私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  領土問題 >  「北方領土の日」 | 北方領土は四島のみにあらず。

「北方領土の日」 | 北方領土は四島のみにあらず。

← 応援クリック、ありがとうございます。

一昨日、小野寺防衛相の会見で明らかにされた、支那軍のレーダーロックオン事案。
昨日のスーパーニュースアンカーにおいて、青山繁晴氏が、実は民主党政権下、詳しく言えば日本国による尖閣国有化以前にも同様の事案があったことを明らかにした。
昨日の拙ブログで、惠隆之介氏の情報を引用しながら、「3年前にもあった」と書いたので、嘘を書かなくてよかったと、ホッとした。(青山氏は以前の事案の時期を明確にしておられないが。)

今日2月7日は、北方領土の日である。
私が子どもの頃は、「取り返そう(取り戻そう?)、父祖の築いた北方領土」という政府広報がテレビで頻繁に流れていた。全国で流れていたのかは知らない。育った北海道のみのCMだったのかもしれない。
最近、それと同じようなCMを、内閣府北方対策本部が「北方領土の灯」と名付けて流し始めた。
啓蒙活動としては良いと思うし、安倍政権の領土返還に対する意気込みも感じられるのだが、少々注文をつけたい。

北方領土の灯

このCMは、北方領土を国後、歯舞、色丹、択捉の四島に限定している。
いわゆる北方四島というやつだ。
しかし、北方領土とはそもそもその四島だけなのか。
少なくとも南樺太や千島列島は、「国際法上は所属未定地」として白色で表示されている。
日本は敗戦によって、南樺太や千島列島の領有権を放棄させられたけれども、係争相手であるソ連(現ロシア)がサンフランシスコ講和条約に調印していないため、決着していないのである。
日本はこれらの領土の領有権を主張すべき立場にあると思うのだ。

Googleマップで、樺太と入力して検索してみてほしい。
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E6%A8%BA%E5%A4%AA
樺太の島は表示されるが、 地名はSakhalin(サハリン州 Russia)と表示される。
本来は豊原市であるはずの都市も、ユジノサハリンスクと表示される。
竹島や日本海のことでGoogleに文句を言うなら、こっちにも異議を唱えてほしいのである。

PCで「しゅむしゅとう」と入力してみてほしい。
私のWindows PCでは、「占守島」という変換候補は出てこない。

忌まわしき民主党政権においては、竹島や北方領土のことを、「不法占拠」とは言わず、「法的根拠なく占領されている」と、表現を丸めていた。実は今の内閣府のCMにも、同様の表現が使われている。
私は、これが外務省の振り付けだと思っている。
東郷和彦氏(元外務官僚)と保阪正康氏(作家)の共著「日本の領土問題」のなかで、そのことに関する記述があるのだ。
2009年、麻生・メドベージェフ両首脳が会談で、北方領土問題に対する「新たな、独創的で、型にはまらないアプローチ」をとることが決定されていたのだが、麻生総理(当時)がその直後の国会答弁で、北方領土がロシアによって“不法占拠”されていると述べた。この表現にロシア側が激怒し、進展が阻まれたと書いている。
つまり外務省は、丁寧な根回しをして創り上げた話し合いの環境を、この一言でぶち壊しにされたと考えているということだ。

本来は、不法占拠であろうと法的根拠なき占領でも、我が国固有の領土が円満に返ってくれば、どちらでも良い。領土返還に意欲を示す安倍政権には、是非ともこの悲願を叶えて欲しい。
ちなみに、先の東郷氏は、領土交渉敗北の要因を「四島一括返還という固定観念」とも書いている。「二十五年間の交渉に失敗した結果、もはやその実現の可能性がまったくない」とまで書いている。もしこのことが外務省全体が共有する思想なのであれば、かなり危ない交渉をしそうで、要注意である。



一方、我が国の政府が設立した「領土・主権対策企画調整室」に対し、韓国がまた雑音を発しているようである。何やら「独島に対する帝国主義の侵奪の歴史をいまだに反省できないことを示す極めて遺憾な行為だ」、「わが国政府として到底容認できない」などと遠吠えをしているようである。
まったく、この国には内政干渉という文字がないのだろうか。
こういう雑音の発し方は、たかじんの番組の田嶋陽子を連想させる。
議論の邪魔をするだけが仕事だと思っている。
ともあれ、ようやく日本政府も、領土帰属問題に関する資料収集と広報に着手したようだ。
歩みは遅く見えるが、着実に前進させるのであれば、心から応援したい。





最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2013/02/07 07:36 ] 領土問題 | TB(0) | CM(14)
No title
占守島あたりに海軍の北東方面艦隊がいましたっけ。通信隊と航空隊の基地があったはず。得撫島から占守島まで、あと樺太も返して貰わなきゃ。間宮林蔵が探検したんだし。
[ 2013/02/07 10:15 ] [ 編集 ]
さすが厚顔無恥
すでに二島の領有権を対外的に放棄しているのに、四島プラスの領土要求の厚かましさとは……本当に日本人なのですか? 永遠に帰ってこない四島よりも領有権を放棄していない明確な根拠のある二島を確実に返還させることの方が、はるかに現実的かつ正当性の認められる政策です。
その上で、「対外的には誰にも属していない状態でああるが、現実はロシアが法的根拠のなく支配している、日本の固有領土であった二島の返還」を求めるのが筋です。
[ 2013/02/07 10:47 ] [ 編集 ]
厚顔無恥?
名有りさん、

四島プラスアルファの要求をすると、どうして日本人じゃなくなるのかね?
そこんとこもちょっと具体的に言ってもらわんと、反論しようがないじゃない?
[ 2013/02/07 16:44 ] [ 編集 ]
通行人さん、名有りさんはきっとロシアが怖いのですよ。
[ 2013/02/07 19:54 ] [ 編集 ]
軍事力的にロシアの方が上だから、二島で良いよ。
[ 2013/02/07 20:19 ] [ 編集 ]
領土返還
領土って返せ、返せと言い続けてれば返してくれるんでしょうかね…
[ 2013/02/07 20:30 ] [ 編集 ]
日本ってロシアに攻められて、後で降伏したのに領土返せって…無知やね
[ 2013/02/07 20:41 ] [ 編集 ]
返せについて
返してはくれないでしょうが、言い続けなきゃ示しが付きませんからね。
[ 2013/02/07 20:43 ] [ 編集 ]
国後水道を日本が守るという責任
「なぜ2島や3島じゃだめなの?」
国後水道という航路(国後島と択捉島の間)に意味があるのです。
国後水道を日本の自衛隊と米軍か自由に航行できることが、

太平洋のパワーバランスを保ち、ひいては世界の物流を安定させ、
資源と食料の争奪戦が始まりつつある21世紀が
戦乱と略奪の時代に陥ることを防ぎます。
優秀な日本人には難易度の高い試練が与えられているのでしょう。

尖閣・沖縄と同様に、「なぜ尖閣なのか」「なぜ4島なのか」をどうぞお考え下さい。

管理人様が情報を引用された恵隆之介さんは、
高松宮殿下がご懇意にされた方であると知りました。
http://www.ryunosuke-megumi.com/article/14553771.html

高松宮家は、「皇室の中の皇室」といえる有栖川宮家の祭祀を継承した宮家であり、
現在その祭祀は、秋篠宮殿下が受け継いでおられます。
恵龍之介さんは使命を覚え、愛国活動をなさっておられるのでしょう。
[ 2013/02/07 22:56 ] [ 編集 ]
No title
おっさん様
占守島には満州に配置されていた無傷の陸軍戦車隊が(ソ連が満州に侵攻してくるとは考えずに)移転させられて、結果戦闘の末ソ連抑留となった様です。
浅田次郎氏の「終わらざる夏」で知りました。
戦前戦中は缶詰工場などがあったとも。
[ 2013/02/08 02:11 ] [ 編集 ]
No title
通りすがりの者ですが色々と勉強になります
[ 2013/02/08 05:05 ] [ 編集 ]
以徳報怨
pdf版(http://para-site.net/up/data/40174.zip)

中華人民共和国の皆様
大韓民国の皆様
朝鮮民主主義人民共和国の皆様

日本政府による北方領土返還に御助力いただけませんでしょうか?

過去の経緯から、皆様方が日本のことを快く思っておられないことは百も承知しております。
しかし、
日本人の一人であるこの私、春九千がこのようなことを申し上げることはおこがましいことは、重々承知の上で申し上げますが、
蒋介石総統はかつて、次のようにおっしゃられたではありませんか。

以徳報怨

もしも、皆様の御助力により北方領土返還を達成することが出来ましたら、
日本人は未来永劫その御恩を忘れることは無いでしょう。

助けてください。日本を。
[ 2013/02/12 00:06 ] [ 編集 ]
No title
北方領土の話するとすぐ※欄に湧きますよね~。工作員の多さでは支那朝鮮と変わらないのかね
[ 2013/05/23 10:52 ] [ 編集 ]
国際法上の正当性と二国間交渉の妥結点
管理人さんは、北海道出身とありましたので、北方領土問題に詳しいですね。オレの考えは少し違うので、コメントさせていただきます。

まず、サンフランシスコ講和条約の調印の際に、吉田元首相が演説していたように、領有権を放棄した千島列島には、択捉島、国後島、色丹島、歯舞島は含まれていない。つまりは、四島以外の千島列島と樺太については、領有権を放棄している。これは、ロシア(ソ連)がサンフランシスコ講和条約に調印していようがいまいが、日本国は調印したのだから、サンフランシスコ講和条約の遵守により、日本は北方四島以外の領有権については、二国間交渉であっても主張し難いかと。

次に、サンフランシスコ講和条約の領有権放棄の範囲ですが、日本語では「千島列島」とありますが、英語正文では、「the Kurile Islands」になる。樺太千島交換条約(サンクトペテルブルク条約)の際、クリール諸島の範囲は、条文に18島と定義されていることは、あまり知られていない。つまり、国際法上、クリール諸島とは18島であって、クリール諸島を北方四島を加えた22島と定義した条約は存在していない。日本の条約名でわかるように、クリール諸島もまた、日本では千島列島と呼んでいた。つまり、

「千島列島=クリール諸島(北千島)+北方四島(北海道の属島の南千島)」

…である。ゆえに、国際法上、北方四島は日本領であろう。終戦の9月2日より前に、日ソ停戦中であったことは、あまり知られていない。停戦中に侵攻した地域は、戦時国際法の背反行為で得た地域であるから、ロシア(ソ連)の先の戦争における国連憲章に認められた戦果にはならない。日本国民の元島民の高齢化もあり、すみやかに返還されるべきである。

日ソ共同宣言において、色丹島と歯舞島の二島返還は問題ない。しかしながら、択捉島と国後島の二島については、返還するともしないとも言及がない。二島返還で、日本国民が納得するのならば、このとき既に解決していた問題といえる。いまだ解決していないのだから、二国間交渉としては、四島返還と二島返還の引き分けである三島返還が、日ロ両国の国益上の妥結点に思う。択捉島は、ロシア側の日本の元島民への配慮は必要であろう。領土交渉は、経済協力も含めた、包括的な外交になるかと。
[ 2016/09/20 21:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: