私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  米国の衰退と支那の防空識別圏問題 ~ 今こそ富国強兵を

米国の衰退と支那の防空識別圏問題 ~ 今こそ富国強兵を

← 応援クリック、ありがとうございます。

 昨日書いた、支那の「防空識別圏」について、国際社会の受け止め方は概ね批判的だが、残念ながらそのトーンは弱い。ホワイトハウスではケリー国務長官、ヘーゲル国防長官も批判的な声明を出したが、いずれも牽制や懸念のレベル。オバマ政権のへっぴり腰外交は、支那の台頭は許さないという基本姿勢を維持しながら、厄介な紛争は御免こうむるという姿勢を改めて示したに過ぎない。イランとの外交交渉で得た成果を、政権への支持に繋げようという矢先の事案である。「タイミングが悪い」というのが米国の本音ではないか。

 岸田外相は冷静な外交の常套句で批判を表明したが、一方で、この「防空識別圏」に対して当事者意識が欠けた国がある。お隣、南朝鮮だ。

 中国に遺憾と懸念=自国の防空識別圏と重複―韓国(時事通信)

 【ソウル時事】韓国国防省報道官は24日、報道資料を出し、中国と韓国の防空識別圏が一部重なるとして、遺憾の意を表明した。さらに「中国の今回の措置が域内の緊張を高める要因になってはならない」と懸念を示した。
 また、聯合ニュースは、中韓が管轄権を争う韓国南方の海中岩礁、離於島が中国の識別圏に含まれているのに対し、韓国の防空識別圏には含まれていないと報道。これに関し、報道官は「離於島海域に対するわれわれの管轄権は影響を受けない」と強調した。
 防空識別圏が重なるのは済州島南西沖の上空。報道官は「中国の措置が韓国の国益に影響を及ぼさないよう中国側と協議する」意向を示した。 


 領空というのは紛れもなく国家主権の範囲であり、支那の勝手な防空識別圏設定は、日本や南朝鮮に対する明確な主権侵害にあたる。領土、領海、領空という主権は1ミリも譲らないというのが国家としての基本姿勢であるべきなのだが、南朝鮮の場合、主権侵害を公言されても、相手が宗主国の場合は「遺憾」というレベルで留まるのだ。これが、日本の集団的自衛権行使が半島に及ぶオペレーションであった場合は許すまじ、必ず青瓦台の許可を取れと息巻いていた同じ国の対応だ。米国は慰安婦等々の問題で日本に譲歩を迫る以前に、この朴槿恵の外交姿勢を批判すべきではないのか。南鮮とて、支那にすり寄った挙句のこのしっぺ返しを、深刻に受け止めるべきだ。

 米国は「世界の警察」という看板を下げると宣言した。同時に、イランへの対応において軍事力ではなく外交交渉で平和を維持するという実績がひとつできつつあることによって、米国の世論は外交交渉による国際問題の解決と言う“話しあい主義”に傾くものと思われる。実は、これは支那にとっては願ってもない傾向だ。西太平洋における米国の軍事的プレゼンスを低下させることが支那共産党の党是であり、貧困や差別にあえぐ人民の抗議や暴動を圧殺し、国際社会から批判を浴び続けながらも、軍事力を増強させてきた理由はそこにある。軍事力という力による支配によって、力なき国々を屈服させると信じ込んでいる隣国ほど、厄介な存在はない。

 日米同盟は、日本の安全保障にとっては必要不可欠の存在だ。しかし、米国の国力が目に見えて落ちてきている現状を鑑れば、日本は平成の富国強兵を目指さざるを得ない。ただ、単純に国防力を増強しても、法の担保なくしては、それは張り子の虎でしかない。安倍政権は、公明党との連立を解消し、国防という価値観を同じくする勢力を結集すべきだ。政権与党の一角が国防を蔑ろにするようでは、国家の安泰もただの掛け声でしかなくなる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/25 11:52 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
史上最大の総決算売国セール  
日本の利益の為の国防と云う価値観を共有出来る野党が居るかな?

何やら秘密保護法に賛成してた筈の維新の会の何やら可笑しな動きが、ここに成って国会議員団代表の松野議員が議決に難色を示し出しているとか。

これだけ売国奴だらけの国も珍しい、逆に68年間も国が持ったのが不思議。
[ 2013/11/25 14:41 ] [ 編集 ]
富国強兵は明治以来不変の国是
我が国の富国強兵の必然性は現在でも全く変わっていません。

明治建軍から現在に至るまで一貫して脅威なのは露助だけで、米国との関係では、日露戦争後にハリマン協定問題処理に失敗して日米関係がズルズル・ダラダラと一方的に(アメリカ側視点)悪化し、日英同盟の解消・二大海軍軍縮条約による日本潰しに至りました。

大東亜戦争の対米英豪蘭戦の結果、屈辱的な被占領期を経て、『表面的』には日米関係は修復されました。その後、支那が核保有国となり経済的にも強大となると、支那の国内事情もあって(南鮮と同様、反日で人民の不満をそらす為)、アメリカの金魚のフンたるニホン国を恫喝して来ました。これは当然予想された結果でした。

また支那の暴虐以前から、我が国は半島の南北兄弟により一方的に国民・領土に損害を被り、未だに一矢も報いていません。

かような情勢は、かつての日清・日露・大東亜戦争期にも匹敵する国家の危急存亡期です。しかも我が国が経済的に往古(明治から終戦直前まで)よりはるかに成長した今、常備軍15万の兵力で(しかも殆ど現役兵力のみで往古の予備・後備・国民兵は皆無)同様の国家的危機に対応しているのですから、周辺ヤクザからの侮りを受けるのは理の当然なのです。

よって、兵器がより高度化された現代戦では第二次大戦期と同様には単純に兵力の比較出来ないものの、現在の我が国で日米同盟と同じ水準(日米同盟が解消された場合を想定)にするには、少なく見積もっても現役兵力が40万、予備以下の補充兵力が80万は必要と考えられ、その実現にはやはりかつての様に『選抜制』(甲乙丙などの適格性判断)国民皆兵制度が不可欠となるでしょう。

無論、核武装をも同時に考えねば全く支那・露助などの核保有国に対応出来ないことは言うまでもありません。
[ 2013/11/25 22:13 ] [ 編集 ]
No title
特定秘密保持法に第三者のチェック機関を設置要請という維新の危機感の薄さに愕然とします。
特定秘密=国家防衛・存亡に関する秘密事項に、関係者を多くする意味が分りません。
「船頭多くして船陸に上る」の例え通り、秘密が漏れない筈が無い機関設置など、如何にもルーピー参謀を務めた経験者の言いそうなことだと、呆れます。

こんな国会議員の為に今現在でも自衛隊のご苦労が増す事を懸念致します。
[ 2013/11/25 23:39 ] [ 編集 ]
連投です
ぼんやりしていて今頃知った事ですが
例の南鮮・慰安婦石碑が08年に既に宮古島に建設されていて、それは私有地にある物で沖縄県も宮古市も関知しないのだそうですが、在米鮮人はこの「事実」を以て日本の地方政府が建設させたかのように宣伝しているのだそうです。
おまけにベトナム語まで含む12カ国語の日本批判文だそうで、敵ながらアッパレ、と唖然です。

富国強兵は大事ですが、先ずは日本国民の心に訴えるべく、政府は河野談話・村山談話をしっかり手順を踏んで否定するのでなければ、中共以外にも攻撃面をいたずらに増やす事になりかねないと思いました。
[ 2013/11/26 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: