私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  「朝鮮人と同様に、台湾人も日本を憎むべきだ」という余計なお世話

「朝鮮人と同様に、台湾人も日本を憎むべきだ」という余計なお世話

← 応援クリック、ありがとうございます。

 新華社といえば支那国営の通信社であり、私自身は支那の新聞事情はよく知らないけれども、当然ながら支那国内への影響力は大きいはずだ。新華社と名前が良く似た新華経済がどのような存在かも知らないが、この新華経済のある記事に思わず脱力し、かつ嘲笑する以外にない気分を味わってしまったので、備忘録としてその記事を貼り付けておく。

台湾と韓国、日本に対する“大きな違い”はどこからくるのか―香港メディア (新華経済)

香港の中国評論通信社(電子版)は、日本による残酷な植民統治を経験した台湾と韓国が全く違った反応をみせているとする台湾の元外交官の寄稿記事を掲載した。

韓国の朴槿惠大統領は就任から8カ月、頑として日本との首脳会談開催を拒否し続けている。先日は英仏メディアの取材に応じ、「日本が第2次大戦中の犯罪行為を謝罪しない限り、安倍首相と首脳会談を開催しても意味がない」と発言した。

一方、台湾では日本旅行業協会の越智良典事務局長が、日本統治時代に日本人が台湾で鉄道、水利、港湾、発電所などのインフラを建設したことが重点的に書かれた「若者に伝えたい台湾の歴史」「台湾の礎を築いた日本人たち」といった本を発行したことにより、台湾観光協会から感謝状が贈られた。本の出版を通じて日本の若者の台湾への理解を深めたというものだ。

第2次大戦前の日本侵略史を振り返ると、台湾も韓国も同じように日本の植民地だった。日帝は台湾人と韓国人を差別し、搾取した。その一方で帝国植民地の一部として、その強大な国力の先進的な技術を用いて、水利、電力、交通などのインフラ整備も行った。だからといって、同じように差別され、搾取された台湾人と韓国人の史実を打ち消すことはできない。

われわれは韓国観光協会会長が越智氏のような人物に感謝状を贈ることは想像できないし、台湾の政治家が被植民者の政治的立場を頑なに堅持する姿も想像できない。台湾も韓国も同じように日本の残酷な植民統治を受けてきた。にもかかわらず、両者にはこれほど大きな違いが生じている。

国民政府が台湾に移った後、共産党やロシアへの対抗に精力の大半を注いだため、台湾では日本植民統治を批判する余力が残っておらず、人々は徐々に歴史を忘れていった。台湾観光協会が越智氏に感謝状を贈ったりした行為はその代表例といえる。大韓民国には決してできないことだ。


朴槿恵

 その台湾の元外交官という人物の正体を公表して欲しいなと思っていたら、この人物、どうやら台湾の世新大学、戚嘉林(チー・ジアリン)助理教授であるようだ。戚教授は「一つの中国論」の強力な推進者で、李登輝元大統領など独立派への批判で知られる人物だ。その戚が6日、台湾の中国時報に「朴槿恵の抗日の気迫を台湾は見たか」というコラムを寄稿しているので、元外交官と大学助教授という肩書きの違いはあれど、元ネタである可能性が高い。

 支那共産党の威を借りた戚教授が書いたコラムであるから、当然、かつ明らかに、“台湾と朝鮮は日本から等しく差別と搾取を受けた被外国”という結論ありきで書かれている底意がミエミエだ。

 朝鮮人と台湾人が持つ日本に対する感情は真逆と言ってもいい。朝鮮人は日本人と日本的なもの全てに憎悪を抱くようだが、台湾の親日感情は、日本と台湾の間をその距離以上に近付けている。東日本大震災で現れた日本への支援の姿勢を見れば、改めて説明するまでもない。説明するまでもないのだが、敢えて付け加えるとしたら、WBC日台戦における奇跡のお辞儀である。このエントリーの最後に張り付けておくので、ご存じない方はぜひご覧いただきたい。

 最も滑稽なのは、台湾が南鮮のように日本を憎まないのは、「国民政府が台湾に移った後、共産党やロシアへの対抗に精力の大半を注いだため、台湾では日本植民統治を批判する余力が残っておらず、人々は徐々に歴史を忘れていった。」という論評である。笑止千万だ。仮に共産党とロシアへの対抗に忙しく、台湾人が日本の統治に対する憎しみを忘れたのだとしても、そういう台湾人がどうして親日に転換したのかという答えは、どこにも書いていない。やっぱり結論ありきなのだ。ボロを見つけられる前に、自らボロを出すような記事だ。よく大学教授なんてやっていられるものだ。

 南鮮と台湾の違いは明白だ。国を纏めるために反日を共通の価値観とした朝鮮と、日本統治の良い面を素直に受け入れてくれた台湾の違いである。日本の台湾統治だって、全てが良かったわけではないだろう。だが、良い面は良い面として、素直に評価してくれる台湾の人達は、朝鮮族とは違い、真の国際人である。

「東日本大震災の時に支援をしてくれたことを日本人は忘れていません。ありがとうございました」

 侍ジャパンが台湾で強化試合を戦い、試合終了後、東日本大震災の際に台湾から支援を受けたことへの謝意を表すために、球場で「東日本大震災の時に支援をしてくれたことを日本人は忘れていません。ありがとうございました」という横断幕を広げた。非常によいことだ。こういう積み重ねが、友好国との信頼関係を強くする。サッカーの試合で殴り合いのけんかをする特亜2国の報道を聞くにつけ、日台友好の想いが一層強くなる。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/12 07:31 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
台湾の反日は国民党系
台湾を旅行した時、二通りの人がいることに
気づいた。
一方は程度の差こそあれ日本人に対して拒絶反応を示す人たち。
もう一方は、親近感を大げさなまでに示し、日本人を心から歓迎してくれる人たちだ。
当時、前者は外省人、後者は本省人と呼ばれた。
もちろん後者はネイティブの台湾人で、李登輝元総統につながる
民進党系の支持者だった。
方や、国民党系の支持者は台湾ではよそ者。
戦後のどさくさに台湾人を苛烈に弾圧した連中の末裔だ。
同じ中華民国の国民だが、互いに憎しみ合っているのがよく分かった。
この妄想チックな学者は間違いなく国民党系の外省人。
彼らにとって日本人はかつて殺しあった敵。支那共産党に大陸を追われたのも日本のせいだと思い込んでいる精神病患者どもである。
[ 2013/11/12 11:35 ] [ 編集 ]
No title
うろ覚えの学習記憶ですが、台湾は日清戦争の結果日本の領土とされた所謂「植民地」で、お砂糖などの殖産物が日本に利益をもたらしたけれど、その十年以上も後の朝鮮半島「併合」は北の鉱物資源はともかく、南鮮には資源とおぼしきモノはなく不衛生と無法の土地で、唯に日本国民の血税と人智を投入された政策上世界にもあり得ない合併地ですから、人間の感情で言えばむしろ台湾に恨まれる事はあっても南鮮からは感謝雨霰で良いはずだと思えます。

台湾の方々の日本への厚情は、台湾で誠実に働き台湾に無償の情熱を捧げて下さった日本の先人達のおかげですけれど、朝鮮にも同じ様に誠実に極めて根気よく接した日本の先人達がまるで居なかったかのように、或いは悪鬼のように扱われる違いは、素直に現実を認め得る人間性の有る無しではないでしょうか。朝鮮は民族挙げて腐っていると私は思います。

共産思想への対応で精力の大半を注がねばならなかった点は、地続きの北鮮がある南鮮の方が更にで、この「教授」の結論に納得出来る点はありません。

クネさんには任期中全体を通して日本との交渉を拒み続けて戴きたい。
日本国政府は絶対に、捏造貶め歴史に一寸も屈しては護国のために戦った先人に申し訳が立ちません。
[ 2013/11/12 17:54 ] [ 編集 ]
支那人だけには支配されたくない
台湾人(内省人)は、終戦後に日本人が台湾を去った後、毛沢東との内戦で敗れ台湾に逃げ込んだ蒋芥石国民党が、台湾人に対して傍若無人の暗黒支配統治(228白色テロ事件)を長年強いてきた。台湾は「化外の地」と呼ばれ、おおよそ人の住める島ではないと思われていた島だったが、日本統治時代にインフラ整備や教育、医療制度の確立で短時間に近代都市に変貌したが、その成果が今現在の台湾の礎を作ってくれた事実を認識してくれているからこそ日本には友好的なのだと思っています。大陸の共産体制は勿論のこと、白色テロを起こした国民党であれ絶対に支那人の政治支配体制下での国民になるのだけは断固拒否すると心底思っているのだと、私は考えています。日本人に対して友好的で慕ってくれている台湾人に、我々日本人は感謝しなくてはいけない。
[ 2013/11/12 19:37 ] [ 編集 ]
初コメントです。
私の父は昭和17年に、台湾の高雄高校卒業を卒業しました。
高雄高校の同窓会は、隔年で日本と台湾で開催されていると言う話を伺いました。
一度所用で高雄に行く機会がありましたが、父の母校だと言って父の卒業アルバムを持って、高雄高校を訪問したら、校長先生と30分近くお話できましたし、またお土産まで頂きました。
心から感謝、感動しています。また、父が生きている内に一緒に台湾に行けなかったものかと後悔いたしました。
台湾の歴史には、まだ昭和という年号が残っています。それも決して悪い意味ではなく、彼らは日本の統治時代のことを感謝しているのです。
日本は台湾とのつながりを、もっともっと深めるべきです。
[ 2013/12/19 23:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: