私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  12年衆院選の違憲状態判決 ~ 安倍総理は、それでも衆院を解散すべきだ

12年衆院選の違憲状態判決 ~ 安倍総理は、それでも衆院を解散すべきだ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 注目されていた、昨年暮れの衆院選における「1票の格差」問題で、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた16件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷は「投票価値の平等に反する状態だった」と述べ、「違憲状態」と判断した。一方で、選挙無効という請求は棄却された。妥当な判断だろう。二つの弁護士グループが憲法違反だとして選挙無効を求めた16件の「選挙無効」を求めた訴訟は、一旦決着を見た。

2012年衆院選 違憲状態

 永田町の先生方は、難しい顔をしながら「厳粛に受け止める」などと口をそろえるが、心の奥底では、無効判決が出て再び選挙戦を戦うという事態にならず、安堵しているのだろう。政治家は職を失えばただの人だ。ひと度得た議席は逃がしたくないはずだ。

 この判決は、衆院の野党勢力にとっても痛し痒しのはずである。政権の正当性に対する疑問符は当たり前のように叫ぶだろうが、それを追及する側の野党議員も同じく、違憲状態の選挙で選ばれたのだから、元を辿れば「お前が言うな」ということになる。違憲状態であっても選挙は無効ではなかったという最高裁の判断により、安倍政権は一応、極めて消極的ではあるものの、法のお墨付きを得たということになる。ただ、こういうことを言うとまた叱られそうだが、安倍政権は衆院を解散すべきだ、と私は思っている。

 理由はいくつかある。ひとつは、経済対策を入口とした安倍政権の最終目標は“憲法改正”であるという点だ。「憲法改正は悲願」という安倍首相の言質は、いくつも残っている。この悲願を成就せんとするならば、その主体が違憲状態の政権では、将来に禍根を残す。

 もうひとつは、野党の殲滅である。いま選挙をやられて最も困るのは、民主党他の野党であるはずだ。民主党は明確な対立軸を示せず、支持率も低迷し、選挙の顔となるべき海江田代表の影も極めて薄い。社民党はもう存在自体が断末魔の様相だ。小沢一郎など、いまは報道に乗らず、活字にもならない。勢いがあるのは共産党ぐらいなもので、情勢は極めて自民党に有利である。TPPや消費増税に反対する保守層も、「じゃあ次は民主党で」とはならないだろう。

 もう一点は、目の上のたんこぶである公明党だ。私は、自民党(というより安倍政権)は、公明党との連立を解消すべきだと思っている。安倍政権発足以後、最も足を引っ張ってきたのは野党ではなく、他ならぬ公明党である。集団的自衛権に関する議論の顛末、軽減税率問題、特定秘密保護法など、どれをとっても公明党は連立政権の一角として、主義主張に埋め難い開きがある。山口代表は公明党の立ち位置を「抑止力」と公言しているが、これを単純に換言すれば、「邪魔をする」という宣言に等しいのだ。自民党が創価学会の票欲しさに連立を継続するなら、「日本を取り戻す」というスローガンを捨てた方が良い。私は維新もみんなも支持しないが、自民党が連立を組むなら、公明党より彼等の方が納得はしやすい。要は、衆院解散を公明との連立解消の決断のきっかけとすべきだと思うのだ。

 ついでに言えば、財務省の代弁者となり、自民税調の立場から安倍政権の足を引っ張り続ける野田毅氏にも退いて戴きたいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/21 07:29 ] 政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: