私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  教育 >  蛍の光の3番と4番が歌われないワケ

蛍の光の3番と4番が歌われないワケ

← 応援クリック、ありがとうございます。

 自民党教育再生実行本部の「教科書検定の在り方特別部会」が教科書の記述や検定制度の在り方を包括的に示す「教科書法」(仮称)の制定を検討していくことを決めたところ、南朝鮮のメディアが朝のトップニュースでそのことを伝えたという。客観的に見て、南朝鮮にとっての喫緊かつ最重要課題は、北朝鮮との外交問題であることは間違いないはずなのだが、日本の教科書に関しては無条件に反応してしまうのだろう。

朝鮮の中央日報はムキになってこう報じた。

「近隣諸国条項」の由来は、1982年6月の高校歴史教科書問題にさかのぼる。文部科学省の検定過程で一部出版社が表記した「中国侵略」を「中国進出」に変えることを要求したという事実がメディアにより暴露され外交問題に飛び火した。


 侵略を進出に書き変えるというのは事実ではなく誤報である。主犯格は日本テレビだ。誤報を“事実”と報ずる朝鮮メディアの偏向ぶりは甚だ不快だが、もともとは日本のメディアの犯罪的報道が発端なのである。抗議はしながらも、尻拭いはまず国内で、ということになる。



 以前、江藤淳の「生者の視線と死者の視線」に書かれた「東京だよおっ母さん」を紹介した。島倉千代子が何故3番まである「東京だよおっ母さん」の2番を歌わないのかという話題だ。答えは単純で、2番に靖國神社が出てくるからである。放送局側が自己検閲をしており、「政治的に議論のある問題については、放送を遠慮する」という、何とも自虐史観の塊のような理由があった。

(参考:えなりくんが暴露した“竹島NGワード化”と放送局の自主検閲

 少し前に渡部昇一先生の「国を滅ぼす本当の敵は誰なのか」という書籍を読んでいて、「東京だよおっ母さん」と同種の、そしてもっと嘆かわしい現実を知った。日本国民が誰でも知っている、蛍の光にまつわる話だ。卒業式で斉唱する曲、紅白歌合戦のエンディングやスーパーの閉店時に流れる曲という解釈は一面的であり、もっと深い意味があるのだ。

 1番の歌詞は、万人が知るところだろう。よく歌われるのは、2番までだ。

蛍の光、窓の雪、
書読む月日、重ねつゝ、
何時しか年も、すぎの戸を、
開けてぞ今朝は、別れ行く。

止まるも行くも、限りとて、
互に思ふ、千萬の、
心の端を、一言に、
幸くと許り、歌うなり。


ところが、この歌には3番と4番がある。

筑紫の極み、陸の奥、
海山遠く、隔つとも、
その眞心は、隔て無く、
一つに尽くせ、國の為。

千島の奥も、沖繩も、
八洲の内の、護りなり、
至らん國に、勲しく、
努めよ我が背、恙無く。


 私は学がないので、渡部先生の解説を引用するが、3番は「九州と東北は遠く離れているけれども、日本人としての真心は変わらない。お国のために尽くしなさい」という意味だ。そして4番は、「北の千島も南の沖縄も、日本国の領土だから守らなければならない。男たちよ、つつがなく勤勉に勤めなさい」という意味である。

 Wikipediaによれば、これら3番と4番が歌われなくなった経緯は、「戦後はこの国家主義的(軍国主義、滅私奉公)とも取れる歌詞が敬遠され、また日本固有の領土である千島や沖縄が他国の占領下に置かれたという事情もあり、教育現場への指導などによって歌われなくなっていったものと思われる。」と記されている。

 この3番と4番が“軍国主義とも取れる歌詞”と解釈されるのであれば、それは自虐史観と戦後民主主義の象徴であるとも言える。国を守って何が悪いのか。千島から沖縄まで全てが島国日本を形成する領土であるということを敬遠するから、竹島問題や北方領土問題が国民の意識の中に根付かないのではないだろうか。

 戦後教育の問題の根幹は自虐史観の刷り込みであり、そこにいわゆる近隣諸国条項という、教育上の自己検閲制度が上塗りされた。自国の教育に対する他国からの口出すしを許すのは、内政干渉を許することと同意である。先ず、近隣諸国条項を規定した自民党自身が、この悪しき産物を排除する重い責任がある。同時に、誇りある国家像を涵養させるべく、その進行を阻む日教組の無力化も必要だろう。教育再生はまだまだ先が長いのだ。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/06/15 11:49 ] 教育 | TB(0) | CM(2)
 思いもかけないコメントだけど・・・
個人的には、これがネットのいい面でもあり、マイナスの面もあるかな!?って思います。 「蛍の光」の3番4番を本当は知りたくなかった人も私意外にもいてほしいな!?って思います。 複雑な心境です。 こういった歌詞を載せることにおいての議論も本当はあるべきだと思います。 もっといえば、話はとぶけれども、キテレツ大百科の原曲も知りたくもないのに、明るいアニメ版の歌詞だけが見たかったのに>< という感じです。
[ 2016/12/10 00:01 ] [ 編集 ]
愛する国
そうです、自分の国を自分で守らずして誰が守りましょう

世界はプロパガンダ

日本人は「証拠があれば大丈夫」なんて悠長なことを言ってるから、韓国、中国などにやられっ放し・・・
[ 2017/06/11 20:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: