私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  アシアナ航空機事故 ~ 「事故は韓国文化が原因」

アシアナ航空機事故 ~ 「事故は韓国文化が原因」

← 応援クリック、ありがとうございます。

 私が昔、旅行会社に在籍していた頃は、仕事、プライベートを含め、世界の多くの航空会社を利用した。日系キャリアが最も安心するというのは至極当然だが、結論として、米系、欧州系の航空会社より、アジア系の航空会社のほうが日本人には合うと感じていた。アジア系のホスピタリティのほうが、日本人に合うような気がしたのだ。しかし、朝鮮系のキャリアには一度も乗ったことがない。そもそも朝鮮半島に行きたいと思ったことがなく、業界人の間では、大韓航空はキムチ臭いというのが定説だった。当時、アシアナはまだ就航していなかったが、就航していたとしても、大差はなかっただろうし、乗ることもなかっただろう。

 アシアナ航空の事故後の対応の杜撰さは、米国のメディアでもかなり問題視されている。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の「米国では考えられないアシアナ航空の事故対応の悪さ」という記事によれば、アシアナの尹永斗社長がスタッフとともに現地に向かうまで3日もかかり、事故後に乗客の家族らのための通話無料の電話を設置するのにも「大変な時間」がかかったという。加えてこの尹社長、ソウルの本社で開いた会見で、「訓練は、世界の航空業界で一般的に行われているもの。すべての運航責任は教官役を務めた機長にある」と、責任を機長に丸ごと転嫁する始末である。この時点で、事故原因の究明は何ら語られていなかったにもかかわらず・・・だ。



サンフランシスコに到着した尹永斗アシアナ航空社長
サンフランシスコに到着した尹永斗アシアナ航空社長

 米経済専門局CNBCは、アシアナ航空機の着陸失敗事故に関し、「韓国文化が事故の手掛かりになる」と報じた。「組織内の階級文化を守ろうとする民族的特性がある。年長者に対する尊敬と権威主義だ」と報じ、操縦室内での上下関係が原因で、意思伝達が一方的になりかねないという論調だ。「事故は韓国文化が原因」と言わんばかりの痛烈な批判だ。

 一方の韓国では、事故当時、サンフランシスコ空港で滑走路の安全区域拡張に向けた工事が行われており、一部設備が稼働しておらず、熟練した操縦士でも着陸に困難があったと主張し、こちらは責任を米国に転嫁しようと画策している。一部施設が稼働していなかったというのは、ILS(計器着陸装置。文字通り、機を滑走路まで誘導する計器進入システム。)のことを言ってるのかもしれないが、事故当日は視界も良く、景気を使わなくても着陸できたことは明白だ。どうしても悪者になりたくない、南朝鮮の性悪な面が、早くも出ている。いずれにせよ、事故の原因については、なすり合いが展開されている。

 テクニカルな問題は別として、WSJが指摘したアシアナ航空の事故後の対応の悪さは、同社が事故や緊急事態にに対して、明らかに準備不足だったことをほのめかしている。恐らくこれは、「ヒュドゥロヨ」と「ケンチャナヨ」の文化ではないだろうか。「ヒュドゥロヨ」とは、本来は“力が入る”という意味だが、作業現場では「やっかいだ」「面倒くさい」といった使い方をされる。「ケンチャナヨ」は、「構わんさ」「いいじゃないか」「これで良かろうよ」という使い方をされるという。時には違法行為、不正を容認する意味にもなる。(「悪韓論」より。) 6月28日の記事で、南朝鮮の原発のことを取り上げ、同国における労働モラルや倫理性、安全に対する認識の欠如について触れ、南朝鮮の原発が危険なものであると書いた。“労働モラルや倫理性、安全に対する認識の欠如”に関しては、恐らく、航空会社も五十歩百歩なのだろう。

 米CNBCの「事故は韓国文化が原因」という論調は、あながち外れてはいない。「ヒュドゥロヨ」と「ケンチャナヨ」を論拠に組みいれれば、100点満点である。総じて言えば、南朝鮮の技術やモラル、安全、倫理などは、一切信用してはならないということである。海外旅行の際は、もっとマシな航空会社を利用することを、お勧めしたい。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/07/11 07:33 ] 外交 | TB(0) | CM(1)
No title
着陸の失敗は米国空港の不備あると開き直る、
アシアナ以外の航空機は着陸に失敗しましたか?
もうこんな航空機は日本の空港に着陸させてはいけません。
[ 2013/07/11 22:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: