私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  断じて言うが、南朝鮮に嫌韓デモを批判する資格などない!

断じて言うが、南朝鮮に嫌韓デモを批判する資格などない!

← 応援クリック、ありがとうございます。

 あの、後世の笑いもの(現世でもそうなのだが)となった盧武鉉以上のスピードで反日姿勢を鮮明にする朴槿恵大統領だが、就任1年目からこのスピードだと、先が思いやられる。南朝鮮の大統領は、政権末期のレームダック状況に陥ったときに反日カードを利用するという不文律があったのだが、今から反日カードを切っていたら、この先どうするのかと、逆に心配したくもなる。そういえば、四半世紀も前に大統領の座を退いた全斗煥に対して、“全斗煥追徴法”なる法律ができ(正式には「公務員犯罪に関する没収特例法」)、全一族に対する未納追徴金特別徴収チームが発足したそうだ。南朝鮮の過去の政治リーダーの末路はかくも憐れだ。朴槿恵も今から引退後のことを心配しているのだろうか。

 その朴槿恵は、ソウルを訪れた民団の呉公太団長と面談し、相変わらずの反日ぶりを晒した。

「歴史に逆行する言動」 日本政治家を朴氏批判

 韓国の朴槿恵大統領は28日、日本との関係について「一部の日本の政治家による歴史に逆行する言動で、韓日間の対立が続いており、残念だ」と述べ、日本側が歴史問題での姿勢を変えるようあらためて求めた。在日本大韓民国民団(民団)の代表団と会った席で述べた。
 民団側が、ヘイトスピーチ(憎悪発言)を伴う日本でのデモで在日韓国人が苦境にあると訴えたのに対して、朴氏は「正当化できない行動で日本政府に解決を求めている」と述べた。大統領府と民団中央本部の呉公太団長が明らかにした。
 朴氏は「日本の政治指導者らが歴史を正しく直視し、(韓国)国民の傷を癒やす勇気あるリーダーシップを見せることで、韓日で未来志向的な協力ができるよう望む」とした。(共同)


 批判を恐れずに書くが、私は新大久保界隈で行われる嫌韓デモに関しては否定的な立場だ。主張に賛同する部分もあるけれども、あの表現方法や手法で多くの理解や賛同が得られるとは思えない。何かをプロテストするなら、それがより広い範囲で合意形成を得らことを目的とするべきだと考える。もちろん、有田ヨシフやしばき隊なる集団が正真正銘のクズであるという認識には全面的に共感する。

 ただ、ひと言だけ言わせてもらえれば、南朝鮮にあのデモを批判する資格など、明らかにないということだ。日本を批判する時、南朝鮮は必ず自分のことを棚に上げる。この傾向は政治、メディアに共通し、かつ一貫している。今までに彼らが日本を批判する時に犯して来た蛮行は数知れない。国旗を焼くことなど日常茶飯事。日本の政治家の首を刀で切り落とすパフォーマンスもあった。トラックが日本大使館に突っ込み、日本の国鳥であるキジを殺し、その血を旭日旗に塗りたくる。最も許し難いのは、天皇陛下への侮辱的行為だ。

朝鮮人の蛮行(安倍首相)

朝鮮人の蛮行

朝鮮人の蛮行(キジ)

朝鮮人の蛮行(陛下への侮辱的行為)

 最後の写真など、国際紛争(≒戦争)の引き金になっても不思議ではない蛮行の記録だ。米国に建てられた慰安婦碑なるものは、これらの行為と同根だと考えている。彼等は国内における振る舞いには抑制を効かせる必要性を認めないが、海外であれをやるとさすがにマズいと見ている。従って、形を変えたヘイト行為があの慰安婦碑なのだ。

 彼等は日常的にこういうことをやっていて、それでいて、日本の嫌韓デモだけを批判するのだ。日本には「人のふり見てわがふり直せ」という諺があるが、朝鮮半島にはそれに類した訓えがないか、もしくは、反日であれば何でも許されるか、どちらかとしか考えられない。

 国家間関係は、国の大小を問わず、基本的には対等であるのが基本だ。ただ、彼らがこういう行為を止めない限り、私は朝鮮人のことを蛮族だと言い切るし、南朝鮮は度し難き劣等国家だと断言する。南朝鮮民族の傷を癒やせと要求する大統領は、「加害者と被害者の立場は千年の歴史が流れても変わらない」と言った大統領と同一人物だ。つまり、彼女には二国間のわだかまりを解決する意思がないということであり、言い換えれば、「日本には少なくとも1000年はたかるぞ!」という宣言だという解釈も可能だ。私は1000年も生きられないから、生きている間は、彼の国との断絶を望む。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/08/30 07:26 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
南朝鮮は人間の国ではない???
 良く行儀作法の悪い人間に対して犬・畜生以下との表現を使うことがあるが、犬・畜生と言えども大切に扱ってくれた人間には感謝し忠犬ハチ公のように銅像になったりできる。
 しかるに韓国は明治以降日本が献身的ともいえる貢献をしたにも拘らず恩を仇でかえす恩知らずの国である。犬・畜生に比較するのは犬に対して失礼である。
 まさにダニとか寄生虫が比較対象として妥当であろう。
 大統領や国連事務総長の発言やら常軌を逸する発言のオンパレードであり、もはやどうすることもできない。日本はこれまで大人の対応とか称して相手を放置してきたがその結果が現在の二国関係を生み出している。
 目には目を歯には歯をではないが外交においては、倍返しのスタンスで望まねばならない。大人の対応とは売国奴の気持ちであることを承知したい。
 新日鉄に対しては支援する意向を政府は表明したがメリハリをつけた対応に期待したい。話せばわかる相手とは文明国があくまで対象である。特亜3国は文明国ではなく無法国家である。
[ 2013/08/30 12:53 ] [ 編集 ]
No title
新大久保での嫌韓デモに関しては、保守層の間でも賛否が分かれているようですね。
私自身は、彼らを非難する気はないし、むしろ共感的です。
彼らの言動をヘイトスピーチ等と非難している輩もいますが、その前に南朝鮮における、無礼極まりない下品な行為を非難した上でものを言えよって感じです。

但し、私自身はあのデモに参加しようとは思いません。拉致被害者救済や、頑張れ日本のデモや日の丸行進には参加しましたし、これからも機会があれば参加しようと思っていますが。

今後、新大久保でのデモが、国内でどのような影響を与えていくのでしょうか?
あるいは、外交上有利になるのか不利に働くのか(勿論、どう活用するかによるのでしょうが)、正直よくわかりませんが、大いに関心はあります。

はっきり言えることは、あのようなデモであっても、犯罪行為ではない限り、抑制するような動きには断じて反対すべきだということです。
これを抑制するなら、反日的な言動をしている左翼デモやマスコミ報道等全て抑制すべきということになります。抑制すべきという人には、このことを前提に議論していただきたいものです。
大抵、こっちはダメだが、そっちはOKというダブルスタンダードを平気で主張するインチキな奴が多いので困りものなのですが。
[ 2013/08/30 14:42 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/08/31 04:02 ] [ 編集 ]
No title
日本人が日本の土地に居てデモする事に他国政府が何を口出し出来るのでしょう?
新大久保のデモが、こうした敵側の付け入る隙のない様に、理論でも表現でも充分に吟味して賢く行動して戴きたいと思います。
決してヨシフ輩に塩を送る様な愚かな言行はなさらないように。

自国の反日デモ・生き物虐殺パフォーマンスを棚に上げて、クネや民団が日本に抗議など、厚かますぎます。

中央日報日本語版29日に、
南朝鮮の国会北東アジア歴史歪曲対策特別委員会委員長なるものが、靖國に参拝した国会議員の名簿を入手したと明らかにした。とありました。
春の例大祭参拝168名、八月十五日の102名の内の大多数の名簿だそうです。
開いた口が・・・罵倒あるのみ。
[ 2013/08/31 04:45 ] [ 編集 ]
仰るとおりです
以前からあれらの国の異様さを感じてはいました。しかし、新聞もテレビも中韓には寛容な姿勢ですし、日本は戦争責任があるのだから仕方ないと思っていました。
しかし、最近になって、たとえ戦争がなかったとしてもあれらの国とは決して仲良くなれないなと実感してます。
特に天皇陛下への侮辱は千年経っても許せません。
何というか、見苦しいとかカッコ悪いとか恥ずかしいという概念の無い民族なのですね。民主主義国家じゃないです。
大統領も小学生程度の教養しかない国なんだと最近わかってきました。
私は政治的なことにあまり関心の無いフツーのサラリーマンですが、すっかり嫌韓になりつつあります。
ドコモの店員にはモーレツにGALAXYを勧められましたが、こうなるとサムスンなんか買う気にもなりません。
[ 2013/08/31 08:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: