私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  神風特攻隊の意味を日本人以上に理解してくれたフィリピンの人たち

神風特攻隊の意味を日本人以上に理解してくれたフィリピンの人たち

← 応援クリック、ありがとうございます。

 フィリピンを襲った台風30号による甚大被害。この太平洋を隔てた友好国が破壊的な台風で被った被害の様子を、我々日本人は画像や映像でしか知ることはできないが、我らが空軍、海軍はいち早く動き、救援の手を差し伸べようとしている。一部の疑似日本人が騒ぎ立てるオスプレイも、その有能さを如何なく発揮し、実力のほどを余すところなく見せている。

 フィリピンが日本の友好国であることは疑いもないが、一般的に語られる友好とは別の次元で、彼等は我々日本人が忘れかけている大切なものを示してくれている。キーワードは“神風”。

第二次世界大戦に於いて日本神風特別攻撃隊が最初に飛び立った飛行場

 フィリピンのルソン島、パンパンガ州マバラカットで、2000年10月25日、現地の州知事やフィリピン空軍軍楽隊などが参加し、神風特攻隊の戦没者慰霊祭が行われた。この日の56年前、マバラカット基地を史上初の神風特攻隊、「敷島隊」が飛び立っている。戦後日本では「無謀な戦術」と喧伝され続けた神風アタックは、現地フィリピンの人達にとっては英雄だったのだ。上の画像は、その名も「第二次世界大戦に於いて日本神風特別攻撃隊が最初に飛び立った飛行場」。特攻隊への顕彰碑である。1974年に建てられ、いまは旭日旗を讃えた立派な碑に改修されている。

 この慰霊祭と同じ日に、タルラック州バンバン村でも慰霊祭が行われている。ジャーナリストの井上和彦氏は、慰霊祭に参加した地元サンロック高校の女子高校生達にインタビューして驚いたという。

「Brave!(勇敢)」
「フィリピンにも英雄はたくさんいます。ですから私たちも神風特攻隊という日本の“英雄”を大変尊敬しています。」
「勿論、カミカゼのパイロットを尊敬しています。だってあの人たちはヒーローですもの…」


 戦前・戦中を軍国主義として全否定し、“戦後、日本は生まれ変わった”という歴史観を植え付けてきた日本の戦後教育と比べれば、祖国を守るために命を賭した軍人を、分け隔てなく英雄と称えるフィリピンの歴史観こそがより“世界標準”に近いだろう。ここにある慰霊碑には、こんな記述もある。

太平洋戦争中の日本の「神風」は全ての戦争歴史の中で最大の軍事目的の体当たり組織である。外国の侵攻から日本本土を防衛する為に死に物狂いの手段であった。この地に訪れる参拝者の皆さまに謹んでお願いします。全ての「神風」と比米軍を中心とする連合軍戦没者に対して永遠に安らかにお眠りください、そして、全世界の平和の為に祈りますと祈念してください。

マバラカット観光局長
ガイ・インドラ・ヒルベロ


 祖国のために戦い、散華した英雄たちのことを、国を超えて讃えてくれたフィリピンの人達は、東日本大震災でも暖かい手を差し伸べてくれた。今度は我々日本人が手を差し伸べる番である。

日本赤十字社 2013年フィリピン台風救援金
http://www.jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004046.html

 今日は書かなかったが、偉大なる親日国、パラオ共和国が被った被害についても忘れないで戴きたい。義援金のあて先は下記の通りだ。

パラオ大使館が台風30号被害の義援金受付を開始
投稿日時: 2013-11-18

18日、在京パラオ大使館は、先にパラオ北部のカヤンゲル島に壊滅的被害をもたらした台風30号(英語名:ハイエン)の被害に対する義援金の受付を開始することを決めました。

現金書留の方は以下の住所にお願いいたします。

160-0001 東京都新宿区片町1-1 パレクリスタルビル201 パラオ共和国大使館宛
電話:03-3354-5500

11月19日追記
在京パラオ大使館から義援金の振込み口座の案内がありました。振込口座は以下のとおりです。
三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通 0172126
名義:パラオキヨウワコクタイシカン (パラオ共和国大使館)
義援金に関するお問い合わせ:アンナ・ヒデオ一等書記官
(メールの場合は、hideo@palauembassy.jpまで)




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/23 09:59 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
No title
日本人の多くがあの戦争で貴国に大変迷惑掛けた事は知って居ます、
しかし中には貴国の独立にお役に成った事も有った、戦後は貴国には多くの援助をして来ました充分では無いが少しづつでも役に成ったと思って居ます、
これからは貴国の増々の成長に繋げて行くよう願って居ます。 日本国民より
[ 2013/11/23 10:54 ] [ 編集 ]
今の我が国に神風は吹くか
当時の神風は、悠久の大義の為に吹きました。では現在ではどうでしょうか?

往古の我が国は、明治建軍以来、天皇の軍隊としての位置付けでした。軍隊ばかりでなく、官吏は全て天皇の役人でした。特に軍人は、職業軍人でなく徴兵された国民であっても、内心はとも角、そのことを叩き込まれたのです。

今の自衛隊、正しくは三軍の人達は立派な職務を担っています。しかし何かが足りないのです。即ち、天皇の名を辱めない、という意識です。それこそ、終戦後の占領統治でアメリカなどからなるGHQが消し去りたいものだった訳ですから、見事にその目的は達成されているのです。

故に、我が大和民族が国家危急に当たり神風を吹かさんとするならば、天皇を神と認め、その下で一臣民として尽力する意識を取り戻さねばなりません。

何故なら、今のニホン国は我々の先人が造ろうとした国ではなく、ポツダム宣言違反でわが国全土を軍事占領した敵国の脅迫によるもので、未だにアメリカの衛星国・属国・カイライ国家…であるからであり、これでは我々の先人英霊も黄泉の国からお力を下さる訳は無く、神風も吹き様が無いからです。
[ 2013/11/23 18:01 ] [ 編集 ]
ふと思い出しました。
もう20年以上前、近所の柔道場で一緒に稽古に励んでいた青年がいました。
柔道衣には「比国海兵隊」と刺繍されていました。
一目で職業軍人とわかる雰囲気でしたが、
稽古が終われば、カタコトの英語で話したものです。
陽気な男でした。
当時の日本の青年であのような「ツワモノ」の気を放っていたのは自衛官・警察官・海上保安官だけだったでしょうね。
彼は今おそらく相応の立場にあり、救援活動に尽力していると思います。(生きていればですが)
ともあれ皆様、応援クリックを。そして友邦に救援を。
[ 2013/11/23 23:43 ] [ 編集 ]
No title
パラオの受付をご紹介戴きましてありがとうございます。
[ 2013/11/23 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: