私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  特定秘密保護法可決と、有権者に求められる一層の良識

特定秘密保護法可決と、有権者に求められる一層の良識

← 応援クリック、ありがとうございます。

 特定秘密保護法案が昨夜遅く、難産の末に参院本会議で可決成立した。様々なメディアや自称文化人らが、「戦前の日本に戻る」とか、「知る権利が奪われる」、「言論封殺だ」などと妄想全開でプロパガンダを拡散しようとしているが、ひと言で言えば、日本が普通の国になる確実、かつ大きな第一歩である。

 一昨日の参院国家安全保障特別委員会で、中川委員長席に野党の過激派が群がったが、白眞勲や福山哲郎、福島瑞穂ら帰化人政治家を差し置いて、最も異彩を放っていたのが、民主党の芝博一だ。委員長席に覆いかぶさるようにして、何やら書類で委員長の視線を遮り、委員長を恫喝するように喚き散らしていたが、この人物が元官房副長官である事実には眩暈を覚える。Wikipediaで確認すると、なんとこの人物は元神職なのだそうで、眩暈どころか卒倒ものだ。

芝博一

 政権に就いていた当時、同じ法案を検討していた民主党による手のひら返しの猛反対、法案修正で合意していたみんな、維新の変節など、我々国民にとって永田町の論理は難解なパズルのようなものだ。抵抗することでプレゼンスを誇示するのは野党の専売特許だが、担当の森大臣の問責、中川委員長の問責、安倍内閣への不信任案など、果たして意味があったのかは大変疑問だ。


 コメント欄で教えていただいた有田芳生のツイートである。保守派に大人気(笑)の有田芳生大先生は、国会を取り巻いて抗議活動を行う人々の中に、公安の監視対象となっている極左の革マル派や共産党系の民青がいることを、図らずも公表した。もちろん、中核派やしばき隊もこの集団に加わっているだろう。反原発デモでも頻出した絵面である。

 昨夜の報道ステーションは、偏向報道の極みだった。北海道大学の中島岳志という政治学者を出演させ、この特定秘密保護法が、戦前の軍機保護法と同種の弾圧法だと喋らせ、「今後は旅先で写真を撮ってネットにアップしただけで一般人が逮捕される危険性がある」とまで最大限に膨らませた妄想で、この法案が自由を奪うものだという印象操作を行った。調べてみるとこの中島某、朝日新聞紙面審議委員、毎日新聞書評委員という肩書きを持つというから、さもありなんではあるが。。。

 ブログ「なでしこりん」さんがテロ朝の謀略をあばいている。報道ステーションが登場させたデモ参加者の“一般市民”が、実は反対派の弁護士だったという事実。

noro_bengoshi.jpg
ブログ「なでしこりん」さんより

 すぐバレる嘘をついても居直り、謝罪などしないというのが朝日系メディアの特性だが、ジャーナリズムの矜持など、彼等に期待するほうが間違いだ。朝日の法案大反対キャンペーンはこれからも続くだろうが、一体どんな“タレント”を使ってくるかも見ものである。

 山本太郎は、「(法案)採決の日に議員を国会に入れなきゃ良いんですよ。議員会館、国会に議員が入れないくらい、人が溢れるぐらい集まれば、これを阻止できる可能性がありますよね。」とデモで訴えた。自らが有権者(もちろん、一部の)の代表として議席を持つことを棚に上げ、議会制民主主義を全否定するような発言である。この自己矛盾を、山本自身は理解していないのだろうが、安保闘争などの学生運動で「ノウハウ」がある後見人たちの思想が、山本の口を経て吐露されたものだと思われる。

 とにもかくにも、特定秘密保護法案は成立をみた。コメント欄で指摘をいただいたように、私自身も同様の法案を民主党が検討していた際、反対した。反日政党であり、スパイの集団とも言うべき政治家が、国家機密を恣意的に扱うことに対しての反意である。有権者が肝に銘じなければいけないのは、もう二度とあのような集団を、国家機密を扱う主体にしないことだ。特定秘密保護法の成立は、国民が政治家を選ぶ行為に一層の良識を課すということを、忘れてはならない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/12/07 10:47 ] 政治 | TB(0) | CM(4)
No title
民主党・菅政権が尖閣漁船の当て逃げ映像を「漏洩」されて出してきた法案と、性格は似ていますが主眼とする目的は180度違う、と内心思います。
けれども、これは反面教師とするに足りる良い例で、ご指摘の様に恣意的行使は解釈次第とならない様に、しっかり「特定」の原理を徹底させる智恵を安倍政権は働かせる必要があると思います。

国会議員でありながら極左暴力集団を「仲間」と頼み、国会に議員が入れないように,と言う。
自分の立ち位置も理解出来ない国会議員ですもの、もう脳みそが溶けている,としか思えません。
誰?こんなのを議員にしちゃって、反省しているかな?
[ 2013/12/07 14:47 ] [ 編集 ]
No title
>民主党の芝博一

ぎょえ~~~~っ
元神職?????
信じられないです!!


いつもの、朝鮮893(芝)の日本人への恫喝(森大臣)にしか見えない!!!
[ 2013/12/07 18:15 ] [ 編集 ]
黄痴害共が騒げば騒ぐほど愛国者が増える。黄痴害汚物集団は狂い死にへの通勤快速に乗れ!
ウサン臭い左巻きは見ていて分かりやすいのではないでしょうか。要するに媚特亜で行動様式も特亜人に酷似し、天皇・ご皇室などの我が国伝統の権威が毛嫌いする程嫌い、な連中と見ておけば間違いありません。

こいつらが騒ぐ(反対する)ものは、まさに我が国の国益に沿ったものになるという法則すら成り立ちます。香山リカもそんなことを抜かしていた様ですね。

結果的に、我が国を憂える国士・愛国者・真っ当な国民(パチ屋に行かないなど)が増えている様ですので、黄痴害共には地獄に逝くまで馬鹿騒ぎして貰いたいものです。
[ 2013/12/07 21:38 ] [ 編集 ]
日本の正常化ももう一息だ!!!
 産経のカジカブログの中で、新聞やTV等マスコミから情報を得ている人の自民党支持率は38.0%、民主15.2%なのだが、ネットから主たる情報を得ている人の自民党支持率は56.6%、民主3.2%だそうだ。
 消費税率UPを撤回できなかったのは残念だが、安倍総理が誕生できたのもネットの威力だろうし、年配者と若者とのネット利用率を見ればおのずと日本の将来は明るいと思える。
 核武装さんのブログに香山リカが自分たちが反対することは国民からすれば良い案件なのだと言う理解になっていると徒労に終わった今回の法案通過にショックを受けている模様だ。-万歳-
 いずれにせよ、TV・新聞の猛反対の中での法案成立は素晴らしいことだ。特に尖閣での中国船衝突事件で仙石やら福島みずほ達が国家秘密だ国家秘密だ一般公開相成らぬと主張しているVTRがネットで放映されるので、ネット利用者は法案反対派の彼女たちは実は中国の代弁者であることを知ることになる。(今回の中国非難決議も民主は欠席、さすがに昔600人も朝貢外交に出かけた党だけのことはある)
 今回、NHKに対して明快な論戦を張った維新、三宅博さんの後援会に加入したが目の黒い間にNHKが解体される日を熱望している。これからの毎日が楽しみだ。。。
[ 2013/12/07 22:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: