私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  外交 >  韓国三一節と、日本製品不買運動と、日本の集団的自衛権と。

韓国三一節と、日本製品不買運動と、日本の集団的自衛権と。

← 応援クリック、ありがとうございます。

昨日3月1日は、三一節という韓国の休日。
1919年3月1日の半島で起きた三・一独立運動を記念する日である。
特に偏狭なナショナリズムが喚起されるこの日、韓国の約600万人の自営業者らが加盟する「コルモク(路地)商圏生存消費者連盟」が主体となり、日本製品の不買運動を開始された。
日本が過去の歴史について謝罪し、独島領有権主張を中止するまで不買運動を続けるのだという。彼等が主催した集会では、マイルドセブンやアサヒビール、レクサス、ユニクロなどの製品が描かれたパネルに卵を投げつけるパフォーマンスまで行った。

韓国の日本製品不買運動

こういう運動、「やるならおやりなさい」で良い。基本的に無視で良い。
韓国メディアは、珍しく、「冷徹な対応を」などと自国民に自制を促しているが、捏造や歪曲による反日史観の刷り込みを得意技としている韓国メディアでも、日本マネーの重要さは分かっているのだろう。
情けないのは経団連の米倉である。米倉はこの不買運動を受け、「日韓の政府は両国の国民感情に影響を及ぼさないよう取り組んでほしい」とコメントした。日本製品不買運動はプロパガンダの要素を含む、韓国側の一方的な行動であるにもかかわらず、日韓政府を同列に置いて鎮静化の対応を取れということだ。一体どこを向いて発言しているのか。
ちなみのこの不買運動は、支那版ツイッターでは「われわれの隣国はなんて強いんだ!」、「これこそ韓国人の気概」という書き込みとともに、絶賛されている。民度に関しては、支那も韓国も五十歩百歩だ。

朴槿恵はこの三一節にあたり、日韓関係を「加害者と被害者という歴史的立場」と規定し、「(この立場は)千年の歴史が流れても変わることはない」と言い切った。そして「両国の未来世代にまで過去の歴史の重荷を持ち越してはならない」と語った。
日本は未来永劫、韓国に対する加害者であり続けるということである。1000年前といえば、日本は平安時代、ヨーロッパではまだ戦争が花盛りの時代である。その時代のことを背景にして「加害者対被害者」という構図を持ち出すものがいたとするなら、「お前はバカか?」と蔑まれるのがオチだ。
韓国が盛んに持ち出す歴史認識とは、かくも単純なものだ。日本は永遠に加害者であり、韓国は永遠に被害者であり、それは両国の関係を縛り続けるのだ。そういった意味で、「両国の未来世代にまで過去の歴史の重荷を持ち越してはならない」という朴槿恵の発言は、詭弁以外の何物でもない。

いま日本では、集団的自衛権の法的解釈議論が進行している。
安保法制懇座長の柳井俊二元駐米大使が産経新聞のインタビューに答え、「憲法9条で集団的自衛権は放棄していない」と語った。ここまでは当然の話だ。だが続いて、「豪州や韓国は同盟国ではないが、非常に緊密な関係にある。(集団的自衛権行使は)まったく当たり前の話であって心配ない」と語ったという。
第一、韓国がそれを望まないだろう。防衛予算を増やした途端に「日本の軍国主義化」というレッテル貼りをするこの国家は、仮に日本が海兵隊を創設し、その海兵隊が拉致被害者を救出しに北朝鮮に向かうとしても、韓国の領空を飛ぶことは恐らく許さないだろう。
単なる法的解釈の議論におけるたとえ話なら良いが、日本の自衛隊員の命が韓国のために危険にさらされたり、彼等が韓国のために血を流すなどということは、仮に想定であっても想像したくもない。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/03/02 10:57 ] 外交 | TB(0) | CM(2)
No title
米倉さんや柳井さんという方は、大多数の一般人がいる世界からかけ離れたパラレルワールドにでも住んでるんですかねえ・・・。困ったものです。
[ 2013/03/02 23:52 ] [ 編集 ]
No title
チマチマしい不買運動ではなく、国を挙げての「国交断絶」発表になって戴きたい。
その前に、お金 爽やかに返してね。
[ 2013/03/03 04:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: