私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  教育 >  “「価値観の押し付けはよせ」という価値観”を押し付けるメディアと教職員

“「価値観の押し付けはよせ」という価値観”を押し付けるメディアと教職員

← 応援クリック、ありがとうございます。

 支那による防空識別圏の問題やら特定秘密保護法案やらに隠れて、あまり大きな話題にはならないが、文部科学省が公表した「教科書改革実行プラン」に対する守旧メディアの反発が強い。「教科書改革実行プラン」は、民主党政権で骨抜きにされかかった第一次安倍政権の成果、即ち改正教育基本法の趣旨を徹底し、“教育を取り戻す”のとっかかりの政策だと私は認識しているが、守旧メディアは社説などを割いて、この政策に異を唱えている。彼等の主張は、「教科書採択基準の見直し」と「道徳の正式教科化」に対する反意の、ほぼ2本立てだ。

東京新聞 11/30社説 「心」の教育 個性が窒息してしまう
 最も憂慮されるのは、教育基本法の目標に照らして「重大な欠陥」があれば不合格にするという基準だ。目標には道徳心をはじめ公共の精神、愛国心といった国家や社会を支えるべき内心のありようが掲げられている。
 その曖昧さゆえ、運用次第では政権の目指す“正しい国家像”にそぐわない教科書は失格となる事態もあり得る。明治天皇の教育勅語が軍国主義の支柱にされた過去の教訓を忘れず、警戒したい。

毎日新聞社説 11/23 教科書検定改革 多様化の流れ止めるな
 より熟慮しなければならないことがある。教育基本法との一体性や、政府見解の明記化が教科書をつくる側の創意工夫を萎縮させ、多様化の流れにある教科書の魅力をそぐことになりはしないか。
 そして政権の関与、介入がこれを足がかりに進みはしないか、という危惧もぬぐいきれない。

朝日新聞社説 12/01 「道徳」教育―教科化にこだわるな
 今の「道徳の時間」は正式な教科ではない。教科書も成績もない。教科書がないから検定もない。教材には文科省の作った「心のノート」や民間で出版した副読本が使われている。
 道徳の授業は軽くみられ、往々にして他教科に振り替えられる。そういうことのないよう教科にしたいというが、それは運用で改善できる話である。 (中略)
 検定には成績評価と同様の危うさがある。事実関係の校正にとどまるうちはいいが、検定基準に価値観を持ち込まれたら、「この随筆で愛国心が育つのか」と突き返されるようなことも起きかねない。
 検定によって価値観の多様さが損なわれては元も子もない。


 朝日、毎日、東京など各紙は、言葉は上手く飾っているが、主張している趣旨は大差ない。ひと言で言えば、「価値観を押し付けてはならない」というもので、子どもの個性を重んじろ、教科書多様性を重んじろ、政治が教育に介入するなという美辞麗句によって、彼等は読者に対して彼等の価値観を押し付けているだけだ。

 政治が教育に介入するなというのは、明らかなミスリードである。我が国の将来を担う子供たちにどのような教育を施すべきかという問題を、政治が決めるのは当たり前のことである。方針は政治が決めるのだ。それ嫌なら、国民が政権交代させればよい。教育に対する政治のスタンスとして、最も糾弾されなければいけないのは、民主党の輿石東が言い放った「教育の政治的中立などありえない」という姿勢である。今般の「教科書改革実行プラン」が中立性を欠いているわけではない。

 もうひとつ、守旧メディアがいきり立って反対するのは、道徳教育の復活だ。反対の支柱は、「価値観の押し付けはやめろ」という価値観そのものである。かつて日教組は、「早寝早起き朝ご飯」が価値観の押し付けであり、憲法違反だと言って抵抗した。第一次安倍政権下で、岸内閣の日米安保改正、佐藤内閣の沖縄返還などと並び、戦後五大長時間審議と言われる丁寧な教育基本法改正議論が進む中、日教組や全教などの教職員は、授業をほっぽり出して国会前で座り込みを行った。この彼らの行動は、彼等教職員の価値観を生徒に押し付けることができなくなることに対する抵抗である。価値観の押し付けはよくないという主張は、結局生徒に何も教えないという主張に等しい。そこを解っているのかと問いたい。

 かつての道徳教育があったからこそ、日本は今も世界に「道徳心が高い」、「民度が高い」と評価されるのだ。東日本大震災が日本を襲った際、略奪も犯罪も起きず、支給された食糧を「もっと困っている人に」と譲る精神・行動に世界から称賛が寄せられた。家庭での躾や教育、学校での道徳教育がなくなれば、こういう日本人らしさは時を経て失われていくだろう。そうなってからでは遅いのである。

 唱歌「海」に、「海にお舟を浮かばして 行ってみたいな よその国」という歌詞がある。日教組(確か沖教祖)は、この歌詞が“侵略”を象徴する歌だと言った。こういう“価値観”こそ、教育現場から排除されるべきものではないのか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/12/01 11:36 ] 教育 | TB(0) | CM(5)
No title
無垢な子供に人としてあるべき姿勢を教え込まなければ、人間には育ちません。
動物ですら親は小さな子に生きる力を与える為に厳しく躾けます。

人の心の基本を「押しつけ」られず、挙げられた報道陣が「良し」とするように育った子共は、世に出て大恥をかくか犯罪者になっても悔いる心も持てない、可哀想な人間になってしまうのですから、周囲の空気の為にも本人の人生の為にも、ひいては国の為にも道徳教育は必須です。
多くのマスコミに属する人々は己を顧みる事さえ出来ていない、恥の証左の新聞記事だと受け取りました。

「押しつけ」が悪いという勢力が自分達の思想を押しつけてきたことにはこれっぽっちの反省もありません。
世界に誇れた過去の日本人の有形無形の功績は「人の道」を教え込まれた結果だと思います。
それを統率するのは国家であって何の不思議もありません。
「周辺諸国」の様に破廉恥な日本になってはならないのです。
[ 2013/12/01 20:24 ] [ 編集 ]
軍国主義の亡霊とやらは聞き飽きたんだよ黄痴害左翼共!
当時の列強は全て軍国主義なんだよ、黄痴害左翼ウジ虫共め。しかも我が国の場合は単に自存自衛の目的のみ。植民地すら持っていなかったのも知らねえのか、このトンチキが。それを畏れ多くも明治大帝の教育勅語が何たらは戦後黄痴害産業廃棄物のドタマにしか浮かんでこねえ、朝鮮人参ばりの妄想なんだよ。そんなに軍国主義で騒ぐなら北鮮の将軍様に文句の一つでも付けてからおととい来やがれってんだよ、このゴミ溜め野郎共が。

いや、人モドキの黄痴害共への殺意でつい取り乱しました。こいつらはゴキジェットでの殺処分が相応しい害虫以下の汚物です。
[ 2013/12/01 21:35 ] [ 編集 ]
No title
天皇皇后両陛下 インドの市民と交流

zz_g さんお気に入り登録

インドを訪問している天皇皇后両陛下は、1日、首都ニューデリーの公園を訪れ、歓迎のため集まった大勢の市民らと交流されました。
30日、インドの首都ニューデリーに到着した両陛下は、2日から公式行事が始まるのを前に、中心部にある公園に足を運ばれました。親日国で知られるインドを天皇が訪れたのは初めてで、公園には地元の小中学生をはじめとするおよそ300人の市民が集まりました。両陛下は5歳の女の子から歓迎の花束を受け取ったあと、集まった人たちの間をゆっくりと歩き、子どもたちに「日本に来たことはありますか」とか、「学校は楽しいですか」などと英語で話しかけ、交流を楽しまれていました。
12月1日 20時

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22370213



NHK・番組へのご意見・お問い合わせメールフォーム
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi


また、天皇陛下を侮辱しています。

ニュースで『天皇陛下』のことを『天皇と呼び捨てにする』シナ様のNHKに、日本人の声を届けてください!!
[ 2013/12/01 22:17 ] [ 編集 ]
小説を書いてみました
小説を書いてみました。

なぜ書いたのかは読めばわかります。


ht■tp■:/■/relaynovels.blog■spot.j■p/
[ 2013/12/02 01:09 ] [ 編集 ]
またまたダブスタ
反日メディアは反日漫画を学校の図書室に置かせ
価値観の押し付けをしているにもかかわらず、
道徳による価値観の押し付けはけしからんとほざく。
厚顔無恥だからこれがダブスタとは気付かない。
気付いたとしても無視。

自分たちは常に正しいと盲信しているから。
なんのことはない、多様な価値観を一番認めようとしない勢力
それが反日変態サヨク反日メディアである。
[ 2013/12/02 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: