私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  日本を取り戻す戦いは“脱公明党”から

日本を取り戻す戦いは“脱公明党”から

← 応援クリック、ありがとうございます。

 安倍首相が、6年前の参院選惨敗のリターンマッチに挑み、見事に圧勝した。特に、1人区では31戦29勝。勝率93.5%という見事な勝利である。かたや、民主党は1人区をひとつも取れず、強みであった大都市圏でも大苦戦だ。とりもないさず、民主党が二大政党制の一翼を担う資格がないことの証明だ。有権者が民主党の正体を見破るには、3年3ヶ月という時間は十分だったということだ。投票率の低さは憂うべきだが、有権者は4年前より少し、賢い選択を出来るようになった。

安倍晋三



 自分が推した中山恭子先生の当選も嬉しかった。地盤を持たない維新にあって、大変気をもんだが、結果としては盤石の勝利。実績から見ればごく当然の結果なのだが、橋下発言が招いた逆風の中での選挙戦だから、最後まで安心できなかった。背景の日の丸が良くお似合いだ。

中山恭子先生

 生活の党は、文字通りの惨敗である。舞台にも上がることすら、民意が拒否した。党本部の会見場には、50席用意した記者席の半分も埋まらなかったそうである。小沢一郎の終わりの始まりだ。

 自公連立政権は過半数を確保し、ねじれは解消された。6年前の参院選でねじれを生み、政権運営が立ち行かなくなった安倍首相にしてみれば、これでようやくスタートラインに立ったということだろう。

 しかし、日本を取り戻す戦いは、まだ始まっていない。政権与党の一角には、安倍政権信任によって漁夫の利を得た公明党が、我が物顔で居座っている。公明党は、安倍カラーに対する抑止力を自認している政党だ。安倍首相が本当に日本を取り戻す気概を見せるのなら、公明党との連立など、百害あって一利なしであることは言うまでもない。

 安倍自民は、民主党保守派の引き剥がしに着手すべきだろう。自民、維新、みんなの改憲勢力は、参院の3分の2には至らなかった。ならばやるべきことはただひとつ。他党に手を突っ込んででも、3分の2を形成することだ。公明党との連立を解消しなければ、日本を取り戻すことはできない。

 山本太郎や沖縄の極左連合の勝利、社民党の1議席獲得という誤算はあったものの、総じて、歓迎すべき選挙結果だった。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/22 07:33 ] 政治 | TB(0) | CM(11)
自民党&真正保守大躍進おめでとう!!!
 昨日は岡崎×、森×、武見○に伴う東京からの民主0を見届けてから寝ました。中山恭子さん、赤池まさあきさん、衛藤せいいいちさん、有村はるこさん等真正保守の皆さんが低投票率という(選挙の大切さについて日教組は何を教えているのか?)組織政党にのみ有利な環境の中で見事当選をなしとげられました。
 まさに真正保守ブログ主さんたちの発言により多くの日本国民が納得して行動してくれたお陰でしょう。
 NHK、TBS、朝日、毎日、中日等所属国籍が理解しにくいマスコミ報道の中、自民の圧勝ということは正にこれから日本が間違いなく正道を歩んでいけるスタートラインにたったと言うべきでしょう。
 安倍政権の課題は山積していますが、じっくりと取り組んでいかれる状況を見守りたいと思います。
[ 2013/07/22 16:02 ] [ 編集 ]
No title
TPP参加は売国なんだけど、
ここは自民党マンセーの偽装保守なんだね。
[ 2013/07/22 17:23 ] [ 編集 ]
No title
>目には目を

私のささやかな批判に対してもヒステリックに喚き散らすだけですから、言っても多分聞く耳持たないでしょう。
保守を自称するのであれば、相手の言葉に耳を傾け己を省みるべきなんですが、こはるやlionのようなインポサヨクは知恵遅れというか精薄というかwww
[ 2013/07/22 21:32 ] [ 編集 ]
すす払いさんへ
貴兄には何度も警告しています。
これで最後にしましょう。
私はともかく、他のコメント投稿者の方を侮辱するような書き込みはお止めください。
もし聞き入れられないようであれば、貴兄のコメントはその時点以降、一切お断りします。
[ 2013/07/22 21:51 ] [ 編集 ]
良かった
中山恭子先生
当選おめでとうございます
投票したかいがありました
今回生まれて初めて投票しました
62才の気まぐれ親父です
[ 2013/07/23 00:03 ] [ 編集 ]
No title
全くそうですね。
自民安定で次に要注意なのは、党内の媚中親韓派と公明党が組む勢力が安倍さんの背中を狙い、落とし穴堀りに精を出す病気が再発する事です。

まあ、今の安倍内閣には既に自民党内病の被攻撃体験者がお三人も居られますから、充分に用心はされていると思いますけれど。

投票率が低ければ公明・共産が有利とは分かって居る事なので、自分の選挙区に選出したい候補者が居なくても、どう投票したら選出してはいけない党を阻めるか思考で、投票権を行使するのも楽しいと思います。
[ 2013/07/23 00:40 ] [ 編集 ]
売国奴がまだいる
今回の選挙で残念なのは、社民党が1議席取った事だ、売国奴の集まりだということがわからない馬鹿な者たちがいるのが情けない、
[ 2013/07/23 12:39 ] [ 編集 ]
No title
>私はともかく、他のコメント投稿者の方を侮辱するような書き込みはお止めください。


批判と侮辱をすり替えてまっとうな保守の意見を踏みにじる愚行はお止めください。
私は若い世代の意見の一つとして、傲慢かつ無能な団塊サヨクを批判しているだけですので。
また、批判することが悪いと反発する前に、なぜ批判されるのかを省みるのが人としての正しい姿勢です。それができない、する気もない団塊世代に同調などしてはいけません。
日本をおかしくした団塊世代を批判して初めて、日本を再生させることが出来るのです。
[ 2013/07/23 19:55 ] [ 編集 ]
すす払い氏への反論
まっとうな保守ですか・・・。溜息が出ますね。
まず、保守というのはもっと国語を大切にするものです。
我々の場合は、日本語というものですがね。

さて、貴兄の「批判と侮辱をすり替えて」ということに対し、明確に反論します。
まず、私は管理人として、批判は受け付けないなどと言っておりません。批判を受け付けないのであれば、単にコメントを承認制にすれば良いだけの話です。

貴兄の最近のコメントに見受けられる、批判ではなく侮辱と断定される表現を列記してみましょう。

・~のようなインポサヨクは知恵遅れというか精薄というかwww
・よお、放射能ハゲwwwww
・ところで、~にも放射能ハゲが出来ているんですかwww
・~のような団塊世代のウジ虫

キリがないのでもう止めますが、これは批判ですか?侮辱ですか?
まっとうな保守以前に、まっとうな国語の教養があれば解るはずです。

> 日本をおかしくした団塊世代を批判して初めて、日本を再生させることが出来るのです。

6月22日に、レイチェルさんから貴兄への書き込みがありました。

> 団塊世代をまるごとひとくくりにして、悪口としか取りようがない
> コメントを書くことに、何か喜びでも感じておられるのでしょうか。
> それは日本的なものに対して条件反射のように反日を叫ぶ、どこかの国の
> 民族性と同じだと、どうして気付かないのでしょうか?(改行位置訂正)

貴兄はこのコメントはスルーしましたね。
私はこのレイチェルさんのコメントは、非常に的確だと思っています。
貴兄が批判として書き込んでいることの多くは、批判ではなくヘイトスピーチです。

貴兄が団塊の世代を憎悪することは、貴兄の勝手ですから、何も申し上げません。
但し、その憎悪を表現する場合、自分の庭でやってください。
少なくとも管理人として、そのような書き込みは遠慮以前に、拒否します。
ここは私の庭です。
コメント投稿者は、私のゲストです。
そのことを良く認識してください。

繰り返しになりますが、他のコメント投稿者の方を侮辱するような書き込みだと“私が”判断したコメントを書きこまれた場合、今後、貴兄のコメントは遠慮します。
[ 2013/07/23 22:00 ] [ 編集 ]
No title
>他のコメント投稿者の方を侮辱するような書き込みだと“私が”判断したコメントを書きこまれた場合、今後、貴兄のコメントは遠慮します。


団塊世代をマンセーして若い世代を馬鹿にしろということですか?
[ 2013/07/24 22:15 ] [ 編集 ]
すす払い氏へ
> 団塊世代をマンセーして若い世代を馬鹿にしろということですか?

私の書いたことをどう解釈したら、こんなコメントになるのでしょうね。
反論があるなら、明確に論拠を示してください。
貴兄の上記のコメントには、反論か何かしらの返事の必要性を認めません。
[ 2013/07/24 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: