私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  政治 >  みんなー!小沢一郎って覚えてる?w

みんなー!小沢一郎って覚えてる?w

← 応援クリック、ありがとうございます。

 今の政局に多少落胆している。衆参ダブル選が流れたからだ。参院選の投票日は7月21日が有力視されていたが、ダブル選実現のためには、「1票の格差」の是正を解消する公職選挙法改正案を6月上旬に成立させる必要があった。結局法案が間に合わず、焦点は参院選一本に絞られることになった。参院選を7月21日以降にずらすことで、ダブル選はまだ可能だという説もあるようだが、各種報道からはそんな匂いが全くだ漂わない。

 何故落胆したかというと、今の衆議院の任期においては憲法に触れないということを、安倍総理が事実上認めたようなものだからだ。いくら地裁の、偏った判決とはいえ、憲法違反と言われた今の衆議院の構成で、憲法改正を断行するなど無理筋だ。だから憲法に触るには、衆議院の改選が不可欠である。恐らく、公明党にも多大な配慮をしたのだろう。改憲賛同派だが、橋下発言で支持率が急降下している、維新の状況を慮ったという見方もできる。素人にはわからない様々な力学が働いての判断なのだろうが、民主党を殲滅しうる良い機会だっただけに、至極残念である。



 さて、そんな政局の中に埋没しているひとりの大物がいる。生活の党の小沢一郎代表だ。自身が既存メディアを忌避し、表に出てこないこともあるが、最近は小沢関連報道にお目にかかる機会が激減した。野党の報道といえば、もっぱら維新、それに次いで民主とみんな。かつて政局のど真ん中にいた小沢は忘れられ、活字にもならない。憐れなものだ。

小沢一郎

 小沢一郎が今も剛腕であるなら、衆院選からこれだけの時間が空いた参院選に向け、野党の糾合を成し遂げたはずである。ところが小沢は、あっさりと白旗をあげた。昨日のNHK番組で、「大同団結ができていないので、独自に戦う以外ないと思う」と、参院選での野党共闘を断念する考えを述べた。しかも目標議席数はふた桁。かつて民主党議員143名からなる議員団、総勢600名を超える大朝貢団を率いた剛腕・辣腕の影は既にない。

 小沢は先月30日に都内で講演し、「安倍晋三首相の経済政策であるアベノミクスは壁にぶつかり、早晩崩壊する。自民党はせっかく衆院で多数を取ったので解散しない。次期衆院選は、3年後の参院選とダブル選挙になる。その時に選択肢を用意できれば政権交代は可能だと確信している」と語り、政権復帰への意欲をチラつかせた。3年後といえば小沢自身は74歳。もうとっくに引退していてもおかしくない歳になる。その時、74歳の小沢に期待し、投票する奇特な国民はどれほどいるのだろうか。

 かつての小沢は自民党の中心に居てカネを握って辣腕を発揮していたが、今の小沢にはそのカネがない。求心力もなくカネもないとなれば、すり寄る議員も団体も減るのは当然である。生活の党は現在衆院に7、参院に8の議席を有しているが、そのうち来る参院戦で改選を迎えるのは6名。目標の二桁どころか、社民党より少ない政党支持率では壊滅も現実的である。ブログランキングで上位に位置する小沢信者のブロガーさんたちは、小沢をマンセーするのではなく、自民党に対するネガキャンをはることに活路を見出そうとしているようだが、参院選にどのようなエントリーが書かれるか、今から興味津津だ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/06/10 07:30 ] 政治 | TB(0) | CM(7)
忘れていました
 正直、こちらを拝見するまで小沢一郎そのものを忘れていました。久しぶりに思い出しましたが、この人もう終わってますよね。
 自由党時代には応援しておりましたが、民主党時代には見放しておりましたし、天皇陛下の一ヶ月ルールを破った時点で、はっきりと「日本国の敵」という認識でした。
 今はもう敵というほどのことはなく、「なるべく世間様に迷惑かけずに消えていけ」程度ですかね。
[ 2013/06/10 12:02 ] [ 編集 ]
あとはお縄になるだけ
お縄一郎はその名のごとく
後はお縄になるだけ。
妻の離縁状で「豪腕神話」はただのブラフと判明。
原発事故でパニクって逃げ惑うヘタレっぷりが
人の上に立つ器ではないことを明らかにした。
早くお縄になったほうが身のためかも。
ヘタすれば野垂れ死にすることになる。
できることなら、ルーピーとトンチン菅も
一緒に連れてってくれ。
さすれば、日本にとって初めて
有益なことを成し遂げた人物になれるぞ!
[ 2013/06/10 23:40 ] [ 編集 ]
No title
意外と子供っぽい人と見た
ブログ主
[ 2013/06/11 04:24 ] [ 編集 ]
↑の奴へ
いまだに、汚沢信者なんですかwww
[ 2013/06/11 09:06 ] [ 編集 ]
No title
自分が溜めこんだ汚い金の出所を探られそうになった時に「国策捜査だ!!」と国内のサヨクや在日シナ・チョンを総動員して喚き散らしていたことくらいしか覚えてません。
その時に動員されたカス連中が「不正選挙」とか「反原発」などと寝言を吐き続けてはいますが。


汚澤はもう‘過去の人’です。
[ 2013/06/11 23:03 ] [ 編集 ]
No title
政権とって、最初に宗教法人課税へチャレンジしたら、ぜんぜんちがっていたかもね?中国もうでして、中国がスイッチいれちゃったことで、完全に売国奴になっちまったよ。no ozaWa もしかして、のざわさんですか??過去の人で、みんな知らない。
[ 2013/06/12 22:36 ] [ 編集 ]
No title
To ↑の奴へ

だから・・そういう返しが実に子供っぽいんですがw。
[ 2013/06/17 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: