私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  国歌“君が代”と馬の尻 ~ NHKの反日偏向体質に必要なメス

国歌“君が代”と馬の尻 ~ NHKの反日偏向体質に必要なメス

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍カラーがあからさまに強いNHK経営委員の人事については、メディアに対するリテラシーが高いネットの世界では、主に保守層から称賛されているようだ。こんなことを言うと読者から叱られそうだが、人選があまりにあからさま過ぎて、わざわざ反安倍陣営に攻撃の的を与えたように思え、なんとなく私は、これを上手な人事と褒めちぎる気にはなれない。しかし、広く共有されるNHKの反日体質を考えれば、大鉈を振るうべき組織であることは変わりない。ここは、恣意的人事と批判されることは承知の上で為された人事と受け止めることにしたい。当然、人選自体は支持する。

 NHKが如何に反日的であるかは、多くのブログで書かれ、広く共有されている。最も槍玉にあがるのは、NHKスペシャルシリーズ「JAPANデビュー」だ。特に、2009年4月に放送された、日本統治時代の台湾について採り上げた「アジアの“一等国”」は、捏造、歪曲を存分に駆使した偏向番組のNHKによる反日放送の象徴だ。NHKの反日姿勢はそこから始まったわけではないが、JAPANデビューが守旧メディアを問題視してきた人々の心に火を付けたことは間違いない。

JAPANデビュー アジアの“一等国”

 JAPANデビュー以外で、NHKが如何に反日的であるかを示す一例を紹介したい。時は平成14年。第六十九回日本ダービーの生中継での出来事だ。

 開会式で国歌が流れる間中、NHKのテレビカメラは馬の尻を写しつ放したつたと云ふ。(中略)
 いくら反日反皇室のNHKでもまさかそんなことが、と半信半疑な気持ながら、何とか日本ダービー中継のNHK総合とフジテレビのビデオを入手。NHKのビデオを見て驚いた。「場内ではオペラ歌手・塩田美奈子さんの「君が代」(『国歌』ではない)独唱です」と福澤浩行キャスターの声。ところが、マイクの前に立つ塩田さんの姿が映り、最初の二小節を歌つたところで、何者かの指示によるのか、突如カメラは場内から馬の待機場所に切替り、足慣らしをしながら一列縦隊で進む馬の背後から尻を次々と撮りまくり出した。タニノギムレット、ノーリーズン等々十八頭の出場馬の尻のオンパレードだ。国歌が終わるまでこれが続く。独唱者の表情、会場の風景など他に流すべき映像はいくらでもあらうに、選りに選つて“馬の尻の品評会”とはNHKは何を考へてゐるのだろう。国歌と同時に最も下品な映像を放映することによつて、重ひ切り国歌を侮辱したかつたのだろう。「国家<君が代>なんて所詮<馬の尻>の象徴なやうなものさ」――NHKが国民にぶつけたかつたメッセージはこれだつたのだ。

中村粲先生「NHKウォッチング」
別冊正論 朝日新聞・NHKの大罪」より


このストーリーは、産経抄の名コラムニスト、石井英夫氏がNHKの放送を見ていて激怒し、雑誌正論で「NHKウォッチング」を連載していた国士にして昭和史の大家、故中村粲元獨協大学教授にチクったことで記事になったものだ。NHKの反日メンタリティが実に見事に表わされた事象である。そのメンタリティや体質に、馬の尻放送から10年以上経過した今も何ら変化がないことは、識者や心あるブロガーの日々の洞察力によって証明済みだ。

 週刊新潮(平成25年2月28日号)によれば、NHK職員の平均収入は1185万円(2011年度)だそうである。“みなさまのNHK”は、年収ベースでは決して“みなさまの”などと言ってはいけない組織である。彼等の収入は、視聴者から受信料を徴収してこそ成り立つが、戦後レジームに基くイデオロギーを盛り込んだ反日番組を勝手に作り、放送し、「見たかどうかは関係ない。テレビがあるなら受信料払え。払わないと訴えるぞ」という商売が、“みなさまの受信料”によって成り立っているなら、そんなビジネスモデルは今すぐ廃止すべきだ。

 君が代をバックに馬の尻を延々と映す放送局に、公共放送を語る資格などない。そもそも、サヨクが問題視している長谷川三千子埼玉大学名誉教授や作家の百田尚樹氏などが就任するNHK経営委員は、番組編成に口出しをする権限を持たないが、この人事によって、今後どういう変化が現れてくるのかは見ものである。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/18 07:26 ] メディア | TB(0) | CM(1)
No title
あからさまな反日NHKにあからさまな安倍人事でも今は良いと思います。

南鮮は靖國へ御参拝の国会議員の名簿を入手して日本の国会議員を監視しようと熱を上げていたそうですが、その名簿もNHK職員が作製したものらしい、と聞きます。
「シルクロード」報道などを盾にして「世界で初めて中国大陸にNHKのカメラが入るのを許可された」等と誇り、どれだけ中共にお金をバラ撒いて来たのか?
NHK敷地内に寄生する南鮮報道局の問題もあります。
この際徹底的に「日本国民の皆様の為に」路線を監視し、明確なお立場の方々を入れて当然だと思います。

映像・報道の影響はおろそかには出来ません。

産経もねえ・・・フジには何も言えないのでしょうかねえ。
フィギュア・スケートの優勝者が日本選手の時は国旗を映さない「努力」をしますし、時には表彰式そのものを映しませんのに。
[ 2013/11/19 03:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: