私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  BBCの「世界に良い影響」調査、日本は残念ながら4位に後退

BBCの「世界に良い影響」調査、日本は残念ながら4位に後退

← 応援クリック、ありがとうございます。

 去年も拙ブログで取り上げた、英BBCが毎年行う「世界に良い影響を与える国」ランキング。日本は残念ながら、昨年の周囲から4位にランクを下げた。1位はドイツ。カナダ、英国が続く。昨年の調査では、日本に良い印象/悪い印象を持つポイントがそれぞれ58/22だったが、今年の調査では良い印象が7ポイント下げて51、悪い印象は逆に6ポイント増加して27だった。残念ながら首位を明け渡してしまったが、それでも世界で4位というのは立派なポジションである。1番でありたいのは当然ではあるが。

「世界に良い影響を与えている国」2013 総合順位
世界に良い影響を与えている国2013年 総合ランキング



 ただ、内容を見てみると、4位でも立派と言うのは少々短絡的に思えてくる。下は今年の日本の影響を国別に示したものだ。大雑把に、青が好印象、オレンジが悪印象と見ればよい。

「世界に良い影響を与えている国」2013 日本
世界に良い影響を与えている国2013年 日本

 印象悪化が顕著なのは主に欧州だ。スペインは昨年は好印象が62ポイント、悪印象が17ポイントだったが、今年の調査では好印象が26ポイント減り36、悪印象が15ポイント増えて32である。ドイツでは更に落差が顕著で、昨年は好印象/悪印象がそれぞれ58/29だったのに対し、今年は好印象が30ポイントも下げ、悪印象は17ポイント増えた。我が国に対して、悪印象が好印象を上回る国はたった3カ国で、そのひとつがドイツだ。あとの2カ国は言うまでもなく、支那と南朝鮮である。

 この1年の間で、日本と欧州と間に特別な軋轢が生まれたのかといえば、そんな材料はあまり思い浮かばない。この調査結果を掲載したWorld Public Opinionもロクな分析をしていないので、何とも言えない。南朝鮮の宣伝活動が功を奏しているのだとしたら、日本は広報・宣伝活動をもっと真剣に考えるべきである。

 ついでと言ってはなんだが、支那を見てみる。
「世界に良い影響を与えている国」2013 支那
世界に良い影響を与えている国2013 支那

 流石にカネをばら撒いているアフリカでは評判がよろしいらしい。しかしながら北米や欧州では、見るも無残な結果である。支那は昨年度の調査で、好印象が50、悪印象が31ポイントだったが、今年は42対39と、好印象/悪印象が拮抗してきた。World Public Opinionでも、支那とインドの下降傾向が強いことを取り上げているほどだ。

 ものはついでなので、南朝鮮も掲載しておく。
「世界に良い影響を与えている国」2013 南朝鮮
世界に良い影響を与えている国2013 南朝鮮

この中途半端なグラフが伝えていることはただ一つ、南朝鮮は各国にとってまさに「どうでもよい国」であるということである。

 日本に対するネガティブな印象ポイントは、好印象ランク7カ国のうちでもっとも高い。恐らく支那と南朝鮮の“多大なる貢献”故の数字だと思うが、こと欧州の傾向については、外務省には深く分析してもらいたいものだ。

 2014年の調査では、ひとつでもランクアップしたいものである。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/06/11 07:34 ] 外交 | TB(0) | CM(4)
円安のせいですね
英国や欧州の好印象が低下したのは
ひとえに円安のせいでしょう。
円安で高性能の日本製品の競争力が高まれば
欧州製品の競争力は相対的に低下しますから。

それより支那のアフリカでの人気の高さが気懸かり。
日本からの援助をアフリカでバラまいているのが
見え見えで、アフリカから早急に支那を駆逐する必要が
あると感じた次第。

[ 2013/06/11 15:16 ] [ 編集 ]
原発じゃないの?
ドイツの低下は原発では? 事故そのものよりも、事故のあとはっきりした論理に基づいた判断ができないこと、その割に原発を外国に売る(タイミング上ここまでは反映されていないか。)という態度。ちなみに私は原子力エネルギー開発は賛成です。但し、核廃棄物を処理する技術をの開発が条件。もんじゅの件はあきれてしまう。中国人かというくらい。そういう、首尾一貫性がないことが次々に起こっている日本は、全く日本らしくなく、そういうのを見ると、評価は下がっても仕方ない感じがします。つまりは、日本は日本らしさを失うと世界からの尊敬を失うということだと思います。そういう意味で、保守の思想は、実は国際感覚と一致しているのではないかと思ひます。
[ 2013/06/11 22:57 ] [ 編集 ]
No title
日本の評価が下がった理由が経済的なものや原発事故の際の対応の不味さ、というところがポイントです。
人間性や倫理観が理由では無い、というのは人として最高の名誉であるといえます。


特ア的な思考がインテリの証だと思いこんでいる‘学生運動の亡霊’連中にはその価値など理解できないのでしょうね。性根が腐っているとものの見方まで歪んでしまうのでしょうか。
[ 2013/06/11 23:08 ] [ 編集 ]
No title
>人間性や倫理観が理由では無い、というのは人として最高の名誉であるといえます。

右傾化とかそれに関わる人権問題とか十分に関係してると思うけど、、、
ぶっちゃけネトウヨは海外からの評価は大好きだ。しかし右傾化も大好きなんだよな。でもその2つは両立できないから、それ気づいたときどっちをとるんだろうか?
[ 2014/03/08 01:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: