私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  史観 >  支那・朝鮮の突出した対日悪印象と、将来に向けた一筋の光

支那・朝鮮の突出した対日悪印象と、将来に向けた一筋の光

← 応援クリック、ありがとうございます。

 ピューリサーチセンターが実施した、「対日観」などに関する世論調査の結果が興味深い。興味深いというか、保温党に面白すぎて、笑ってしまうような結果が出ている。この調査は、日本を含むアジア太平洋の8か国で行ったもので、「対日観」、「日本の謝罪は十分か?」、「安倍晋三首相に対する印象」などを設問としている。結果の面白さは、下のチャートを見てみれば明らかだ。

アジア諸国の対日観
アジア諸国における日本の印象(朝日新聞より)



 あまりにお約束通りの結果が出ているので、報告を原文で読んでみたが、殊更深い分析を掲載しているわけではない。各国のサンプル数は700~1,000程度だが、支那だけは3,000を超えるサンプルを収集している。まぁ、サンプル数が100だろうが、10,000だろうが、結果はさして変わらないだろうが。

 豪州もフィリピンも、東京裁判に判事を送り込んでいる国である。先の大戦においては、悪意を以て日本を断罪する側に立っていたのがこれらの国だ。だが、その時から約70年が経過し、当時日本と対立していた支那(日本は現在の共和国と戦争していたわけではないが)や、日本と戦争をしていないのに戦勝国のように振る舞う朝鮮と、これだけ真反対の結果が出るのである。その要因はいくつもあるだろうが、敢えてふたつだけ指摘しておく。

 支那、朝鮮と、他のアジア諸国との違いは何か。答えは簡単だ。支那、朝鮮は、国策としての反日教育を施しているからである。それでなければ、これだけの明確な違いが出るわけがない。他の設問、例えば安倍首相の印象においても、支那、朝鮮を除くアジア諸国は、概ね好印象を示している。

 もうひとつは、対日劣等感だろう。その劣等感の源泉は、中華思想だと考えられる。自分たちが宇宙の中心であり、漢民族こそが世界で最も優れた民族であるという思想を持つ支那にとって、日本は野蛮で文化的に遅れた国でなければならない。歴史上、支那の属国として成り立つしかなかった朝鮮にとって、自分たちよりも支那から遠い日本は、相対的に自分たちよりも劣っていなければならない。ところが現実はまるで真逆である。例えば、彼等は日本の製品をコピーしたり、模造したりするが、オリジナルなものはつくれない。自分たちが優越しているはずが、実はそうではないという現実が、彼等の劣等感として、日本への反発に繋がっていると思われる。考えれば考えるほど、憐れな民族である。

 実は、この調査にはもうひとつ、希望の光のようなものがある。

日本に厳しい中韓、好意的な東南アジア 米調査結果(AFP=時事より抜粋)

■若い世代に多い「謝罪は十分」「不要」

 日本では、同じ調査で48%が「日本は十分謝罪した」と答え、15%が「そもそも謝罪する必要はない」と答えている。こうした意見は特に若い世代に多く、18~29歳の回答者では「謝罪は十分」と「不要」が計73%に達した。


 この結果は、若年層が無教養であることを意味しない、と私は思う。彼らとて、学校教育の場で、自虐史観を刷り込まれ続けてきているはずだ。教科書の偏向ぶりは、長い間、大した改善を見せていない。彼等が「謝罪は十分」、「不要」というのは、歴史認識の一方通行的な押し付けが、ネット等のメディアによって、客観的に否定されつつあるということではないだろうか。日本はまだまだ平和ボケの中に漂っている。ただ、こういう若い人たちが、偏向教育に惑わされることなく、自分で調べた客観的情報をもとに、真っ当な歴史観を持ち始めたのだとしたら、日本の将来には、まだまだ希望が持てる。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/13 09:07 ] 史観 | TB(0) | CM(8)
No title
特アが反日なのは一種の伝統芸能のようなものなので、むしろ安心できる結果になりましたwww
逆に特アが‘日本への印象は良い’などと答えたら何か企んでいるのでは、と疑問を抱くほどです。


若年層の意識調査については反日がデフォの団塊世代が食ってかかることは想像に難くないですが、廃棄物同然の中古品の寝言など聞くに値しません。
若い世代が時代を作り、動かしていくのですから。
[ 2013/07/13 12:21 ] [ 編集 ]
No title
シナ・朝鮮は論外ですが、謝罪は十分と考えている人の%が一番高いのが日本で、日本のおかげで独立できたアジアの国々でも、謝罪が足らないと思っている%が日本より多いことを奇異に感じます。

外務省は何をやっているのでしょう。
[ 2013/07/13 13:19 ] [ 編集 ]
参院選投票率は上がるだろう!!!
 6/末のあの反日・反安倍政権を貫く毎日新聞の世論調査で比例への自民党投票予測が43%だと言う。今日のブログ主さんのテーマと同様なのだが20代の自民比例投票予定者が60%を超えていると言う。
 おそらく今回の投票率が低めを予想しているのは公明・共産勢力の支援者であるマスコミなのであろう。総務省の6/4,5,6の期日前投票者は前回比30%以上アップだそうだから、前回の投票率を上回るのではないかと期待している。
 若者の本流回帰現象はまさに安倍政権誕生と同様、NHK・朝日・毎日・中日等マスコミがよってかかって反日報道をしても若者の心にはもはや響かないと言うことだろう。
 自身は東日本大震災の瓦礫処理問題で放射能のない瓦礫処理にも反対する勢力を見て、反対勢力はまともな日本人ではないなと感じて行動を起こすことにした。
 ホワイトハウス他への署名活動・尖閣への献金・ちゃねる桜への献金・政治家への献金等々頑張っている方々への支援が大切と感じるようになった。
 参院選の開票が楽しみである。。。
[ 2013/07/13 13:48 ] [ 編集 ]
好かれる方がキモイ
支那やゴキブリには好かれたくない。
好かれたりしたらキモイだけ。
[ 2013/07/13 19:53 ] [ 編集 ]
No title
戦後独立を果たせた国々はともかく、日本人排斥感情の強かった豪州の数字が、日本政府と日本人の努力を適確に表わしている気が致します。

昔観た「南太平洋」というミュージカル映画に、日本軍を小バカにしている場面があって、私のそれまで漠然とした地図上の南太平洋戦地のイメージを改めさせられました。
戦後しばらく経っても豪州の日本人差別は(彼らからすれば当然かも知れませんが)本当に酷くて、現在の対日感情は、ほぼ40年ほど前には考えられない好転です。
それだけ敗戦国日本が努力してきた証拠の一つでしょう。

中朝の歴史改竄反日教育も勿論でしょうけれど、日本から「せしめた」賠償・支援の実態を国民に決して知らせていない事も、この数字の原因だと思います。それも反日教育の一環ではありますが。
[ 2013/07/13 20:35 ] [ 編集 ]
No title
>こはる
>それだけ敗戦国日本が努力してきた証拠の一つでしょう。


アナタのような団塊世代のウジ虫は努力など欠片もせずにただ食いつぶすだけですけどねwwwww
[ 2013/07/14 14:12 ] [ 編集 ]
すす払われ君
君は昨年いくら税金を払ったのだい?
君はきちんと年金を払っているのかね?
君は今年になって何回
無償で世のためにボランティアをしたのだね。


君の世代がこれからの日本を造ると君はいう。
笑止!
確かに君の世代が今後の日本を担っていく。
だが、君のように朝鮮人ナイズされた若者が殖えれば我が国の総合国力は下がり、支那と属邦の半島が
悦ぶだけであろう。



ここは、「短、中、長」と自分なきあとも日本に思いを致し、実際はそこまでではなくとも、いつも敷島人らしい、保守でありたいと日々、願って生きている者の集まる処だ。
もっと勉強して実際に世に役立つようになってから出直してこい!


君に一文を送る。


百発百中の一砲
能く百発一中の
敵砲百門に
対抗しうるを覚らば
我等軍人は
主として武力を
形而上に
求めざるべからず
惟ふに武人の一生は
連綿不断の戦争にして
時の平戦に由り
其の責務に
軽重あるの理なし
事有れば武力を発揮し
事無ければこれを修養し 終始一貫
その本文を尽すさんのみ 神明はただ
平素の鍛練に力め
戦はずして
すでに勝てる者に
勝利の栄冠を
授くると同時に
一勝に満足して
治平に安ずる者より
ただちにこれをうばふ
古人曰く
勝って兜の緒を締めよ、と

今の自分と他人の違いを 見つけるのは簡単
イジケるのも容易い。
一度、上の文章中の軍人、武人を「自分」に置き換えて明日から生きてみなさい。
「勉強」というのは
本を読んだりネットを眺めることではない。
日々、自分なりに納得できるように。
わずかでも世のためになれるように生きることだ。

[ 2013/07/14 19:40 ] [ 編集 ]
No title
すす払い君
在日ですか?と言いたくなる程君は無駄に執拗な腐乱根性の持ち主ですね。

ところで一つ、日本語が変です。
 「欠片もせずに」の間違いを指摘致します。

これからの日本を担う気構えがあるのなら、せめて正しい日本語もお勉強致しましょうね。
[ 2013/07/15 02:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: