私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  皇室行事への出入り禁止という“説教レベル”で幕引きされる山本手紙騒動

皇室行事への出入り禁止という“説教レベル”で幕引きされる山本手紙騒動

← 応援クリック、ありがとうございます。

 山本太郎への処分が下った。皇室行事への参加を認めないという当たり前、かつ、非常に穏当な処分である。かくして山本太郎が演じた大芝居は、完全に山本の勝利で終わったと言っていいと思う。

 先日、会社で冗談半分に、炎上マーケティングについて話していたのだが、山本太郎のやり方はその炎上マーケティングの一種だろう。炎上マーケティングとは、批判や感情的な反応を呼ぶような言動をあえて行うことで注目を集め、知名度向上や売り上げ増に転換させようという商法である。極めて綱渡り的なマーケティング手法ではあるが、炎上によって知名度は飛躍的に上がり、費用はタダ同然だ。簡単に言えば、売名行為の一種である。しかも、参議院にはクビという制度がないため、自ら辞職しない限り、当選から6年間、彼の身分は保たれるのだ。

山本太郎

 問題が発覚した後、山本は「陛下を政治利用したわけではない」と語り、「マスコミが騒ぐことによって政治利用にされてしまう。利用しているのはマスコミだ」と、メディアに対し、カウンターを仕掛けた。自ら炎上を煽ることによって、衆目を集めたのである。調子にのった山本は、朝日新聞の社説を後ろ盾にしてか、「主権回復の日の式典出席や東京オリンピック誘致の際の皇族スピーチも天皇の政治利用ではないか」と息巻いた。自分の無知を、論理破綻も甚だしい持論で煙に巻こうとしたのだろうが、この持論が全く通用しないことを認識した後は、神妙な面持ちで「反省」を繰り返した。よくできたシナリオだ。さすがに芸能人だけのことはある。

山本太郎

 「皇室行事への参加を認めない」というのは、皇室行事への出入り禁止以外の処分は全くなかったということである。私には、これが処分どころか、説教のレベルを超えていないように思える。だが、底意があろうとなかろうと、山本太郎が天皇陛下を政治利用したのは事実だ。国会議員としては、最も慎まなければならない非常識な行為である。この行為が説教レベルで幕引きされるなら、何のための“良識の府、参議院”であるのか。

 結局のところ、山本太郎は炎上マーケティングを成功させたということになる。ただ、「内閣に届けるべきだったそうです。知らなかった、ルールをわかっていませんでした。」という、小学生レベルの非常識な議員の活動を、歳費という税金で負担しなければならないのは、悲哀以外の何ものでもない。国会議員に対しても「リコール制度」が必要なのではないかと、真剣に考えさせられる、山本太郎手紙騒動である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/11/09 08:12 ] 社会問題 | TB(0) | CM(5)
No title
こんな事の積み重ねが参議院無用論に力を与える、と初めて真剣に思いました。

ご本人は「思慮深さが足りなかった」と仰った様ですが、これでは謙虚さの不足をも証明したかったのか?おかしな日本語です。
正しく「思慮が足りない」と仰って戴きたかった。
[ 2013/11/09 16:22 ] [ 編集 ]
No title
こんにちは。衆議院も参議院も、選挙制度が同じだという事に問題があります。
衆議院は知名度が高くマスコミが支持する政党の候補なら当選の確率はかなり高くなります。
素人でも、ワン・イシューの公約でも当選する可能性が高いのです。
参議院は衆議院を通過した法案を多角的に議論し大所高所から判断するのが役割のはずなのですが、参議院も衆議院と同じようにだれでも立候補できる制度自体が参議院の意味を失わせています。
[ 2013/11/09 16:35 ] [ 編集 ]
再投稿
投稿した後に知ったのですが、参議院の処分を言い渡された後の山本議員は「二重橋で陛下に謝罪している」と記者に言ったそうですが、まったく!
至高のご存在を自らのパフォーマンスに利用することしか頭にないうつけ者です。

ある意味「所払い」処分なのですから、聖域の周辺に近寄るな!
参議院は更なる処罰をすべきだと思いました。
[ 2013/11/10 00:23 ] [ 編集 ]
これも国民の代表
山本太郎には、ちゃんとシナリオライターがついているのだろう。
どうすれば、保守層が騒ぐかよく承知している。
まったく分をわきまえない不愉快な男だ。
この品性下劣な三流芸能人は、国民が選挙で選んだ国会議員だ。
政治家は選挙区民を映す鏡だ。
山本を当選させたヒッピーたちの程度を考えれば今回の行動もあまり驚きは無い。
1回目は許してもらえる。
だが2回目はどうだろう?

世の中のためにも山本の今回の行動は無視するのが一番いい。
所詮本業では何も成し遂げられないなんちゃって政治家だ。騒がれてなんぼという魂胆がみえみえの実に惨めな男だ。
原発をゼロにできるのは、山本太郎ではない。小泉元総理でもない。
現在黙々と廃炉作業に従事する技術者と、いつか人類が放射能を炭酸ガスにでも変化させることを夢見る研究者たちだ。
100年後かも知れないが放射能の被害を取り除く科学が確立されれば状況は劇的に変化するだろう。
そのためにも原子力関連の研究は放棄したらだめだと思う。

一方山本太郎は何もできない。
ただ、彼に力はなくともある意志が結集されれば日本の伝統的な振る舞いや有り様がいとも簡単に消え去り不快感だけが残ることがよくわかった。
それは得体の知れない人間の象徴山本太郎が今回の件でしっかりと示してくれた。
もう一度いうけれど、この男は残念なことに国会議員なのである。


[ 2013/11/18 23:29 ] [ 編集 ]
No title
山本太郎氏はこの国の将来(国体)を憂いているのだと思います。巨大な拝金主義的な利権に勝てる算段も乏しく、藁にもすがる思いで憂いているのだと思います。
氏も皇室のこれまで脈々と続く伝統、神々しい力、何より日本を守りたい一念で行動したものと私は愛国の一つの形と捉えております。
中核派と連帯とか一部で言われておりますが、脱原発に右も左も無い。と思う訳でも有ります。煮湯を掛けられて熱いと思うのは左翼も保守でも同じ。
•••ただ左の一部の方でこれ見よがしに叩く為の口実で脱原発を唱える人がいるようで残念ではありますが。
[ 2014/01/08 11:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: