私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  参院戦2013: 民主党は消えるべし

参院戦2013: 民主党は消えるべし

← 応援クリック、ありがとうございます。

 民主党幹事長の細野豪志が、今夏の参院選で、菅直人が党が公認を取り消した無所属現職を支援していることに対し、「代表経験者は党運営の難しさが分かるはずだ。しばらく黙っていただきたい」と批判した。この「黙れ」というセリフ、実は菅自身が過去に小沢一郎に対して放ったセリフと同質である。菅は2010年、民主党の新代表に選出された際、小沢に対し、「国民のある種の不信を招いたことで、しばらくは静かにしていただいたほうが本人にとっても、民主党にとっても、日本の政治にとってもいい」と語っている。何故これほどまでにブーメランの名手が揃っているのか。

最悪の首相、日本憲政史上最大の汚点 菅直人



 民主党という政党は、責任という言葉を知らない政党なのである。菅直人は、民主党規約に従い、公正な手続きで選ばれた党首だった。自分たちが選んだ党首がこれほど無残なまでに無能であり、国益という面から真逆のスタンスしか持ち得ない政治家だったことを、民主党は党内で口喧嘩をする以前に、先ず、国民に伏して詫びるべきである。

 1998年に今の民主党が結党されてからの代表の名前を羅列してみる。菅直人、鳩山由紀夫、岡田克也、前原誠司、小沢一郎、野田佳彦、海江田万里。1996年の結党時から見てみても、2012年の下野まで、岡田、前原、小沢のを挟み、この党は菅と鳩山で代表ポストをまわして来た。菅の代表ポスト就任は5回に及び、鳩山は3回。他の代表経験者は1回ずつである。そして代表経験回数では最多の菅直人は、今も党の最高顧問として存在している。その最高顧問に対し、細野は「黙っていろ」と言ったのである。既に政党の体を成していないことを、誰も否定できないだろう。参院選で、有権者に対して政策をアピールするべき時期の、内向きの抗争。有権者にそっぽを向かれるのは必然である。

 この参院戦における海江田の発言で、政策と思しきものは一切伝わって来ない。伝わってくるのは、批判だけだ。海江田は街頭演説で、「全国に公共事業をばらまいて人手不足と建設資材の高騰を招き、被災地の復旧事業を遅らせた」と自民党を批判したが、2011年3月以降の大半の時間を、政権与党として復興の責任を負ってきた政党の代表としては、無責任極まりない批判である。その民主党の参院選のテーマは、「党の存亡をかけた戦い」。あくまで内向きの域を出ない。

 2009年の総選挙で政権交代を果たした瞬間に、この政党の存在意義は失われたと言っていい。それ以降は、惰性の政治である。都議選で共産党の後塵を拝し、この参院戦でも大敗を喫することになれば、民主党の「存亡」は、一気に「亡」のみの方向に向かう。議席を大幅に減らせば、政界再編の軸となることもないだろう。民主党は即刻消えるべし。そのひと言につきる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/14 12:38 ] 政治 | TB(0) | CM(1)
成り済まし集団なので
当人たちはいっぱしの政党だと思っているのかもしれんが、
コイツらは所詮成り済まし政党にすぎない。
偽善的スローガンを掲げ、弱者の味方を装っているが、
無能なくせに単に政治家ぶりたいだけの
浅ましいポピュリズム集団である。
国家理念などなく、日本文明を守る使命など
つゆほども感じたことのない連中だ。
水から発した言葉に責任を持たず、
弱者支援と称し、増税して公金をばらまくだけ。
国力を保つためのエネルギー政策には無関心で
他国の顔色を伺うだけの外交に終始。
仮にも政権を預けられた身で
なぜこうも不人気になったのか
それすらも理解できないノータリンども
議員バッヂをつけさせるほど
日本人有権者は甘くない。
日本人をなめるな! 政治をなめるな!
成り済まし集団なんぞに
生き残られてたまるか!!
[ 2013/07/14 18:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: