私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南朝鮮の順法精神の欠如 ~ 日韓基本条約を反故にしたがる国民性

南朝鮮の順法精神の欠如 ~ 日韓基本条約を反故にしたがる国民性

← 応援クリック、ありがとうございます。

 日本の歴代の総理大臣のなかで、対南鮮外交の面で安倍首相ほどついていない首相はいない。短命に終わった第一次安倍政権でのカウンターパートは、「整形大統領」こと盧武鉉だった。2006年、日韓首脳会談の当日に北朝鮮が最初の核実験を行った。安倍首相はすかさず盧武鉉に対し、日韓共同で抗議声明を出そうと提案した。ところが、盧武鉉はその話を遮り、靖國問題やら歴史問題をとうとうと語り出したそうだ。盧武鉉が親北であったことは考慮するとしても、国家の存亡にかかわる敵対国の核実験よりも、歴史問題で日本へのクレームを優先した盧武鉉の相手をすることには、さぞかし疲れただろう。

 第二次安倍政権の誕生時は、李明博が竹島不法上陸と天皇謝罪要求で日本人の怒りを買った直後で、対話を許す状況などなかった。その後、程なくして誕生したのが朴槿恵政権だ。この数奇なめぐり合わせを考えると、安倍首相が本当に気の毒になる。安倍首相を誕生させたのが日本国民の民度であるなら、盧武鉉や朴槿恵政権を誕生させたのは南鮮の民度である。別の我が民度を自慢したってしょうがないが、直接民主主義制度を持ちながら盧や朴のような政治リーダーしか生まれない彼の国の“程度”というものは、単なる両国における人口の多寡に起因する問題ではないだろう。

日章旗を棄損する韓国民族

 その、南鮮民族の民度を示すような記事が、支那の新華経済に掲載された。

韓国人の法治概念、いまだ先進国レベルに届かず 6割が「法を守りすぎると人間関係に悪影響」―中国メディア

中国紙・環球時報(電子版)は17日、韓国聯合ニュースの報道として、韓国人の「法治概念」はいまだに先進国レベルに達しておらず、6割近くが「法を守りすぎると人間関係に悪い影響をもたらす」と考えていることが分かったと報じた。

16日付韓国聯合ニュースによると、韓国現代経済研究院が先月2~6日に韓国全土の成人815人を対象に調査を行った。その結果、56.7%が「法や制度を守りすぎると人間関係に悪い影響をもたらす」と回答。86.7%が「韓国では法の執行は臨機応変でアバウト。法を厳格に守らない傾向にある」と考えていることが分かった。

その原因については、25.7%が「韓国の法律やその執行基準があいまいだから」と回答、23.0%が「臨機応変に法を執行した方がスムーズに問題を解決できるから」と答えた。

こうした結果について、韓国現代経済研究院は「民主主義の社会では、法律は国民の誰もが守るべき準則。だが、韓国にはいまだに権力や金の威力を借りて法律を凌駕する者がいる。韓国政府は政府高官や経済界の権力者らの不法行為を厳しく取り締まるべきだ」と指摘している。


 この順法精神のなさは、彼の民族の民度を端的に表わすものだ。いわゆる戦後徴用、仏像の窃盗などの例を見ても、彼等が法を尊重しないどころか極めて恣意的に捉えていることは明白だ。このことが、日韓基本条約という国家間の約束事ですら守らない国民性に繋がっていると見てよいと思う。

 最後の韓国現代経済研究院の見解も、実は責任転嫁でしかない。確かに彼の国において汚職や贈収賄は日常的なものだと言われる。金どころか、生身の人間(特に女性)までも取引に使うというのだから、何でもありなのだ。だが、政府高官や財界権力者の不法行為も民度の発露であって、政官行に一般庶民を加えた国家全体における順法精神が希薄ということなのだ。

 W杯サッカーや平昌五輪の招致、フィギュアスケートの異常な採点なども、国技としての贈収賄が結実させたものだろう。南鮮では近頃、バレーボールや野球、バドミントン、レスリングなどの10団体で大きな不正が発覚し、検察の捜査を受けることとなったという。スポーツにおける八百長も一般化している。彼の国と同じ土俵で勝負事を争うということすら、莫迦莫迦しいことだ。

 常識が通じない国家 ― それが南朝鮮である。「自由と民主主義の理念を共有する友好国」という宣伝文句が絵空事であることは、今や日本の常識である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/01/18 10:48 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
No title
常識が通じない、遵法精神が希薄な国民性とは今さら、の思いであります。
19世紀末からずっと間違った外交をしてきた集大成がこのザマと考えます。

半島の価値は地政学上にのみあり、文化や経済厚生にはない。何を勘違いしているのか、攻勢的に正統性を主張したところで、日本、米国にとってシナ、ロシアに対する安全保障の捨石でしかない。
永遠に変わらぬ地理、そしてスーパー馬鹿アホ民族で、外交はこれを強く認識し、
与えぬ、関わらぬ、情をかけぬ、盗ませぬ、すべて拒否とし遠交近攻を旨として欲しい。

決して半島が賢者、良識を支配することはないと思うニダ。
[ 2014/01/18 12:31 ] [ 編集 ]
No title
国内スポーツでの不正をいくら摘発しても国際競技での大買収は国家規模ですから、むしろその摘発は南鮮のアリバイ工作に思えます。

そしてあの没義道な国に喜んで買収・或いは乗っ取りされている日本人や組織の方が、更に更に問題だと私は思います。

呪われている民族、としか思えない程に(遵法精神以前に)世界常識が欠如する国に生まれなかった事に、本当に感謝致して居ります。(来世絶対間違ってもアチラ人に生まれませんように!合掌)
[ 2014/01/18 21:19 ] [ 編集 ]
山猿の暮らしには興味ない
今回の切り口は、ちょっときわどいかも。
真に尊重されるべきは法の支配であって、法治主義へは、仮に不服従の発生があった場合でも、法に不備があるならば、違法行為であったこと自体は必ずしもを非難されるべきでない場合もありうると思います。
順法精神を訴える中国メディアの論調自体がそこを混同しているようにも思えるし。
だからといって、私は朝鮮人の多くが法の支配を理解していると主張しているわけではありません。
自己中心主義に基づく他者の尊厳軽視、横領、汚職、不正の横行など、法どころかそれ以前の人間として当然の倫理・社会規範を知らぬ行動を恥ることもなくしゃぁしゃぁと暮らす人が非常に目立つのは事実。こういう輩は疎まれ蔑まれ避難されて然るべき。
また、そのような行動をとる輩を、戒めるどころか、与みしてしまう政府に及んでは、まさに自国が文明国ではないと国家を挙げて主張しているようなもの。

【結論】
(1)奴らのことに触れると、それだけでこっちが毒されるので、まずは無視しておくのが賢明。
(2)どうしても近寄って危害を加えようとする事態に遭遇したときは、徹底的に撃退する。

猿が山でどう暮らそうが興味はない。だが、人の物を盗み危害を加える働く猿は容赦しない。
[ 2014/01/19 09:40 ] [ 編集 ]
両班のDNA
法の支配を理解できないのは両班のDNAでしょう。
何せ千年も続いたので…。
助けない、教えない、関わらない―の除鮮3原則を
貫きましょう。
[ 2014/01/20 11:30 ] [ 編集 ]
No title
韓国人は「強き者には屈し、弱き者には横暴」。アウトロ-。プロフェッショナル キャンプフォロワーに、韓国政府が、日本からの資金を分けなかったのは、プロの売春婦と韓国政府が認識していたことが原因。賠償は、徴用を含め、「完全」に解決ずみだ。
[ 2014/04/17 22:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: