大日本帝国軍への最大の侮辱でありこの世を去った弁明も出来ない欠席裁判のようなものです。このことこそ国連の人権理事会へ対象となる日本国民全体への人権侵害です。


井上太郎 ‏@kaminoishi · 34分
南朝鮮の捏造慰安婦の原点は強制連行説が書かれた1969年の修羅道という小説で、それを題材に吉田清治が小説にし、朝日新聞の植村記者の捏造記事キャンペーンにより嘘が構築されました。ソウル大学の李栄薫教授の著書「大韓民国の物語」に詳しく解説され、日本の国立図書館にも貯蔵されています。

https://twitter.com/kaminoishi
[ 2014/03/04 18:44 ] [ 編集 ]
うそ新聞
一時期、「うそ 新聞」とググると
「もしかして朝日新聞」という表示が出ていた。

アサヒるの購読者に出くわしたら必ずこの話を聞かせてやって
「まだそんな新聞読んでるのか~、日本キライなのかぁ、アタマ大丈夫~?」と
皮肉たっぷりに言ってやることにしています。
[ 2014/03/05 10:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: