私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  南朝鮮に与えてはいけないのは「金と譲歩」

南朝鮮に与えてはいけないのは「金と譲歩」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ここ一ヵ月弱における南朝鮮の迷走が止まらない。はっきり言って、やっていることが支離滅裂を極めている。トリガーとなったのは、ケリー・ヘーゲルが来日した際に、日本の集団的自衛権行使に賛意を示したこと。南鮮の迷走は今に始まったことではないが、その迷走はこの時点から一層加速する。

 青山繁晴氏の解説によれば、反日+親中路線を鮮明に打ち出して来たことで米国に“叱られた”朴槿恵は、水面下で日本の官邸に関係改善を求めてきているという。それに呼応するかのように、朝鮮メディアも軟化を見せ始め、中央日報には「首脳会談で韓日対立を克服しなくては」というような、朴に安倍首相との対話を促す記事も掲載されるようになった。

 つい一週間前に、安倍首相の靖國神社秋季例大祭への真榊奉納、閣僚の靖國参拝に青筋を立て、「歴史認識を改めない限り対話はない」と怒りの論陣を張り、「右傾化」、「歴史修正主義者」など、あらゆる表現を用いて日本を貶めようとしてきたメディアの変節だ。よほど米国の叱責が答えたのだろう。ところが、そんな微妙な軌道修正と真逆の行動に出る支離滅裂さ。言うまでもなく、南鮮による竹島の不法占拠強化のための軍事訓練だ。対話を求めながらの挑発。朴槿恵の統帥力の無さの一端が見えたということなのかもしれない。

 今回の竹島軍事演習は、今までの南鮮のスタンスとは異なる。李明博が竹島に上陸する暴挙に出た際、李は同島に海兵隊を上陸させると豪語していた。だがその後、その豪語が実行に移されることはなかった。だが今度は、海兵隊の演習参加を見送り、海兵隊よりも先鋭的な海軍特殊戦部隊(UDT)を引っ張り出して来た。南鮮が想定した「(日本の)極右勢力の上陸」に対抗するには勿体ないぐらいのカウンター作戦だ。

 やはり、南朝鮮は日本を骨の髄まで嫌い、敵国として想定しているのである。これに対する日本政府の対応は、「極めて遺憾」の程度。対象国が日本を明確に敵国として見做している以上、遺憾のレベルは既に超えているのではないか。支那はこの成り行きを注視しているはずだ。竹島で軟弱な態度を示せば、支那の尖閣奪取作戦はより現実味を帯びた脅威となる。安倍首相が言う、「法の支配でなく、力による現状変更を試みようとしている」というフレーズは、何も支那に限ったことではないのだ。

 南鮮の水面下での工作のことなど、国民は知る由もない。半島からの首脳会談の要請があっても、それを突っぱねるぐらいのことをやっても構わない。南朝鮮に与えてはいけないのは「金と譲歩」である。それが歴史における最大の教訓である。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/10/26 11:15 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
No title
今までの日本政府の特定アジア(米国)への『配慮』が間違いです。

言うべきことは、言わないといけない。
[ 2013/10/26 13:33 ] [ 編集 ]
我が国民が目覚めないと領土奪還は永遠に出来ない
南鮮に関しては、小生の持論は不変で結局戦争しか無いと思っています。その前段階は何通りか考えても良いでしょう。例えば経済封鎖や国交断絶などですね。

だから、国民の常識が『戦争だけは止めとこうよ』みたいなレベルではどうしようもありません。こういう大人が戦後代々先送りにして来たから、支那・朝鮮兄弟の横暴を許しているのです。

普通の、偽装でない、土着の、反日黄痴害でもない、真っ当な日本国民なら、誰だって戦争は嫌でしょう。でも、それではいつまで経っても普通の国になれないし、世界からも『日本人は変な憲法をいつまでも崇めてるから』と陰で思われ、頼りにされない、『ピーターパン国家』として認知され続けるでしょう。

南鮮討つべし!これしか無いのですよ、とどのつまり。そして、本来『南鮮』の所に、支那が入ったり、北鮮が入ったり、露助が入ったりするのが普通の国です。我が国では、携帯電話は幾らでもガラパゴスで宜しいが、外交関係では絶対にガラパゴスではいけないのです。
[ 2013/10/26 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: