私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  国連負担金を再考せよ。

国連負担金を再考せよ。

← 応援クリック、ありがとうございます。

 かつて小沢一郎は、「将来、国連が自ら指揮する『国連軍』を創設する時は、我が国は率先してその一部として国連待機部隊提供し、紛争の解決や平和の回復のため全面的に協力する」と説いた。「個々の国家が行使する自衛権と、国際社会全体で平和、治安を守るための国連の活動とは、全く異質のものであり、次元が異なる。国連の平和活動は国家の主権である自衛権を越えたものである。」とまで言い、「国連の平和活動は、たとえそれが武力の行使を含むものであっても、日本国憲法に牴触しない。」とまで言い切った。いわゆる国連至上主義だ。だがその国連には、いまだに敵国条項というものが存在する。日本はいまだ敵国の枠組みの中におさめられており、その敵国である日本が国連軍に武力と人員を供給するという、なんだか矛盾した論理である。



 そもそも国連という日本語訳が間違っているというのは、度々指摘されてきたことだ。国連の英語名はUnited Nationsである。これを直訳すれば聯合国。つまり、先の大戦の戦勝国を意味する。第一次世界大戦の後に創設された、国連の前身は国際連合だが、この英語名はLeague of Nations。日本語訳としては筋が通っている。何故United Nationsが国際連合と訳されたのかは不明だが、この誤訳が歴史観を歪める性質を持つことは否定できない。戦勝国が作る戦後秩序に敗戦国を従属させるための組織という意図が見えなくなるからだ。

国連委、慰安婦中傷の阻止勧告 日本政府に要求 (47news)

 【パリ共同】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会(ジュネーブ)は31日、対日審査に関する勧告を発表し、従軍慰安婦は必要だったとの日本維新の会共同代表、橋下徹大阪市長の発言を念頭に「政府や公人による事実の否定、元慰安婦を傷つけようとする試みに反論するよう」日本政府に求めた。
 5月21、22日の対日審査で委員会は「大阪市長の発言」に繰り返し言及していた。
 日本政府は慰安婦問題について、太平洋戦争での出来事で、1987年に発効した拷問禁止条約の対象にならないと主張したが、拷問禁止委は「法的な責任を認め、関係者を処罰する」よう勧告した。


 今までは慰安婦問題は道義的責任だったが、国連拷問禁止委員会は明確に「法的な責任」とまで踏み込んだ。つまり、日本に対し、犯人をしょっ引いて法的に罪を償わせろという要求だ。いちステージ上がったわけである。しかも国連という公的な場で、法の不遡及という現代法における禁じ手まで是認した。これは明らかに日本苛めである。

 日本の国連分担金は米国に次ぐ世界第二位で、全体の12.5%を担っている。戦勝国の英国、フランスなど、日本の半分しか負担していない。オバマと会った時には「太平洋を分割支配する大国」と大見栄を切った支那はたった3.2%で日本の3分の1、しかもその6割以上を滞納し、南朝鮮に至っては分担金の8割以上を滞納し続けている。日本はいくら金を出しても名誉ある地位を得ることはない。敵国だからである。そして、分担金を滞納しながらせっせとロビイストに金をばら撒いている南朝鮮などの世論形成によって、非難の的とされてしまう。いくらなんでも不条理で、理不尽な世界だ。

 先月、もうひとつハプニングがあった。同じ国連拷問禁止委員会で、日本政府代表として出席した上田秀明人権人道担当大使が、モーリシャス代表の“取り調べ時に弁護士の立ち会いを認めない日本の司法制度は「中世のものだ”という批判したこと対し、「この(刑事司法)分野で日本は最も先進的な国の一つだ」と反論したところ、笑い声が起き、それに対して「シャラップ!」と叫んだという一件だ。この一件だけを見て「バカな大使」というネット上の書き込みが散見されるが、この委員会でいわれなき苛めに遭っている文脈を見ないと、この大使の発言の意味は理解できない筈だ。

 中山なりあき議員は、ツイッターでこう呟いた。

 全く同感である。多額の血税をつぎ込んでいるにも関わらず、非難こそされ国民の利益として返ってこない国連に対するコミットメントを、考え直した方が良い時期ではないか。松岡洋右がやったように離脱しろとは言わないが、なんのために多額の負担金を払っているかが解らない状況を、真面目に考える必要があるのではないか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/06/19 07:34 ] 外交 | TB(0) | CM(5)
大賛成!!!
 日本の国益に対して反対行動を取っているのが外務省だろう。そもそも名前が悪い。外に対して努める省だから。アメリカでは国務省が外交を担当していると思うのだが。。。
 国連第二位の分担金を担っている日本が戦勝国中華民国に変わって勝手に入っている中共に拒否権を使用されむちゃくちゃにされているのはナンセンスだ。
 参院選後はこうしたおかしな疑問点に対応していく必要がある。安倍政権にはあまりにもやるべき課題が多い。一つ一つチーム編成して実践してもらいたい。
[ 2013/06/19 11:24 ] [ 編集 ]
ボクは最高権力者
(ヽ´安`)<竹島の日?あれは公約じゃないから見送るよ
(ヽ´安`)<尖閣に公務員?あれも見送るよ
(ヽ´安`)<靖国は真榊奉納で勘弁して

(ヽ´安`)<安倍談話を出すまでは村山談話破棄はできないんだ
(ヽ´安`)<河野談話も踏襲するよ
(ヽ´安`)<国防軍カッコイイ!あの戦車と飛行機のボクのパフォーマンス見たでしょ?

(ヽ´安`)<『聖域なき関税撤廃』を前提にする限り、TPP交渉参加に反対します(信じて投票してね)
(ヽ´安`)<オバマ大統領との会談により、TPPでは聖域なき関税撤廃が前提ではないことが明確になりました(前提ではないけど結果どうなるかは言いませんよ)
(ヽ´安`)<交渉力を駆使し、我が国として守るべきものは守り、攻めるものは攻めます(日米並行事前協議は全面的譲歩だったけどね…)

(ヽ´安`) TPP交渉参加は公約破り。今から交渉参加しても何もできず関税撤廃で聖域なんてない!>(`∧´#)
(ヽ´安`).。oO(最近は批判が多くてうるさいなぁ…)
(ヽ´安`)<TPP反対派はサヨク
[ 2013/06/19 13:15 ] [ 編集 ]
No title
最近このブログにもミョーなコメントが出てきましたね。他のブログでも全く同じコメントがありました。
まぁ、注目されている証拠なので、良いことかもしれまっせん。
ブログ主様これからも頑張ってください。

中山成彬先生の発言に大賛成です。
きちんと意思表示をすることが重要であり、常に配慮だけしていても良いことは何もありません。
こういう政治家が野党としての立場で発言するというのはとても良い傾向だと思います。

与党自民党ももっとはっきり意思表示をしても良い時期に来ていると思うのですが。
[ 2013/06/19 16:12 ] [ 編集 ]
なりふり構わぬ誹謗中傷
夏の大一番、参院選を前に
反自民の反日変態サヨクがなりふり構わぬ誹謗中傷
やらかしている。
オツムが弱く、洗脳されやすいB層がターゲットだ。
しかし、反日変態サヨクの弱みは
かつての民主のように反自民の受け皿をまとめられないことだ。安倍政権をいくら誹謗中傷しても政権交代はかなわないのだ。
都議選では共産が議席を伸ばしそうだが、せいぜい10~15ぐらいらしい。
あとの野党はいずれも頭打ちもしくは
議席減を余儀なくされるとの見立てが有力とされる。

つまり負け戦を覚悟した反日変態サヨクは
せめて敵勢力の自民の議席を減らしたいという
モチベーションしか持ち得ないのだ。
すなわち誹謗中傷は断末魔の喘ぎに等しいのである。
[ 2013/06/19 17:56 ] [ 編集 ]
No title
お邪魔いたします。
小沢が自衛隊を国連に召し上げたいのは
朝鮮半島有事に韓国支援参加させたいと目論んでると想像してるんですが、穿ち過ぎでしょうか、、、
[ 2013/06/19 18:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: