私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  教育 >  教育を取り戻せば、日本人は甦る

教育を取り戻せば、日本人は甦る

← 応援クリック、ありがとうございます。

 南鮮のメディアが日本叩きのために盛んに利用するのが教科書問題だ。文科省が学習指導要領解説書に「竹島は日本固有の領土」との明記を検討中であると報じた日本の報道に対し、「ただでさえ最悪な状態の韓日関係により大きな波紋が生じる展望」(中央日報)、「独島に対する挑発度合いを一層強めるもの」(ハンギョレ)などといきり立っている。

 過去に何度も書いたが、教育というのは国家の専権事項であって、決して他国からとやかく言われる類のものではない。従って、教育に対する他国からの批判や圧力は、当然ながら内政干渉なのだ。支那や南鮮はこの日本に対する干渉を国是としているが、これを可能にしているのが「近隣諸国条項」である。1982年、日本テレビの誤報によって「教科用図書検定」の内容が誤って伝わり、その誤報に支那、南鮮が猛反発。外交問題化した。何でも謝れば良いという体質の宮沢内閣が談話を出し、事の収束を図ったが、この談話が30年以上経った今でも日本の教科書を拘束することとなっている。

 近隣諸国条項は国家間の条約ではない。すぐれて国内の問題であるため、政府および文科省は、様々な軋轢はあるだろうが、この条項の破棄を一日も早く実現すべきである。近隣諸国条項が効力を発揮する日本の教科書は、日本の教育に支那や南鮮の意思が反映されたものである。教育が外圧によってコントロールされているということだ。これは、日本が主権国会ではないという状態を肯定するものであり、国民に対する背信である。

 安倍内閣になって、教育を取り戻す動きが顕著になってきた。そのひとつが、日本史の必修化だ。国の歴史を学ぶことが生徒の“選択”になっていること自体が異常である。サッカーの東アジアカップで、南鮮のサポーターが「歴史を忘却した民族に未来はない」と書かれた横断幕を掲げたが、その言葉が意味するところは別にしても、この言葉は実は正論なのだ。日本の子どもたちは国史を知らず、社会に出る。私自身、そのことを痛感する経験をしている。

 もう何十年も前のことだが、高校2年の夏から米国に留学する機会を得て、1年間、米国の片田舎の町で暮らした。米国での生活で様々なことを経験し、今では良い想い出となっているが、唯一悔いが残るのが、国史を知らないために、日本という国のことをほとんど伝えられなかったことだ。次世代の子どもたちがこんな経験を繰り返す愚を看過することはできない。支那や朝鮮が仕掛ける情報戦に対して、日本が今まで無策かつ無抵抗であったのは、あるべき教育が行き届いていないからだと痛感する。

 読売新聞が今日発表した世論調査において、安倍政権は支持率を5ポイントも上げ、60%台を回復した。政権が特定秘密保護法等の喧騒を克服した証左だが、一方で靖國参拝に対する賛否は「評価する」が45%、「評価しない」が47%と、拮抗しつつも否定派が僅かに上回った。これは「配慮好き」な日本人の特徴が反映された数字と見れなくもないが、歴史を知り、国を誇れる国民が増えれば、結果は自ずと変わってくるはずだ。

 ハンギョレは日本教科書について、こう書いている。

[社説] 日本は‘独島挑発’強化を直ちに中断せよ

 日本政府のこのような方針は、過去の問題などにより ただでさえややこしい韓-日関係を一層悪化させることが確実だ。一方で韓国との関係改善を希望すると言いながら、その裏では教科書の執筆基準を変更するのなら、日本に誠意を感じられるはずはあるまい。


 南鮮の場合、“誠意”とは日本から一方的に示されるべきものであり、自分たちは「享受さえしていればよい。示さなくても良いもの」なのだ。これが彼等の民族性であり国是なのだ。従って、交渉の余地はなく、つける薬もない。

 近隣諸国条項の撤廃と主権国家としての教育方針の確立 ―― これが「教育をとりもどす」と宣言した安倍政権の使命のひとつである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/01/13 10:50 ] 教育 | TB(0) | CM(2)
教育勅語の正常化
教育勅語は、大日本帝國憲法を補完する意味で明治大帝が下されたものであり、我が国民として極めて普遍的な処世術・道徳観が示されているものですから、小生はこれを回復すれば教育の根本として事足りると考えております。

しかも教育勅語は信じがたいことに外国人(GHQ)の汚れた手によって我が国政府に禁止させたものですから、憲法や皇室典範と同じく、我々の手に戻さねばならないことは言うまでも無いことです。

我が国民がこれ(外国人の不当介入)を認めて現実を受け入れるならば、特亜などに代表される、我が国への内政干渉にも全て反論出来ないこととなります。
[ 2014/01/13 21:15 ] [ 編集 ]
大人の責任で教育を
学問は自分の両手で引き寄せるものだけど、教育は大人の責任でしっかりと与えたいものですね。
何しろ戦後の一世代分の時間が空白に近いのですから、日本の教育再生も大変です。
昨年一年で、日本の言論も様変わりしました。
中国と韓国に反論するようになったのですから!
両国とも狂ったように安倍総理大臣を個人攻撃していますが、ピントがずれまくりですね。
総理大臣ではなくその辺のおじさんお姉さんが口々に自己主張しているのです。
インターネットの力は凄い。
もはや、両国を公然と批判できるのです。
多分一番驚いているのは中韓両国でしょう。既得権を失うまいと死に物狂いです。

私の小学校の担任は、天皇制を明確に否定していました。
また、中韓に対して差別をしてはいけない、日本人は彼らに大きな罪を犯したのだと繰り返し私達に語りかけました。
私の祖父は公職追放の経験者だし、大叔父は、朝鮮総督府に勤務していた建築家だったので、この教師の言葉は長く自分の心を支配しました。

国の宝でもある子供たちの教育再生は、本当に大切なことです。
日本の伝統や文化を伝え、国の発展を託すには、まず我々大人が日本を知ることだと痛感する今日この頃です。
[ 2014/01/14 00:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: