私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  菅直人の唐突な安倍首相告発 ~ 菅の遠心力は民主党の自壊を助長する

菅直人の唐突な安倍首相告発 ~ 菅の遠心力は民主党の自壊を助長する

← 応援クリック、ありがとうございます。

 政治家を評価する際、よく求心力と言う言葉が使われる。求心力とは「他人を引きつけ、その人を中心にやっていこうとさせる力」(大辞泉)という意味だが、現下の政界で求心力を持つ政治家といえば、安倍晋三首相だろう。政治家として一度失脚を経験し、ほとんど前例のない首相返り咲きをやってのけた。発信力も実行力も申し分ない。ただ自民党は、危機にあっては団結するが、安定すると足の引っ張り合いが始まる政党だから、注意が必要ではあるが。威勢のいい頃の橋下徹氏も、維新にとっては求心力だっただろう。いまも立場は党の共同代表だが、かつての勢いはない。一方、政治家の存在自体が遠心力であるケースもある。



 求心力の反対語は遠心力である。拙ブログで遠心力という表現を使って酷評した政治家は何人かいたかと記憶しているが、亀井静香氏などその一例だ。亀井氏といえば、昨年の1月ごろ、メディアで石原(慎太郎)新党結成が取りざたされている時、そのメディアに名前が頻繁に出てきた人物だ。ただ、この人の存在は新党にとって、遠心力となるということを書いた。実際、亀井氏は新党に参加しなかったが、それはそれで結果として良かっただろうと思う。もう一人、小沢一郎という政治屋がいた。小沢も間違いなく、遠心力しか持ち得ない政治家である。昨日のNHKの政党支持率調査で、国民の生活の支持率が0.4%。この数字は、かの“絶対的絶滅推奨種(笑)”、社民党支持率の半分でしかない。

 その亀井氏、小沢氏をも凌駕する存在がある。第94代内閣総理大臣、菅直人だ。菅は昨年末の総選挙で、直近の内閣総理大臣としては初めて、小選挙区落選した。この時ほど、比例復活の制度を恨んだことはない。辛くも議席を得た菅は、その後、恥ずかしげもなく政治活動を続け、今夏の参院選では党執行部の方針をガン無視して、独自の選挙応援を敢行している。菅にとって政策、組織、規律などはどうでも良いことなのだ。あるのは唯一、イデオロギーである。それも極左のイデオロギーだ。

最悪の首相、日本憲政史上最大の汚点 菅直人

 その菅が昨日、“国会内で記者会見し、東京電力福島第1原発事故をめぐり、安倍晋三首相が「菅総理の海水注入指示はでっち上げ」と題したメールマガジンを配信し、現在もネット上で掲載しているのは名誉毀損(きそん)だとして、安倍首相に対し、該当するメールマガジンの削除と謝罪を求め提訴したことを発表した。”(msn産経より)

 参院戦の投開票日まで一週間を切ったこのタイミングでの提訴会見。恐らくタイミングも十分に計った会見だったのだろう。吉田元所長が他界され、言葉は悪いが“死人に口なし”という状況を利用しようとしたのかもしれない。或いは、ひとり勝ちの様相を呈す自民党の勢いをそげば、“功労者”として、党内から再び信認を得られるとでも思ったのだろうか。だが、この男が全面に出ることによって迷惑するのは、自民党ではなく、民主党ではないだろうか。桁外れの低支持率のなか、原発事故を奇禍として自らの延命のみに腐心し、復興を遅らせ、外交を破壊し、ルーピーが霞むほどの醜態を晒した元首相。この遠心力そのものの政治家の話題作りによって、迷惑するのは民主党サイドであるはずだ。菅直人は今、民主党にとって、遠心力以外の何ものでもない。

 菅は安倍総理を提訴したが、心ある国民が本当に訴えたい政治家を名指しするとすれば、それは鳩山由紀夫、菅直人の2名だろう。ルーピーを告訴したところで、彼には精神面に問題があるとの理由で、告発が貫徹されるとは思えない。一方、今も元気に脱原発と自然エネルギー推進を訴え続けるほど元気な菅直人には、刑事責任を問えるはずだ。原発事故の数々の不手際、根拠がない福島第一原発のレベル7認定、「市民の党」という日本人拉致事件容疑者親族の政治団体への献金・・・罪状に事欠くことはない。

 いずれにせよ、この菅による唐突な告発は、自民党候補者より民主党候補により不利に働くと、筆者は考えている。党幹事長の細野は、菅に対して「黙ってろ」と吐いたが、時既に遅し。民主党がひたすら自壊の道を進むのであれば、それはそれとして歓迎すべきことではあるが。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/17 07:31 ] 政治 | TB(0) | CM(2)
No title
恥知らずが人間の皮を被っている様なモノですから、何でもしますね。
自書でも何処でも「海水注入は自分の指図」と書き言いして居るようですから、余程当時の罪を無かった事にしたいのでしょう。
嘘も百編言えば真実に の口で全くアチラ風悪癖。誰が信じるか!

許せないのは確実に、吉田所長のご他界を自分の利益に繋げようとしている事です。
安倍さんのメルマガは23年5月の事ですのに、よくまあ今まで我慢(笑)出来たものですね,アノ瞬間湯沸かし器と異名をとる菅直人(敬称無し)が。

ブーメランが直撃する日も近そうで、期待しちゃいます。
[ 2013/07/18 02:49 ] [ 編集 ]
No title
訂正 
  百編は百遍 です。
[ 2013/07/18 02:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: