私的憂国の書

民主主義を希求しつつ、日本における戦後民主主義を否定する。真の主権回復は戦後レジームの打破から生まれる。
私的憂国の書 TOP  >  ぼやき >  墓を荒らす国民性と白人至上主義

墓を荒らす国民性と白人至上主義

← 応援クリック、ありがとうございます。

シー・シェパード上映「ザ・コーヴ」引き裂く日豪の絆 (読売新聞

 かつて真珠貝採取の日本人潜水士でにぎわい、人口の過半が日本人だったこともあるオーストラリア北西部の町ブルーム。
 日豪交流史の象徴ともいえるこの小さな町が、日本の姉妹都市、和歌山県太地町のイルカ漁を描いた米映画「ザ・コーヴ(入り江)」をめぐり、揺れている。姉妹都市提携解消や住民同士の人種対立にも発展し、わだかまりは当分解けそうにない。
 ブルーム郊外の日本人墓地。明治期以降、太地町などから移民してきた約900人の墓石が並ぶ。そのうち10基以上が突き倒されたり、まっぷたつに割られたりして無残な姿をさらしていた。日本人墓地に対するいやがらせはこれまで200件以上。地元の警察官は、「イルカ漁に反発した地元の若者の犯行だろう」と話す。墓地には今年1月、監視カメラが取り付けられた。
 ブルームの人口は約1万5000人。一時は町の主役だった日系人は今では200人ほどで、白人と、中国、マレーなどのアジア系住民および先住民が人口を二分し、「豪州初の多文化都市」を誇りにしてきた。
 しかし、反捕鯨団体「シー・シェパード」が、太地町と姉妹都市提携しているブルームに目を付け、今年のアカデミー賞を受賞した「ザ・コーヴ」の上映会を昨年8月に町内で行ってから、混乱が始まった。
 シー・シェパードによる姉妹都市提携解消の呼びかけを受け、町会議員のもとに数万本のメールや電話が殺到、同月、イルカ漁に否定的な白人議員が多数の町議会は提携停止を決議した。これに対し、イルカ漁に理解を示す日系を含むアジア系や先住民が議会に抗議活動を行い、結局、議会は2か月後に決議を撤回した。
 今でも、住民の間にわだかまりは残っている。父親が太地町出身の日系2世コリーン・マスダさん(53)は「肌の色に関係なく住民の間で良い関係を保ってこられたのに、映画のために町の空気が変わってしまった」と嘆く。
 日本の盆踊りを手本にして毎年8~9月に行われる町最大の祭典「Shinju Matsuri(真珠祭り)」は今年、アジア系や先住民の団体や企業が「祭りは白人のビジネスに利用されている」として参加を取りやめる予定で、さみしいものになりそうだ。
 佐藤虎男・駐パース総領事は3月24日、ブルームを訪ね、グレイム・キャンベル町長と会談した。町長は太地町との提携継続に意欲的だったが、イルカ漁については「反対の姿勢に変わりはない」と強調した。
 「ザ・コーヴ」に翻弄(ほんろう)されるブルームと太地町。真珠貝採取をきっかけにした1世紀以上にわたる両町のつながりが、1本の映画によって大きく傷つけられつつある。


少々長いが、全文を引用した。
墓を荒らす、もしくは暴くという蛮行は、特ア国で散見されることで知られるが、歴史的に見れば、欧米人にもその習慣がある。
この日本人には馴染みが無い行為を正当化する根拠は、世界中どこを探してもないだろう。
が、起こっている現実を見る限り、その点において、国民性を軽蔑する。
イルカ漁と亡くなった方には何ら因果関係が存在せず、ただ日本人というだけで矛先を向けるという、腹いせ以外の何物でもないからだ。

この映画「ザ・コーヴ」を観たわけではないので、内容については言及を避けるが、報道などで大筋は伝えられている。
この映画を監督したルイ・セホイヤスという人物については、下記サイトの同氏へのインタビューが多くを語る。
http://www.cyzo.com/2010/03/post_4071.html
要点だけ抜粋すれば、

――あなたはイルカを食べない。では他の魚も食べないのか?
監督 食べない期間があった。しかし、動物も魚も食べないと体に元気が出ないので、今は少し食べている。

――イルカをかわいそうと言うが、牛や豚は食べないのか?
監督 86年に屠殺場を見た経験から牛や豚を食べられなくなった。妻や子どもには食べるなとは言わないし、日本人にもそれを要求しない。

――かわいそうだからではなく、気持ち悪いから食べられなくなったということか。
監督 私は基本的に菜食主義者だ。基本的に歩く動物を食べることはしない。

――牛や豚に興味がないのは彼らの知能が低いからか?
監督 興味も関心もあるが、我々は海洋問題を考える団体。分野が異なる。

――撮影のために立ち入り禁止区域に侵入し、警察との対話を隠し撮りして公開している。日本国の法律や条例に対する遵法精神はないのか。
監督 もし、アウシュビッツで残虐な行為が繰り返されているところへ私がカメラを持ち込んだら、はたして非難されるだろうか。

――アウシュビッツのことではなく太地町のことで聞いている。
監督 私は同じ程度の人類に対する犯罪行為であると考えている。このことは世界中の多くの人が知らなければならない。


所詮この会話から推し量れる程度の人物であり、そこには牛、豚に限らず、カンガルーを殺して食べる国民習慣を棚に上げて、他国の食文化や習慣に土足で踏み込むことを平気で行う性質を持つ。
アウシュビッツと太地町を同列に語る、その飛躍した論旨を聞いても、監督というより、人権イデオロギーを振りかざす運動家と見たほうが腹に落ちやすい。

ホセイヤスなる人物は、このイルカ漁反対の活動を普及させるためなら、恐らく他国の調査船に乗り移るようなことも平気でやってしまうのだろう。
法令に基づく漁すら、偏見に満ちた映画一本で否定されてしまうのか?

所詮、アカデミー賞というのは、この程度のものだったということだ。
しかも、日本人への人種差別と、アングロサクソン至上主義の悪臭がする。


クリックしていただくと励みになります。
人気ブログランキングへ


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
バナーが表示されない場合はこちらから。
人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

[ 2010/04/01 19:55 ] ぼやき | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。

トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Banners
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ



憲法改正を実現する1,000万人ネットワーク 美しい日本の憲法をつくる国民の会
twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: