私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  社会問題 >  元外務官僚、天木直人という芸者

元外務官僚、天木直人という芸者

← 応援クリック、ありがとうございます。

 一昨日の東京ドーム。長嶋さんと松井さんの国民栄誉賞の授与式を感慨深く見た。ONで育った自分としては、「4番 サード 長嶋」という場内アナウンスだけでウルっと来たし、長嶋さんと王さんのハグの場面には、思わず感涙してしまった。松井さんのスピーチも、謙虚さが表れる素晴らしいものだった。

 しかしなぁ、ジャイアンツ…。どうして松井さんと1日だけでも契約して、ジャイアンツのユニフォームで引退試合をさせてあげなかったのだろう。この球団にとって、成績、観客動員など、様々な面で彼の貢献度は秀でたものだった。そのくらいの配慮はして然るべきだったのではないのだろうか。まぁ、オファーはしていて、松井さんが固辞したのかもしれないが…。

 このセレモニーには、当然ながら賞を授与する側の安倍首相が参加した。長嶋さんと松井さんからプレゼントされたユニフォームの背番号が96番。安倍首相が第96代内閣総理大臣であると知らない人がいたなら、結構な政治音痴だと思うのだが、昨今の憲法改正議論がなせる業か、憲法96条改正と結び付ける人は多かったようだ。それを煽るのがマスコミだ。



「背番号の意味は」(朝日)
「96代目にちなんだ?96条改正アピール?」(毎日)
「改憲を意識?」(日経)
「首相意味深 背番号『96』」(産経)

 政権側もこういった邪推が紙面を賑わすことは計算ずくだっただろうし、ある種の確信犯であるのかもしれない。憲法問題に関する国民的議論を喚起する意図がある場合、この背番号96番をマスコミが取り上げれば、少なくとも話題にはなる。まぁ、肯定的に捉えるメディアが少ないことが織り込み済みだった場合の話だが。

96jou_uniform.png

 メディアとは別に、ここに一人の典型的な莫迦がいる。

国民栄誉賞授与式のバカ騒ぎ報道でも一つぐらい役に立つことがある/天木 直人

 いくら連休でニュースが無いといっても国民栄誉賞授与式ばかりをこれほど大きく報道するのはおかしいだろう。
 しかも読売グループの宣伝の片棒をライバルメディアが一斉に担いでいる滑稽さだ。
 しかしそんな国民栄誉賞授与式のバカ騒ぎ報道でも一つぐらい意味のある報道がある。
 それは背番号96をつけてパフォーマンスに参加した安倍首相が、96代の首相である私が憲法96条の改正をやるんです、といわんばかりの笑みを浮かべたことだ。
 それをきょうの各紙が一斉に書いている。
 調子に乗りすぎて思わず本音を漏らしたのだろう。
 だからあれほど憲法96条改正を急ぐはずだ。こだわるはずだ。
 憲法の内容もその歴史的意味合いもほとんどわかっていないような安倍首相が96代の首相であるうちに自分の手で96条改正をやってみたいという。
 そんな底の浅い動機がわかっただけでも収穫だ。
 安倍首相にだけは96条改憲をさせてはいけないということである(了)


 Yahooは、こんな言論人とも言えない輩の文章を掲載するのを止めたらどうだろう。私の記事がBLOGOSに掲載されている頃から天木氏のエントリーは頻繁に読んでいるが、生意気を承知で申し上げれば、氏のブログを読むたびに感じたのは、こんな低俗な文章を書く人物が、過去に国益を代表すべき外務官僚であったことに対する、眩暈にも似た感覚だ。おまけに京大卒というから、これにも卒倒しそうになる。兎に角、底が浅い。天木氏は安倍首相のことを「底が浅い」と揶揄しているが、本当に底が浅いのは天木氏のほうだ。

 天木氏は3日のエントリーでもこう書いている。

 きょう5月3日は憲法記念日だ。だからきょうの各紙は憲法改正についての記事で溢れている。
そんな中で私が笑ったのは読売新聞の「改正論議の高まりを生かしたい」という社説だ。その社説はこういう書き出しで始まっている。「安倍政権下の国会では憲法改正をめぐる論議がいつになく活発だ・・・」。 こう書けば憲法改正問題は国民の関心が高い一大政治問題であるかのようだ。冗談じゃない。憲法改正についてはしゃいだのは安倍首相だ。それにつられて、国会議員が憲法改正を参院選や政界再編がらみで騒いでいるだけだ。国民にとっていまどき憲法改正などどうでもいい話だ。そんな事より、早く景気をよくしろ、賃金を上げろ、税金を安くしろ、国会議員は税金泥棒をやめろ、だ。
憲法改正にうつつを抜かすような国会議員は全員不要だ、落選させろ
、である(了)。


 ちょっと痛々し過ぎやしないか、天木さん。言っていることが活動家ではないか。社民党か共産党にでも入党したら如何だろうか。

天木直人

 憲法は立派な政治イシューであり、立法府に属する者にとって、憲法を議論することは義務と言っても過言ではない。それを「うつつ」というならば、立法府の意味を成さない。天木氏は9条ネットから国政選挙に出馬するほどの護憲派であり、憲法議論が活発になることに対し、危機感を募らせているのだろう。氏が卑怯なのは、議論の上で真っ向勝負をすることなく、議論を抹殺せよと主張していることだ。サヨクは権利とか自由とかを頻繁に主張するが、議論することも否定するなら、立派なダブルスタンダードである。

 こういう人物が立派に言論を張っている現下の日本は、やはりどこか狂っている。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/05/07 07:27 ] 社会問題 | TB(0) | CM(18)
No title
おはようございます天木直人氏は古賀茂明氏と同類の官僚をクビになった恨みつらみだけです。
さらば外務省の中で小泉政権が米国のイラク攻撃に追従したのが、よほど許せなかったみたいで「国連の制裁決議によってなされるべきだ、日本は国連に働きかけて制裁決議を出させろ」「イラクよりパレスチナの民を虐殺しているイスラエルに制裁を加えてやめさせろ」「イラク攻撃をめぐる外交交渉の挫折は国連の威信を大きく損ねた、我が国がイニシアチブを取って国連安保理が召集されイラク停戦がじつげんするよう働きかけるべきだ」との公電を全公館に打電し、それが原因で外務省をクビになった人間です。
当時の内閣官房から「全公館に打電し外部に漏れたらどうするのか、このような公電は本省とだけ交わすべきだ」注意されています。
北朝鮮拉致問題に関しても「行方不明者の何人かが死んでいたとの情報を掴みながら訪朝したとすれば非情な行為だ」「訪朝して拉致被害者が死亡している事を知らされたのなら、即座に帰国して家族、国民の意見を聞いて出直すのが誠意ある外交と言うものだ」
「戦争を放棄した世界でも稀有な平和憲法を誇りとする日本こそ世界の平和に貢献すべきである」
反戦平和主義者であるとともに小泉内閣で官房長官を務めていた安倍首相への個人的な恨みつらみを公共の場で垂れ流しているに他なりません。
[ 2013/05/07 09:43 ] [ 編集 ]
No title
本当にその通り。
天木氏のブログを数回読んで、
アホと思い、それ以来、読んで
いません。
この御仁、官からの稼ぎと、口先
三寸の稼ぎ以外に、額に汗して
稼いだことあるんですかね。
こんな人間たちが、高級官僚として、
跳梁跋扈しているうちは、日本は
決して、まともな国には
なれないでしょう。
[ 2013/05/07 10:05 ] [ 編集 ]
No title
まぁ!
安倍さんの出たがりにも国民は辟易のようですよ!
コンサートの次は野球ですか(笑)
単なる出たがりいっちょかみってよとこでしょうか?
[ 2013/05/07 12:31 ] [ 編集 ]
外務省に国益を追求する官僚はいるのか?
 正にご意見の通り。孫崎といい天木といい良くこのような売国のやからを外務省たる本来国益を追求すべき役所に採用したものだ。
 正に外のために一生懸命努めるやからのオンパレードで情けない限りだ。国務省と名称も変更願いたい。
 外国人参政権をなんとか成立させようと試みる法務省同様採用基準の見直しと解雇基準の見直しが必要だろう。売国官僚は次官から順番に解雇が必要だ。
 このような外務省から派遣されている宮内庁に至っては支那の片棒を平気でかつぐやからの集団ではないか?
 しかし、今やNHKや朝日、毎日、中日等売国マスゴミがいくら頑張ってもネットにつぶされていくのではないか?売国をやればやるだけ新聞を購読せずネットしか見ない若者から相手にされまい。一体記者には良心と言うものはないのか?信じられない!!!
[ 2013/05/07 15:30 ] [ 編集 ]
No title
天木氏の発言録を初めてじっくり読ませて戴いて、半島で口汚く罵る輩と同種の感想を持ちました。

今憲法を多方面からの見方も含めて語れる数少ない政治家のお一人が安倍氏だと確信する私には、この天木氏の言葉はナントカの遠吠えにしか聞こえません。
国を代表する外交官僚の試験方法は、今すぐにでも考え直さねば、長年日本に害を為してきた外務省の歴史を止める事が出来ませんね。
[ 2013/05/07 18:14 ] [ 編集 ]
ナベツネ
ナベツネのお気に入りの松井が、将来、読売の幹部になるためには国民栄誉賞という肩書が必要だった。読売は以前から改憲を主張し、94年11月には「読売・改憲案」を発表している。一方では安倍総理も読売と同じで憲法改正を掲げている。よって今回の国民栄誉賞はもちろんナベツネが安倍首相に打診したものだ。
 
「松井君に何としても国民栄誉賞を与えたい。そこで、東京ドームで、96条を象徴する背番号96のユニフォームを着て登場してくれないか。そうすれば、憲法改正、まず96条改正ために全力で世論操作する事を約束する。他のマスコミ、メディアからの判は、うちが全て抑え込む。心配しなくていい。」



こんな感じですかね。
[ 2013/05/07 19:51 ] [ 編集 ]
国民って?
通りすがりさんへ

> 安倍さんの出たがりにも国民は辟易のようですよ!

その国民って、誰のことを言ってるの?
[ 2013/05/07 20:44 ] [ 編集 ]
日本優勝、様
ご指摘の通りと思われます。
自民党結党以来の生き証人が前回記事で指摘しています
参考ブログを御一読頂ければ幸いです。
なお最新記事の憲法論も鋭い視点で書かれております。
[ 2013/05/07 21:56 ] [ 編集 ]
文面から察すると…
>その国民って、誰のことを言ってるの?

ヨコですが
文面から察すると
特亜の国民でしょう。
自分個人の意見にすぎないのに
さも国民を代表しているかのように
誇張し、捏造する
のは支那かゴキブリ半島に
生息している連中と共通していますね。
[ 2013/05/08 00:10 ] [ 編集 ]
天木氏は外務官僚だったんだ!
天木氏のサイトも時々拝見しておりますが、元外務官僚とは知りませんでした。おまけに京大卒(笑)。彼はどっちかというと左翼ですよね。読んでいて時々カチンとくることがあるので間違いないと思います(笑)。でも反面教師になりますから、たまには読みますよ(笑)。

さて、現在の日本国憲法(マッカーサー憲法)は米軍占領下で素人数十人が集められて作られた(もちろんベースはあった)急造憲法ですし、集められた人たちも「占領国側が作った憲法に正当性があるのか?」と言った主旨の疑問を抱きつつ作られた経緯があるのです。

ですから、本来は石原慎太郎氏の言う「破棄」が正しいと思います。しかしゼロから考えるとなると、またバカ野党が侃々諤々の妨害工作を始めるので、まずはできるだけ世論の抵抗が少ないところからと安倍総理は考えているんじゃないでしょうか。
[ 2013/05/08 17:36 ] [ 編集 ]
No title
大賛成。
天木のブログ…なんでlivedoorが、いつも取り上げるのか…不思議です。
彼の「予言」が当たったことないし、単なる、文句言い。米国なら、テロリスト予備軍に分類される、いわゆる「マイノリティ共感者」&「アンチオーソリティ」。

ブログの写真は、天木自身のお気に入りでしょうが、自己愛の強さを示しており、自身の意見だけが正しいと思い込んでる雰囲気がよく出ています。夜郎自大と気づくのはいつなんだろう、と、彼の孤独なわめきを見る度に感じていましたが、同意見の方を見て、ホッとしました。
[ 2013/05/10 07:05 ] [ 編集 ]
No title
「国連の制裁決議によってなされるべきだ、日本は国連に働きかけて制裁決議を出させろ」
って、当たり前の議論でしょう。
小泉が、国際原子力機関の査察結果を待たず、ブッシュを支持するなどといったおかげで、日本は中東の民衆の信頼を失ったのは確かです。先走りして、ブッシュを支持することに何の意味があったのですか?結局、大量破壊兵器は見つかりませんでしたよね?
そのとき、ブレアとブッシュは誤りを認める発言をしていましたが、もちろん、サダム政権を倒すことは必要だったと正当化していました。で、今のイラクはサダムがいなくなって良くなってますかしら?
ブレアとブッシュに対し、小泉は、誤りを口にすることさえなかったですね。それは、ブレアとブッシュの謝罪表現を聞いた後では、なぜ日本は何も言わないととられる可能性を考えなかったということです。
正直、アラブ人の間で日本の良かった評判は昔日のもの稲って言っています。まあ、中東と関わらずにすめばそれが一番良いと思いますが。

[ 2015/01/21 02:56 ] [ 編集 ]
あんたこそ…
支離滅裂な理解不能な日本語を駆使するあんたこそ、自己撞着に陥った幼稚な精神構造の輩やな!
恥さらしはこれ以上止めて、ブログを閉鎖した方が、精神衛生になりますよ。
[ 2016/06/11 23:48 ] [ 編集 ]
Re: あんたこそ…
> 支離滅裂な理解不能な日本語
> 恥さらし

具体的にどこが?

> ブログを閉鎖した方が、精神衛生になりますよ。

余計なお世話ですwww
[ 2016/06/12 10:04 ] [ 編集 ]
ヨッパライ以下のウリスト教徒
せっかくアルコールのせいにして、助け船を出してやっているのに。

>戦争の大義は砂の上に立てた砂上の楼閣

「馬から落馬する」「頭痛で頭が痛い」「新しい作品を新作する」…こういうのを同義語反復(tautology)と呼ぶ。目に一文字でもある人間なら、もっとも恥ずかしい表現であるよ。小学校の時に習わなかった?

それに、戦争が天災なら回避する手段はなかろうが。

> 秀吉・信長の末路や戦後の戦犯の末路を見よ。

その数十倍、数百倍の人間を殺したスターリンや毛沢東、原爆攻撃の企画、命令、実行者のルーズベルト、トルーマン、ルメイはみんなベッドの上で死んでいるが、それはどうなっておるのじゃ?カーチス・ルメイ(空軍大将)に至っては、日本政府から勲一等の勲章まで貰うおまけ付き。

>己の如く汝の隣を愛すべし

汝の隣人を愛すべしの間違いだろう(笑)

一方において因果律を論ずるかと思えば、俄に聖書の文言を持ち出す。キリスト教はかかる因果律を明確に否定しておる。

もっとも南朝鮮には広島・長崎への原爆投下を「天罰」だと説教する牧師がいるから、jonahがウリスト教徒というなら納得がいくがね。

まともな日本語も書けないで、ヨナ=旧約聖書の預言者気取り。預言者とは文字通り、自分の言葉ではない、神の言葉を預かった人のことだが、神様は人間の言葉を間違えるのか?

やはりウリスト教徒だな。お腹の虫が茶を沸かすわい。
[ 2016/06/12 12:23 ] [ 編集 ]
投稿欄
管理人どののコメントに釣られて、はるか過去の投稿欄に入れてしてしまいました。

まあ、日本語が不自由な相手ということでは、共通項がありますので、ご了解下さりまっせ。
[ 2016/06/12 12:38 ] [ 編集 ]
”共通項”で●
憂国ブログを閉鎖して欲しいんだ、その人。
ウジTVみたいにイヤなら読まなけりゃイイだけなのに。小さな親切大迷惑なお世話ってね。
意地でも開催し続けておくんなまし。

で、何?四文字熟語遣いたがっちゃって、まことに”日本語が不自由な共通項”ですこと。
害務省には「理路整然たるバカ者」が蟠踞するそうですが、この共通項は理路メッチャクチャですから飾りもない○~カでしょう。
[ 2016/06/12 18:28 ] [ 編集 ]
カルト信者には異なる価値観が理解できない
この一言に尽きますね。

カルト的洗脳を受けているから、他者の価値観(文章)を理解できないだけですね。

相手にレッテルを貼り、中傷罵倒をするだけで、意見にもなっていない、そのくせ「ブログ閉鎖したら?」などと、上から目線な説教までするとは、いったい何様なのつもりなのか。

てにをはもおかしいですが、カルトに嵌っている人物は、とにかく一旦、自分の文章を客観的に見る為に、異なる意見というものも真剣に検討するべきだと思いますね。
[ 2016/06/12 19:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: