私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  メディア >  マスコミが欠く、「自らも国家発展の一翼を担おうという使命感」

マスコミが欠く、「自らも国家発展の一翼を担おうという使命感」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一昨日書いた麻生副総理のナチス云々の発言に関しては、共同、朝日らのマッチポンプ・メディアによる言葉狩り報道によって、誤解が誤解を生む結果となった。副総理は昨日、発言を撤回したが、撤回する必要などない。この発言撤回を受け、昨日の「ザ・ボイス そこまで言うか」に出演した青山繁晴氏はぶちキレた。当然ながら副総理にぶちキレたのではなく、メディアに対して痛烈な批判を浴びせた。

リンク: 2013/08/01 ザ・ボイス 青山繁晴 ニュース解説 (Youtube)

 一昨日書いた記事が恥ずかしくなるほどだが、青山氏の解説は核心を突くものだ。要約すれば、こういうことだ。

 麻生発言の真意とは、ワイマール憲法を民主主義を使ってナチス憲法に変えたあの手口を反面教師とし、そういうことが起きないように、憲法改正も静かな環境でやるべきだというのが麻生発言の趣旨である。ところがマスメディアは、意図的としか考えられない手法で、その手口を安倍政権も参考にして憲法改正をやろうとしていると報じている。


 昨日のテレビ朝日、“反日”ステーションは、この件をトップニュースで伝えた。解説委員は、麻生さんは首相、外務大臣を歴任し、今は副総理であるにもかかわらず、失言癖が治らない。安倍総理の任命責任にもかかわるというような、安っぽい論調を述べていた。朝日新聞に至っては、わざわざ人権サヨク団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」までコメントを取りに行った。炎上させようという意図がミエミエだ。

 麻生発言が出た29日の国基研の研究会で、自民党の西川京子氏が、「マスコミが反権力であることは構わないが、最大の問題は、日本のマスコミの多くが反権力ではなく“反国家”だということだ」という、至極まっとうな発言をされた。会場で拍手が湧いたのは言うまでもない。

 この「マスコミ=反国家」という構図は、戦後民主主義にずっと巣食ってきたものだ。いわゆる戦後体制の主要部分だ。このことを思う時、私は常にある言葉を思い出す。以前にも書いた、故中川昭一氏が書かれた論文の一節だ。

「マスコミの潜在的良心に対するわが期待」 月刊正論(平成20年11月号)

 意外に思われるかも知れませんが、私は日本のマスコミの可能性と、潜在的な良心を信じています。私とはしばしば衝突する朝日新聞ですら、日本の再建にとって必要な存在になるはずだと考えている。実際、夜討ち朝駆けで寝る間もないぼど取材に励んでいる記者諸君の熱意には頭が下がるし、彼らと議論すると、国を思う心情にハッとさせられることも度々あります。
 ところが彼らが書いた記事を読むと、途端にがっかりさせられる。こちらの本意がちっとも伝わっていない。時には、一体どこの国のマスコミだろうと首をかしげたくなることもある。今のマスコミには、自らも国家発展の一翼を担おうという使命感が、希薄なのではないでしょうか。
(中略)
 冒頭で私は、日本のマスコミの可能性と、潜在的な良心を信じていると言いました。より正確に言えば、信じなければならない、ということです。マスコミが世論を喚起してくれなければ、どんなに優れた政策を打ち立てようとも、この縮こまった状況を打開できませんから。
 目指すはオールジャパンの国づくりです。日本が再生できるかどうかは政・財・官・民とマスコミがお互いに緊張関係を保ちつつ、協力していけるかどうかにかかっています。むろん、政府の言いなりの報道をしろといっているわけではない。健全な民主主義を維持するには、国家権力と対時し、その暴走を食い止める独立した言論機関が不可欠です。マスコミが自ら国家発展の一翼を担おうとする気概をもち、民主主義国家にふさわしい、自由で、闊達で、誇り高い言論の場を創りだしてくれるなら、それだけで日本は、より高く飛翔することでしょう。

拙エントリー「故中川昭一氏の遺言 ~ マスメディアに対する期待(そして恐らく…落胆)」より

中川昭一

 中川氏は、マスコミからのバッシングを受けながらも、マスコミの良心を期待していた。亡くなる1年前の論文であるから、あのローマでの会見、バチカン美術館での偽装されたトラブルから起こったダイバッシングの前である。その時期になぜ、中川氏がこのような論文を書いたかというと、朝日新聞が歪曲した「NHK番組改編問題」や、農水省会見室での日の丸掲揚騒動など、マスコミの執拗な批判を受けていたからである。

 マスコミの良心など、本当にあるのか。勿論、マスコミと一緒くたにして語るのは乱暴かもしれないが、日本の多くのマスコミに良心の欠片も見えず、ひたすら反国家を貫く姿勢があることは否定できない。中川氏が言うように、第四の権力と言われるマスコミに求められるのは、例え立場が反権力であろうとも、「自らも国家発展の一翼を担おうという使命感」だろう。

 だが、今回の麻生バッシングで図らずも露呈したのは、彼等のスタンスが相変わらずの反国家(反日)であり、国益など微塵も考えていない実態である。サヨクマスコミが淘汰されるか、もしくは土下座と懺悔をして出直さない限り、彼等は多くの国民を敵に回すことになる。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/08/02 07:35 ] メディア | TB(0) | CM(5)
No title
Dear Sir/madam,

I am Japanese. I believe that you misunderstood Aso's comments and so, I am sending you this message to explain correctly what Aso said:
Aso's comments don't promote Nazi's method. However, he wants Japanese people to learn from its method.
If you can read and understand Japanese language/characters correctly, you will completely understand what Aso's comments are all about.
The mass media in Japan is being controlled by Korean and Chinese sponsors. Thus, those sponsors are under Korean and Chinese government.
Aso mentioned that if we amend the Constitution we should do it peacefully and silently. However, the mass media wants to ruin Japan’s image and credibility.
Therefore, the mass media twisted Aso’s comments and people are fed with this propaganda.
Unfortunately, many Japanese people do not know Jewish culture, but almost all of us want to create a good relationship with Jewish people.
Please understand Aso’s comments and do not be misled by the mass media.
Thank you for spending some time reading this letter and I hope you will have a good understanding of what Aso said.

Sincerly


西村幸祐 ?@kohyu1952 1分
【急募!英語が達者で不正を憎む方】
共同通信と朝日新聞が麻生財務大臣の発言を全く正反対にねじ曲げて、反ユダヤ主義のナチズム礼賛の謀略宣伝を行ったと以下にメールして下さい。
Home | Simon Wiesenthal Center http://www.wiesenthal.com
[ 2013/08/02 09:12 ] [ 編集 ]
No title
中川昭一氏と言えば、読売越前谷。
越前谷はNYから日本に戻っているようですね。
今回の麻生さんの記事も読売が曲解した掲載しているようで、自民党内の麻生降ろし連中と結託しているような
不穏な悪意を激しく感じています。

安倍総理が菅官房長官に指示して発言の撤回を促したという報道が事実ならば残念です。
このような時小泉流に毅然と、何が問題なのか?日本語のわかる人が全文聞けば理解できるだろうに、都合よく切り貼りして捏造するなと政府側がフォローしてあげるべきだと感じます。
あたふたと変な言い訳をせず、はっきり麻生さんの意図を代弁してマスコミ捏造ゆるさねぇぞと言うべきです。
あんた達みたいに、言葉狩りを大勢でやって、熱狂した一時の感情で 物事を推し進めると、自分たちの首を絞める結果となる。民主主義の考え方は良くても、手段や運用で道を間違うことにもなり、冷静に考えて動かなければならない。今すぐ改憲を!と言う人も落ち着いて欲しいという麻生さんのお話をそのままマスコミに言いかえる位のセンスを持ち合わせて頂きたい。
まぁ一言、正論を言ってるのに難癖つけるのは
ヤクザと朝鮮人の言いがかりと同じ、
何も問題なしと言って頂ければ良いんですけど。

しかし与党になってからの自民党には結構不満があります。自民党の内諾も得て、参議院の副議長に輿石が内定したようです。
それを評論する産経新聞の記事(概略)に
「(自民党はそんな人物が)皇位継承の順序変更にも関わる皇室会議メンバーでもある副議長になる事を抵抗もせずに認めるのか…」
この手の甘さが後々禍根を残すはず。

それにしても大好きな中川昭一氏のお話は、涙が出るほどうれしかった。一番最初に好きになった政治家で絶対総理になって頂きたかったし、奥様は世界に誇れるファーストレディだとず~っと思っていました…。ただただ無念です。
掲載ありがとうございます。
[ 2013/08/02 09:24 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/08/02 13:01 ] [ 編集 ]
No title
思想的に成熟した国々では、国を想う故の左であり保守であり、論争も聴くに堪えるもので、有権者もしっかり選択する事が出来ます。
自国を貶めようとする言を発した途端に集中砲火を浴び兼ねないのが普通の国です。

対して、日本のサヨクはあくまでも「自国に悪しかれ」一点のみ。日本をよりよい方向にしようとする気配は毛程も感じられません。

第一次安倍内閣そして麻生内閣の実際の功績を只の一つも認める事なく国民に伝えもせず、公的立場にある筈のマスコミはこぞってこの二つの政権を叩き潰すに懸命で結果、日本の歴史から消してしまいたい民主党政権三年半を出現させました。

中川さんは真の日本武士ですから、あんなに悪意丸出しし続けられても、物事や人や企業の在るべき姿に望みを掛け、人間の性善説を信じて居られたのでしょう。
政治家として必須の条件を備えられて居たと、今更ながら惜しく想われます。

中山成彬議員のtwitterにも<朝日の若い人達と話すと彼らは充分分って居ると感じる>とありました。
個人的には事の善し悪しや問題の核心を理解しながら、翌日の記事にはそれが何処にも見当たらない、ということは報道社そのものが病巣で有るわけで、まともな若い人を蝕む会社が社会に存在して良いものではないと思います。
報道社も一般企業と同じ社会待遇が必要だと思います。国家の税収面でも有益かと。
[ 2013/08/02 16:57 ] [ 編集 ]
No title
共同通信と朝日新聞の書いた記事は日本の麻生財務大臣の発言を全く正反対にねじ曲げて引用した反ユダヤ主義のナチズム礼賛の謀略宣伝である。

The articles written by Asahi Shimbun and Kyodo News are conspiracy propaganda Nazism cult of anti-Semitism that was cited contorted quite the contrary remarks Aso Finance Minister of Japan.


ユダヤのセンターのメルアド
information@wiesenthal.com


http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/387e17eff5d9eab69fd36520c0adccf1
[ 2013/08/02 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: