私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  日本が真っ当な歴史を取り戻すための、署名と寄付金のお願い

日本が真っ当な歴史を取り戻すための、署名と寄付金のお願い

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本ではもう相手にもされないルーピーと名の付く鳩は、特亜にとっては貴重な広告塔である。先頃南鮮を訪れ、日本の自虐史観を国是のように語った村山富市と同じで、元首相という肩書きを最大限に活用した情報戦や宣伝戦に、骨の髄までしゃぶられる存在となり下がっている。そのルーピーが南鮮の朝鮮日報に語ったことを読めば、首相公選制ではないにせよ、日本国民がこいつを首相に据えてしまったことへの猛省を痛切に感じざるを得ない。

鳩山元首相「日本政府は誰もが分かる形で謝罪を」(朝鮮日報)

―日韓関係が悪化している。日本が右傾化しているという見方もある。

「20年にわたって経済が低迷し、国内総生産(GDP)で中国に追い抜かれ、韓国も急成長する中、日本国民は自信を失っていた。このような状況で、大言壮語し虚勢を張ることで、強く見せようとする政治家(安倍首相を指す)が登場した」

―旧日本軍の慰安婦強制動員問題が韓日両国間の争点になっている。

「日本政府は1990年代、国民からの募金を基に『アジア女性基金』を創設し、首相からの謝罪の手紙と共に見舞金を届けた。一部の国はこれを受け入れた。だが「(日本は)謝罪するなら国家の予算で行うべきだ」という韓国の声には耳を傾けなかった。傷を負った人たちの立場で考えることが重要だ。被害者たちの高齢化が進んでいるだけに、早く解決しなければならない。日本政府が解決済みだといっても、被害者がそう考えていないのであれば、倫理的な責任という観点で対処すべきだ。政府からの補償という形で対処していくべきだと思う」

鳩山の脳はお花畑万回

―日本は過去の歴史を反省するドイツと違う、と批判する声が多く出ている。

「日本も1990年代、(植民地支配について反省する)村山談話や(慰安婦問題について反省する)河野談話を発表した。問題は(安倍首相がこれらの)談話を修正すると言い出すなど、突然態度を変えたように思われている点だ。ドイツを見習い、より確実に謝罪の心を伝えなければならない。一部では私が『謝罪外交』ばかり強調している、と批判しているが、(日本)政府が誰もが分かる形で謝罪するということは、勇気のある行動だ。今こそその勇気が求められるときだ」

―平和憲法の改正の動きについては。

「(第2次大戦での敗戦後)戦争を放棄し、軍隊を持たないと宣言したのが平和憲法だ。憲法の古い条文は変えることも可能だが、(戦争を禁じる)憲法第9条は変えてはならない。集団的自衛権は隣国と衝突した場合、援軍を求めようという古い発想だ」(以上、抜粋)


 主張の本質は、民主党というより社民党あたりに近い。ルーピーは、朝鮮日報が来月3日、4日に開催する「韓半島の統一」をテーマにした「第5回アジアン・リーダーシップ・カンファレンス(ALC)」に出席するというから、そこでも妄言の限りを披露するだろう。このインタビューでも「朝鮮半島の統一は至極当然の流れだ」と語っているが、半島統一によって、半島国家が核武装国になる可能性を全く考慮していないようだし、「日本は朝鮮半島の統一に向け、何ができるのか苦悩すべきだ」と、「金を出す」ことを示唆したとも取れる発言をしている。私はこの男の海外への渡航を厳に禁ずるべきと思うが、こういう阿呆が妄言を発することによって、かえって日本国民の覚醒が進むことになるのかもしれない。

 南鮮の政治的意図は、いわゆる従軍慰安婦を日本の国家的犯罪であると固定し、「一切の疑念も持つことは許さない。日本は朝鮮に対して謝罪と賠償をすべきである」ということだ。産経新聞の大スクープを受け、石原元官房副長官が国会で証言し、菅官房長官は朝鮮人“自称”元慰安婦16人の証言内容を検証する政府チームの設置検討を表明した。これに対し、南鮮の政治家、メディアからは、「妄言だ」、「研究もするな」という批判の声が上がっている。宗教でも学術的研究はなされるものだが、歴史について「検証するな」ということ自体、南鮮の主張がカルト宗教のそれと全く同質であることを示している。相手はカルトだ。聞く耳を持とうとすれば、何も進まない。

 日本維新の会が、「慰安婦問題」に関する河野談話の見直しを求める国民運動(署名活動)を開始した。父祖の名誉を回復し、日本が真実の歴史、真っ当な歴史観を回復するためには、河野談話は絶対に必要である。ひとりでも多くの方に、この運動に署名というかたちで参加していただきたい。


 また、米加州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去を求めて、日系人や在米日本人らが立ちあがった動きを、心ある日本人はサポートしたい。この、グレンデール市を相手取った訴訟にとって、最大の懸念は訴訟費用だという。原告の一部となっている「歴史の真実を求める世界連合会」のHPでは、寄付金を募っている。こちらにも、最大限のサポートをお願いしたい。


 ネットで騒いでいるだけでは何も変わらない。ひとりひとりがアクションを取ろう!


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/02/23 11:05 ] 外交 | TB(0) | CM(1)
わかりました。
[ 2014/02/26 18:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: