私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  護憲勢力の結集を歓迎する

護憲勢力の結集を歓迎する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 村山富市という元政治家、89歳というからかなりのご高齢である。政界を引退してから13年もの時が経つが、村山談話という“悪しき遺産”ゆえに、村山の名前が忘れられることはまずない。これだけ国と国民の名誉を傷つけておいて、桐花大綬章を授かるのだから、日本の褒章制度も考え直した方が良いと思うくらいだ。

 兎に角、この村山富市が政権を担っていた1994年から1996年の約1年半、とりわけ1995年は、我が国にとってまさに暗黒の年だった。1995年に起きたことをざっと列記すれば、こうなる。

1995年1月 阪神淡路大震災
1995年3月 地下鉄サリン事件
1995年6月 不戦決議
1995年7月 アジア女性基金発足
1995年8月 村山談話発表

 このうち、大震災は天変地異であって、起きたこと自体は村山の責任ではないが、震災後の対応が酷かったために“暗黒リスト”に入れた。地下鉄サリンとて、オウムが政治の弱体化の間隙をぬって仕掛けた事件だとさえ考えられる。村山の最大の罪は、当然「村山談話」ということになるが、妥協の産物である政治体制が、これほどまでに国を貶めることがありえるのだということを、今の有権者は反面教師として覚えておくべきだ。

村山富市

 さてその村山富市だが、安倍首相が村山と対極を成す思想・信条を持っており、村山の遺産である談話を修正、もしくは否定しようとする姿勢があることから、最近はご自身の老体に鞭を打って、メディアにも頻繁に名前が出るようになってきた。そして昨日、大変“印象的”なことを公言した。

村山元首相「社民は先がない」 解党し護憲勢力結集促す (朝日新聞デジタル)

 社民党の村山富市元首相は18日夜、野党再編について「社民党はこのままいっても先がない。党派にこだわらず、憲法を守らないといかんという者は結集すべきだ。社民党が火付け役になって新しい党を作り上げていくことも大事だ」と述べ、護憲勢力結集に向け、社民党の発展的解消も必要との認識を示した。東京都内で記者団に語った。


 村山は今も社民党の名誉党首である。その名誉党首が、「このままいっても先がない」と、党再生の道がないことを断言したのである。極めて現実的な見方だろうと思う。

 社民党は斜陽政党というより、もはや絶滅間際の弱小勢力だ。国会議員は衆参合わせてたったの5名。先月末、福島瑞穂元党代表が、参院選の敗北の責任を取って辞任したが、後釜が決まらず、あの“慰安婦”騒動を起こした又市征治が代表代行の座についている。状況を換言すれば、人材が皆無なのだ。各社の世論調査では、支持率は1%にも遥かに届かない“その他の政党”の部類に入る。こんな党に見切りをつけるのは、極めて現実的な路線と言えるだろう。

 村山が言った「護憲勢力の結集」は、政界再編への歓迎すべき道筋である。私は個人的に、シングル・イシュー・ポリティックスは非常に不健全な政治手法だと思っているが、こと憲法イシューに関しての対立構造は、政治を極めて理解しやすくする。もともと憲法に対するアプローチの違いは、政党を見極める上で非常に有効なのだ。もっとも不健全なのは、憲法に関する姿勢・理念でどっちつかずの曖昧な態度を持ち続け、統一見解を出せない民主党のような政党である。野党の中には「憲法改正の前にやることがある」という、ただの目立ちたがり屋政党もあるが、彼等は原理原則として護憲なのか改正なのかを、はっきり示す責任があるのだ。

 護憲勢力が結集すれば、改憲勢力も力を結集する必要に迫られる。そして、その対立軸が鮮明になり、憲法議論が活発化すれば、逆に憲法改正への道は開き易くなるのではないか。そのような意味から、護憲的左サイドの勢力結集は歓迎すべきと思われる。ひとつはっきり言えるのは、社民党のような落ち目の政党が、護憲勢力の核になることはないということだ。ここは、村山が言うように「火付け役」に徹し、左側の再編を加速化させてもらえれば有難い。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/08/20 07:31 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
No title
護憲勢力の結集、それは政界再編にもつながることであるし、一般国民にも色分けが明確に分かるということで歓迎すべきことです。

公明党などもはっきりこのグループに入るべきでしょう。
[ 2013/08/20 12:16 ] [ 編集 ]
護憲勢力=偽善勢力
護憲勢力とは偽善勢力である
占領憲法は嘘で塗り固められている。
嘘を肯定し、妄想の「平和」を追求する連中は
偽善者集団以外の何者でもない。
[ 2013/08/21 14:30 ] [ 編集 ]
たしかに
 護憲を旗頭に結集してもらったほうが、護憲を選挙で明確に否定できるので、望ましいと思います。
[ 2013/08/22 20:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: