私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  都知事選 ~ 自民党は故小渕元総理の英断に学べ

都知事選 ~ 自民党は故小渕元総理の英断に学べ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 来る都知事選。どうやら民主党は細川護熙支援にまわるようだ。政党という枠組みだけではなく、菅直人、鳩山由紀夫という“負のビッグネーム”が積極的に支援を表明し、加えて生活の党の小沢一郎も支援を表明した。一世を風靡したころの3バカトリオ、いわゆる“トロイカ”揃い踏みである。野田佳彦はかねてから細川を師匠と仰いでおり、細川支援は間違いない。ここにきて細川護熙は、好むと好まざるとにかかわらず、実質的な民主党公認候補となるのだ。民主党トロイカ+野田の支援は、細川二とっては求心力ならぬ遠心力として働くことになるだろう。

 細川護熙は小泉元総理とのタッグを模索しているようだが、個人的には、小泉氏は全面に立っての細川支援はしないだろうと踏んでいる。積極的に関与してしまえば、自民党内での小泉進次郎の立場がなくなるからだ。加えて、聞こえてくる細川の政策は脱原発のみである。端的に言えば、「脱原発」というシングルイシューで都政を食い物にしようとしているのが細川ということである。いずれにせよ、小泉元総理がどういう立ち位置を取るか、注目である。

 最も容認できないのが、自民党の舛添支援表明である。TOKYO自民の掲示板が炎上していることは一昨日に書いたが、今回の舛添支援は自民党支持者に対する裏切りである。後足で砂をかけるようにして党を捨てた人物に対する処遇として、今回の意思決定はあるべき姿ではない。

 自民党は小渕元総理に学んで欲しい。下記は、昨年3月に書いたエントリーだが、今回の都知事選候補の処遇に関連して、かなり示唆に富むものだと思っている。

拙ブログエントリー: 「日本を救った(?)小渕恵三元首相」 2013/03/25

 時は忌まわしき1995年。自社さ政権を率いた村山富一首相の社会党が、参院選で惨敗し、惨敗した夜に自社さの三党で党首会談を開く。村山は首相を辞することを表明し、時の自民党総裁であった河野洋平に政権を委ねる考えを伝えた。
 河野洋平としては「しめた!」と思っただろう。首相の座が転がり込んでくるのだ。
 党首会談は休憩に入った。そこで河野は、森喜朗幹事長に党内の根回しを依頼した。森は党内の意向を打診したが、経世会、なかでも会長の小渕恵三が絶対反対を表明したのである。
「ロッキード事件で自民党が一番苦境にあった時、自民党の歴史的使命は終わったと後足で砂をかけるように離党した。河野首班なら本会議での首班指名選挙に同調しないこともある」と、強硬姿勢を示した。
 これが、河野洋平首相が誕生しなかった真相だ。
 森喜朗は「あの日ごろ温厚な恵ちゃんが、顔色を変えてまくしたてるんですよ。こりゃダメだと思い、これを河野さんに伝え、河野さんから村山さんに続投要請ということになったんです。」と語っている。
 この一件は、故三宅久之氏の「書けなかった特ダネ」に載っている。


 勝ち馬に乗るというのは、創価公明党の常套手段だと思っていたが、今回は自民党がその手を真似たということだろう。自民党も落ちたものだ。

 舛添不支持は、この方のつぶやきひとつで決定だ。

都政を民団や在日の意のままにしてはいけない。自民党は自戒すである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2014/01/12 11:46 ] 政治 | TB(0) | CM(9)
No title
自民党は勝てたら誰でも良いのかとがっかりした。

田母神支持者はライバル候補者のネガキャンに必死だし

余裕無さすぎて見てて痛い。

自民党がまともな候補者を選んでくれたらと思う。
[ 2014/01/12 14:51 ] [ 編集 ]
そもそも自民に期待しても無駄
自民こそ、我が国の戦後体制を護持して来た張本人共であり、本来は全く信用に値しないのですが、直近の総選挙や参院改選では、恐らく多くの保守護国勢力の有権者は『よりマシな選択』と言う意味で連中に票を投じたことでしょう。

よって、安倍政権の動きは前政権のノダよりは『マシ』なだけであって、ノダ政権の政策を公約違反を犯してまで継承している点(消費税増税・TPPなど)もあり、決して長期的に我が国の為になる政権であるとは小生には思えません。

都知事選への自民の対応も酷いの一言に尽きます。帰化鮮人で裏切り者の変節漢・舛添を支持する時点でその馬脚が見事に現れましたね。さすが俗物政党、と再認識した次第です。

故に、今回も小生は消去法による選択で田母神氏しか選択の余地は無いと考えています。それでも安倍氏を選んだ時よりはその消極度はずっと小さく、それなりに期待を持って見ております。
[ 2014/01/12 15:40 ] [ 編集 ]
怪しいのが2匹釣れた。
所で舛添氏の支持に自民党が回ると決定したのですか?

確かに今回の舛添氏自民支持は頭が痛い問題ですけどね、でも其れに便乗して自民党の全てや安倍総理の偉業を貶める様な言動は怪しい、最近増え傾向の工作活動に冷静な保守気取りで、場合に寄っては一部保守上げ一部朝鮮批判で現状自民安倍総理批判て云うのがあるんですが。

このブログにコメントを書いて居る方々も怪しいね~。

コメントを寄せるけど如何云う理由で誰を支持かは書かないのが特徴の工作員。

自民でも公明と連立してるし怪しいのも居るしね、目に見える部分だけが政治じゃない。

因みに私は田母神さん支持です。
[ 2014/01/12 17:54 ] [ 編集 ]
自民党にはがっかりさせられる。なんで、あの時こけたのか未だ学んでいない。裏切ったやつは何度でも 裏切り、自分だけは助かろうとする。それが朝鮮人。DNAに雑ざっていたらアウトなのである。
必ず、安倍さんのやろうとしていることの足を引っ張る。それは今後三十年の国益を損ねる。

私は都内の親戚、友人、知り合いに電話をかけまくって田母神さんに投票をお願いしている。「創価か?おまえは?」といわれたりもするが、必死である。
ここは、必死にならなければならない時だと思う。

本文中、進次郎氏を
おもんばかって純一郎氏は表立った動きはしないという意が記されていましたが、
明治横須賀の港湾事業で 「口入れ屋」として頭角を顕した小泉家に脈々と繋がるケンカDNA(実際の血のつながりでなく)息子のことがどうのなんてことはないでしょう。前総裁選の際に 石破さんは何をさておいても最初に小泉詣でをしました。進次郎氏は二回とも 石破氏に投票です。
「オヤジはオヤジです。」と言っている、爽やかな笑顔に惑わされないようにしないと。

[ 2014/01/12 18:26 ] [ 編集 ]
No title
lion様 「創価か?」と仰る方には「創価は桝添氏推しだ」とお伝え下さいな。

<田母神氏一択しかない!>と書かれる方主催の他ブログには日本語未満の「(創価系)バチがあたる」「桝添氏しかいない」という主旨の邪コメントが多数押し寄せているようです。あちらも必死。
[ 2014/01/12 19:45 ] [ 編集 ]
No title
石破支持した自民党議員は他にもいる
ひげの隊長佐藤議員、小池百合子、片山さつき
斎藤健他大勢

安倍さんもガースーも新自由主義

なんで小泉だけ叩かれるのか不思議だわ

安倍政権の足引っ張ってるのは実は西田とか利権議員
自民党なのに官公労から支援受けてる
公務員制度改革に反対し天下り容認の共産主義西田
民主や共産党に行けば良い
[ 2014/01/12 23:26 ] [ 編集 ]
No title
総裁選で安倍さん支持したはずの西田が邪魔して
改革を後退させようとしてるわけか
[ 2014/01/13 00:33 ] [ 編集 ]
事実を述べると「ネガキャン」と批判する工作員
舛添の過去の悪行(事実)を述べると
「ネガキャン」と批判する反日変態サヨク工作員。
見え透いたことをするオマエの方が痛いわ。

ところでブログ主さん、締めの言葉
「自民党は自戒すである」は
自壊では?
[ 2014/01/14 11:19 ] [ 編集 ]
No title
絶対田母神氏候補を応援します。自民党がなぜ舛添支持するのか、判断に苦しんでますよ!!!!
[ 2014/01/15 07:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: