私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  小沢一郎の落日 ~ 政党支持率0.3%という断末魔

小沢一郎の落日 ~ 政党支持率0.3%という断末魔

← 応援クリック、ありがとうございます。

 参院選投票日が今週末に迫る中、仕事に移動時間に興味本位で小沢マンセーブロガーたちのブログを数ヵ所訪れてみたのだが、書いてあるのは、押し並べて自民党の悪口ばかり。民主党や社民党の批判を書いている拙ブログが人のことを言えた義理じゃないが、「自民党の暴走を止めろ」以外に書くことがないのか?とツッコんでみたくもなるものだ。

 この選挙でも全く話題に上らない小沢一郎だが、ニュースになるにはちょっと刺激的なことを言うべきだと考えたのか、久々に香ばしい発言が聞かれた。

安倍首相の国家観批判=小沢生活代表 (時事通信)

 生活の党の小沢一郎代表は17日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、安倍晋三首相の国家観について「私の言うノーマルな国家とはかなり違う。軍事力を強化し、民族主義、愛国主義を政治が鼓舞するのが普通の国ならば、北朝鮮も普通の国だ」と批判した。また、「右寄りの彼(安倍氏)の政治姿勢は国際社会でも信頼を失いかねないし、国内的にも混乱を招く恐れがある」と指摘した。




小沢一郎、生活の党代表

 「冗談でしょ?」と思わず口走ってしまいそうなこのポスターを採用した時点で「終わってる…」と思わせる生活の党だが、良く考えてみるまでもなく、生活を守るという政治姿勢は、どの政党、どの政治家にも備わっていて当たり前のものだ。このスローガンを掲げる時点で、志が低すぎると言わざるを得ない。

 昨日、NHKニュースの報を題材に、生活の党の支持率は社民党の半分程度と書いた。この傾向は、筆者が最も信頼している時事通信の世論調査でも同じだ。社民党が0.6%、生活は0.3%なのである。

2013年7月 政党支持率
政党支持率の推移 (時事通信 7月調査)

 もちろん、この支持率がそっくりそのまま投票行動に通じるわけではないが、政治家小沢一郎の寿命がそろそろ尽きようとしていることの証左ではないか。

 さて、件の時事の記事に話を戻すが、安倍首相の国家観を批判するのであれば、是非とも小沢一郎の国家観をゆっくり聞いてみたいものだと思う。実際のところ、この政治家の国家観だとか政策などをまともに聞いたことがないのだ。まぁ仮に小沢が国家観なるものを持っていたとしても、それは恐らく、かなり左傾斜が強いものだろうと想像する。北朝鮮になぞらえて安倍首相の国家観を批判するのは勝手だが、左側に体重が乗っているからそう思えるのだ。

 国防という明確な意図を持った軍隊を持ち、国を愛する心を涵養する教育を敷くことが普通でないとすれば、全世界の数多の国が異常な国家であるということになる。そんな当たり前のことは、どの国でも行っている。サヨクから見れば、それらのことを政治が鼓舞しているように見えてしまうのだろうが、日本を丸腰のまま維持し、国を卑下するような教育を維持することが生活の党の党是なのであれば、彼等は紛れもなく、日本憲政に不要なサヨクである。

 小沢一郎は、保守本流と言われた自民党佐藤派を継承した田中角栄に可愛がられ、若くして自民党幹事長にまで登りつめた。その系譜から、小沢一郎を保守政治家だと勘違いする人が今でも多いようだ。だが、断言するが、それは大きな間違いである。

 小沢の場合、保守であるかどうかを図るリトマス試験紙は、日米同盟だ。彼の数少ない政策のなかのひとつが、国連至上主義だが、これは危険な思想なのである。真っ当な考え方だと勘違いしている人のために書いておくが、実は国連主義というものは、実は、日米同盟との対立軸なのだ。国連主義とは、国連を軸に我が国の安全保障等を構築することによって、日米関係の比重を相対的に低下させ、我が国に対する支那の関与を増大させるための方策である。日米中正三角形論が飛び出すのも、実はその発想が起点となっていると考えて良い。要は社民党と大差ないサヨク思想なのだ。

 読売の選挙分析報道の結びの文に、「社民党、生活の党は議席獲得の可能性がある」との記述がある。要するに、一議席を獲得できるか否かの瀬戸際だということだ。政党支持率0.3%ならあり得る話だが、剛腕と言われた政治家も、落ちるところまで落ちたということである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/18 07:31 ] 政治 | TB(0) | CM(3)
No title
日本の政治史に詳しいわけではないのですが、田中角栄あたりから、日本には本当の意味での保守っていなかったんじゃないでしょうか。
国益よりも党が政権を取ることが第一、党の中でも自分が権力を握ることが優先。
こういった価値観しかない政治家ばかりだった気がします。小沢一郎はこのような政治屋の代表格だと思います。彼にとって国家観とは自分の権力意地のための道具にしか過ぎないのではないかと思います。
[ 2013/07/18 13:51 ] [ 編集 ]
奥さんに三行半をつきつけられた時から小沢のホンネがばれた。。。
 もう小沢はコメントが無駄な人間だろう。菅元ソーリやら海江田やら民主と同様、東日本の瓦礫と一緒に処分するのが一番良い。
 しかし菅元ソーリにより編成された反日原子力規制委員会により日本の将来を牛耳られている現況からは参院選後早急に脱してもらいたいものだ。
[ 2013/07/18 17:06 ] [ 編集 ]
小沢くん さようなら
植草がどう持ち上げようと実像は社民党にも及ばない支持率1%以下の政党なのだ。

まあ、逆に言えばいままで中身の無い党を凄い党だと膨らませて世間に見せた手腕はあるのかもしれない。

いずれにせよ、小沢の最後の選挙ということだ。
[ 2013/07/18 17:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: